また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1373772 全員に公開 山滑走谷川・武尊

前武尊〜荒砥沢滑走

日程 2018年02月03日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
オグナほたかスキー場のリフトを4本乗継ぎ。練習を兼ねて午前券を購入。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間11分
休憩
24分
合計
4時間35分
Sスタート地点11:0111:53前武尊山12:0815:09オグナほたか駐車場15:1815:36ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山届/下山届はスキー場のセンターハウスにポストがあります。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 予備手袋 防寒着 バラクラバ 毛帽子 着替え ブーツ ザック ビーコン スコップ ゾンデ コンパス 計画書 ヘッドランプ GPS 保険証 携帯 サングラス タオル カメラ ビンディング スキー板 シール
備考 スキー:Madshus EPOC 165cm + チリケーブル(テレマーク)
ブーツ:Scarpa T4

写真

朝の沼田IC。ハロと幻日のお出迎え
2018年02月03日 07:55撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の沼田IC。ハロと幻日のお出迎え
本日はオグナほたかスキー場が出発点です。
2018年02月03日 09:17撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日はオグナほたかスキー場が出発点です。
リフトを4本乗継ぎ。最終リフト右手が人気の十二沢源頭。つぎつぎスキーヤー&スノーボーダーが降りてきます。
2018年02月03日 10:33撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフトを4本乗継ぎ。最終リフト右手が人気の十二沢源頭。つぎつぎスキーヤー&スノーボーダーが降りてきます。
ゲレンデトップのリフト降り場が入山地点。
2018年02月03日 10:57撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデトップのリフト降り場が入山地点。
気持のよいシール登行です
2018年02月03日 11:39撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持のよいシール登行です
縦横にトレースが入り乱れてちょっと歩きづらい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦横にトレースが入り乱れてちょっと歩きづらい。
前武尊山頂のオグナ像
2018年02月03日 11:53撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前武尊山頂のオグナ像
ご挨拶にハイタッチ!
2018年02月03日 12:02撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご挨拶にハイタッチ!
山頂からの素晴らしい眺望。
2018年02月03日 11:54撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの素晴らしい眺望。
そして、剣が峰から家の串方面の絶景!
2018年02月03日 11:55撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、剣が峰から家の串方面の絶景!
剣が峰へのコルに滑り込み
2018年02月03日 12:18撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣が峰へのコルに滑り込み
エザリオ画伯の素晴らしいテレマークターン!
2018年02月03日 12:18撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エザリオ画伯の素晴らしいテレマークターン!
重パウを滑ってライトの樹林で作戦会議
2018年02月03日 12:38撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
重パウを滑ってライトの樹林で作戦会議
荒砥沢を下まで滑ることに決定
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒砥沢を下まで滑ることに決定
中間部は快適斜面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中間部は快適斜面
だんだん狭くなってきます。ちょっと両脇の斜面が怖い。
2018年02月03日 12:54撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん狭くなってきます。ちょっと両脇の斜面が怖い。
狭い谷間の探検的スキー!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭い谷間の探検的スキー!
林道に出ました
2018年02月03日 13:43撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に出ました
ゆるゆるとスキー場に向かって登り返し
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆるゆるとスキー場に向かって登り返し

感想/記録
by mulkei

南岸低気圧で関東にも降雪のあった翌日。
若干気温が高くて心配もあったが現地判断の効く前武尊BCに出かけました。
今回のパートナーはエザリオ画伯。前武尊は2回目ですが、パートナーがいると心強いです。

まずはオグナほたかスキー場のゲレンデトップまで4本リフトを乗り継ぐ必要があります。スキーが久し振りのエザリオ画伯の練習も兼ねて午前券を購入しました。もちろん登山届をセンターハウスのポストに入れます。

リフトを乗継いで最終リフトまで来ると、右手に十二沢の源頭斜面が広がります。この時間ではシュプールだらけ。スキーヤー、スノーボーダーが次々降りてきます。

2本ほど最終リフトを繰り返して足慣らししたあと、支度をしてリフト降り場脇のトレースから入山します。今回は2人ともテレマークスキーです。自分のスキーはステップソールですが,登り一本なのでシールを付けました。
高度が上がるにつれてゲレンデの喧噪を離れて静かな景色がひろがります。それにしてもスキースノーシューのトレースが入り乱れて登りづらいですが、小一時間で前武尊山頂に到着です。

前武尊山頂では久し振りのオグナ像=日本武尊様にご対面。ハイタッチをしてご挨拶し、滑降の準備をします。ここから剣が峰へのコルに滑り込みますが、剣が峰から奥に続く武尊の山並みの素晴らしい景色に出会えました。

コルに降り立つと、まっすぐ剣が峰の斜面下をトラバースしているトレースがありましたが、この陽気では気持悪くてとても無理。右手の荒砥沢に滑り込みます。
程よいパウダーですが若干重め。私のスキーはステップソール/1.5キャンバーなので全く浮きません。登り返してくる人がいるので、左手の斜面に入って沢の中央を目指します。

あっという間に楽しい時間は終わり。ボトム右手の樹林に入って作戦会議です。
家の串側に登るのは、沢筋にデブリが出ていて上部に破断面も見えるので却下。登り返して十二沢を滑るのも既に荒れまくりなので、荒砥沢を探検して林道まで下るルートを選択しました。

谷筋を滑っていくと、徐々に狭くなってきて左右の斜面から雪崩がでたら逃げ場のがなく嫌な感じなので休まずどんどん下ります。氷瀑のあるゴルジュを抜けると沢が広がってひと安心です。林道は若干わかりづらく、Geographicaで現在位地を確認して発見しました。

林道は勝手にスキー場まで下りだと思い込んでいたら若干の登りです。ステップソールで楽チンな私が前に出て、数日前のものと思われるスノーシューのトレースを辿りながらゲレンデにもどりました。途中でシール装着した画伯にトップを変わってもらいましたが、気温が上がってきてスキーが下駄状態になって疲れました。

ということで、ライトなBCスキーのはずが結構探検的な山登りっぽくなって、思いのほか楽しめました。

訪問者数:382人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ