また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1373333 全員に公開 雪山ハイキング富士・御坂

【撤退】王岳(西湖いやしの里根場より往復)

日程 2018年02月04日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
(往路)
5:49 最寄駅 → JR中央線 7:51 大月 → 富士急行 8:43 河口湖
富士急行周遊バス 9:10 河口湖駅 → 9:50 西湖いやしの里根場
http://bus.fujikyu.co.jp/pdf/rosen/fujigoko/20160502/omni_timetable.pdf

(復路)
富士急行周遊バス 13:10 西湖いやしの里根場 → 13:45 河口湖駅
富士急行 14:32 河口湖 → 15:29 大月
JR中央線 15:47 大月 → 16:30 立川
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間15分
休憩
1分
合計
3時間16分
Sいやしの里根場登山者用駐車場09:5710:54王岳登山口12:32王岳登山口12:3313:11いやしの里根場登山者用駐車場13:13いやしの里根場バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雪は概ねくるぶしまで。深いところでは膝まで。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

西湖いやしの里根場バス停からスタートです。ここで降りた登山者は3名。2名は反対方向に進みました。
2018年02月04日 09:56撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西湖いやしの里根場バス停からスタートです。ここで降りた登山者は3名。2名は反対方向に進みました。
いやしの里根場のバックには御坂山塊がそびえています。
2018年02月04日 09:58撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやしの里根場のバックには御坂山塊がそびえています。
1
ここから雪道になりますが、1名のトレースがあります。
2018年02月04日 09:59撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから雪道になりますが、1名のトレースがあります。
どうせつけることになるので軽アイゼンを装着しておきます。
2018年02月04日 10:10撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうせつけることになるので軽アイゼンを装着しておきます。
1
1名のトレースはすぐになくなり、動物のトレースしかありません。
2018年02月04日 10:19撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1名のトレースはすぐになくなり、動物のトレースしかありません。
1
ただ車道なのでそれほどの困難はなく進めます。
2018年02月04日 10:25撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ただ車道なのでそれほどの困難はなく進めます。
自分のつけた足跡を振り返って。こうして見ると自分のがにまた度合いがわかります。
2018年02月04日 10:35撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分のつけた足跡を振り返って。こうして見ると自分のがにまた度合いがわかります。
あの稜線までたどりつけるのでしょうか?
2018年02月04日 10:36撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの稜線までたどりつけるのでしょうか?
動物の足跡しかありません。
2018年02月04日 10:48撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
動物の足跡しかありません。
ここまではいいペースで来ています。
2018年02月04日 10:52撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまではいいペースで来ています。
ここが登山口。ここからが正念場です。
2018年02月04日 10:57撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが登山口。ここからが正念場です。
標識の方向に進みます。ピンクリボンのある土手のようなところを進みます。
2018年02月04日 11:06撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識の方向に進みます。ピンクリボンのある土手のようなところを進みます。
1
土手を登ります。
2018年02月04日 11:18撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土手を登ります。
標識に沿って進みます。雪が深くなってきました。
2018年02月04日 11:29撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識に沿って進みます。雪が深くなってきました。
トレースもなく、ピンクテープを追いかけてやや開けて窪んだところを進みます。
2018年02月04日 11:43撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースもなく、ピンクテープを追いかけてやや開けて窪んだところを進みます。
1
1400m付近。この先のところで傾斜が急になりました。ピンクテープを追えなくなり、どちらに進めばよいのかわからなくなり、滑落の危険性もあると考え、撤退を決定。あと200mほど登ればよかったのですが・・・
2018年02月04日 12:06撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1400m付近。この先のところで傾斜が急になりました。ピンクテープを追えなくなり、どちらに進めばよいのかわからなくなり、滑落の危険性もあると考え、撤退を決定。あと200mほど登ればよかったのですが・・・
1
一旦撤退を決めると後は自分のつけた足跡を戻るだけ
2018年02月04日 12:15撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦撤退を決めると後は自分のつけた足跡を戻るだけ
1
あっという間に標識まで戻りました。
2018年02月04日 12:16撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間に標識まで戻りました。
この土手道もどんどん下れます。
2018年02月04日 12:19撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この土手道もどんどん下れます。
ときどき自分の足跡を離れてもふもふを楽しみます。
2018年02月04日 12:30撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ときどき自分の足跡を離れてもふもふを楽しみます。
1
ふくらはぎぐらいの深さです。
2018年02月04日 12:40撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふくらはぎぐらいの深さです。
2
あっという間にスタート地点近くの橋まで戻ってきました。
2018年02月04日 13:08撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間にスタート地点近くの橋まで戻ってきました。
1
富士山もきれいです。山頂から見たかったな。
2018年02月04日 13:10撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山もきれいです。山頂から見たかったな。
3
いやしの里根場の駐車場が見えました。
2018年02月04日 13:12撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやしの里根場の駐車場が見えました。
2
スタート地点まで戻ってきました。思いがけず早い帰還となりました。登山を始めてから初めての撤退。無念です。
2018年02月04日 13:14撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタート地点まで戻ってきました。思いがけず早い帰還となりました。登山を始めてから初めての撤退。無念です。

感想/記録

毎年3月に歩いている御坂山塊。昨年は節刀ヶ岳まで歩いたので、今年は王岳の番。天気が良さそうなので2月に繰り上げました。公共交通機関を使うとどうしても出発が遅くなるので、いやしの里根場から周回することにしました。雪の量が多いことが予想されるので、トレースを期待して日曜日の山行としました。

いやしの里根場でバスから降りた登山者は3名。2名は反対方向に行きました。時計回りは僕1人。王岳の標識のあるところから、1名分のトレースがあったので、これを追って出発しました。ところが歩き始めてすぐの橋から先はトレースが消滅。しばらくは車道歩きが続いたので問題ありませんでしたが、登山口からは鹿の足跡とピンクリボンを頼りに歩きました。

沢脇の土手のような細尾根を登ると登山道らしきものはつづら折りに入りました。1400m付近で、倒木をくぐって次のピンクリボンに差し掛かる頃には、雪は膝くらいになり、斜度が上がり、ついにピンクリボンも見当たらなくなり、どこをどう登るのか分からなくなりました。尾根筋ならそのまま適当に登ればよいのでしょうが、谷からつづら折りで登るルートだったので、斜度が上がり、滑落の危険性も出てきたので、無理をせず、ここで撤退することにしました。5年前に登山を始めてから、初めての撤退となりました。

天気は素晴らしかったので、山頂まで行ければ、青い空の下、富士山と樹氷というインスタ映えしそうな構図を楽しめたのでしょうが。残念ながら、これも山なりですね。もう少し暖かくなってから再チャレンジします。
訪問者数:192人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ