また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1378093 全員に公開 ハイキング奥武蔵

前坂 板屋の頭 高反山 スルギ 浅見茶屋 小床峠 ロックガーデンカフェ

日程 2018年02月11日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
吾野駅 西吾野駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間42分
休憩
1時間34分
合計
6時間16分
S吾野駅08:2809:17前坂10:23板谷の頭10:41高反山10:4511:28スルギ12:00浅見茶屋12:5013:14小床峠13:40尾根末端(人家)13:50ロックガーデンカフェ14:3014:44西吾野駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

今日は吾野駅から浅見茶屋を目指す。
2018年02月11日 08:27撮影 by LEICA M (Typ 240), Leica Camera A
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は吾野駅から浅見茶屋を目指す。
トンネルを忘れて先の踏切から登山道に戻ると団体さんが先行していた。
2018年02月11日 08:59撮影 by LEICA M (Typ 240), Leica Camera A
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネルを忘れて先の踏切から登山道に戻ると団体さんが先行していた。
T字路の猿のキジバ
2018年02月11日 09:09撮影 by LEICA M (Typ 240), Leica Camera A
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
T字路の猿のキジバ
前坂で団体さんに先行する。
2018年02月11日 09:16撮影 by LEICA M (Typ 240), Leica Camera A
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前坂で団体さんに先行する。
意外と感じのいい道。
2018年02月11日 09:18撮影 by LEICA M (Typ 240), Leica Camera A
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
意外と感じのいい道。
空が見えるところには雪が残る。
2018年02月11日 09:19撮影 by LEICA M (Typ 240), Leica Camera A
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空が見えるところには雪が残る。
今日は日曜日だから尾根通しを行く。
2018年02月11日 09:22撮影 by LEICA M (Typ 240), Leica Camera A
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は日曜日だから尾根通しを行く。
地図上の460mの二つのピークを持つ尾根は既に無くなっていたので、林道に出る。
無人の家が一軒あります。
2018年02月11日 09:34撮影 by LEICA M (Typ 240), Leica Camera A
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図上の460mの二つのピークを持つ尾根は既に無くなっていたので、林道に出る。
無人の家が一軒あります。
登山道への戻り口。
2018年02月11日 09:43撮影 by LEICA M (Typ 240), Leica Camera A
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道への戻り口。
秩父鉱山全景。
2018年02月11日 09:45撮影 by LEICA M (Typ 240), Leica Camera A
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秩父鉱山全景。
460mの尾根が在ったあたり。
2018年02月11日 09:50撮影 by LEICA M (Typ 240), Leica Camera A
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
460mの尾根が在ったあたり。
西側の尾根の分断点。
2018年02月11日 09:52撮影 by LEICA M (Typ 240), Leica Camera A
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側の尾根の分断点。
あれ立ち入り禁止。
2018年02月11日 09:53撮影 by LEICA M (Typ 240), Leica Camera A
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれ立ち入り禁止。
看板のすぐ脇の地蔵さん
賽銭投下。
2018年02月11日 09:55撮影 by LEICA M (Typ 240), Leica Camera A
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板のすぐ脇の地蔵さん
賽銭投下。
江戸時代のお墓。
2018年02月11日 10:07撮影 by LEICA M (Typ 240), Leica Camera A
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
江戸時代のお墓。
板屋の頭三等三角点。
2018年02月11日 10:22撮影 by LEICA M (Typ 240), Leica Camera A
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
板屋の頭三等三角点。
1
単独行者に抜かれる。
2018年02月11日 10:24撮影 by LEICA M (Typ 240), Leica Camera A
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
単独行者に抜かれる。
高反山への通せん棒。
2018年02月11日 10:36撮影 by LEICA M (Typ 240), Leica Camera A
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高反山への通せん棒。
高反山。
ここから堂平山へのルートがあるようです。
次回の課題。
2018年02月11日 10:40撮影 by LEICA M (Typ 240), Leica Camera A
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高反山。
ここから堂平山へのルートがあるようです。
次回の課題。
1
途中の林道も突っ切ってどこまでも尾根沿いに行く。
2018年02月11日 11:36撮影 by LEICA M (Typ 240), Leica Camera A
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の林道も突っ切ってどこまでも尾根沿いに行く。
浅見や茶屋が見えてきた。
2018年02月11日 11:45撮影 by LEICA M (Typ 240), Leica Camera A
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅見や茶屋が見えてきた。
浅見茶屋の雛飾り。
2018年02月11日 12:05撮影 by LEICA M (Typ 240), Leica Camera A
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅見茶屋の雛飾り。
3
味噌田楽。
うまい。
2018年02月11日 12:09撮影 by LEICA M (Typ 240), Leica Camera A
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
味噌田楽。
うまい。
2
今日はきのこそば。
2018年02月11日 12:12撮影 by LEICA M (Typ 240), Leica Camera A
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はきのこそば。
2
スカイラインの尾根を降りてきた。
2018年02月11日 12:52撮影 by LEICA M (Typ 240), Leica Camera A
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スカイラインの尾根を降りてきた。
小床峠には向かわず、通せん棒を跨いで尾根通し。
2018年02月11日 13:12撮影 by LEICA M (Typ 240), Leica Camera A
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小床峠には向かわず、通せん棒を跨いで尾根通し。
どこまでも尾根通し。
2018年02月11日 13:19撮影 by LEICA M (Typ 240), Leica Camera A
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこまでも尾根通し。
最後に尾根の末端から小さな沢を渡り、人家へ。
2018年02月11日 13:32撮影 by LEICA M (Typ 240), Leica Camera A
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に尾根の末端から小さな沢を渡り、人家へ。
最奥の人家?
2018年02月11日 13:33撮影 by LEICA M (Typ 240), Leica Camera A
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最奥の人家?
林道に出てからの?
2018年02月11日 13:40撮影 by LEICA M (Typ 240), Leica Camera A
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に出てからの?
1

感想/記録

本当は八ヶ岳を予定していましたが、荒天が予測されたので
六週連続の浅見茶屋うどんツアー。

さすがに毎回イモリ山を経由するのも如何なものかという異議が出たため、今回は吾野から行くことにしました。
途中にある秩父鉱山の縁の尾根を歩こうとしましたが、460mの尾根は既に削り取られ存在しませんでした。仕方なく一旦コースに戻り、西側から切り落とされた尾根末端を確認しました。

尾根道は意外に痩せていて、植生も豊かで気持ちがいいです。
途中、538mの高反山に立ち寄りました。
今回の最高峰は540mの六ッ石ノ頭。
奥多摩では味わえないコースです。

スルギという博打岩があるところから尾根伝いに浅見茶屋さんに降りました。
どこまでも尾根伝いに行くと不動の滝直上に出てしまいまずいので、直前で鹿の足跡を伝い小さな沢を渡り、林道の反対側の道を登ると浅見茶屋さんの厠に出ました。
林道歩きは数歩で済みました。

今日は5品目目のきのこうどん。
味噌田楽を一皿貰い三人で分けました。
先輩が残った味噌にうどんをつけて食べ旨いと唸る。
ずるい。

十分な休憩の後、小床峠に向かいます。
今回は小床峠に降りる巻道に行かず、通せん棒を跨いで林道も横断して尾根伝いに小床橋を目指します。
途中右に分かれる尾根もありましたが、歩きやすいので主稜と思われる尾根をずんずんおります。

左の対岸にお墓が、右手にもお墓が、と思ったら尾根の末端。
今回はお墓が目につきます。

小さな沢を渡り、道に出るとすぐに人家があります。
次回は右手の尾根を末端まで降り、養鶏場の真裏から小さな橋を渡り、林道に出たいものです。

500mほど歩くと国道につながる小床橋。
正面の横断歩道を渡れば第二目的地のロックガーデンカフェ。
本日のお散歩も無事終了。
訪問者数:210人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 三角点 キジ 地蔵 トンネル
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ