また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1373787 全員に公開 雪山ハイキング丹沢

新雪と蛭ヶ岳カレー

日程 2018年02月04日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れたり吹雪いたり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
釜立林道入口に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間27分
休憩
54分
合計
10時間21分
S黍殻山登山口駐車場05:5606:12八丁坂ルート入口06:2007:09945m峰07:1008:20八丁坂ノ頭09:02東海自然歩道最高地点09:12姫次09:1509:28原小屋平09:41地蔵平道標09:4209:53地蔵平09:5410:24ポッチノ頭10:2510:56小御岳11:19蛭ヶ岳11:2211:25蛭ヶ岳山荘11:4911:53蛭ヶ岳11:5412:12小御岳12:29ポッチノ頭12:49地蔵平13:02地蔵平道標13:15原小屋平13:36姫次13:4113:51東海自然歩道最高地点14:04八丁坂ノ頭14:19青根分岐14:2416:04八丁坂ルート入口16:0516:16黍殻山登山口駐車場16:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
駐車場所から歩き出すやいなや、どこも雪べったり。八丁尾根道、主稜線縦走路は膝上までの雪でもしっかりトレースありました。一方釜立の沢沿いの道はノートレースで、もふもふの新雪を楽しめました。
その他周辺情報蛭が岳山荘のカレーはとても温まります。山の中で気軽にカレーが食べられるのは嬉しい。はまりました。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ズボン 靴下 グローブ 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター 毛帽子 ザック 輪カンジキ アイゼン 昼ご飯 行動食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ GPS ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 サングラス タオル ストック

写真

どの位時間がかかるかわからないので、朝暗い内に出発。林道上にも雪がたっぷりあります。
2018年02月04日 06:17撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どの位時間がかかるかわからないので、朝暗い内に出発。林道上にも雪がたっぷりあります。
八丁坂を上ります。雪はふかふかで、ワカン使った新雪の所以外、アイゼンは最後まで使いませんでした。
上っていると、奥多摩方面の山々のシルエットと朝焼けが見えました。これは今日は期待できるかも!
2018年02月04日 06:59撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁坂を上ります。雪はふかふかで、ワカン使った新雪の所以外、アイゼンは最後まで使いませんでした。
上っていると、奥多摩方面の山々のシルエットと朝焼けが見えました。これは今日は期待できるかも!
八丁尾根の唯一要注意箇所は、中盤のトラバース。慎重に行きましょう。今日はトレースがしっかりあり心配いりません。この辺、雪はよく締まって、一方ツルツルの所も無く、登山靴のままで歩けます。
2018年02月04日 07:06撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁尾根の唯一要注意箇所は、中盤のトラバース。慎重に行きましょう。今日はトレースがしっかりあり心配いりません。この辺、雪はよく締まって、一方ツルツルの所も無く、登山靴のままで歩けます。
1
八丁坂の頭付近からは主稜線縦走路を通らず、モノレール沿いのトレースに惹かれ、冬道を行ってみます。
2018年02月04日 08:22撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁坂の頭付近からは主稜線縦走路を通らず、モノレール沿いのトレースに惹かれ、冬道を行ってみます。
おっと、途中で完全にトレースがなくなった。前の人は撤退?
ここでワカン登場させ、ふわふわ歩行しました。楽しいけど疲れる。。
2018年02月04日 08:45撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっと、途中で完全にトレースがなくなった。前の人は撤退?
ここでワカン登場させ、ふわふわ歩行しました。楽しいけど疲れる。。
東海自然歩道の最高点もモフモフ雪の中。
2018年02月04日 09:03撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東海自然歩道の最高点もモフモフ雪の中。
2
姫次では吹雪いてきました。このまま行こうかちょっと躊躇。この辺りはいつも雪が多く、トレースを外すと膝上まで沈みこみます。
ここまで相当時間が掛かったけれど、まだ間に合うと思い、そのまま進みます。
2018年02月04日 09:07撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姫次では吹雪いてきました。このまま行こうかちょっと躊躇。この辺りはいつも雪が多く、トレースを外すと膝上まで沈みこみます。
ここまで相当時間が掛かったけれど、まだ間に合うと思い、そのまま進みます。
2
そのまま歩いていると、青空が出て、火曜日に行った桧洞丸が見えてきました。
2018年02月04日 10:44撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのまま歩いていると、青空が出て、火曜日に行った桧洞丸が見えてきました。
2
そして、蛭が岳頂上に近づくと霧が晴れて、山全体が霧氷です!これはうれしい。
2018年02月04日 10:57撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、蛭が岳頂上に近づくと霧が晴れて、山全体が霧氷です!これはうれしい。
7
頂上直下の斜面から見た檜洞丸。
2018年02月04日 11:11撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上直下の斜面から見た檜洞丸。
蛭が岳到着です。頂上付近は雪が着かず少し岩が出ています。風弱くなり、寒くありませんでした。
2018年02月04日 11:19撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭が岳到着です。頂上付近は雪が着かず少し岩が出ています。風弱くなり、寒くありませんでした。
3
山頂の霧氷です。前回に続き、また今日も霧氷が見れました。しかし、富士山は連続NGです。
2018年02月04日 11:20撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の霧氷です。前回に続き、また今日も霧氷が見れました。しかし、富士山は連続NGです。
4
今日も蛭カレー。病みつきになりました。ここで小屋のおじさんとしばし談笑。今の時期、丹沢山や塔の岳に比べ、やはり蛭が岳まで来る人は極端に少ないそうです。確かに、今日くらいコンディションが良くても、往復には丸一日掛かりますよね。
2018年02月04日 11:27撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も蛭カレー。病みつきになりました。ここで小屋のおじさんとしばし談笑。今の時期、丹沢山や塔の岳に比べ、やはり蛭が岳まで来る人は極端に少ないそうです。確かに、今日くらいコンディションが良くても、往復には丸一日掛かりますよね。
12
カレーを食べ終え、外に出ると、少し晴れ間が出て、山々が綺麗に見えました。
2018年02月04日 11:54撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カレーを食べ終え、外に出ると、少し晴れ間が出て、山々が綺麗に見えました。
1
檜洞丸がキリリ。富士山は見えません。
2018年02月04日 11:56撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜洞丸がキリリ。富士山は見えません。
4
大室山ドーン。
2018年02月04日 11:56撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大室山ドーン。
十分楽しんだので下山です。その前にもう一度霧氷と大室山。これで思い残す事なし。
2018年02月04日 12:00撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十分楽しんだので下山です。その前にもう一度霧氷と大室山。これで思い残す事なし。
3
帰りの姫次。ここから見る富士は私の選ぶ丹沢十景の一つですが、今日は富士は一部しか見えませんでした。
2018年02月04日 13:38撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの姫次。ここから見る富士は私の選ぶ丹沢十景の一つですが、今日は富士は一部しか見えませんでした。
1
姫次から振り返った蛭が岳。いやー、いい山です。どこから見てもいい形ですよね。
2018年02月04日 13:41撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姫次から振り返った蛭が岳。いやー、いい山です。どこから見てもいい形ですよね。
榛の木丸方面の道は誰も歩いてません。早戸川林道が通行止めでは仕方ないですね。
2018年02月04日 13:54撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
榛の木丸方面の道は誰も歩いてません。早戸川林道が通行止めでは仕方ないですね。
1
黍殻避難小屋まで来ました。ここが先週大雪で撤退したところ。これで踏み跡の赤線がつながり、リベンジ成功。
2018年02月04日 14:21撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黍殻避難小屋まで来ました。ここが先週大雪で撤退したところ。これで踏み跡の赤線がつながり、リベンジ成功。
さて、青根分岐から先を見ると、ノートレース。雪は膝くらいまでりありました。うっへー。辛そうだけど、楽しそう。
2018年02月04日 14:25撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、青根分岐から先を見ると、ノートレース。雪は膝くらいまでりありました。うっへー。辛そうだけど、楽しそう。
モフモフ。ここはワカンを活用して快適に下りれました。もし行きにこちらの道を上っていたら、今日も撤退していたかもしれません。
2018年02月04日 15:13撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モフモフ。ここはワカンを活用して快適に下りれました。もし行きにこちらの道を上っていたら、今日も撤退していたかもしれません。
2
怖かった細い橋。上に雪が積もってストックを指すところもありません。
2018年02月04日 15:27撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
怖かった細い橋。上に雪が積もってストックを指すところもありません。
やっと林道出会。あとはのんびり歩くだけ。
2018年02月04日 15:48撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと林道出会。あとはのんびり歩くだけ。
やれやれ、なんとか戻れました。夏道ならあっという間に往復出来るこの道も、10時間かかってしまいました。
2018年02月04日 16:18撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やれやれ、なんとか戻れました。夏道ならあっという間に往復出来るこの道も、10時間かかってしまいました。
2
訪問者数:678人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/9/30
投稿数: 2043
2018/2/4 21:12
 蛭カレー
おおっ!凄いですね
蛭カレーに辿り着きましたね🍛
蛭ヶ岳ブログに青根からトレースが出来たとありましたので、yasuさん登ったなと思っていました。
新雪お疲れ様でした
登録日: 2017/5/10
投稿数: 9
2018/2/4 22:30
 蛭カレー
kazikaさん、蛭カレーハマりましたね。来週から暫く行けないので今日行っておいて良かったです。
青根から八丁坂のトレースは昨日出来たみたいです。青根分岐から釜立の道は今日付けました。焼山へは朝大パーティが下りて行ったので、檜洞丸への道以外は立派な道になりました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ