また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1371987 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走札幌近郊

小金湯山(黄金山)471m

日程 2018年02月03日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
パークゴルフ場近くの民家に車を停めさせていただきました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間29分
休憩
0分
合計
2時間29分
Sスタート地点09:3312:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
登り始め9:50→471mピーク11:15〜11:25→車止め12:00着
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

備考 スキー二人とスノーシュー三人
山頂からダイレクトに下っているGPSログはスノーシュー、スキーはデポ地点まで戻っています。

写真

車止めから見た八剣山。
2018年02月03日 09:46撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車止めから見た八剣山。
2
同じく車止めから見た盤の沢山。
2018年02月03日 09:46撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく車止めから見た盤の沢山。
1
もっと木がうるさいと思っていたが、そうでもなかった。
2018年02月03日 10:24撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もっと木がうるさいと思っていたが、そうでもなかった。
尾根の突端に何やら岩が見える。
2018年02月03日 10:24撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の突端に何やら岩が見える。
地図には描かれてない大きな岩。
2018年02月03日 10:36撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図には描かれてない大きな岩。
せっかくだから岩の近くまで行ってみる。
2018年02月03日 10:39撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかくだから岩の近くまで行ってみる。
1
「これは自然のものではない、人工的な石の積み重ねだ」という声が後ろのメンバーから聞こえた。いや、これ自然の産物でしょう。
2018年02月03日 10:41撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「これは自然のものではない、人工的な石の積み重ねだ」という声が後ろのメンバーから聞こえた。いや、これ自然の産物でしょう。
2
岩を超えたあたりから倒木が多くなり、スキーデポ。
2018年02月03日 10:51撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩を超えたあたりから倒木が多くなり、スキーデポ。
細尾根。スキーをデポして正解だった。
2018年02月03日 11:01撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細尾根。スキーをデポして正解だった。
1
ピークからみた八剣山。
2018年02月03日 11:13撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークからみた八剣山。
1
ピークからの定山渓方向。見通し悪いね。
2018年02月03日 11:14撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークからの定山渓方向。見通し悪いね。
下りの細尾根。スキーデポした判断をつくづく偉いと自画自賛。
2018年02月03日 11:28撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りの細尾根。スキーデポした判断をつくづく偉いと自画自賛。
1
ピークからのスノーシュー組との合流地点。(何回も転んで手が湿っていてカメラが曇ってる)
2018年02月03日 11:49撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークからのスノーシュー組との合流地点。(何回も転んで手が湿っていてカメラが曇ってる)
1
撮影機材:

感想/記録
by motop

昭和30〜40年代にこの山の南東斜面にスキー場があったという写真を「定山渓鉄道」という本で見た。小金湯山(黄金山とも言うらしい)への直登もありだが、今回は敢えて北方面に回り込むコースを選択。理由はその方が楽そうだったから。ところがどっこい、この500mに満たない山で、まさかのスキーデポ。全然楽じゃなかった。
下りはピークから車止め方向にまっすぐ降りたスノーシュー組は「木が少なくて、歩きやすかった」とのこと。
訪問者数:831人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

倒木 スノーシュー 直登 デポ 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ