また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1378934 全員に公開 雪山ハイキング札幌近郊

奥盤渓山

日程 2018年02月12日(月) [日帰り]
メンバー
天候そこそこの雪降り。最初は無風。
駐車場所でマイナス12℃。
下山時は吹雪に遭遇。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場所までのワダチは僕の軽FFでは危うかったでした。
山に登るより緊張。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間38分
休憩
20分
合計
2時間58分
Sスタート地点09:4011:05奥盤渓山11:1811:46盤渓山11:5312:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
踏み跡がしっかりしているかなと思い最初はつぼ足でしたが、積もったサラサラ雪が下地の硬い雪の上で滑ります。
早々にスノーシューを履きました。全然楽ですのぉ。
奥盤渓山への分岐以降は薄くなりつつも踏み跡はしっかりしています。
ただ復路は吹雪で20分前の自分の踏み跡が消えている箇所もありました。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

登山口入ってすぐの小川です。
2018年02月12日 09:55撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口入ってすぐの小川です。
踏み跡はスノーシューの幅で広いです。
2018年02月12日 09:56撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡はスノーシューの幅で広いです。
全然伝わらないと思いますが、奥盤渓山の山頂手前の長めの急坂です。
2018年02月12日 10:58撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全然伝わらないと思いますが、奥盤渓山の山頂手前の長めの急坂です。
奥盤渓山着きましたー。
やはり初は嬉しいですね。
汗が引き始めるとマイナスの風で体温がみるみる奪われます、早々に撤退します。
2018年02月12日 11:09撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥盤渓山着きましたー。
やはり初は嬉しいですね。
汗が引き始めるとマイナスの風で体温がみるみる奪われます、早々に撤退します。
5
吹雪が強まり悩みましたが、盤渓山の山頂にも寄ってみました。
このルート、短いですが急坂でした。
あまりに低温で早々に撤退します。
2018年02月12日 11:48撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吹雪が強まり悩みましたが、盤渓山の山頂にも寄ってみました。
このルート、短いですが急坂でした。
あまりに低温で早々に撤退します。
1
登山口まで帰り着き余裕の生まれた私。
雪に埋まっていたアーティファクトを掘り起こしました。
写真では分かりづらいのですが、観音様の像が収まっており手を合わせてきました。
2018年02月12日 12:31撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口まで帰り着き余裕の生まれた私。
雪に埋まっていたアーティファクトを掘り起こしました。
写真では分かりづらいのですが、観音様の像が収まっており手を合わせてきました。
1
マイナス12-15℃と私の中では低温の山行でした。
iPhone5sは低温ダウン気味で気難しい。。
しかしこの800円のラジオは何の保護も無い外気のまま、HBCラジオを鳴らし続けてくれました。やるのぉ。
2018年02月12日 12:37撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイナス12-15℃と私の中では低温の山行でした。
iPhone5sは低温ダウン気味で気難しい。。
しかしこの800円のラジオは何の保護も無い外気のまま、HBCラジオを鳴らし続けてくれました。やるのぉ。
6
わずか3時間で窓にかなり積もりました。やれやれ。
2018年02月12日 12:39撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わずか3時間で窓にかなり積もりました。やれやれ。
撮影機材:

感想/記録

初の奥盤渓山です。
いつもの盤渓山のルートから登り始めます。
一昨日のレコでは厳寒期の終わりなどとのたまった私。
今日は駐車場所でマイナス12℃。
何を言ってんだ君、って感じです。
寒くてもまぁ登りは順調です。
しかし山頂から下りで吹雪に遭い指先が冷え始めます。
時々立ち止まって温めながら進みます。
吹雪くと追加の防寒具出すのも雪だらけで一苦労すね。
ある程度下ると気温も風も落ち着いて穏やか。
帽子は雪や氷だらけ。やはり雪山は慎重に慎重にすね。
来週末はお天気良くなるといいなぁ。
訪問者数:177人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

スノーシュー つぼ足 撤退 山行 吹雪
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ