また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1378142 全員に公開 山滑走札幌近郊

千尺高地2018-02-11 10:11

日程 2018年02月11日(日) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち100%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間9分
休憩
5分
合計
3時間14分
S元山コース登山口10:1612:22千尺高地12:2713:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

スタートが10時過ぎていたため、トレースしっかり付いていたがけっこうな降雪があったようで消えかけているところもあった。雪質はやや重めのパウダーに結晶雪が10センチ程度パック。
2018年02月11日 11:13撮影 by HTL23, HTC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートが10時過ぎていたため、トレースしっかり付いていたがけっこうな降雪があったようで消えかけているところもあった。雪質はやや重めのパウダーに結晶雪が10センチ程度パック。
岩峰西側ここから一気に高度が上がっていく。幻想的なくらいクリーミーに雪が溜まっていた。
2018年02月11日 11:20撮影 by HTL23, HTC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩峰西側ここから一気に高度が上がっていく。幻想的なくらいクリーミーに雪が溜まっていた。
山頂にはトレースが見当たらず、先行者は数名いたと思われるが、雪庇下からエントリーしたと思われる。オープンバーンには何本かトラックがあった。
2018年02月11日 12:22撮影 by HTL23, HTC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂にはトレースが見当たらず、先行者は数名いたと思われるが、雪庇下からエントリーしたと思われる。オープンバーンには何本かトラックがあった。

感想/記録

非常に深い雪を楽しむことができた。顔面にスプレーを何度か食らった。
沢もよく埋まっていてスムーズに登山道に移るとができた。
登山道に戻ってから下山がすこし大変でしたが、トレースに沿って滑降できた。
滑走性の良い雪だったので、最後の旧スキー場を滑ろうと登り返したのだが、つらくなり大きく迂回してトラバース、旧スキー場は途中、中腹からエントリー。
部分的には腿まで深くなっており、バランスを崩すと起き上がるのが大変だった。



訪問者数:168人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

雪庇 クリ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ