また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1372770 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

七人山 (今回は行けました)

日程 2018年02月03日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ/曇りのち小雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
朝明渓谷駐車場を利用。トイレ・登山届用ポストあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間28分
休憩
1時間46分
合計
9時間14分
S朝明駐車場06:5107:02千種街道分岐07:57ブナ清水分岐08:0008:07根の平峠08:1808:27タケ谷分岐08:2809:06上水晶谷出合09:0909:11上水晶谷出合左岸分岐09:38コクイ谷出合10:0211:49七人山11:5812:30コクイ谷出合12:4513:14上水晶谷出合左岸分岐13:1513:18上水晶谷出合13:2014:02タケ谷分岐14:1214:27根の平峠14:3014:33ブナ清水分岐14:5515:55千種街道分岐15:5716:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
[朝明渓谷〜根の平峠〜上水晶出合い〜コクイ谷出合い]
基本的に千種街道でもあり、問題ありません。
が、時期的に全線で積雪有り。
朝明渓谷〜根の平峠間はしっかりしたトレースがありましたが、
根の平峠〜上水晶出合いはツボ足の方、おひとり分となり、
上水晶出合い〜コクイ谷出合い〜七人山間はトレースありませんでした。

[コクイ谷出合い〜七人山]
犲型融嚇貶 北東尾根”とでも呼んでいるのでしょうか?、この尾根を利用。
1か月ほど前に、この尾根を登り切れずに撤退しました。
今回は雪も締まっていたのか、何とか登り切れました。ヤレヤレ。
自分的には、この尾根は朝明〜雨乞岳間のもっとも楽で短い行程と踏んで、全シーズンで使っています。
七人山の東峰〜西峰間の林は、実に気持ちいいところです。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

スタートします。
思ったより寒くないが、それだけに雪の状態が心配。
又、撤退かなァ・・・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートします。
思ったより寒くないが、それだけに雪の状態が心配。
又、撤退かなァ・・・・・。
2
根の平峠。
ここまで天候は晴れでしたが、急速に曇ってきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根の平峠。
ここまで天候は晴れでしたが、急速に曇ってきます。
1
尾根に入ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に入ります。
1
結構深いところもあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構深いところもあります。
3
この木がこの尾根(七人山東峰 北東尾根?)の犲隋匹任后覆燭屬鵝法N派でしょう!?。
一応挨拶させて頂きます。「本年もよろしくお願いいたします」。
900mあたりから、さすがに雪が深く、フカフカになり苦行が始まる。
12時までに山頂につかなければ、撤退します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この木がこの尾根(七人山東峰 北東尾根?)の犲隋匹任后覆燭屬鵝法N派でしょう!?。
一応挨拶させて頂きます。「本年もよろしくお願いいたします」。
900mあたりから、さすがに雪が深く、フカフカになり苦行が始まる。
12時までに山頂につかなければ、撤退します。
5
この景色・雰囲気が好きなので、来ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この景色・雰囲気が好きなので、来ます。
3
ココへ来たかったんです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ココへ来たかったんです。
2
ここも。寒いけど落ち着くワ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも。寒いけど落ち着くワ。
薄っすらと白いお化粧。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄っすらと白いお化粧。
1
七人山の山頂(西峰)着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七人山の山頂(西峰)着
5
これは千種街道 三重県側の狄斥諭
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは千種街道 三重県側の狄斥諭
1
小雪・薄いガスで、雰囲気抜群です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小雪・薄いガスで、雰囲気抜群です。
1
根の平峠。
後は駐車場まで下るだけ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根の平峠。
後は駐車場まで下るだけ。
1

感想/記録
by patho

一か月ほど前に同じ行程を歩くつもりでスタートしましたが、最後の登りでワカン利用したにも関わらず力尽きて、撤退。
その後、hさんに触発され、嫁さんに内緒で「スノーシュー」を入手(笑)。
デビュー戦でした。
雪の状態が同じではないので比較になりませんが、圧倒的に沈み込みが少なくて、体力が温存できたようです。
ただ、「登りで作った直登トレースを使って急斜面をまっすぐ下降」しようと思うと、踵が効かないのでズルズルいっちゃいました。ジグザグ作って下りましたが、歩き方の問題でしょうか?今後の課題です。
でも、この新兵器(自分にとって)、面白いワ!!!。
しかし「スノーシュー」は車のトランクから出せん。
訪問者数:175人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/2/15
投稿数: 643
2018/2/4 23:45
 スノーシュー
こんばんは、patho さん。
七人山方面は雪深そうだし、人も余り歩いて無さそうだし、
良さそうな感じですね、冬に一度行ってみたいです。
スノーシューは良い感触だったようで、良かったです。
私は体重が重いので、ワカンでは辛い所でも、
スノーシューだと行けるって言う事が多いです。
あはは、でもスノーシュー、車のトランクから出せないって・・・
皆さん同じなんですね、私も車に妻に見せられない山道具が一杯!
でも夏は熱くなるので、早く劣化していまわないか心配なんですよ。
ご苦労様でした〜。
登録日: 2014/3/6
投稿数: 93
2018/2/5 7:52
 Re: スノーシュー
mildpapaさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。
でもスノーシューってイイですねえ。どうしてワカンにこだわっていたのか、今になっては謎です(笑)。いつのまにか「その地域のワカン」も収集してしまってます(嫁さんにしてみれば部屋に「木の輪っか」が沢山ある程度の理解ですが)。自分も体重超過が理由で「絶対、他の登山者より苦労している!」とひたすら言い訳しておりましたから・・・・。
山道具と釣り竿に関しては「いづこも同じ秋の夕暮れ」ですねえ。
時々、チラッと荷台を見られると「何か・・・・増えてない?」とカマかけられています(笑)。お互い苦労してますねえ(ちなみに夫婦は円満です 笑)。
登録日: 2012/12/25
投稿数: 6019
2018/2/5 14:00
 ついに
pathoさん、こんにちは

遂に七人山、スノーシューいいでしょ。やりましたね。
今年は雪、豊富だから当分楽しめますよ。
私も昨年初めまではワカンにこだわって根性で登ってましたが
ワカンの限界を知り、スノーシューに替えてからは次元が違ってきました。
お仲間がふえて嬉しい限りです。

とくに新雪時でも目指せるピークが増えてきたのが嬉しいです。
残雪期ならワカンでも行けちゃうんですがそれだとたった2〜3週間程度
しか雪山楽しめないですもんね。

ちなみに急斜面下るときは新雪ならノートレースのところ行った方が
気持ちよく下れますよ。
登録日: 2014/3/6
投稿数: 93
2018/2/6 7:48
 Re: ついに
higurasiさん おはようございます。コメントありがとうございます。
hさんのレコを拝見後に、「見るだけ」のつもりでお店に行って、勢いで入手してしまいました( 笑)。
元々、軟弱なので「楽勝! 」とまではいきませんが、かなり温存できたようです。
確かに、ノートレースの方が安定して歩けるようです。
ただ、シューの挙動に慣れず、小雪庇の乗り越しで踏み替えのため後ずさりしたところ、テールが下がっていることに気づかず見事に真後ろへ大転倒・プチ滑落でした。雪で良かった。
なるべく使って、早く慣れないと・・と、思っています(でも次はいつ行けるのだろう・・・)。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ