また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1373785 全員に公開 雪山ハイキング丹沢

大倉-塔ノ岳-大倉

日程 2018年02月03日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
往)小田急線渋沢駅6:24発大倉行きバス(臨時)
復)大倉13:38発渋沢駅行き
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間46分
休憩
43分
合計
6時間29分
S大倉バス停07:0707:54雑事場ノ平09:25天神尾根分岐09:3810:02花立山荘10:0910:44塔ノ岳11:0713:36大倉バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雑事場ノ平から雪があり、一本松の先のベンチでアイゼンを着ける人が多かったです。雪は締まっていないので、足場が水平でないところは、つま先からしっかり入れていかないと滑ってしまうところもありました。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

大倉バス停での朝日です
この時期だと、始発バスでも朝焼けは終わっています
2018年02月03日 07:07撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉バス停での朝日です
この時期だと、始発バスでも朝焼けは終わっています
朝日を受ける雑事場ノ平の先の林。
この辺りから、しっかり雪がありました
2018年02月03日 07:57撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日を受ける雑事場ノ平の先の林。
この辺りから、しっかり雪がありました
1
一本松の先のベンチ。ここでアイゼンを着けました。
2018年02月03日 08:33撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一本松の先のベンチ。ここでアイゼンを着けました。
1
馬ノ背。ウサギの足跡?
2018年02月03日 10:20撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬ノ背。ウサギの足跡?
今日の塔ノ岳山頂はこんな感じ。北の空は晴れているけど、東と南は曇ってきました。
2018年02月03日 10:44撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の塔ノ岳山頂はこんな感じ。北の空は晴れているけど、東と南は曇ってきました。
山頂の風紋
2018年02月03日 10:44撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の風紋
1
尊仏山荘の先から、蛭ヶ岳に至る尾根を望む
2018年02月03日 10:47撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尊仏山荘の先から、蛭ヶ岳に至る尾根を望む
1
尊仏山荘の裏で雪の窪みが美しかった
2018年02月03日 10:49撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尊仏山荘の裏で雪の窪みが美しかった
1
花立の上のベンチのそばで鹿が2頭、融けた雪から顔を出した草を食んでいました
2018年02月03日 11:54撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花立の上のベンチのそばで鹿が2頭、融けた雪から顔を出した草を食んでいました

感想/記録

久々の丹沢である。山自体も昨秋の伊吹山以来であり、道具のメンテナンスもしていなかった。丹沢周辺は、御正体山や矢倉岳には行っていたが、丹沢は丁度2年前の大倉-丹沢山のピストン以来。このときは雨氷が美しかった。今回は金曜日の積雪後の晴れの土曜日と言う絶好の雪山ハイキング日和。当然のように丹沢山往復で登山届けを出したが・・・
今日は一本松の先のベンチで多くの皆さんと同様、アイゼンを着けた。いつも花立で着けていたので、こんなに早い装着は始めてである。雪があると、ないときよりサクサクと早く歩けていたのが、勝手が違う。腿が重い。6日前にマラソンを走ったからかと初めは考えたが、どうも違う。いつも行動食にゼリー飲料を取るが、今日はパンとおにぎり。花立でお汁粉を食べようと楽しみにしていたのに、着いてみると腹が重い。後になって考えてみると、駒止の下から花立までのアイゼンの効かない雪の登りで、ときどきキックステップしながら、相当体力を使ってしまっていたようだ。
塔ノ岳の先は、心配していたほどの雪の量ではなく、しっかり踏み跡もあるので、ツボ足で歩くことも無かったが、予定よりずっと時間がかかっていたのと、疲れを感じていたので、丹沢山は取り止めとした。
甲斐駒の後の千丈とか、奥穂のあとの焼岳とか、最近、当初の計画を完遂できないことが多い。山歩きの脚がちゃんと出来ていないのかな。
それにしても、丹沢ばかり歩いていたのが、2年間も訪れなかったのは初めてのことだろう。バリエーションルートではない山を一通り歩いたので、にわかに百名山ハンターと化してしまったようだ。今回の撤退は、ホームグラウンドがホームグラウンドでなくなっちゃうよと言う、丹沢からのメッセージかもしれない。
訪問者数:132人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ