また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1372404 全員に公開 雪山ハイキング金剛山・岩湧山

金剛山 もみじ谷〜サネ尾(積雪20cm、氷瀑の成長に期待)

日程 2018年02月03日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り〜雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
水越峠公共駐車場、バス停横の駐車場(いずれも無料)があります。
バス停横の駐車場(10台可)に停めました。
さわんどの先から道路に雪があり、ノーマル車は登って来なかった模様。両方とも半分空いてました。(9:20時点)

自車はスタッドレス装着済み。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間30分
休憩
44分
合計
5時間14分
S水越峠バス停09:2509:31水越峠10:16もみじ谷入り口11:17第6堰堤11:2211:31本流ルート分岐11:59山頂広場12:3812:47葛木神社12:58一の鳥居13:05サネ尾下山口13:54サネ尾登山口14:32水越峠14:39水越峠バス停14:39ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・もみじ谷
 台風21号の豪雨で、もみじ谷は形相が変わりました。その後、多くの登山者が歩かれたので、道はしっかりしています。特に問題無く歩ける状況です。
 駐車場から雪が出てきます。本日は越口でアイゼンつけました。
特に下山時はアイゼン有った方が安心です。

・サネ尾
サネ尾は一般登山道ではありません。
(昭文社の登山地図、国土地理院地図には登山道として記載なし)
道は細い尾根を辿るので判り難い所はありません。
最近歩かれる方が増え、踏み跡もしっかりしています。
特に危険な場所もありません。細い尾根の通行時は注意して下さい。

山頂から水越峠までアイゼン使用しました。
その他周辺情報水越峠にはトイレ、登山ポストはありません。
水場は歩いて30分ほどの所に「金剛の水」があります。
トイレは水越トンネル傍の「さわんど」にあります。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

水越峠バス停横の駐車場。路面に雪があるため乗用車少な目。金剛バス会社の車がバスのために融雪剤撒いていました。
2018年02月03日 09:25撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水越峠バス停横の駐車場。路面に雪があるため乗用車少な目。金剛バス会社の車がバスのために融雪剤撒いていました。
3
バス停先から積雪あり。
2018年02月03日 09:26撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス停先から積雪あり。
水越峠からスタート。雪はあるが歩きやすい。
2018年02月03日 09:31撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水越峠からスタート。雪はあるが歩きやすい。
大阪側。少しだけ青空あり。
2018年02月03日 09:34撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大阪側。少しだけ青空あり。
金剛山側も雲多し。
2018年02月03日 09:34撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金剛山側も雲多し。
越口のベンチでアイゼン装着。
2018年02月03日 09:52撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越口のベンチでアイゼン装着。
3
もみじ谷に入ります。
2018年02月03日 10:16撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もみじ谷に入ります。
狼谷(右)、狼尾根(中央)との分岐点。
2018年02月03日 10:35撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狼谷(右)、狼尾根(中央)との分岐点。
もみじ谷は左へ。
2018年02月03日 10:36撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もみじ谷は左へ。
1
第4堰堤手前の芸術品。その1。
2018年02月03日 10:44撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第4堰堤手前の芸術品。その1。
3
その2。他にも有るようだが、見つけられず。
2018年02月03日 10:45撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その2。他にも有るようだが、見つけられず。
7
氷の芸術は、気温上昇で少し小さくなっていました。
2018年02月03日 10:52撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷の芸術は、気温上昇で少し小さくなっていました。
1
氷華発見。
2018年02月03日 10:55撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷華発見。
4
全体に大きめ。
2018年02月03日 10:55撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全体に大きめ。
4
これなど手のひらサイズ。
2018年02月03日 10:57撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これなど手のひらサイズ。
7
あちこちにありました。
2018年02月03日 10:58撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あちこちにありました。
4
第5堰堤上部の分岐点。右へ。
2018年02月03日 11:09撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第5堰堤上部の分岐点。右へ。
そこの案内板が詳細図に変身してました。
2018年02月03日 11:10撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこの案内板が詳細図に変身してました。
2
第6堰堤。3日前より雪が付いて綺麗でした。
2018年02月03日 11:17撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第6堰堤。3日前より雪が付いて綺麗でした。
5
中央が崩落して水が流れていました。
2018年02月03日 11:18撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央が崩落して水が流れていました。
7
このところ気温が上がって水量多い。
2018年02月03日 11:19撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このところ気温が上がって水量多い。
4
足元には30cmほどの巨大霜柱。
2018年02月03日 11:17撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元には30cmほどの巨大霜柱。
3
上の堰堤は氷のベールができて、さらに雪が乗っています。ただ、背後を水が流れています。
2018年02月03日 11:23撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上の堰堤は氷のベールができて、さらに雪が乗っています。ただ、背後を水が流れています。
2
長さ50cmほどの大きなツララ。
2018年02月03日 11:28撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長さ50cmほどの大きなツララ。
2
本流と旧本流の分岐点。右へ。
2018年02月03日 11:31撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本流と旧本流の分岐点。右へ。
1
ドングリ尾根を登って、ここへ。山頂はもうすぐ。
2018年02月03日 11:53撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドングリ尾根を登って、ここへ。山頂はもうすぐ。
この先でも大きな氷華発見。
2018年02月03日 11:56撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先でも大きな氷華発見。
3
捺印所前のカマクラ。成長しています。
2018年02月03日 12:00撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
捺印所前のカマクラ。成長しています。
6
山頂広場の人だかり。皆さんライブカメラへ。
2018年02月03日 12:01撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂広場の人だかり。皆さんライブカメラへ。
4
12時のライブカメラ。定位置の標識右へ立つもストックだけ判別可。
2018年02月03日 12:00撮影 by ver.1DB101066.1, HRE Inc.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12時のライブカメラ。定位置の標識右へ立つもストックだけ判別可。
6
続いて12時半。同じ位置。30分は人が少なくお勧め。
2018年02月03日 12:30撮影 by ver.1DB101066.1, HRE Inc.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いて12時半。同じ位置。30分は人が少なくお勧め。
7
標識横のベンチで昼食を食べていると、奥から人が登って来た。青崩道の迂回路に気付かず、崩壊した登山道をたどって来たようだ。雪道のトレースに惑わされた様子。3日前にも同じ事があった。
2018年02月03日 12:14撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識横のベンチで昼食を食べていると、奥から人が登って来た。青崩道の迂回路に気付かず、崩壊した登山道をたどって来たようだ。雪道のトレースに惑わされた様子。3日前にも同じ事があった。
3
定番。ガスが掛かって来て展望がなくなる。
2018年02月03日 12:25撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定番。ガスが掛かって来て展望がなくなる。
5
転法輪寺にお参り。
2018年02月03日 12:38撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
転法輪寺にお参り。
4
続いて葛木神社にもお参り。
2018年02月03日 12:47撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いて葛木神社にもお参り。
2
ブナ林から向かいの葛城山。雲が流れて行く。
2018年02月03日 12:50撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ林から向かいの葛城山。雲が流れて行く。
2
鳥の餌場では沢山の登山者が餌やり中。
2018年02月03日 12:50撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥の餌場では沢山の登山者が餌やり中。
3
ブナ林でも手乗り餌やりが成功。
2018年02月03日 12:52撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ林でも手乗り餌やりが成功。
3
下山はサネ尾から。一の鳥居。左へ。
2018年02月03日 12:58撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山はサネ尾から。一の鳥居。左へ。
1
この傍にも氷華。
2018年02月03日 12:57撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この傍にも氷華。
8
今日の氷華はどれも大きい。融けずに成長続けているようだ。
2018年02月03日 12:58撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の氷華はどれも大きい。融けずに成長続けているようだ。
5
ダイトレ道の、「これより急な坂道」のところがサネ尾入口。左に入ります。
2018年02月03日 13:05撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダイトレ道の、「これより急な坂道」のところがサネ尾入口。左に入ります。
1
三叉路を振り返ったところ。本日は先行者なし。
2018年02月03日 13:14撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三叉路を振り返ったところ。本日は先行者なし。
1
同じく二叉路
2018年02月03日 13:16撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく二叉路
登山道を横切るイノシシの足跡を発見。直後に谷へ下りてゆくイノシシのお尻が見えた。カメラ取り出す暇なし。
2018年02月03日 13:23撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道を横切るイノシシの足跡を発見。直後に谷へ下りてゆくイノシシのお尻が見えた。カメラ取り出す暇なし。
2
この表示が出ると急坂の始まり。
2018年02月03日 13:28撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この表示が出ると急坂の始まり。
1
サネ尾登山口まで戻ってきました。
2018年02月03日 13:54撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サネ尾登山口まで戻ってきました。
1
14時過ぎから雪が降ってきました。
2018年02月03日 14:17撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14時過ぎから雪が降ってきました。
3
水越峠へ無事帰還。
2018年02月03日 14:32撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水越峠へ無事帰還。
5

感想/記録
by abek3

 先日(1/31)に続いて金剛山もみじ谷へ。この間、気温が上がったので第6堰堤の氷瀑は少し減ったみたいです。水がジャージャー流れていました。それでも氷やツララの上に雪が乗って、綺麗でした。
 土曜日とあって山上は大勢の登山者で賑わっていました。積雪は20cmほどありますが、山頂の気温ー1℃と寒さは感じませんでした。
 来週再び寒波が来るようなので、更なる氷瀑の成長を期待したいと思います。

 水越峠周辺の車道にも積雪が見られましたので、車で来られる場合は雪対策をしっかり実施して下さい。ご安全に。
訪問者数:231人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ