また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1373495 全員に公開 山滑走志賀・草津・四阿山・浅間

四阿山

日程 2018年02月04日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
ほぼ無風だったが山頂付近のみ弱風
気温低く、山行中はマイナス10℃を下回る
アクセス
利用交通機関
車・バイク
あずまや高原ホテル下の駐車場を利用。キャパは10台程度か。到着時(5:45頃)の気温マイナス11℃、出発時(10:55頃)の気温マイナス3℃。途中の道路は凍結箇所多く、滑り止め必須。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち37%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間45分
休憩
23分
合計
4時間8分
Sあずまや山登山口駐車場06:2107:29里宮分岐07:3608:35長池分岐08:45四阿山・根子岳分岐08:4609:01四阿山09:1009:32四阿山・根子岳分岐09:3310:00里宮分岐10:0210:26あずまや山登山口駐車場10:2910:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
6:20駐車場-9:00四阿山山頂-9:31滑走開始-10:26駐車場
コース状況/
危険箇所等
積雪は多くないが、雪質は良かった。概ね2100メートルより上はサラサラのパウダー、それより下はパックされているか、もっと標高が下がるとかなり硬い雪。牧場エリアは有刺鉄線やその支柱が雪に埋まっていないので、跨ぐ時などは要注意。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

牧場に出たところ
2018年02月04日 06:46撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牧場に出たところ
朝日が当たる
2018年02月04日 07:03撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日が当たる
北アルプス方向だが雲の中
2018年02月04日 07:03撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス方向だが雲の中
標高を上げるとサラサラの雪が
2018年02月04日 07:56撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高を上げるとサラサラの雪が
動物の足跡
2018年02月04日 08:02撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
動物の足跡
自分の足跡
2018年02月04日 08:09撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分の足跡
浅間山は雲の中
2018年02月04日 08:31撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山は雲の中
モンスター登場。手招きしているみたい。
2018年02月04日 08:33撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モンスター登場。手招きしているみたい。
モンスターたくさん
2018年02月04日 08:34撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モンスターたくさん
1
遠くにモンスターたくさん
2018年02月04日 08:37撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くにモンスターたくさん
青空とモンスター
2018年02月04日 08:47撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空とモンスター
2
逆光とモンスター
2018年02月04日 08:47撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆光とモンスター
1
雪が重そう
2018年02月04日 08:50撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が重そう
1
最後の登り
2018年02月04日 08:54撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の登り
2
山頂到着
2018年02月04日 09:01撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着
1
お隣の根子岳は快晴の模様
2018年02月04日 09:02撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お隣の根子岳は快晴の模様
2
山頂の祠
2018年02月04日 09:02撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の祠
2
山頂付近はこうしてみると以外にナイフリッジ
2018年02月04日 09:03撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近はこうしてみると以外にナイフリッジ
2
浅間山は最後まで雲の中
2018年02月04日 09:10撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山は最後まで雲の中
また来ます
2018年02月04日 09:11撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また来ます
快適パウダー滑走
2018年02月04日 09:36撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適パウダー滑走
この辺りも快適
2018年02月04日 09:40撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りも快適
樹林帯も快適
2018年02月04日 09:49撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯も快適
ジャングルも意外に快適
2018年02月04日 09:50撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャングルも意外に快適
牧場はさすがに雪が硬かった
2018年02月04日 10:10撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牧場はさすがに雪が硬かった

感想/記録

年中行事の1つになりつつある厳冬期の四阿山スキー山行に出掛けてきた。今年は東信地方の積雪が増えず、期待しないで出掛けたが、想像通りに雪は少なかったものの、気温が低いため雪質が良く、思った以上に楽しめた。以下に詳細。

駐車場には真っ暗な時間に到着。早過ぎたと思ったが既にスタンバイして出掛ける人や、もぬけの殻のクルマも。今日は好天予報が出ているので早出の人も多いようだ。こちらも食事と準備をして明るくなってから出発。始めの10分ほどはライトを使う。例年この時期であれば駐車場から山頂まで雪が途切れないのだが、今年は、アスファルト道路が普通に見えていた。なんとか雪を拾って歩いたので板は外さなかったが、しばらく降雪がなく除雪と融雪で道路の雪はないところが多かった。道路の雪はなくても良いが、小雪の印象は拭えない。別荘に入り本格的にシール歩行を始めるが、雪は踏まれてかなり硬く締まっている。つぼ足でも歩けそうだった。それよりも気温が低くて寒い。インナーとアウターのグローブをしていても指先が痛いくらい。寒いのでペースを上げて歩き、駐車場から25分ほどで牧場に出る。まだ太陽は出ていないので薄暗い。例年牧場に出ると西風が強くて寒くてたまらないのだが、今日は風が全くなく、ここまでペースを上げたせいで背中にはじんわり汗をかくくらい。出発時には寒くて仕方なかったが、30分かからずに暑ささえ感じるように。牧場を進めば風も出るかと思ったが、今日は本格的に風が死んでいるようで、全くの無風状態だった。帰りはここを滑って降りてくるので牧場エリアの雪はよく見て歩いたが、所々雪が薄くて地面や岩が露出していた。これにヒットしたらたまらない。有刺鉄線とその支柱も、例年ならほぼ隠れて気にならないのだが、今年ははっきり出ており、跨いで先に進まなくてはならなかった。やはり雪は少ないし、牧場の雪は硬い。牧場を歩ききると尾根に上がる。ここも支柱が出ていて、しかも牧場のように広くないので、下りで滑るときは注意が必要な状態だった。例年どおりに東に大きく回って比較的傾斜が緩くて樹間の開いた辺りを登る。帰りのルートと雪質の確認だが、標高を上げるにつれて雪質は良くなっていった。サラサラのパウダーで、帰りが楽しみだ。樹林帯を抜け露岩帯が出てくる。ここは毎年雪が着いていないので、西側の方へ回るのだが、果たしてそちらは雪が豊富で滑り易そうだった。あちこち帰りのルートを確認しつつ登る。標高が2200メートルを超えるとお待ちかねのモンスターが現れるようになって。降雪は少ないようだが、気温が低いので一度できたモンスターが冷凍庫で保存されているようなものなのだろう。青空に映える。スノーシューの跡やスキーのシュプールはあちこちに見えるが、飛ばされた雪で消えかかっているところが多い。ここまでほぼ無風の中を歩いてきたが、山頂に近付くに連れて風が出てきた。空を見上げても雲の動きが速い。山頂が雲に覆われる前に到達したいので、最後は休憩もせずに登り切り、9時ちょうどに山頂に到着。少し雲が出ていたものの、視界は得られた。写真を撮りつつ休憩する。南の方に浅間山が見えるが、山頂付近は雲に覆われていて、結局この日は見えずじまい。北アルプスも雲の中で全然見えず。天気予報でも言っていたが、全国的には好天ではなく荒天で、関東付近だけ例外だったのだろう。山頂には誰もいないのでゆっくり休憩しても良かったが、風が冷たくて長居ができそうにない。10分ほど立ち休憩して下り始める。スキーの上手な人なら山頂でシールを剥がしてサッと滑っていくのだろうが、自分は途中の登り返しが嫌なので、しばらくはシールを付けたままで移動する。登り返しのないところまで来たらザックを降ろしてシールを剥がし、滑る準備をする。15分ほどで行動再開。寒い分雪質が保たれていて、滑っていて気持ちが良い。四阿山でこんなに快適に滑ったのは初めてかもしれない。自分としては割と良いペースで下り、露岩帯も雪のあるエリアに出てこなし、樹林帯は東の方に回ってここでも軽い粉雪を滑る。かなり快適で楽しい。やはり山スキーはこうでなくちゃ、と思う。ガリガリの雪なんて楽しくない。しかし標高を下げるとサラサラパウダーも消え、パックされた雪が出てくる。これは致し方ない。転けないように進む。下の方は大概藪というかジャングルスキーなので、板を快適に回せるような所は少ない。しかも雪質が堅くなっているので尚更だった。太ももに厳しい滑りをこなし、なんとか牧場に出てくる。ここは傾斜が緩いので雪質が良ければ意外に楽しいのだが、今まで良い雪に当たったことはない。今日は硬い雪だった。氷になっていないだけましだったが。広々として快適な牧場はあっと言う間に終わり、有刺鉄線を跨いで夏道を下る。最後なので転んだり樹木に激突しないように注意して登山口まで戻る。途中ゆっくり滑っても1時間かからずに駐車場に無事戻り、行動終了。

四阿山はやはり残雪期に滑るより、多少寒くても防寒対策をしっかりして、1月か遅くても2月の上旬くらいまでに滑れば結構楽しめそうだ。また来年も来よう。
訪問者数:477人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ