また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1376851 全員に公開 雪山ハイキング大雪山

チトカニウシ山(ラッセル敗退)

日程 2018年02月10日(土) [日帰り]
メンバー
天候天気下り坂、時々雪、強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
浮島ICからR333を約6キロ、北見峠の広い駐車帯に車を停め、歩いて林道入口へ。
峠の駐車帯にある休憩所とトイレは雪に埋もれて利用できない。
札幌から高速で向かう場合、最終トイレは比布大雪SA。
奥白滝ICまで行ってからR333を上川方面に戻っても10キロ程度の距離なので、トイレ&休憩利用ならそのルートもありかも。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間1分
休憩
18分
合計
2時間19分
Sスタート地点07:4409:08無線施設09:2610:03ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
林道=歩きやすい道、というイメージが覆る積雪。
トレースは全くなく、歩き始めから膝下ラッセル。雪質はとても軽いパウダーだが、進むにつれて膝上、風の通り道では股下。
目標を無線施設に変更し、林道終点手前から斜面に取り付き、反射板のある小ピークまでで折り返した。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ハードシェル スノーシュー 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ サングラス ツェルト スマホGPS 軽アイゼン 使い捨てカイロ 携帯トイレ エマージェンシーセット

写真

北見峠の駐車帯の端に車を停めてスタート。
2018年02月10日 07:50撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北見峠の駐車帯の端に車を停めてスタート。
1
チトカニウシ山、山頂付近は雲がかかっている。
風も強そうだ。
2018年02月10日 07:51撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チトカニウシ山、山頂付近は雲がかかっている。
風も強そうだ。
1
国道を上川方面に200mくらい進んだカーブ手前右手が林道入口。
車も2台くらい停められそうだ。
2018年02月10日 07:53撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道を上川方面に200mくらい進んだカーブ手前右手が林道入口。
車も2台くらい停められそうだ。
誰も歩いた跡がない。
2018年02月10日 07:53撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰も歩いた跡がない。
手前は無線施設のある950m小ピーク。目指す山頂は遠い。
2018年02月10日 07:55撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前は無線施設のある950m小ピーク。目指す山頂は遠い。
1
雪深い林道。
トレースなく、膝までの雪に最初から苦戦。
2018年02月10日 08:00撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪深い林道。
トレースなく、膝までの雪に最初から苦戦。
パウダーのとても軽い雪だが、一歩一歩に時間がかかる。
2018年02月10日 08:09撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パウダーのとても軽い雪だが、一歩一歩に時間がかかる。
3
時々立ち止まり振り返る。
天気が下り坂なので、午前中には戻りたいところ。
2018年02月10日 08:10撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々立ち止まり振り返る。
天気が下り坂なので、午前中には戻りたいところ。
3
林道途中の開けた場所から。
道沿いに電柱が並んでいるので、道迷いの心配がないのはいいが、全然ペースがあがらない。
2018年02月10日 08:17撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道途中の開けた場所から。
道沿いに電柱が並んでいるので、道迷いの心配がないのはいいが、全然ペースがあがらない。
このペースでは山頂は無理だぁ。
あの松の木の右に見える鉄塔に目標変更だ。
2018年02月10日 08:34撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このペースでは山頂は無理だぁ。
あの松の木の右に見える鉄塔に目標変更だ。
1
ホントに林道なのコレ?
電柱がなければ、ただの山腹斜面のトラバース。
さっきから数歩歩いては休んで振り返ってばかり。
新目標の鉄塔も遠く、目の前の電柱に目標変更(^^;
目先の課題をひとつひとつクリアしていくことにした。
2018年02月10日 08:46撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホントに林道なのコレ?
電柱がなければ、ただの山腹斜面のトラバース。
さっきから数歩歩いては休んで振り返ってばかり。
新目標の鉄塔も遠く、目の前の電柱に目標変更(^^;
目先の課題をひとつひとつクリアしていくことにした。
1
平地なのに、膝上まである。
これで登り斜面になったらどうなるんだろう。
2018年02月10日 08:56撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平地なのに、膝上まである。
これで登り斜面になったらどうなるんだろう。
3
右手斜面に取り付き、無線施設を目指す。
2018年02月10日 09:06撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手斜面に取り付き、無線施設を目指す。
無線施設。
2018年02月10日 09:08撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無線施設。
2
小ピークは、広く開けた台地だった。
2018年02月10日 09:10撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ピークは、広く開けた台地だった。
1
反射板越しに、最終目標のチトカニウシ山が見えた。
2018年02月10日 09:19撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反射板越しに、最終目標のチトカニウシ山が見えた。
2
反射板の下で小休止。
2018年02月10日 09:21撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反射板の下で小休止。
自分のトレース辿って下山。
帰り道は、スキーの方2人とすれ違う。
トレースの礼を言われて、ちょっと嬉しい。
スキートレースがあればもっと先まで行けたかな、との思いもよぎる。
しかし自分の技量を考えるとこれで正解。
2018年02月10日 09:34撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分のトレース辿って下山。
帰り道は、スキーの方2人とすれ違う。
トレースの礼を言われて、ちょっと嬉しい。
スキートレースがあればもっと先まで行けたかな、との思いもよぎる。
しかし自分の技量を考えるとこれで正解。
林道入口近くに戻ってまた山を眺める。
スノーシュー単独ラッセル行は厳しかった。
春先、もっと雪が締まってから再挑戦しよう。
2018年02月10日 09:56撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道入口近くに戻ってまた山を眺める。
スノーシュー単独ラッセル行は厳しかった。
春先、もっと雪が締まってから再挑戦しよう。
3
無事下山。
スキー担いでこちらに向かってくる人あり。
2018年02月10日 09:58撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山。
スキー担いでこちらに向かってくる人あり。
2

感想/記録

いつか登ってみたかったチトカニウシ山。
しかし自分にはハイレベルだった。
林道入口からトレースなく、膝ラッセルスタート。
緩斜面林道の段階で時間を費やし、とても山頂までは無理と判断して、無線施設のある小ピークを本日の山頂としました。

もう少し雪面が固く締まってから再挑戦です。
訪問者数:225人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 道迷い スノーシュー クリ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ