また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1381589 全員に公開 ゲレンデ滑走大雪山

サホロスキー場でパウダー満喫

日程 2018年02月16日(金) 〜 2018年02月17日(土)
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
サホロスキー場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間39分
休憩
1時間19分
合計
4時間58分
S佐幌岳10:4411:03佐幌岳11:28佐幌岳11:51佐幌岳11:5412:09第2リフト降場12:28ベアマウンテンバス乗場13:4113:43第2リフト降場14:23佐幌岳14:34第2リフト降場14:55第8リフト降口分岐15:22佐幌岳15:2515:38第2リフト降場15:42ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
オフピステコース、林間、コース外に雪がたっぷり溜まっていました。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

ゴンドラ降場の佐幌神社からスタートです。
2018年02月16日 10:24撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴンドラ降場の佐幌神社からスタートです。
一作年オープンした北斜面エリアのパウダーゾーンのN3チャレンジコースから滑ることにしました。今朝まで積雪あり滑る人も少なくパウダーが溜まっていました。赤いウェアは外人インストラクター、生徒を連れて来ています。
2018年02月16日 10:26撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一作年オープンした北斜面エリアのパウダーゾーンのN3チャレンジコースから滑ることにしました。今朝まで積雪あり滑る人も少なくパウダーが溜まっていました。赤いウェアは外人インストラクター、生徒を連れて来ています。
はるか下までパウダーが続いています。下にサホロエキスプレス(高速クワッド)があります。このクワッドで谷に向かう広大な斜面を滑ることができます。
2018年02月16日 10:26撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はるか下までパウダーが続いています。下にサホロエキスプレス(高速クワッド)があります。このクワッドで谷に向かう広大な斜面を滑ることができます。
右手、尾根に沿ってメインのセントラルアベニューコース。
2018年02月16日 10:26撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手、尾根に沿ってメインのセントラルアベニューコース。
上部の斜度。向かいには北落合岳から続く尾根。エキスプレスで佐幌岳と北落合岳の間の広大な谷エリアも滑ることが可能になりました(翌日17日に入ったときはトレースいっぱいでした)。
2018年02月16日 10:26撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部の斜度。向かいには北落合岳から続く尾根。エキスプレスで佐幌岳と北落合岳の間の広大な谷エリアも滑ることが可能になりました(翌日17日に入ったときはトレースいっぱいでした)。
少し下って。
2018年02月16日 10:28撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下って。
再びエクスプレスで登り、リフト右側のN1ダウンヒルに。いい感じの雪です。
2018年02月16日 10:43撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再びエクスプレスで登り、リフト右側のN1ダウンヒルに。いい感じの雪です。
入る人も少なく、ほぼパウダー状態。
2018年02月16日 10:46撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入る人も少なく、ほぼパウダー状態。
せっかくの斜面なのでパウダー求め、右手の林間(リフト側)に入って降りてきたところ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかくの斜面なのでパウダー求め、右手の林間(リフト側)に入って降りてきたところ。
再びコースに出ます。
2018年02月16日 10:46撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再びコースに出ます。
中間下は少しブッシュが出ている。昨年、ここでおろし立ての新品のスキー板を隠れた岩で大きな傷を付けてしまった。
2018年02月16日 10:47撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中間下は少しブッシュが出ている。昨年、ここでおろし立ての新品のスキー板を隠れた岩で大きな傷を付けてしまった。
上方向。横切って向かいの林間に入って滑った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上方向。横切って向かいの林間に入って滑った。
2回目のN1ダウンヒル、今度はブッシュを避け左手の林間(リフト側)に入って降りてきた。このまま林間を下る。いい斜面の林間で雪が溜まっている。
2018年02月16日 11:05撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2回目のN1ダウンヒル、今度はブッシュを避け左手の林間(リフト側)に入って降りてきた。このまま林間を下る。いい斜面の林間で雪が溜まっている。
上部。下部はトレースも少なくノートラックの場所が選び放題でした。
2018年02月16日 11:07撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部。下部はトレースも少なくノートラックの場所が選び放題でした。
スノーボードのトラックが左手にあったがトラックはまだ少なかった。
2018年02月16日 11:07撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スノーボードのトラックが左手にあったがトラックはまだ少なかった。
いただきます。
2018年02月16日 11:09撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いただきます。
ここを滑り降ります。
2018年02月16日 11:09撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを滑り降ります。
結構積もってます。
2018年02月16日 11:09撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構積もってます。
N1の林間。
2018年02月16日 11:14撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
N1の林間。
ショートターンで。
2018年02月16日 11:15撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショートターンで。
再びN3チャレンジ沿いの林間。
2018年02月16日 11:32撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再びN3チャレンジ沿いの林間。
下方向の林間の様子。
2018年02月16日 11:32撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下方向の林間の様子。
N3林間からN3コースを撮影。
2018年02月16日 11:32撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
N3林間からN3コースを撮影。
ターンしながら下ります。
2018年02月16日 11:34撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ターンしながら下ります。
上部は雪不足で閉鎖されているN2ダイナミックスコースに合流。
2018年02月16日 11:34撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部は雪不足で閉鎖されているN2ダイナミックスコースに合流。
ほぼノートラック状態のいい斜面です。
2018年02月16日 11:37撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼノートラック状態のいい斜面です。
エキスプレス乗り場に向かう斜面。
2018年02月16日 11:37撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エキスプレス乗り場に向かう斜面。
エキスプレスで上がり、サホロ岳直下のセントラルウェイ上部に向かいます。
2018年02月16日 11:52撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エキスプレスで上がり、サホロ岳直下のセントラルウェイ上部に向かいます。
旧第4リフトの上部に向かい、谷に降りる南側斜面の林間に入ります。
2018年02月16日 11:52撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧第4リフトの上部に向かい、谷に降りる南側斜面の林間に入ります。
谷に落ち込むいいパウダー斜面が広がっています。ここを下って適当な場所でコースに戻ります。
2018年02月16日 11:54撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷に落ち込むいいパウダー斜面が広がっています。ここを下って適当な場所でコースに戻ります。
まだほとんど誰も入っていませんでした。稜線はセントラルウェイのコースです。
2018年02月16日 11:54撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだほとんど誰も入っていませんでした。稜線はセントラルウェイのコースです。
いい斜面、いい雪でした。
2018年02月16日 12:00撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい斜面、いい雪でした。
途中からトラバースしコースに戻ります。
2018年02月16日 12:00撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中からトラバースしコースに戻ります。
オフピステのセントラルウェイに入ります。
2018年02月16日 12:06撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オフピステのセントラルウェイに入ります。
ゴンドラで上がり、ロープ張ってありましたが、端からゴンドラ下のセンターボールウェイのパウダーエリアにはいりました。

2018年02月16日 13:40撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴンドラで上がり、ロープ張ってありましたが、端からゴンドラ下のセンターボールウェイのパウダーエリアにはいりました。

再びN3林間に。N3の林間は広くどこを滑ってもコースに出られます。
2018年02月16日 14:05撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再びN3林間に。N3の林間は広くどこを滑ってもコースに出られます。
林間の狭い場所をショートターンで。
2018年02月16日 14:09撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林間の狭い場所をショートターンで。
下ってN2ダイナミックスの下に出ます。
2018年02月16日 14:11撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ってN2ダイナミックスの下に出ます。
ここを気持ちよく滑り下ります。
2018年02月16日 14:11撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを気持ちよく滑り下ります。
第8リフト横のオフピステのノースウェイ、公認モーグルバーンのあるところです。
2018年02月16日 14:57撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第8リフト横のオフピステのノースウェイ、公認モーグルバーンのあるところです。
オフピステのN5ロマンスコースで最後のエキスプレスに向かいます。15:20で終了だそうです。
2018年02月16日 15:11撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オフピステのN5ロマンスコースで最後のエキスプレスに向かいます。15:20で終了だそうです。
サホロ岳直下からサホロスキー場全景。
2018年02月16日 15:23撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サホロ岳直下からサホロスキー場全景。
狩勝に続く尾根。
2018年02月16日 15:25撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狩勝に続く尾根。
本日最後のセントラルウェイ南側の斜面を滑ります。
2018年02月16日 15:25撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日最後のセントラルウェイ南側の斜面を滑ります。
最後のシュプール。ここは今日ほとんど独り占めでした。
2018年02月16日 15:27撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後のシュプール。ここは今日ほとんど独り占めでした。
右側。この斜面、いつか下まで(国道)下ってみたい。今日はパウダー満喫できました。17日は北落合岳との間の斜面にも入ってみましたがスマホのGPSトラックは途中でログダウンしてしまい省略します。
2018年02月16日 15:27撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側。この斜面、いつか下まで(国道)下ってみたい。今日はパウダー満喫できました。17日は北落合岳との間の斜面にも入ってみましたがスマホのGPSトラックは途中でログダウンしてしまい省略します。
撮影機材:

感想/記録

昨日15日に続き、今日はサホロスキー場に。昨年、3月に訪れたときに前日に新雪が降って大斜面でパウダーを楽しめ、斜度とオフピステコース、林間でのパウダーと魅力豊富なサホロに是非ハイシーズン中にまた来たいと思っていました。一昨年オープンした北斜面エリアは、広大なパウダーを楽しむためのエリアで、特に外人には大変人気があります。両側のエリアは自己責任でほぼどこを滑ってもいいみたいです。外人インストラクに先導された外人スクールグループを良く見かけました。サホロ岳の直下から東方向へのセントラルウェイとその南側谷方向にもいいパウダーゾーンになっています。また、サホロ岳から北側の1034PK、北落合岳との間の谷にも林間のパウダーゾーンが広がっていました。ここも外人による開拓ゾーンで戻りのルートもエキスプレス乗り場までしっかりついていました(翌日17日に入ってみました)。彼らは5〜6人のツワーを組んで大勢で入って来ます。今回はゴンドラとエキスプレスを何度も使って、主に北斜面エリアのオフピステコースと林間のパウダーゾーンを思いっきり楽しめました。ニセコのゲートからのエリアはオープンと同時に大勢の入が入り午前中にはほぼゲレンデコース状態になってしまうのに比して、ここはまだそれほど入る人も少なく平日ならば十分パウダーを楽しめるスキー場だと思われました。ただし多くの外人がリゾートに宿泊してスクールで来ているのでここもニセコに近い感じになりつつあります。山スキーではノートラックの斜面でも1回きりか登り返しても最大3回が限界ですが、高速長距離リフトを利用することでいろいろな場所を何回も滑れるというのは滑りに関しては大きな魅力です。日本のスキーヤ、ボーダーのみなさん、外人だけにパウダーの専売特許を奪われ無いよう健闘を祈りたいです。動画はオフピステコース(セントラルウェイ)でのパウダー滑走(手持ちカメラ撮影)



訪問者数:195人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

GPS 山スキー リフト
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ