また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1379366 全員に公開 雪山ハイキング四国

剣山

日程 2018年02月12日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間34分
休憩
1時間4分
合計
3時間38分
S見ノ越登山口11:2612:30リフト西島駅13:0813:15刀掛ノ松13:2113:43剣山頂上ヒュッテ13:4613:52剣山13:5914:03剣山頂上ヒュッテ14:0514:18刀掛ノ松14:2014:24リフト西島駅14:2614:57見ノ越登山口15:0115:04ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
11:05 見ノ越登山口
12:32 リフト西島駅
13:19 刀掛ノ松
13:45 剣山頂上ヒュッテ
13:52 剣山
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

駐車場は除雪されていないので路駐
登山者の車は5台のみ
2018年02月12日 11:04撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場は除雪されていないので路駐
登山者の車は5台のみ
1
駐車場方向
2018年02月12日 11:13撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場方向
直道を目指すが雪が深く登りは断念
2018年02月12日 11:40撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直道を目指すが雪が深く登りは断念
先行者の踏み跡があるので楽ちん
2018年02月12日 11:50撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行者の踏み跡があるので楽ちん
西島駅で風をしのいで昼食後頂上へと出発
2018年02月12日 13:14撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西島駅で風をしのいで昼食後頂上へと出発
よくしまった雪質
2018年02月12日 13:29撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よくしまった雪質
1
誰もいない馬場
2018年02月12日 13:55撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰もいない馬場
2
雪で覆われているので土俵の近くで1枚
2018年02月12日 14:01撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪で覆われているので土俵の近くで1枚
1
雪がなければ決して入りません マナーは守ります
2018年02月12日 14:01撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪がなければ決して入りません マナーは守ります
1
雪が強風で舞い上がる中、ぽっかりと口をあけた鬼神の窟が見える 雪があるうちは無理かな
2018年02月12日 14:06撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が強風で舞い上がる中、ぽっかりと口をあけた鬼神の窟が見える 雪があるうちは無理かな
1
雪で覆われた木道
2018年02月12日 14:09撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪で覆われた木道
2
埋もれていない鳥居
夏路のトレースなし
2018年02月12日 14:16撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
埋もれていない鳥居
夏路のトレースなし
丸笹へと続く尾根道を下る
2018年02月12日 14:19撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸笹へと続く尾根道を下る
雪の重さをはねのけながら〜(年輪)
2018年02月12日 14:24撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の重さをはねのけながら〜(年輪)
1
撮影機材:

感想/記録

 おおつく谷から高城山に行こうと土須峠へ向かうが最奥の民家あたりから雪深く車の轍もなく引き返す。それならばと神通滝から雲早山へと計画変更 神通滝へ向かうが雪深くこれまた撤退。次に倉羅峠越えで高越山を目指すが学習能力全くなし同じ過ちを繰り返す。石井まで引き返し、やけくそで除雪はされてなくても登山者の轍が必ずあると思われる剣山に狙いを定め、のろのろ運転の中192号線から438号線に突入。つづろ堂あたりから雪が深くなるが4、5台の車が通過したタイヤ跡があるのでそれを頼りになんとか見ノ越へ。強風で登山を断念する人がいるなか、ここへ来るまでの苦労を考えると早くも鼻水をたらして満面の笑み。早々に足準備を整え足取軽く雪山へ。風さえなければ青空広がり最高の雪山ハイク。なぜか映画「八甲田山」が思い浮かんだ。帰路は除雪されていて不安なし。車での道中長くとても疲れた1日であった。
訪問者数:532人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ