また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1379316 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

《北安曇山地》1665峰・高校山岳部員とイグルー合宿

日程 2018年02月11日(日) 〜 2018年02月12日(月)
メンバー
天候吹雪ときどき日差し
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
30分
休憩
0分
合計
30分
Sサンアルピナ鹿島槍スキー場トップ11:0011:301388尾根頭
2日目
山行
2時間10分
休憩
1時間30分
合計
3時間40分
1388尾根頭07:5009:00ボトル台地09:1009:401388尾根頭11:0011:30さサンアルピナ鹿島槍スキー場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
サンアルピナ鹿島槍スキー場トップ→テン場でイグルー製作
その他周辺情報サンアルピナ鹿島槍からリフト2本で尾根に突入。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 スコップ スキー・シール・ストック ビーコン その他冬山宿泊個人装備(寝具一式・ナイフや灯り地図磁石)
共同装備 ツエルト ストーブ 鍋セット

写真

こっつこつの積み上げくん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっつこつの積み上げくん
1
先生のイグルー、詰めに入る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先生のイグルー、詰めに入る。
1
くぐり戸いいのがかかりました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
くぐり戸いいのがかかりました
1
穴は後から塞ぎます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穴は後から塞ぎます。
1
ひょうたんのクビレ窓
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひょうたんのクビレ窓
イグルーあれこれ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イグルーあれこれ
1
ボトル台地に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボトル台地に到着
ボトル台地に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボトル台地に到着
ボトル台地のボトルの木
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボトル台地のボトルの木
ピット掘って雪断面弱層観察
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピット掘って雪断面弱層観察
ひょうたんの天蓋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひょうたんの天蓋

感想/記録

高校山岳部の冬山合宿でイグルー講習に。生徒8人は3人×2のひょうたん型と2人用の1こ作る。合計5つ建造。
はじめに2人用を三十分で作って見せて、生徒の住宅用を自作してもらう。ブロック切りの技術を掴み取るのに多少かかり、屋根部の狭めかたも少し早まったのでやり直しあり。2時間ちょっとで寝られるやつが完成。はじめ晴れていたけど時折吹雪いて降雪も始まった。めいめい潜って一晩過ごす。
生徒のは隙間塞ぎきれていないイグルーで、吹き込んだようだ。雪の上で泊まるのが初めてな生徒は寒かったと思うが、テントよりは静かで温かいんだよね。
二日目は標高点1599で、大町の登山研修所の社会人の冬季講習組を訪問して、そのままボトル台地へ。部歌放吟。佐野坂峰までいくのは吹雪いているので取りやめて引き返す。帰りにピット掘って、指先チェック、弱層チェック、最新ビーコンを使った雪崩埋没者捜索練習もやった。高校山岳部でここまでやるところは無いよ。
部員の方のイグルーはブロックでフタせず、ツエルト入り口だったようで、それも吹き込みの要因かも。最後の締め方、もっと念を押せばよかったか。
高校山岳部は、冬用シュラフや冬用登山靴が皆は持って無いし、最近の山スキーは高価だから、みんな雪国育ちでスキーうまいのに、わかんかスノーシューとなる。ジルブレッタみたいな、登山靴でも履ける安価なスキービンディングを復活してもらいたいと思う。
30年ぶりに訪れた鹿島集落は、スキー場の西側アプローチ道になっていた。以前の行き止まり集落感が少々薄れていた。爺ヶ岳東尾根下山して、鹿島のおばばの家の前で呼び止められて、野沢菜とお茶をごちそうになったなあ。屋敷は今もありました。大西さんに教わらないとわからなかったけれど。
16,17歳のユーゲントは成長の盛りだ。一年目は無垢で二年目の成長は凄い。大切なことは、センパイから教わる。この時期でなければ気づけ無いことも多々ある。
訪問者数:823人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ