また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1380287 全員に公開 雪山ハイキング四国

大雪の皿ヶ嶺

日程 2018年02月13日(火) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間42分
休憩
1時間7分
合計
6時間49分
Sスタート地点09:3010:43水元10:4511:15上林森林公園風穴駐車場11:1912:43皿ヶ嶺12:4512:56皿ヶ嶺(山頂)13:0013:09皿ヶ嶺13:19竜神平14:0215:15上林森林公園風穴駐車場15:30水元15:4216:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報たかのこの湯(松山市)
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

大雪警報が出ていた東温市
麓の駐車場までも積雪です。
2018年02月13日 09:41撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雪警報が出ていた東温市
麓の駐車場までも積雪です。
瞽女石コースと赤紫峠コースの分岐
瞽女石コースを水の元へ
2018年02月13日 09:48撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瞽女石コースと赤紫峠コースの分岐
瞽女石コースを水の元へ
瞽女石を過ぎて林道を横切ります。
2018年02月13日 10:04撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瞽女石を過ぎて林道を横切ります。
右折して山道に入ります。
初めての人は見落としそうなので、赤いリボンを付けておきました。
2018年02月13日 10:19撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右折して山道に入ります。
初めての人は見落としそうなので、赤いリボンを付けておきました。
1
今日の水の元
2018年02月13日 10:48撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の水の元
1
上林森林公園(風穴)駐車場
2018年02月13日 11:11撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上林森林公園(風穴)駐車場
2
十字峠コースを行きます。
踏み跡はありません。(^_^;)
2018年02月13日 11:39撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十字峠コースを行きます。
踏み跡はありません。(^_^;)
1
私の足跡だけです。
雪の中に膝まで入ります。
2018年02月13日 11:42撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私の足跡だけです。
雪の中に膝まで入ります。
まだまだ急斜面が続きます。
右上は春になるとシコクカッコウソウの群生地
2018年02月13日 11:52撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ急斜面が続きます。
右上は春になるとシコクカッコウソウの群生地
急登を上り切り
2018年02月13日 11:59撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を上り切り
引地山への分岐まで来ると、霧氷を見る余裕が出来ました。
2018年02月13日 12:05撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
引地山への分岐まで来ると、霧氷を見る余裕が出来ました。
2
十字峠へ
だんだん雪か深くなります。(;´Д`A ```
2018年02月13日 12:17撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十字峠へ
だんだん雪か深くなります。(;´Д`A ```
2
歩いて来た足跡
2018年02月13日 12:28撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いて来た足跡
2
やっと十字峠
2018年02月13日 12:32撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと十字峠
十字峠から頂上までが大変
深い所は太ももの付け根辺りまで雪の中に入ってしまいます。
道も良く分からなく、尾根を外れないように頂上へ向かいます。
2018年02月13日 12:59撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十字峠から頂上までが大変
深い所は太ももの付け根辺りまで雪の中に入ってしまいます。
道も良く分からなく、尾根を外れないように頂上へ向かいます。
2
頂上手前
ますます雪が深いです。
2018年02月13日 12:59撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上手前
ますます雪が深いです。
やっと頂上が見えて来ました。
ホッとしますが、なかなか前に進めません。(T_T)
2018年02月13日 12:59撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと頂上が見えて来ました。
ホッとしますが、なかなか前に進めません。(T_T)
2
振り返ります。
2018年02月13日 13:07撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ります。
今日の頂上。
−5℃
2018年02月13日 13:03撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の頂上。
−5℃
5
頂上に着き余裕が出来たので、霧氷を見ながら下山
2018年02月13日 13:07撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上に着き余裕が出来たので、霧氷を見ながら下山
1
竜神平を目指します。
2018年02月13日 13:11撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜神平を目指します。
竜神平の愛大小屋で昼食
2018年02月13日 14:10撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜神平の愛大小屋で昼食
5
竜神平
少しガスがまいています。
2018年02月13日 14:08撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜神平
少しガスがまいています。
4
竜神平を周遊して帰ります。
2018年02月13日 14:33撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜神平を周遊して帰ります。
1
上林峠方面は踏み跡がありません。
反対側の下山方向は若干1名の踏み跡があります。
2018年02月13日 14:33撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上林峠方面は踏み跡がありません。
反対側の下山方向は若干1名の踏み跡があります。
1
下山途中の十字峠への分岐
往路に私が上った足跡だけです。
2018年02月13日 15:13撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山途中の十字峠への分岐
往路に私が上った足跡だけです。
1

感想/記録

久万高原町では50センチ余りの大雪のニュース。
午前中は大雪警報が出ている東温市ですが、皿ヶ嶺の大雪を経験してみたくて、この機会を逃してはと出かけます。
今日は麓の瞽女石コース登山口の駐車場も積雪があります。
先行者2名の足跡があり、これを辿ります。
何を思ったのか大雪のこんな日に、途中の分岐で十字峠経由のコースを選択します。
心配していた登り初めの急登はまだまだ大丈夫だったのですが、途中から積雪量が増えて来て、何度も引き返そう?と思ったりしました。
特に十字峠から頂上までは、登山道と思われる所は吹き溜まりで雪が深く、場所によっては太ももの付け根まで雪の中に入ってしまいます。(◎_◎;)
また本来の登山道も雪で埋もれ見失い、道を探していると更に吹き溜まりで足をとられ体力は消耗、気は焦り不安が頭を過ります。
普段と景色が一変してしまう雪山、ラッセルの大変さも実感できて、
初級者としてはいい経験になりました。
行き慣れた皿ヶ嶺だから良かったものの、他の山だったらと思うとゾッとします。
これからは踏み跡が無いルートには行かない事にします。^_^;

下山後は、たかのこの湯で温まって帰りました。



訪問者数:241人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/10/30
投稿数: 824
2018/2/14 8:57
 警報ですよ!!
sea1020さん、
大雪警報って早々出るもんじゃない日に登られるとは(;゚Д゚)
足が埋もれてなかなか進まず、体力も気持ち的にもいつもの何倍も疲れられたのでは・・・慣れてるところでも踏みあとがないと不安になりますよね。
これだけのラッセルをされたのなら、もう腰のほうは大丈夫ですね(*^^)v
お疲れさまでした(*^^*)

霧氷はきれいですね✨
シコクカッコウソウ・クマガイソウはまた見に行きたいです
登録日: 2015/12/21
投稿数: 329
2018/2/14 18:20
 Re: 警報ですよ!!
そうなんですよ。
東温アルプスの皿ヶ嶺、そう言えば山頂があるのは久万高原町でした。(◎_◎;)
昨日の午前9時で久万高原町の積が54cmと言っていたので、頂上はもっと凄い事になっていたのでしょうね。(;^_^A
大変なのは、シコクカッコウソウの群生場所までの急斜面と、クマガイソウの群生地あたりまでの急登と思っていたら、それ以上に十字峠から頂上までが大変でした。
途中でガスがまいてくるし、何時も通る登山道が分からず、雪か深くて遭難するのか?と思いましたよ。(´;ω;`)ウゥゥ
頂上が見えた時はホッとしましたが、近くに見えるのにそこまで行くのも大変でした。
皿ヶ嶺は四季折々が楽しめる素敵な山です。
春の花の時期にぜひ来てください。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 急登 林道 高原 ウソ 霧氷
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ