また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1376570 全員に公開 ハイキング中国

おくの細道 大雄山〜高尾山〜ダンガメ山〜砥石山 周回 (岡山県 瀬戸内市・岡山市)

日程 2018年02月09日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
瀬戸内市 邑久自然教育の森のキャンプ場の駐車場に車を停めてスタート。
遠方から来られるならば、岡山ブルーライン瀬戸内ICで降りると、この駐車場までは10分もかからない。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間37分
休憩
49分
合計
6時間26分
Sキャンプ場駐車場10:1710:34砥石城址10:4011:25大雄山(瀬戸内市)11:3013:49高雄山(岡山市)13:5415:09ダンガメ山15:3916:27砥石城址16:3016:43キャンプ場駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全線よく整備されていて歩くのに不安はない。
坪相峠から高尾山へのルートは裏参道になるのか、あまり人が歩いていないようなので少々怪しい箇所があるが、大きな不安はない。

注意すべきは分岐、低山というより里山なので分岐がとても多いので注意しておかないと道を間違えて時間を浪費してしまう可能性がある。地形図を使用できるGPSを持っておいたほうがいいだろう。

200mにも満たない里山歩きなので、眺望には多くは期待できない。その中でも、砥石城址、大雄山、雀岩、無常山はなかなかよかったと思います。
その他周辺情報○ トイレのある場所:
・キャンプ場の駐車場の隣のトイレは鍵がかかって使えないが、その奥の二つのトイレは鍵はかかっていない様子。
・砥石山北登山口に簡易トイレがある。
・大賀島寺にはトイレがある。
・高尾山弘法寺の参道脇にトイレがあった。
・ダンガメ山の奥に、簡易トイレ(ビニールシートで隠れるだけ)が用意されていた。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

備考 ダンガメ山(通称)=無常山(三角点名)=荒神山(別名)=大辻(通称)

写真

駐車場にあった案内板、いまひとつわかりにくい。拡大できます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場にあった案内板、いまひとつわかりにくい。拡大できます。
駐車場はさすがに広い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場はさすがに広い。
1
砥石城址の尾根に登ります。ここは神社(笠松明現宮)の参道にもなっているようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砥石城址の尾根に登ります。ここは神社(笠松明現宮)の参道にもなっているようです。
尾根に到着、右が城址、左が神社。右へ行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に到着、右が城址、左が神社。右へ行きます。
砥石城址に到着。宇喜多直家が最初に居城した城と聞かされているが、説明板を見た限りではよく分らん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砥石城址に到着。宇喜多直家が最初に居城した城と聞かされているが、説明板を見た限りではよく分らん。
ここには三角点があります、実はあまり興味はない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここには三角点があります、実はあまり興味はない。
西方向、千町川と田んぼ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西方向、千町川と田んぼ。
左へパン、やはり千町川と田んぼ。西大寺のクリーンセンターが見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左へパン、やはり千町川と田んぼ。西大寺のクリーンセンターが見えています。
砥石城に関する説明版。文章がダラダラとしていて読みづらい。どうでもよくなってくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砥石城に関する説明版。文章がダラダラとしていて読みづらい。どうでもよくなってくる。
ちょっとした園地になっている。乙子城址、新庄山城址、亀山城址とは雰囲気がかなり異なる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとした園地になっている。乙子城址、新庄山城址、亀山城址とは雰囲気がかなり異なる。
北の登山口まで降りて来た。ここには簡易トイレがある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北の登山口まで降りて来た。ここには簡易トイレがある。
車道を少し東へ歩いて、大雄山の取り付きに。猫の鼻登山口というらしい、意味がわからん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道を少し東へ歩いて、大雄山の取り付きに。猫の鼻登山口というらしい、意味がわからん。
途中振り返ると、やはり千町川と千町平野(田んぼ)。ブルーラインが一直線に貫いている。千町川の鯰は美味いらしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中振り返ると、やはり千町川と千町平野(田んぼ)。ブルーラインが一直線に貫いている。千町川の鯰は美味いらしい。
馬の背。よく見たらわかるが、樹木が多くてその雰囲気は味わえない。この先に猫の鼻っていうポイントがあるらしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背。よく見たらわかるが、樹木が多くてその雰囲気は味わえない。この先に猫の鼻っていうポイントがあるらしい。
大雄山に着いた、たぶん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雄山に着いた、たぶん。
ものすごい広い広場にぽつんと展望台。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ものすごい広い広場にぽつんと展望台。
この展望台は、アサギ平展望所というらしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この展望台は、アサギ平展望所というらしい。
お墓の南にあった石碑。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お墓の南にあった石碑。
天台宗でしたか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天台宗でしたか。
北壁なんとかという文字と、転んでいる人物。絶壁でもあるのかと思ってそちら方向へ行くと、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北壁なんとかという文字と、転んでいる人物。絶壁でもあるのかと思ってそちら方向へ行くと、
なんだ、キャンプ場へ降りる道だった。道草を食ってしまった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだ、キャンプ場へ降りる道だった。道草を食ってしまった。
竜神社があって、その横に黒岩っていう案内板があった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜神社があって、その横に黒岩っていう案内板があった。
車道を少し歩くと今度は、南なんとか。これもキャンプ場への道らしいのでスキップ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道を少し歩くと今度は、南なんとか。これもキャンプ場への道らしいのでスキップ。
おっと、目指す宝蔵岩はこんなところを入るらしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっと、目指す宝蔵岩はこんなところを入るらしい。
なんじゃこいつは?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんじゃこいつは?
う〜ん、距離感がわからん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
う〜ん、距離感がわからん。
向かいの尾根の丸い岩が宝蔵岩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向かいの尾根の丸い岩が宝蔵岩。
それを反対側から見るのが遠見岩ってか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それを反対側から見るのが遠見岩ってか。
ここから宝蔵岩まで1分。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから宝蔵岩まで1分。
意味がわからん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
意味がわからん。
これが宝蔵岩。あの簡易的な橋は岩の上に登れということか、絶壁は苦手なのだが、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが宝蔵岩。あの簡易的な橋は岩の上に登れということか、絶壁は苦手なのだが、
登った。たいした物は見えない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登った。たいした物は見えない。
ウットリできるか、甲羅岩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウットリできるか、甲羅岩。
備前界隈にはこの手の案内板がたくさんある、中でもこれは気に入った!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
備前界隈にはこの手の案内板がたくさんある、中でもこれは気に入った!!
右から来た、手前が遠見岩・宝蔵岩・甲羅岩、左が坪相峠(つばいとうげ)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右から来た、手前が遠見岩・宝蔵岩・甲羅岩、左が坪相峠(つばいとうげ)。
坪相峠に着いた。左が雀岩、直進して峠を越えると坪相、右は高雄山(裏参道か)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坪相峠に着いた。左が雀岩、直進して峠を越えると坪相、右は高雄山(裏参道か)。
登り返しがしんどいと思いながら、降りる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り返しがしんどいと思いながら、降りる。
田舎の風景、あの道は車で通った事があるはず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田舎の風景、あの道は車で通った事があるはず。
手前のテラスが雀岩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前のテラスが雀岩。
1
坪相峠に戻ってきて、高雄山へ。このルートは歩く人が少ないのか、ちょっとだけ道は悪い。でも整備されているご苦労は感じ取れる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坪相峠に戻ってきて、高雄山へ。このルートは歩く人が少ないのか、ちょっとだけ道は悪い。でも整備されているご苦労は感じ取れる。
これが怪しい部分、足元が見えているので問題なし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが怪しい部分、足元が見えているので問題なし。
高雄山に着いた。坪相峠からアクセスするとちょっと見つけにくい。裏道なんでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高雄山に着いた。坪相峠からアクセスするとちょっと見つけにくい。裏道なんでしょう。
1
弘法寺に着いた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弘法寺に着いた。
展望台があった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台があった。
眺望平というらしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺望平というらしい。
一声で言うと、山南中学校学区がよく見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一声で言うと、山南中学校学区がよく見える。
こちらが表参道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらが表参道。
めがね池の中央を渡る。連続した池は、通常「上池」「下池」と呼ぶことが多いのだが、めがね池とは珍しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
めがね池の中央を渡る。連続した池は、通常「上池」「下池」と呼ぶことが多いのだが、めがね池とは珍しい。
これもなかなかいいね〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これもなかなかいいね〜。
雄久峠、ダンガメ山を目指します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄久峠、ダンガメ山を目指します。
まずは、雄久山に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは、雄久山に到着。
広場があった、意味はよく分らない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広場があった、意味はよく分らない。
雨乞塚、手前の石積みは囲炉裏のようだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨乞塚、手前の石積みは囲炉裏のようだ。
開けた鞍部、案内板は長谷峠、地形図は長谷越。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けた鞍部、案内板は長谷峠、地形図は長谷越。
???と考えていて、道なりに歩いていたら長谷山へのルートを見失って、沢沿い〜トラバース。ダンガメ山へは行けそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
???と考えていて、道なりに歩いていたら長谷山へのルートを見失って、沢沿い〜トラバース。ダンガメ山へは行けそう。
尾根に登るとこんな感じのしっかりした道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に登るとこんな感じのしっかりした道。
案内板、いまひとつわかりにくい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内板、いまひとつわかりにくい。
ダンガメ山へ、南からアプローチして到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダンガメ山へ、南からアプローチして到着。
ダンガメ山は通称、無常山は三角点名。荒神山は?、大辻って?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダンガメ山は通称、無常山は三角点名。荒神山は?、大辻って?
1
二等三角点、らしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二等三角点、らしい。
眺望の点では、ここが一番よかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺望の点では、ここが一番よかった。
逆光なので写真はダメ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆光なので写真はダメ。
西尾根に向かうと簡易トイレがあった。ビニールシートで作った屏風って言う感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西尾根に向かうと簡易トイレがあった。ビニールシートで作った屏風って言う感じ。
これが分らんかった、西尾根って言うのはダンガメ山の西尾根(西ピーク)だった。バカだから東ピークを探してウロウロしてしまった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが分らんかった、西尾根って言うのはダンガメ山の西尾根(西ピーク)だった。バカだから東ピークを探してウロウロしてしまった。
ダンガメ山=無常山、ということを知らなかったので?が飛んでいたまま無常山の東峰を探してしまった。東谷は、知り合いもいるので分るぞ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダンガメ山=無常山、ということを知らなかったので?が飛んでいたまま無常山の東峰を探してしまった。東谷は、知り合いもいるので分るぞ。
下山口って書いてくれたら分りやすいんだけどなぁ〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山口って書いてくれたら分りやすいんだけどなぁ〜
これが西ピークの展望所。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが西ピークの展望所。
大回りして戻ってきて、帰途に着く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大回りして戻ってきて、帰途に着く。
尾根を北に向かう、最初のうちは並行したルートが2〜3本あった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を北に向かう、最初のうちは並行したルートが2〜3本あった。
意味がわからん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
意味がわからん。
長谷山に着いた。あまりピーク感を感じない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長谷山に着いた。あまりピーク感を感じない。
尾根筋から、キャンプ場へ降りるという意味ね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根筋から、キャンプ場へ降りるという意味ね。
北方向尾張と、奥の山がたぶん熊山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北方向尾張と、奥の山がたぶん熊山。
芥子山が見えるポイントらしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芥子山が見えるポイントらしい。
奥の左のピークが芥子山。昔はアゲハがたくさんいた。以前はトレーニングコースにしていたが、ほとんど車道なのと、人が多いのでやめた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の左のピークが芥子山。昔はアゲハがたくさんいた。以前はトレーニングコースにしていたが、ほとんど車道なのと、人が多いのでやめた。
素直に帰ればいいものを、光線具合が斜めになったのでいい写真がとれるかと期待して、再び砥石城址へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素直に帰ればいいものを、光線具合が斜めになったのでいい写真がとれるかと期待して、再び砥石城址へ。
千町川と千町平野じゃ、やっぱりだめか。かえろ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千町川と千町平野じゃ、やっぱりだめか。かえろ。
降りてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りてきました。
駐車場に戻ってきた、疲れた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に戻ってきた、疲れた。

感想/記録

宇喜多直家にゆかりのある砥石城の周辺が整備されたという話は、かなり以前に聞いていた。城址にはあまり興味はないが、宇喜多直家に絡む城址でまだ行ったことがないのが砥石城だけだったので、里山歩きをかねていつかは行ってみようと思っていた。

私は、眺望が楽しみで山歩きをしているのだが、分っていたとはいえ見えるのは田んぼと民家ばかり、それも見慣れた場所ばかりなので、ちょっと退屈だった。

随所に掛けられているユニークな案内板は、備前界隈ではよく見かける。熊山はもちろん、新庄山界隈にもたくさんある。どなたが掛けているのかは知らないのだが、この里山にもとてもたくさんあった。途中からはそれ目当てで追いかけるように歩き回った。

今回は里山歩きというよりも、距離のトレーニングになった。

今回のルートは下記のレコを参考にさせていただきました。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1310906.html
訪問者数:267人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ