また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1371361 全員に公開 雪山ハイキング霊仙・伊吹・藤原

藤原岳・・積雪タップリでプチ・テーブルランド♪

日程 2018年02月01日(木) [日帰り]
メンバー
 sht
天候曇りたまに小雪
スタート時0℃〜山頂−4℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
藤原岳登山口休憩所の駐車場を利用・・無料でポスト・トイレ・靴洗い場あり

当初計画していて雨のためパスとなった滋賀県多賀町・大君ヶ畑までは、名神高速経由(一宮→彦根)の北回りと伊勢湾岸道経由(名古屋南→東員)の南回りが同距離で、平日なので早さより高速料金の割安感(名古屋高速不要の分)を取ってR421石榑トンネル経由の南回りでアクセスしました

計画変更した後、同じルートで三重県側に戻って藤原岳登山口へ

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間1分
休憩
1時間5分
合計
5時間6分
S藤原岳大貝戸休憩所08:0108:47藤原岳表登山道五合目08:4809:19藤原岳八合目09:3209:43藤原岳九合目10:03藤原山荘10:0410:27藤原岳10:4711:24藤原山荘11:2511:34P112811:3611:40藤原山荘12:0612:18藤原岳九合目12:23藤原岳八合目12:40藤原岳表登山道五合目13:06藤原岳大貝戸休憩所13:0713:07ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口から三合目までは雪泥ミックスで、その先はall雪道に・・トレースがあって比較的歩きやすいコンディション

八合目から(谷を横切らない)冬期ルートに入り、やや急坂になって滑り出したので山頂までアイゼンを装着・・山頂からはスノーシューを藤原山荘まで使い、それ以外はツボ足

山頂付近は積雪量が多く、御池岳のテーブルランドの様に自由度高いトレース遊びができました・・スノーシューを着けて踝〜脛程度

危険個所は特にありませんでした

過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

雪まじりの雨のため計画変更となった大君ヶ畑から移動して藤原岳登山口休憩所へ・・三重県側は雨が降っていなくてここから登山開始
2018年02月01日 07:58撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪まじりの雨のため計画変更となった大君ヶ畑から移動して藤原岳登山口休憩所へ・・三重県側は雨が降っていなくてここから登山開始
この鳥居が大貝戸道の登山口
2018年02月01日 08:01撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この鳥居が大貝戸道の登山口
今日もお参りから
2018年02月01日 08:02撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日もお参りから
三合目付近から完全に雪道に・・トレースあって比較的歩きやすいコンディション
2018年02月01日 08:26撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三合目付近から完全に雪道に・・トレースあって比較的歩きやすいコンディション
八合目から〜
2018年02月01日 09:19撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目から〜
冬期ルートへ・・ロープが誘導してくれます
2018年02月01日 09:19撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬期ルートへ・・ロープが誘導してくれます
やや急登になって滑り出したのでアイゼンを装着
2018年02月01日 09:22撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やや急登になって滑り出したのでアイゼンを装着
12本爪しか持ってこなかったですが、6本爪でも、チェーンでも(無しでも何とか)OKの感じです
2018年02月01日 09:32撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12本爪しか持ってこなかったですが、6本爪でも、チェーンでも(無しでも何とか)OKの感じです
3
冬コースには赤布が付けられています
2018年02月01日 09:40撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬コースには赤布が付けられています
少し展望が開けてきました
2018年02月01日 09:40撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し展望が開けてきました
九合目まで来ると〜
2018年02月01日 09:42撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九合目まで来ると〜
さらにいい感じに
2018年02月01日 09:59撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらにいい感じに
2
藤原山荘に到着
2018年02月01日 10:02撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原山荘に到着
まずは小屋をスルーして山頂へ・・ガスボケですが
2018年02月01日 10:03撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは小屋をスルーして山頂へ・・ガスボケですが
写真には写りませんがウッスラとトレースはあります
2018年02月01日 10:12撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真には写りませんがウッスラとトレースはあります
吹き溜まった感じでもありますが、積雪量はかなり多い印象・・最深部で膝くらい
2018年02月01日 10:17撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吹き溜まった感じでもありますが、積雪量はかなり多い印象・・最深部で膝くらい
チラホラと霧氷が現れてきて〜
2018年02月01日 10:24撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チラホラと霧氷が現れてきて〜
2
山頂に到着
2018年02月01日 10:27撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に到着
8
展望は全く期待していませんでしたが雲がかかって幻想的
2018年02月01日 10:29撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望は全く期待していませんでしたが雲がかかって幻想的
3
モノクロながら予想以上の眺めです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モノクロながら予想以上の眺めです
3
滋賀県側から本日登りたかった御池岳と〜
2018年02月01日 10:30撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滋賀県側から本日登りたかった御池岳と〜
3
天狗岩・・両者とも本日はパスになって残念
2018年02月01日 10:30撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岩・・両者とも本日はパスになって残念
1
県境稜線の南方向・・写真右のピークは静ヶ岳
2018年02月01日 10:30撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県境稜線の南方向・・写真右のピークは静ヶ岳
2
霧氷は山頂付近に僅か
2018年02月01日 10:31撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷は山頂付近に僅か
1
歯ブラシ級はこれ1本
2018年02月01日 10:33撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歯ブラシ級はこれ1本
一応セルフで自撮りして〜
2018年02月01日 10:43撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一応セルフで自撮りして〜
7
治田峠方面の県境稜線を偵察に
2018年02月01日 10:48撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
治田峠方面の県境稜線を偵察に
2
するとフカフカ雪の快適スノトレ!
2018年02月01日 10:48撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
するとフカフカ雪の快適スノトレ!
1
展望も写真で見る以上に満足♪
2018年02月01日 10:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望も写真で見る以上に満足♪
2
テーブルランドのごとく自由に漫歩
2018年02月01日 10:53撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テーブルランドのごとく自由に漫歩
2
いい感じです
2018年02月01日 10:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい感じです
もちろんツクツク出ている所は傷めないよう配慮
2018年02月01日 11:00撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もちろんツクツク出ている所は傷めないよう配慮
トレース遊びの脱日常感が楽しい
2018年02月01日 11:02撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレース遊びの脱日常感が楽しい
ここから先は採掘場で立ち入れません
2018年02月01日 11:07撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから先は採掘場で立ち入れません
1
藤原山荘に帰ってきました
2018年02月01日 11:24撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原山荘に帰ってきました
山頂方向を振り返る
2018年02月01日 11:25撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂方向を振り返る
ランチタイムには早いので天狗岩へ
2018年02月01日 11:33撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ランチタイムには早いので天狗岩へ
展望を期待した崖の縁まで出るとガスガスになってきて結局天狗岩はパスに
2018年02月01日 11:34撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望を期待した崖の縁まで出るとガスガスになってきて結局天狗岩はパスに
山荘に戻ってカップ麺ランチ・・暖かいだけでご馳走
2018年02月01日 11:46撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘に戻ってカップ麺ランチ・・暖かいだけでご馳走
3
さらにガスが濃くなり下山します
2018年02月01日 12:02撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらにガスが濃くなり下山します
藤原山荘すぐ下の冬期トイレは使えます
2018年02月01日 12:05撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原山荘すぐ下の冬期トイレは使えます
1
登山口休憩所の靴洗い場はありがたい
2018年02月01日 13:05撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口休憩所の靴洗い場はありがたい
帰路で藤原岳・・やはり上部は雲の中ですね
2018年02月01日 13:27撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路で藤原岳・・やはり上部は雲の中ですね
1

感想/記録
by sht

本日は南岸低気圧が通過する予報でしたが、曇り程度で済みそうで、このところの寒波で雪が大分増えたであろう鈴鹿へ。

実は当初の計画では、前々からやってみたかった滋賀県側からの御池岳登頂をする予定だったのですが、登山口の大君ヶ畑に到着すると雪まじりの雨模様↓。天気の読みが大甘でガックリでしたが、アクセスした際に雨が降っていなかった三重県側に戻り、久しぶりとなる藤原岳に登ることにしました。

積雪期でも人気コースの藤原岳大貝戸道は、特に準備していなくても安心して歩ける道。積雪量は期待通りタップリで、山頂付近は快適スノトレ・フィールドでした。

ちょうど、この日登れなかった御池岳のテーブルランドをコンパクトにした感じで、スノーシューで気持ち良くトレースを付けることができて脱日常感を満喫できました。

展望や霧氷がイマイチだったのは残念でしたが、本日は雪山歩きができただけで良しとしましょう。

訪問者数:661人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ