また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1374167 全員に公開 山滑走中国山地西部

20180204 恐羅漢山(山頂〜百本杉)

日程 2018年02月04日(日) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
恐羅漢スノーパーク駐車場 無料
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間12分
休憩
10分
合計
7時間22分
Sスタート地点07:5608:42「立山ルート」スキー場の最上部08:50「立山ルート」スキー場の最上部10:06立山分岐10:19恐羅漢山10:2513:27恐羅漢山登山口13:3115:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
山頂到着後、一時ログが途切れている。
その他周辺情報お風呂:三段峡ホテル 540円、日帰り入浴午後5時まで
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 バラクラバ ザック 行動食 飲料 ライター コンパス ヘッドランプ 携帯 時計 サングラス ヘルメット スキーブーツ スキー クライミングスキン ストック ゴーグル

写真

ヒエバタトップ。
2018年02月04日 09:44撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒエバタトップ。
ラッセル開始。
2018年02月04日 10:06撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラッセル開始。
1
登山者と遭遇。
2018年02月04日 10:41撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山者と遭遇。
滑走のつもりがラッセルに。
2018年02月04日 10:58撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑走のつもりがラッセルに。
2
某山岳会のトレース
2018年02月04日 11:29撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
某山岳会のトレース
方角確認中。
「あっち、こっち」では勘違いするので「あの木」
2018年02月04日 12:04撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
方角確認中。
「あっち、こっち」では勘違いするので「あの木」
沢筋を渡ろうとするところ。
2018年02月04日 12:45撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢筋を渡ろうとするところ。
1
連続写真
(hayabusaさんより)
2018年02月04日 12:41撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
連続写真
(hayabusaさんより)
hayabusaさんは安全地帯から撮影(笑)
2018年02月04日 12:45撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
hayabusaさんは安全地帯から撮影(笑)
帰宅前に除雪。
2018年02月04日 15:37撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰宅前に除雪。
1

感想/記録

山頂稜線から百本杉尾根を滑走した。

ヒエバタトップからはトレースはなく、昨夜からの降雪後の一番乗りでラッセルとなった。
山頂で記念撮影後、稜線を北方面に滑走した。

ヒエバタゲレンデ分岐〜カヤバタゲレンデ分岐の区間は滑走どころではなかった。
地形図上は等高線のない緩やかな尾根に見えるが、トレースがなかったのでラッセル。

カヤバタゲレンデ分岐〜百本杉尾根分岐までは適度な斜面でツリーランが楽しめた。
尾根が広いので何度か方角を修正した。

百本杉尾根は斜度が緩く深雪は板が走らなかった。

夏焼峠への登山道合流後は、夏の登山道を辿った。
百本杉尾根南側の大きめの沢はが割れていたので、スキーで渡るのに難儀した階段で下って渡ろうとしたが踏み抜いてしまい板を脱ぐ羽目に。登山道の少し下流側から巻くのが正解だった。
カヤバタゲレンデまで200m程の所でシール歩行に切り替えた。早めにそうするべきだった。

フラフラになってロッジで豚カルビ丼大盛り。

本日の締めにと砥石郷コースを滑ったが踏ん張りが利かず終了とした。

今回のルートは降雪直後は緩い下りもラッセルとなるので、カヤバタトップからハイクアップして山頂は省略するのがよいかもしれない。
訪問者数:296人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/12/2
投稿数: 58
2018/2/6 19:47
 お疲れ様でした。
日曜、月曜、天気が・・・。結構強い寒波が入ってくるみたいですね。
登録日: 2011/8/29
投稿数: 95
2018/2/6 20:21
 Re: お疲れ様でした。
気分は比婆に向かってますが、どうなることやらですね。
登録日: 2013/12/2
投稿数: 58
2018/2/6 22:07
 Re[2]: お疲れ様でした。
ぎりぎりまで予報見ながらですかね〜。どの程度なら止めるかっていうラインが難しい。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ