また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1376123 全員に公開 雪山ハイキング甲信越

恩田大川入山・・あららぎ高原からバリ尾根経由で周回

日程 2018年02月08日(木) [日帰り]
メンバー
 sht
天候晴れ午後から曇り時々小雪

スタート時−14℃〜山頂−7℃〜下山時−3℃・・風が緩くて寒さは余り感じず
アクセス
利用交通機関
車・バイク
あららぎ高原スキー場の駐車場を利用(平日無料)

スキー場付近は少々凍結していましたが、R153を含めてアクセスにはスタッドレスのみでOK

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
3年前の同時期に登った時より積雪が多い感じで、雪質も緩くてかなり歩きにくいコンディションでした・・スノーシューを着けて脛〜膝下

大川入山分岐〜恩田大川入山は、雪の重みで垂れた木々の通せんぼや吹き溜まりで、夏道が判り難くてさらに大変でした

下山は、恩田大川入山からあららぎスキー場方面にダイレクトに下る尾根から

同ルートは、バリ道ながら尾根通しなので比較的迷いにくいと思いますが、幾つかある尾根ジャンクションでは進行方向要注意・・1ヶ所、進むべきルート上の尾根を外れてしまって、登り返しが大変でした

雪は一応最後まで繋がっていましたが、ゴルフ場に出る辺りは笹漕ぎでした・・雪が中途半端(いっそ奥美濃レベルで笹薮が隠れる程あるとありがたい)でかなり歩きにくかった印象(自分の薮-雪ミックスの経験不足もあります)

危険個所は、コース全般を通じてありませんでした
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

あららぎ高原スキー場から・・−14℃まで冷え込んでいますが、このところの寒波で寒さ慣れしたのかそれ程でもありません
2018年02月08日 05:49撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あららぎ高原スキー場から・・−14℃まで冷え込んでいますが、このところの寒波で寒さ慣れしたのかそれ程でもありません
2
スノーマシンの轟音は静まり静かになったゲレンデの左端を登山口へ
2018年02月08日 05:51撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スノーマシンの轟音は静まり静かになったゲレンデの左端を登山口へ
2
登山口到着・・前回はここからスノーシューを着けないとダメでしたが、今回は道形あり序盤はかなりスムース
2018年02月08日 06:11撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口到着・・前回はここからスノーシューを着けないとダメでしたが、今回は道形あり序盤はかなりスムース
2
三又山と中ノ尾根山の間からご来光♪
2018年02月08日 06:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三又山と中ノ尾根山の間からご来光♪
4
登山道にも日が射します
2018年02月08日 06:55撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道にも日が射します
3
ウサちゃんシカちゃんのトレースでは膝まで沈むようになり、ここでスノーシューを装着・・着けても脛以上に沈んで中々大変なコンディション
2018年02月08日 07:29撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウサちゃんシカちゃんのトレースでは膝まで沈むようになり、ここでスノーシューを装着・・着けても脛以上に沈んで中々大変なコンディション
2
大川入山が正面に見えてきました
2018年02月08日 08:26撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大川入山が正面に見えてきました
2
深南部の山々
2018年02月08日 08:34撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深南部の山々
2
中央アルプスの展望地
2018年02月08日 08:48撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプスの展望地
2
中ア主要部
2018年02月08日 08:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ア主要部
3
南駒〜仙涯嶺が一番目立ちます
2018年02月08日 08:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南駒〜仙涯嶺が一番目立ちます
7
満足の展望
2018年02月08日 08:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満足の展望
3
大川入山が存在感タップリ
2018年02月08日 09:02撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大川入山が存在感タップリ
3
木々の通せんぼで雪まみれに
2018年02月08日 09:24撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の通せんぼで雪まみれに
4
ここは四つん這いで通過
2018年02月08日 09:41撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは四つん這いで通過
3
ここまで時間がかかり過ぎていて大川入山はパス決定
2018年02月08日 09:45撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで時間がかかり過ぎていて大川入山はパス決定
2
南アの仙丈ヶ岳
2018年02月08日 09:47撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アの仙丈ヶ岳
2
南ア南部は既に雲がかかっています
2018年02月08日 09:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南ア南部は既に雲がかかっています
3
ようやく三階山と恩田大川入山が見えてきました
2018年02月08日 09:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく三階山と恩田大川入山が見えてきました
2
きれいな雪ですが、実際は吹き溜まった感じでかなり大変
2018年02月08日 10:01撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいな雪ですが、実際は吹き溜まった感じでかなり大変
4
大川入山を振り返る
2018年02月08日 10:05撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大川入山を振り返る
3
鯉子山〜焼山
2018年02月08日 10:14撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鯉子山〜焼山
1
霧氷は殆ど無かったですがこのピークだけは巨大歯ブラシ級
2018年02月08日 10:15撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷は殆ど無かったですがこのピークだけは巨大歯ブラシ級
3
展望のおかげでスノトレを楽しめています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望のおかげでスノトレを楽しめています
5
風車がランドマークの東濃南部の大船山
2018年02月08日 10:23撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風車がランドマークの東濃南部の大船山
3
雲は少々かかるものの胸のすく展望
2018年02月08日 10:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲は少々かかるものの胸のすく展望
2
下山に使うつもりのダイレクト尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山に使うつもりのダイレクト尾根
2
基点のあららぎスキー場も見えます
2018年02月08日 10:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
基点のあららぎスキー場も見えます
2
山標は見つかりませんでしたが、本日最高地点の三階山ピーク
2018年02月08日 10:55撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山標は見つかりませんでしたが、本日最高地点の三階山ピーク
3
ここでこの日初の恵那山の展望
2018年02月08日 11:03撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでこの日初の恵那山の展望
4
三階山より低い恩田大川入山に到着
2018年02月08日 11:08撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三階山より低い恩田大川入山に到着
5
大川入山方面の展望が開けています
2018年02月08日 11:11撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大川入山方面の展望が開けています
3
青空と雲がいい感じでした
2018年02月08日 11:22撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空と雲がいい感じでした
4
下山はあららぎ高原へのダイレクト尾根から
2018年02月08日 11:27撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山はあららぎ高原へのダイレクト尾根から
2
下山中に恵那山
2018年02月08日 11:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山中に恵那山
2
富士見台〜神坂山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見台〜神坂山
3
南木曽岳・・登りとは別方向の展望があって周回下山して良かった
2018年02月08日 11:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南木曽岳・・登りとは別方向の展望があって周回下山して良かった
5
スノーシューが抜きにくくて歩きにくいですが、展望は素晴らしい
2018年02月08日 11:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スノーシューが抜きにくくて歩きにくいですが、展望は素晴らしい
2
山頂稜線を振り返る
2018年02月08日 11:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂稜線を振り返る
2
バリ道なのでやむを得ませんが、かなり歩きにくいコンディション
2018年02月08日 12:18撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バリ道なのでやむを得ませんが、かなり歩きにくいコンディション
3
雪で隠れていますがその下はゲキ藪で、股までハマりながら急坂を下ります
2018年02月08日 13:10撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪で隠れていますがその下はゲキ藪で、股までハマりながら急坂を下ります
3
ルートを外れてしまったのを何とか正ルートの尾根に戻ったところ
2018年02月08日 13:34撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルートを外れてしまったのを何とか正ルートの尾根に戻ったところ
3
雪は途切れませんでしたが、ヤブが背丈ほどになってきて小雪も舞う状況
2018年02月08日 14:37撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪は途切れませんでしたが、ヤブが背丈ほどになってきて小雪も舞う状況
2
ゴルフ場の外縁に出てホッとしました
2018年02月08日 14:41撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴルフ場の外縁に出てホッとしました
3
計画より1時間以上遅れましたが無事スキー場に帰着・・いい経験値になりました
2018年02月08日 14:59撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
計画より1時間以上遅れましたが無事スキー場に帰着・・いい経験値になりました
5

感想/記録
by sht

本日は冬型緩むとの予報で南信の恩田大川入山へ。無雪期はヤブ山で、雪の助けを借りてスムースに歩ける山です。

登り始めのフカフカ・バージン・スノウに苦労した3年前と違い、やはり10cm程のフカフカ雪ながらよく踏まれた感じの道形が残っていて、心配された最初の尾根取付きはスムースにクリア。

ところが前回とは違い、強風で雪が吹き飛ばされてスムースだった稜線上が今回は吹き溜まり状態で、雪の重みで垂れ下がった木々の通せんぼもあって少々苦戦。「分岐まで3時間程度だったら大川入山も」は今回も大甘でした。

しかし予報から期待した展望は見事で、まさに中ア・南アの展望台でした。

下山は、初のバリ道・ダイレクト尾根から。

登りで雪が多い印象だったので「藪尾根だろうが雪は下まで繋がっているだろう」と軽い気持ちで入ってしまいましたが、雪の着き方は中途半端。

ユル雪故にスノーシューが潜ってしまい、抜くのに苦労する積雪量ながら、奥美濃の野伏ヶ岳や薙刀山のようにヤブが埋まるほどではなく、自分の雪-藪ミックス経験不足もあるでしょうが、少々苦労しました。

1ヶ所、ゲキ藪の上に雪が乗った感じの急な下りでは、ついつい進みやすい方向に下ってしまってルートミス。僅かな距離でしたが、バリ道でのルートミスは即遭難に繋がる恐れがあり、大変でしたが登り返しました。

「結果的に、距離は長くなるが自分のトレースを使ってピストンした方が早かったなぁ〜」でしたが、これもいい経験値になった感じです。

そんな苦労に好展望が合わさって、満足の恩田大川入山でした。

訪問者数:455人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ