また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1372884 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走日光・那須・筑波

日光白根山 ⛄ロープウェイ山頂駅からピストン

日程 2018年02月03日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
7:00に白根山ロープウエイ前の中央駐車場に駐車。8割程度の駐車率。宿泊地の老神温泉からの道は除雪されているが所々アイスパーンらしき箇所が・・・。スタッドレスであればブレーキも利き問題なし。帰りは氷も解けていた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間28分
休憩
49分
合計
6時間17分
S日光白根山ロープウェイ山頂駅08:3809:31大日如来分岐09:3909:54地獄ナギ10:0212:46奥白根山13:0814:04地獄ナギ14:1014:21大日如来分岐14:2614:55日光白根山ロープウェイ山頂駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ロープウエイチケット購入時、登山届の提出が義務付けされています。駐車場所、車のナンバも記録されます。ロープウエイは2000円ですが1000円のデポジットが取られ3000円支払います。下山後カードを返却し下山連絡をすると1000円返却されます。
ロープウエイの始発は8:30ですがこの日は人が多いのか8:15頃に動き出しました。
ロープウエイ山頂駅から白根山に向けて歩き、二荒山神社の赤い鳥居脇ゲート横の網を超えて登山スタート。網は張られてはいません。しばらく森林帯の緩やかな登りトレースを進んでいきます。私は登山靴のままで、hinhiro2000さんはスノーシューで・・・。雪は比較的絞まっていましたが所々踏み抜いたり、傾斜のきつい部分では滑り気味になります。キックステップを多用し登りました。途中傾斜がきつくなり雪もゆるくなってきたのでワカンを付けました。初めてのワカンでしたが傾斜で滑るためワカンのキックステップで登りました。ワカンアイゼンの方が良かったと思います。ワカンでキックステップする場合、先端は反っているワカンの方が良いように思います。私のはマジックマウンテンの反っているタイプだったので、キックステップするとワカンが上に動き、登山靴の先端が雪面に刺さり歩きやすかったです。半分程度進むと斜面を右に巻きトラバースして進みます。ワカンよりもスノーシューの方がエッジが利いて歩きやすそうです。徐々に傾斜もきつくなり標高を上げていくと雪も締まってきたのでアイゼンに履き替えました。ストックもピッケルに変更。ストックを使うとストックに頼りすぎて逆に危険な場面がありました。特にトラバース斜面で谷側に突くとが危ないです。
森林帯を抜け森林限界に出ると小石と雪が混ざったザレ場となりアイゼンでは歩きにくいです。ザレ場を抜けると雪渓の急登、最後の急登です。これを登り切ると岩場となり頂上もすぐです。登り切ると祠がありピークのように見えますが、頂上は一度下って登り返したところになります。看板が見えます。12:30までに山頂に着けなければ下山する予定でしたが、頂上が目前だったのでリミットを13:00に変更し登山続行。12:50に山頂に到着できました。山頂はガスがかかり風が強くなっていました残念です。下山は順調で2時間程度で下山できました。15:00前にはロープウエイ駅に到着できました。下山時は雪も締まってきたようで踏み抜きは少なかったです。
ワカンの調整、アイゼンの装着などに時間を取りすぎ山頂を踏めるか不安でしたが、何とか山頂が踏めてよかったです。まだまだ雪山の経験が必要だと痛感しました。
その他周辺情報下山後休憩スペースでやっと昼食のパンを食べられました。
沼田に向かう途中にある「白根の湯」で汗を流して帰りました。とても良いお湯でした。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 インナーダウン ダウンパンツ 靴下 アルパイングローブ フィット フィット ウールライナー グリセード バラクラバ サングラス ゴーグル ストック ピッケル リーシュ 12本爪アイゼン ワカン ロングゲーター ヘルメット スリング60mm×2 ヘッドライト×2+予備バッテリ 食料 スープ インスタントコーヒー ポカリスエット-クリアボトル700ml アコーディオンコンテナ×2 カラトリ ゴミ袋 電池(単3×2 携帯座布団 カメラ予備バッテリ+メモリ ココヘリ サコッシュ ピクトリノックス ホイッスル 行動食 サプリメント 常備薬 iPhoneケース メガネ曇り止め 日焼け止め リップクリーム バンダナ ティッシュ ホッカイロ 地図 カメラ GARMIN 帽子 温度計
共同装備 エアーサロンパス 救急キッドA ツェルト1人用

写真

ロープウエイに乗って山頂駅に向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウエイに乗って山頂駅に向かいます。
回りはポーダー、スキーヤーばかり、皆ゲレンデを降りていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
回りはポーダー、スキーヤーばかり、皆ゲレンデを降りていきます。
我々は反対側の白根山山頂を目指します。この日は4組と3名程度と会いました。意外と少ないですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
我々は反対側の白根山山頂を目指します。この日は4組と3名程度と会いました。意外と少ないですね。
1
マップと入山者心得が・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マップと入山者心得が・・・
鳥居の脇を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居の脇を進みます。
二荒山神社脇ゲート横の網を超えていきます。網は張られていません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二荒山神社脇ゲート横の網を超えていきます。網は張られていません。
踏み跡はしっかりしているので踏み跡をトレースして進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡はしっかりしているので踏み跡をトレースして進みます。
先ずは登山靴のままスタート。足を取られながら進んでいきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ずは登山靴のままスタート。足を取られながら進んでいきます。
しばらくこの様ななだらかな森林帯の登山道を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくこの様ななだらかな森林帯の登山道を進みます。
開けた場所がありました。山々が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けた場所がありました。山々が見えます。
1
雪が深くなってきたのでワカンを着けます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が深くなってきたのでワカンを着けます。
ワカン装着完了。マジックマウンテンの先端の反ったトレースラインにオクトスのラチェットベルトを取り付けました。装着が楽でグッド。靴の位置調整をしないと歩きづらい事がわかり何度か調整しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワカン装着完了。マジックマウンテンの先端の反ったトレースラインにオクトスのラチェットベルトを取り付けました。装着が楽でグッド。靴の位置調整をしないと歩きづらい事がわかり何度か調整しました。
ふかふか雪の急斜面。登りづらいです。見た目よりも傾斜は急です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふかふか雪の急斜面。登りづらいです。見た目よりも傾斜は急です。
七色平に到着。半分近くまで来ました。なだらかな登りの登山道だったのであっという間です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七色平に到着。半分近くまで来ました。なだらかな登りの登山道だったのであっという間です。
地図があります。これから山を右に巻く斜面のトラバースが始まります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図があります。これから山を右に巻く斜面のトラバースが始まります。
こんな所もトラバース。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな所もトラバース。
ワカンを付けて進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワカンを付けて進みます。
トラバースをガンガン進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースをガンガン進みます。
所々沢状の雪渓で開けた場所をトラバースしていきます。展望もきれいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々沢状の雪渓で開けた場所をトラバースしていきます。展望もきれいです。
1
こんな岩の横も・・・夏道はどんな感じでしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな岩の横も・・・夏道はどんな感じでしょうか?
登りが厳しくなってきました。ワカンが滑るので。ワカンのキックステップで進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りが厳しくなってきました。ワカンが滑るので。ワカンのキックステップで進みます。
こんな所も・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな所も・・・
また展望が開けました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また展望が開けました。
踏み跡が直登するトレースと右に巻くトレースがありました。前の方は直登の踏み跡を進みましたが、我々は夏道通りに右に巻きます。直登した方もあきらめて右に巻いたようです。右巻きが正解です。こちらの道に進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡が直登するトレースと右に巻くトレースがありました。前の方は直登の踏み跡を進みましたが、我々は夏道通りに右に巻きます。直登した方もあきらめて右に巻いたようです。右巻きが正解です。こちらの道に進みます。
hihiro2000さんスノーシューからアイゼンに履き替え。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
hihiro2000さんスノーシューからアイゼンに履き替え。
私もワカン、ストックからアイゼン、ピッケルに変更です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私もワカン、ストックからアイゼン、ピッケルに変更です。
アイゼン装着完了。少し手間取ってしまいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼン装着完了。少し手間取ってしまいました。
後ろを振り返りパチリ。天気も良く絶好の登山日和です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろを振り返りパチリ。天気も良く絶好の登山日和です。
1
アイゼンとピッケルで進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼンとピッケルで進みます。
山座同定が苦手なのでハッキリわかりませんが方向的には「燧ヶ岳」「至仏山」でしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山座同定が苦手なのでハッキリわかりませんが方向的には「燧ヶ岳」「至仏山」でしょうか?
山々がきれいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山々がきれいです。
やっと森林帯を抜け森林限界に出ました。この雪渓を登り山頂を目指します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと森林帯を抜け森林限界に出ました。この雪渓を登り山頂を目指します。
1
パノラマで・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマで・・・
この雪渓を登ると頂上ももうすぐです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この雪渓を登ると頂上ももうすぐです。
最後の力を振り絞り雪渓を登ります。ザレ場近くを登りますが、雪は比較的締まっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の力を振り絞り雪渓を登ります。ザレ場近くを登りますが、雪は比較的締まっています。
下山リミットの12:30になりましたが、もう少しなのでリミットを13:00に変更し歩みを続けます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山リミットの12:30になりましたが、もう少しなのでリミットを13:00に変更し歩みを続けます。
山頂近く岩場が現れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂近く岩場が現れます。
祠はこんな感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠はこんな感じ。
祠を越えて一度雪の急登を降ります。すると最後の岩場が、これを登り切ると山頂です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠を越えて一度雪の急登を降ります。すると最後の岩場が、これを登り切ると山頂です。
山頂の看板が見えます。もうすぐです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の看板が見えます。もうすぐです
山頂直下、アイゼンで岩場を登ります。ガスが出て風も強くなってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下、アイゼンで岩場を登ります。ガスが出て風も強くなってきました。
山頂到着です。何とか登り切れました。12:50リミットギリギリです。残念ながら回りはガスに包まれています。展望がありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着です。何とか登り切れました。12:50リミットギリギリです。残念ながら回りはガスに包まれています。展望がありません。
1
ガスが切れた瞬間に男体山と中禅寺湖をパチリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが切れた瞬間に男体山と中禅寺湖をパチリ。
2
下山します。祠まで戻って山頂をパチリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山します。祠まで戻って山頂をパチリ。
まだ雪渓を登ってくる人がいます。この後あきらめて下山していました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ雪渓を登ってくる人がいます。この後あきらめて下山していました。
トレースを軽快に下山していきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースを軽快に下山していきます。
下山は軽快な私・・・でも足にきています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は軽快な私・・・でも足にきています。
空が晴れてきました。山頂で晴れてくれればよかったのですが、残念です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空が晴れてきました。山頂で晴れてくれればよかったのですが、残念です。
かがとステップで軽快に下山していきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かがとステップで軽快に下山していきます。
森林帯のトレースを下山します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林帯のトレースを下山します。
晴れて綺麗です。疲れが吹っ飛びます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れて綺麗です。疲れが吹っ飛びます。
1
トラバースを抜け七色平まで降りてきました。残り半分程度。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースを抜け七色平まで降りてきました。残り半分程度。
昼食も取れなかったのでここで行動食を補給。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食も取れなかったのでここで行動食を補給。
陽ざしが差し込んだ森林帯。綺麗です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽ざしが差し込んだ森林帯。綺麗です。
1
森林が深く雪がきれいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林が深く雪がきれいです。
行には気がつかなかったお地蔵さん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行には気がつかなかったお地蔵さん。
無事下山15:00前に下山できました。15:30の最終ロープウエイまで余裕でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山15:00前に下山できました。15:30の最終ロープウエイまで余裕でした。
下山後の白根山。太陽光の加減で迫力があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後の白根山。太陽光の加減で迫力があります。
2
ロープウエイで下山します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウエイで下山します。
下山後休憩スペースで昼食用に買っておいたパンで遅い昼食。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後休憩スペースで昼食用に買っておいたパンで遅い昼食。
日光白根山ロープウエイ駅。また来ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光白根山ロープウエイ駅。また来ます。
下山後「白根の湯」で汗を流して帰りました。とても良い温泉でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後「白根の湯」で汗を流して帰りました。とても良い温泉でした。
1

感想/記録

登りが苦手で体力の限界を感じます。雪山の登り方ももう少し訓練が必要だと思います。これから経験を積んでいきたいと思います。
今回の雪の状態ではワカンにアイゼンの組み合わせで途中からワカンを外して登るパターンが良かったと思います。降りはアイゼンだけで問題ありませんでした。
気温-5℃ 曇り、晴れ・微風。
下着 スキンメシュ上下
ベース マムート エイスワイドジップ
ミッド ドラウトレイ ジャケット
アウター モンベル ストリームジャケット
タイツ ミレー スーパーパワーパンツ
パンツ モンベル アルパインパンツ
手袋 モンベル アルパイングローブ フィット
ヘルメット サングラス 毛糸の帽子
途中森林帯で汗をかきました。ペース調整を考えていませんでした。稜線に出ると風があり体感温度が急激に下がります。
訪問者数:508人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ