また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1378624 全員に公開 アイスクライミング奥秩父

岩根山荘2018その1

日程 2018年02月10日(土) 〜 2018年02月11日(日)
メンバー , その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

感想/記録

2/10-11岩根山荘でワークショップが開催されたので、メパンナ嬢とその弟子ナベさんと一緒に、今シーズン初のアイスクライミング練習に行ってまいりました。
久しぶりだったけれど、自分は理屈から入るタイプなので、基本的な登り方は忘れていなかった。

しかし、バウンダリーとなると話は違う。
アックスを握らないこと!とあれほど言われたのに、ギュウギュウ握りしめてしまい、10本(体感40本)ぐらい登ったところで前腕がパンプして閉店終了ガラガラ。
夜は手の指、足の指が攣り、翌日は腹筋まで攣ってしまった。

アイスクライミングにフリークライミングが役立つことは間違いないけれど、バウンダリーには独特のムーブが出てくるので苦労した。
特にたいへんなのが、ハイステップから引きつけるとき、反対の足を当てたいところに触われないこと。
基本的には引っかけで登らなければならないのもたいへんだった。

夜の部の元ワールドカッパー講師Nさんの話がよかった。
上手くなるには、ひたすら人工氷瀑で登り込むこと。
自然の滝では出てこないような難しいバウンダリーを登れるようになれば、大きな滝も登れるようになるということ。

岩で言えば、ジムでグレードを上げていくようなものかな?
腰痛でアプローチの長い自然の滝に行くのが辛い自分にとって、人工氷瀑で練習するのは願ったり。
いつの日か治ることがあるかもしれないので、アイスクライミングを続けて行こう、そうしよう。

※備忘メモ
・アックスは握らないこと!
・意識して骨盤を入れること!
・横移動にはサイドプルが有効。
・持ち替えの方法…言葉にしにくいので、動画を撮影。ロングとショートの使い分けは、練習で身につけるしかなさそう。
訪問者数:148人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/7/6
投稿数: 61
2018/2/19 11:11
 来シーズンは人工氷瀑だーー
上手い人を見ててしみじみ思ったけど、持ち替え含めたムーブに迷いがないよね。慣れていけば自分もオブザベ段階であそこで持ち替えてとか、あそこは左手ショートでとか考えられるようになるのかなぁ…。
ともあれ、がんばりましょう!!!!!
登録日: 2011/6/5
投稿数: 1120
2018/2/19 12:52
 人工氷瀑は望むところです(笑)
上手い人は、そこまでオブザベで決めているんですかねー?
登り込みと経験で、自然に体が動いているような気もしますが…。
今度聞いてみましょう!

人工氷瀑で練習するにしても、やはりバウンダリーが描いてあった方がいいですねー。
何もないと、ジムで言えば適当なホールドを使って登っているようなものですから。

関連する山の用語

アプローチ 氷瀑 ロング
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ