また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1374809 全員に公開 ハイキング近畿

堂山と笹間ヶ岳

日程 2018年02月04日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
JR石山駅から帝産バス8時40分発に乗る。終点アルプル登山口(390円)で下車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間44分
休憩
7分
合計
4時間51分
S帝産バスアルプス登山口09:0109:17渡渉地点09:2010:19堂山10:2010:55鎧ダム10:5711:18迎不動12:01御仏河原12:15大谷河原12:44笹間ヶ岳12:4513:52帝産バスアルプス登山口13:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
堂山には天神川を渡渉していく。川への降り口は見つかり、枯草のきれいな岸から飛び石を通って向こう岸に出る。しかし、登り口が見つからない。地図を見直して、川沿いに少し下って道を見つけた。沢を形成している岩や岩盤を登り、両岸を登っていく。風化した花崗岩の土のため、水はけがよく、しかも少し凍っていたので滑りにくくて登りやすい。土が乾燥していると滑りそうで、特に下山に使うと気を使うと思われる。 ルートはいたるところにあり、気が付かないうちに違う方向に行ってしまう。
花崗岩のガレ場を快調に高度を稼ぐがルートを外したので沢に降り、右岸を登りなおす。
後半のルートはわかりやすく、あまり考えることなく登ることに集中できるのはありがたい。両手も使って登る。この登りは、ストックはかえって邪魔になるので使わないほうが安全。尾根に出てから2つ小さなピークを越え、目の前に山頂らしいピークが見えるが、これは偽ピーク。事前に学習済み。次のピークも偽ピークのつもりでいたら、堂山山頂だった。何度も騙されると思っていたのであっけなかった。その後もガレ場、奇妙な岩場を登り下りしていく。尾根から降りて鎧ダムに向かう。

川の源流を横に見ながら平坦な道を行く。明るい雰囲気は上高地の雰囲気だ。素晴らしい。鎧ダム付近の水辺はまだ、一部凍っている。残念ながら滝は凍っていないが、水辺はとてもきれいだ。迎不動堰堤を越え、天神川を渡って車道に出た。少し車道を戻って、富川道を再び登り、笹間ヶ岳を目指す。陽があたりにくい北面のため、登山道は凍っており、隣の沢を登ったほうが安全な個所もある。沢に対岸に凍り付いた立派な滝を発見。
途中の大谷河原までに3個の池がある。3つ目は大きく全面凍結。大谷河原も含め、別天地のように美しい。別の季節にも来てみない(印象が下がるかもしれないが)。登りやすい尾根を進むと笹間ヶ岳の頂上の大岩が見える。裏面のはしごや正面の鎖を頼りに登っても良いが、フリーで登れそう。クラックを手掛かりに、ちょっとしたボルダリングみたいで楽しい。岩の上にひょっこり顔を出すと、先客がいらっしゃった。
ここからはひたすら下り、嫌な工事用林道を早歩きで下った。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ストック カメラ

写真

舗装道路から堂山登り口への下降路の手前のトイレ。きれいです。
2018年02月04日 09:16撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装道路から堂山登り口への下降路の手前のトイレ。きれいです。
1
河川敷の枯草の野原がきれい。
2018年02月04日 09:21撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河川敷の枯草の野原がきれい。
2
前方の飛び石を渡る
2018年02月04日 09:21撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方の飛び石を渡る
1
登り口からは風化の進む花崗岩の登り。風化してできた土は湿気を含んでおり、半分凍っているので登りやすい。
2018年02月04日 09:31撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り口からは風化の進む花崗岩の登り。風化してできた土は湿気を含んでおり、半分凍っているので登りやすい。
1
快適に高度を稼ぐ。景色もgood。
2018年02月04日 09:40撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適に高度を稼ぐ。景色もgood。
2
堂山が見えるが、おそらく右奥のほうが頂上
2018年02月04日 10:07撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堂山が見えるが、おそらく右奥のほうが頂上
花崗岩の登り
2018年02月04日 10:14撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花崗岩の登り
2
高度感のある登り
2018年02月04日 10:14撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度感のある登り
1
思いがけず堂山頂上に出た。冷たい西風にさらされる。
2018年02月04日 10:18撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思いがけず堂山頂上に出た。冷たい西風にさらされる。
2
頂上を確認
2018年02月04日 10:18撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上を確認
1
大津市街、比良山系を望む。
2018年02月04日 10:19撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大津市街、比良山系を望む。
2
堂山の東のピークにある巨岩。岩の間を、挟まれずに登れました
2018年02月04日 10:22撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堂山の東のピークにある巨岩。岩の間を、挟まれずに登れました
1
堂山の東のピークから堂山を振り返る。
2018年02月04日 10:24撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堂山の東のピークから堂山を振り返る。
2
風化したか花崗岩のガレ場を下る
2018年02月04日 10:26撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風化したか花崗岩のガレ場を下る
1
堂山の重ね岩? が見えてきた
2018年02月04日 10:32撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堂山の重ね岩? が見えてきた
1
いたるところ、花崗岩のガレ場で、どこでも登れそう。
2018年02月04日 10:32撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いたるところ、花崗岩のガレ場で、どこでも登れそう。
2
重ね岩とモアイ像のような岩
2018年02月04日 10:33撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
重ね岩とモアイ像のような岩
2
西の方角、新免地区からの登りと合流
2018年02月04日 10:34撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の方角、新免地区からの登りと合流
新免からの登り合流地点から振り返る。右に重ね岩。左端が堂山
2018年02月04日 10:37撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新免からの登り合流地点から振り返る。右に重ね岩。左端が堂山
鎧ダムに下る道
2018年02月04日 10:41撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎧ダムに下る道
鎧ダムへの途中。沢の横の気持ち良い林間の歩き。ミニ上高地。
2018年02月04日 10:45撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎧ダムへの途中。沢の横の気持ち良い林間の歩き。ミニ上高地。
2
鎧ダムの河川敷。あちこち凍っている。
2018年02月04日 10:51撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎧ダムの河川敷。あちこち凍っている。
1
大きな滝
2018年02月04日 11:10撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな滝
迎不動堰堤。このあとすぐに天神川を渡って、太神山への道路に出た。
2018年02月04日 11:14撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迎不動堰堤。このあとすぐに天神川を渡って、太神山への道路に出た。
1
舗装道路を15分降りて、再び細川道を登り返し、笹間ヶ岳を目指す。
2018年02月04日 11:33撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装道路を15分降りて、再び細川道を登り返し、笹間ヶ岳を目指す。
2
細川道で凍った滝に遭遇。思わず声を上げた
2018年02月04日 11:50撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細川道で凍った滝に遭遇。思わず声を上げた
2
大谷河原の手前の池(No.2)
2018年02月04日 12:07撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大谷河原の手前の池(No.2)
1
大谷河原の手前の池(No.2)
2018年02月04日 12:07撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大谷河原の手前の池(No.2)
大谷河原の手前の池(No.3)。これは大きい。柵も設けてある。
2018年02月04日 12:09撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大谷河原の手前の池(No.3)。これは大きい。柵も設けてある。
1
大谷河原の手前の池(No.3)を振り返る。全面凍結
2018年02月04日 12:10撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大谷河原の手前の池(No.3)を振り返る。全面凍結
1
大谷河原での道標
2018年02月04日 12:15撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大谷河原での道標
1
大谷河原。テント張って過ごしたい気持ち良いところ。
2018年02月04日 12:15撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大谷河原。テント張って過ごしたい気持ち良いところ。
1
笹間ヶ岳頂上の岩峰。
2018年02月04日 12:44撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹間ヶ岳頂上の岩峰。
1
鎖もあるが、使わずにその右のクラックを手掛かりに登る。ちょっとしたボルダリング。面白い。
2018年02月04日 12:44撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖もあるが、使わずにその右のクラックを手掛かりに登る。ちょっとしたボルダリング。面白い。
1
笹間ヶ岳頂上からの眺め
2018年02月04日 12:47撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹間ヶ岳頂上からの眺め
2
最後は舗装した作業用林道歩き。
2018年02月04日 13:06撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は舗装した作業用林道歩き。
2
訪問者数:323人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ