また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1374791 全員に公開 雪山ハイキング富士・御坂

三ツ峠山

日程 2018年02月04日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
三ツ峠グリーンセンター / 無料
グリーンセンターまでは除雪されていて、ノーマルタイヤでも来れました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち49%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間24分
休憩
1時間21分
合計
7時間45分
S三ツ峠グリーンセンター07:0707:14山祇神社07:43神鈴の滝07:47憩いの森公園07:4808:01達磨石08:0308:22大曲り08:2308:38股覗き08:47馬返し08:4809:26八十八大師09:2810:01屏風岩10:0410:28三ッ峠山10:3510:44四季楽園11:2111:28三つ峠山荘11:34展望ポイント-111:34展望ポイント-211:4411:44展望ポイント-211:44展望ポイント-111:49三つ峠山荘11:5512:10屏風岩12:1712:38八十八大師12:4013:13馬返し13:20股覗き13:33大曲り13:3513:47達磨石14:18憩いの森公園14:21神鈴の滝14:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
積雪は30cmほど。トレースあり。
その他周辺情報三ツ峠グリーンセンター施設内にある温泉 / \610
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

三ツ峠グリーンセンター駐車場に停めてスタートです。このキャラ?は何なんだろう…
2018年02月04日 07:05撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ峠グリーンセンター駐車場に停めてスタートです。このキャラ?は何なんだろう…
グリーンセンターより上の道はこんな感じで、しっかりした冬装備が無いと車では行けないと思います。
2018年02月04日 07:12撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グリーンセンターより上の道はこんな感じで、しっかりした冬装備が無いと車では行けないと思います。
50分ほどの林道歩きを終えて、やっと登山道に入ります。
2018年02月04日 07:57撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
50分ほどの林道歩きを終えて、やっと登山道に入ります。
1
達磨石到着。ここで軽アイゼン(6本歯)を着用しました。
2018年02月04日 08:02撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
達磨石到着。ここで軽アイゼン(6本歯)を着用しました。
トレースもあり迷うこともなく、所々モフモフな雪を踏み歩くのが楽しい(笑)
2018年02月04日 08:06撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースもあり迷うこともなく、所々モフモフな雪を踏み歩くのが楽しい(笑)
「股覗き」から見える富士山。本当は二股に分かれた木の「股」から覗くみたいです。
2018年02月04日 08:35撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「股覗き」から見える富士山。本当は二股に分かれた木の「股」から覗くみたいです。
3
八十八躰供養塔
2018年02月04日 09:28撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八十八躰供養塔
時々、軽アイゼンしてても意味ないんじゃないか、って思う程の積雪でした。
2018年02月04日 09:35撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々、軽アイゼンしてても意味ないんじゃないか、って思う程の積雪でした。
徐々に雲が富士山に…。嫌な予感がしてきます。
2018年02月04日 10:04撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々に雲が富士山に…。嫌な予感がしてきます。
屏風岩付近にできためちゃくちゃ立派なつらら!
2018年02月04日 10:05撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風岩付近にできためちゃくちゃ立派なつらら!
3
富士山は山頂がちょっと見えるだけになってしまいました。
2018年02月04日 10:07撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山は山頂がちょっと見えるだけになってしまいました。
2
三ツ峠山荘との分岐を四季楽園方面に登ります。
2018年02月04日 10:11撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ峠山荘との分岐を四季楽園方面に登ります。
雪の下に階段があるので、足元に注意して登ります。
2018年02月04日 10:11撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の下に階段があるので、足元に注意して登ります。
四季楽園を通過して山頂である、開運山を目指します。
2018年02月04日 10:21撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四季楽園を通過して山頂である、開運山を目指します。
中央のピークが三百名山の黒岳かな?その奥には南アルプスが見えます。
2018年02月04日 10:22撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央のピークが三百名山の黒岳かな?その奥には南アルプスが見えます。
2
もう暑くてTシャツ一枚で登ってやりました(笑)
2018年02月04日 10:23撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう暑くてTシャツ一枚で登ってやりました(笑)
6
富士山はほぼ見えなくなってしまいました。残念。
2018年02月04日 10:34撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山はほぼ見えなくなってしまいました。残念。
ささっと三ツ峠山荘まで戻り昼食にします。
2018年02月04日 10:48撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ささっと三ツ峠山荘まで戻り昼食にします。
昼食後、展望地に寄り道することに。南アルプスの方も雲が晴れません。
2018年02月04日 11:25撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食後、展望地に寄り道することに。南アルプスの方も雲が晴れません。
1
八ヶ岳も。。
2018年02月04日 11:26撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳も。。
本来ならここに富士山が、どどーんと見えるらしいのですが、生憎のガスっぷり!
2018年02月04日 11:34撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本来ならここに富士山が、どどーんと見えるらしいのですが、生憎のガスっぷり!
友人からは、「Tシャツ一枚は頭おかしい。」と言われましたが元気に下山しました(笑)
2018年02月04日 12:37撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
友人からは、「Tシャツ一枚は頭おかしい。」と言われましたが元気に下山しました(笑)
3

感想/記録

積雪の状況が心配され、多少の不安もありながら今回の山行を決行することになりました。ところが、思った以上にしっかりとしたトレースがあり、最初の不安はどこへやら(笑)雪山登山を楽しむ事が出来ました!本当にトレースを作って下さる方には感謝です。
開始序盤から20-30cmはある積雪の中を歩き、いつもよりペースが大きく遅れるかと思いましたがコースタイム通りに登れました。歩きにくい、とうい印象よりもいつもより注意して下を見つめるので感覚的にも普段より疲れた気がしました。それでも、雪山からの景色はやっぱり綺麗でした。今回の登山では山頂からは雲がかかってしまい、富士山・南アルプス・八ヶ岳の名峰たちはしっかりと見ることができなかったけれど、雪山に登れた!という達成感で満足できてしまったのかなと思います(笑) でも欲を言えば、やっぱり景色は見たかったです。
本格的な雪山に登るのはまだ2回目?で、なかなかの標高差があるし冬装備に慣れてないのも含め結構疲れました。下山時は太ももがぷるぷるして膝も笑っていました。それでも、雪山の魅力を一つ覚えた気がします。
訪問者数:385人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アイゼン ガス 林道 軽アイゼン 山行
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ