また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1370984 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走金剛山・岩湧山

金剛山(モミジ谷〜太尾道) 18008

日程 2018年01月30日(火) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り時々晴
風:0〜4m/s、時々7〜8m/s
気温:出発時・−2℃、山頂・−6℃、下山時・1℃
   大日岳〜六道ノ辻にかけての樹林帯・−10℃(体感)
積雪:17〜18cm(圧雪されたところが多い)
凍結:金剛の水〜山頂〜太尾塞跡は凍結または圧雪(要アイゼン)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
往路:泉北 8:16 発 水越峠バス停横P 9:12 着
復路:水越峠バス停横P 13:58 発 泉北 14:46 着
                 延走行距離:59.7km

駐車場:
 水越峠バス停横に無料駐車場あり(10台、先客7台)。
 ≒200m青崩寄りに無料公共駐車場(≒30台)あり。
 いずれも便所なし。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

9:30 水越峠バス停横P出発 ー(6分)ー 水越峠 9:38 ー(27分)ー 金剛の水 10:20 ー(4分)ー カヤンボ 10:24 ー(2分)ー モミジ谷入口 10:26 ー(15分)ー 狼谷出合 10:46 ー(22分)ー 第6堰堤 11:23 ー(7分)ー 本流分岐 11:31 ー(15分)ー ドングリ尾根最上部文化財石柱 11:47 ー(6分)ー 国見城跡 12:01 ー(9分)ー 大日岳 12:17 ー(9分)ー 六道ノ辻 12:27 ー(10分)ー 太尾塞跡 12:38 ー(22分)ー 太尾 13:01 ー(21分)ー 水越峠バス停横P帰着 13:27

歩行時間:2時間55分(9:30〜13:27)
歩行距離:8.3km
コース状況/
危険箇所等
道の状況:
 危険個所はありませんが、モミジ谷では第6堰堤手前右岸が切れているので要注意です。太尾道では取付き直ぐに急坂の丸太・木の根の階段で、介助ロープはありますがスリップ・木の根での躓きに注意が必要です。金剛の水〜山頂〜太尾塞跡の路面は圧雪・凍結個所が連続するので、アイゼン使用が無難です。

登山ポスト:なし
その他周辺情報温泉・飲食店・宿泊施設等:
 水越峠バス停付近には当該施設はありません。青崩公衆便所近くの茶店は休業中です。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

第3堰堤上部の徒渉個所です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第3堰堤上部の徒渉個所です。
狼谷出合は台風21号で少し様相が変わっています。
(右:狼谷、中央:狼尾根、左:モミジ谷)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狼谷出合は台風21号で少し様相が変わっています。
(右:狼谷、中央:狼尾根、左:モミジ谷)
力作ですが・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
力作ですが・・・。
1
第5堰堤左岸には・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第5堰堤左岸には・・・、
新しい梯子が設置されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新しい梯子が設置されています。
1
第6堰堤には・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第6堰堤には・・・、
ツツジ尾谷二ノ滝に引けを取らない氷瀑が出来ています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジ尾谷二ノ滝に引けを取らない氷瀑が出来ています。
5
手前のコンクリートの剥離は台風21号の仕業かな・・・?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前のコンクリートの剥離は台風21号の仕業かな・・・?
本流分岐手前には倒木が数本。右へ入りドングリ尾根に取付きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本流分岐手前には倒木が数本。右へ入りドングリ尾根に取付きます。
きつい登りです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きつい登りです。
待たせてゴメンナサイ! ツツジ尾谷から登ってきた女性登山者を待たせてしまいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
待たせてゴメンナサイ! ツツジ尾谷から登ってきた女性登山者を待たせてしまいました。
1
ドングリ尾根最上部で一息入れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドングリ尾根最上部で一息入れます。
1
氷点下6℃の足元では多数の登山者が飲食中です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷点下6℃の足元では多数の登山者が飲食中です。
定番写真1・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定番写真1・・・、
1
PLの塔がよく見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
PLの塔がよく見えています。
1
ちょうど正午です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょうど正午です。
大日岳は氷点下6.5℃ですが・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岳は氷点下6.5℃ですが・・・、
風が強いので早々に通過します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が強いので早々に通過します。
2
大日岳〜六道ノ辻にかけての樹林帯は体感気温−10℃の冷凍庫でした。大和葛城山のビューポイントも強い風が吹き付けて、凍えそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岳〜六道ノ辻にかけての樹林帯は体感気温−10℃の冷凍庫でした。大和葛城山のビューポイントも強い風が吹き付けて、凍えそうです。
1
太尾道の急坂を慎重に下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太尾道の急坂を慎重に下ります。
1

感想/記録

 2月中旬になると発症して4月末頃まで山行できなくなる重度花粉症持ちの相方を金剛山のモミジ谷から太尾道へ案内。少し気温が緩んだので、ノーマルタイヤーのマイカーで今年初めて水越峠へ向かった。運良く水越峠バス停横駐車場に駐車することができたが、既に先客7台が駐車していた。出発準備をしている間に満車になったので、到着があと数分遅かったら駐車できないところであった。相方は雪の無い季節には数回歩いているこのコースも積雪時は初歩きなので、少し緊張しているようであった。昨秋の台風21号以降初めてモミジ谷に入ったが、想像したより被害が少なくて一安心した。第6堰堤ではツツジ尾谷二ノ滝に負けないほどの氷瀑も見ることができたので、相方には満足のいく山行となった。
                           fukuchi36 
訪問者数:227人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/6/19
投稿数: 1074
2018/1/31 19:52
 氷瀑!
fukuchi36さん、奥様、こんばんは。
お久しぶりです。

ここ最近金剛山歩かれてるのに
お会い出来ませんね。
何週間か前に同じ馬場谷前の駐車場で
ニアミスしておりますが…(^o^;)

ツツジオ二ノ滝も、もみじ谷第六も
完璧とはいかないまでも、とても素晴らしい氷瀑を見せてくれてますね。

今シーズン、まだまだ氷瀑楽しもうと
思ってます。

いつか金剛山でお会い出来る事を
楽しみにしております。
登録日: 2013/12/4
投稿数: 55
2018/1/31 21:41
 Re: 氷瀑!
SAKANORIさん
 ご無沙汰しています。コメントいただきありがとうございます。
 
 拙宅の車は2駆のノーマルタイヤ車のために雪道や凍結道路が対応困難で、大峰山系や台高山脈方面へ遠征できません。専ら電車・バス利用で金剛山・岩湧山をうろついていますが、昨日は今年初めて水越峠へ車でアクセスしました。昨秋の台風21号以降行っていなかったモミジ谷から狼谷を歩こうかと思っていましたが、少々怖がりのカミさんが同行するので下りを太尾道に変更しました。
 小生、昼食タイムも取らずに立ち休憩で先を急ぐ山行スタイルなので、すれ違っても気付かないことが多々あるようです。ご容赦下さい。
 SAKANORIさんのレコで氷華の写真を楽しませてもらっています。実はまだ実物を見たことがないのです。先を急ぐ山行スタイルが一因かもしれませんね。ご両親と歩かれた時のレコに書かれた氷華の項にクスリ(薬にあらず)とさせられました。どこかでお会いできることを祈っています。
                              fukuchi36

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ