また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1374760 全員に公開 雪山ハイキング丹沢

雪の塔ノ岳・鍋割山

日程 2018年02月04日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々雪のち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大倉の個人駐車場(500円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち96%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間57分
休憩
52分
合計
6時間49分
S大倉バス停06:4606:50大倉山の家07:10観音茶屋07:24雑事場ノ平07:28見晴茶屋07:42一本松07:56駒止茶屋08:05堀山08:11堀山の家08:3108:46天神尾根分岐09:06花立山荘09:15花立09:19金冷シ09:35塔ノ岳09:3609:48金冷シ09:57大丸09:5810:10小丸尾根分岐(二俣分岐・平二山)10:16小丸10:21鍋割山稜10:33鍋割山荘10:34鍋割山10:3510:55鍋割山荘11:0611:10鍋割山11:1411:50後沢乗越11:5112:05ミズヒ沢渡渉点12:1312:17本沢渡渉点12:29二俣12:3012:33尾関広氏の銅像12:43黒竜の滝12:4713:30丹沢クリステル13:34どんぐり山荘13:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大倉周辺はぬかるんでいますが、途中から積雪&凍ってました。
その他周辺情報花立山荘、尊仏山荘は空いてました。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター アイゼン 飲料 予備電池 携帯

写真

500mを超えたあたりから登山道は雪。
2018年02月04日 08:02撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
500mを超えたあたりから登山道は雪。
1
花立小屋あたり。この時期は「おしるこ」なんですね。
2018年02月04日 09:05撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花立小屋あたり。この時期は「おしるこ」なんですね。
1
山頂付近の樹。樹氷一歩手前。
2018年02月04日 09:28撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近の樹。樹氷一歩手前。
1
尊仏山荘は、雪で視界0.そうそうに鍋割山へ向かいます。
2018年02月04日 09:35撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尊仏山荘は、雪で視界0.そうそうに鍋割山へ向かいます。
2
鍋割山につくと、晴れ始めてきました。
2018年02月04日 10:35撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割山につくと、晴れ始めてきました。
1
鍋割山荘。今日は人が時間が早いせいか登山客が少なく、松ことなく鍋焼きうどんを注文できました。
2018年02月04日 10:35撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割山荘。今日は人が時間が早いせいか登山客が少なく、松ことなく鍋焼きうどんを注文できました。
1
鍋焼きうどん!これで力がつきます。
2018年02月04日 10:46撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋焼きうどん!これで力がつきます。
2
下山し始めたら晴れてきた。
2018年02月04日 11:05撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山し始めたら晴れてきた。
2
大倉との分岐点も雪ですね。
2018年02月04日 11:51撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉との分岐点も雪ですね。
林道までくると雪はなくなっていたので、ここでアイゼン終了です。
2018年02月04日 12:13撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道までくると雪はなくなっていたので、ここでアイゼン終了です。
まじか、下山したらピーカンになった。
2018年02月04日 13:23撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まじか、下山したらピーカンになった。
1
ロウバイが咲いている。この時期に来た事がなかったので、新鮮です。
2018年02月04日 13:32撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロウバイが咲いている。この時期に来た事がなかったので、新鮮です。
5
アップで。
2018年02月04日 13:32撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで。
3

感想/記録

1月は高い山へ登ってなかったので、足がなまってる。関近郊の低山も考えたけど、ガッツリ登れる塔ノ岳へ。

雪の塔ノ岳へ登るのは初めてです。500mあたりから雪が残っていてバーン状態に。堀山の家あたりでアイゼンを装着しなければなりませんでした。でも、知っている大倉尾根なのでゆっくり雪道を楽しみながら登れました。
天気予報では山頂でピーカンのはずでしたが、時間が早かったようで富士山を拝む事はできなかったのが残念。でも、鍋焼きうどんをゆっくり食べれたので満足です。

やっぱり、がっつり登れるのは良いですね。
訪問者数:357人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アイゼン 林道 ガッツリ ピーカン
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ