また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1381884 全員に公開 山滑走槍・穂高・乗鞍

乗鞍、バックカントリー

日程 2018年02月17日(土) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
乗鞍国民休暇村駐車場近くにP
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間4分
休憩
41分
合計
4時間45分
Sスタート地点08:3710:12かもしかリフト最上部(ツアーコース開始点)11:37ツアーコース終点12:1612:49かもしかリフト最上部(ツアーコース開始点)13:09鈴蘭橋13:17乗鞍高原 第7 (休暇村前) 駐車場13:1913:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
滑走での下山途中からコースを間違え、駐車場の下まで降りてしまいました。スマホのGPSアプリで地点を確認し、最後は500mほど駐車場まで車道を歩きました。
乗鞍は今回で4回目だったので油断。ゲレンデで良かったです。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖インナー ハードシェル タイツ 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ネックウォーマー 毛帽子 ブーツ ザック ビーコン スコップ コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 針金 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス ストック ビンディング スキー板 シール

写真

リフトが動き始める前にはゲレンデを登り始めたけど、一人の気の緩みで予定よりも30分遅れて出発。
途中でリフトが動き始め、スキーヤーが下り始めました。
2018年02月17日 08:36撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフトが動き始める前にはゲレンデを登り始めたけど、一人の気の緩みで予定よりも30分遅れて出発。
途中でリフトが動き始め、スキーヤーが下り始めました。
スキーヤーが下ってくる中、ゲレンデの端を歩いてリフトの山頂駅まで到着。
2018年02月17日 10:13撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーヤーが下ってくる中、ゲレンデの端を歩いてリフトの山頂駅まで到着。
更に先を目指す。雪がパラつく中、他の人のトレースが新雪の上に。
2018年02月17日 10:20撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に先を目指す。雪がパラつく中、他の人のトレースが新雪の上に。
登りも下りも最大の難所。狭くて急な斜面。
圧雪の上に20センチの新雪が積もっており、斜面をトラバースすると新雪ごと滑ってしまい、なかなか上がれない。
先に行った人達の苦戦の痕がクッキリ。
2018年02月17日 10:27撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りも下りも最大の難所。狭くて急な斜面。
圧雪の上に20センチの新雪が積もっており、斜面をトラバースすると新雪ごと滑ってしまい、なかなか上がれない。
先に行った人達の苦戦の痕がクッキリ。
1
自分が最後だろうと思っていたら、先の斜面で悪戦苦闘している時に、スノーボードを背負った単独男性がスノーシューで林間を登って行きました。
2018年02月17日 10:33撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分が最後だろうと思っていたら、先の斜面で悪戦苦闘している時に、スノーボードを背負った単独男性がスノーシューで林間を登って行きました。
同じトレースを歩きます。
この後、「こんにちは〜」と声を掛けて、抜いたり抜かれたり。
2018年02月17日 10:33撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じトレースを歩きます。
この後、「こんにちは〜」と声を掛けて、抜いたり抜かれたり。
緩やかな斜面を登り、もう直ぐ山頂に向かう斜面だと思っていたら、下り始めるパーティや更に登るパーティに遭遇。
2018年02月17日 11:37撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩やかな斜面を登り、もう直ぐ山頂に向かう斜面だと思っていたら、下り始めるパーティや更に登るパーティに遭遇。
暫く行くと、「この先は今までの様な道では無いので、自信の無い単独者は引き帰せ」との看板。
12時には折り返そうと思っていたので少し早いけど、今日はここまで。
2018年02月17日 12:27撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫く行くと、「この先は今までの様な道では無いので、自信の無い単独者は引き帰せ」との看板。
12時には折り返そうと思っていたので少し早いけど、今日はここまで。
寒い山では一番のご馳走のカップラーメン。
お湯を注いでスキーや服装の準備をして5分経ったかどうかだと思うけど、今までで一番ぬるかった。外気は多分、マイナス15℃以下。でも美味かった。
2018年02月17日 11:57撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒い山では一番のご馳走のカップラーメン。
お湯を注いでスキーや服装の準備をして5分経ったかどうかだと思うけど、今までで一番ぬるかった。外気は多分、マイナス15℃以下。でも美味かった。
昼食を食べる直前から急に風が強まり、そういう意味でも引き返し時。乗鞍の山頂近くは何時もそうだと以前に聞いたような。
そんな中、位ヶ原山荘に向かう3人のスノーシューパーティ。
私は新雪を味わいながら下りました。
2018年02月17日 12:27撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食を食べる直前から急に風が強まり、そういう意味でも引き返し時。乗鞍の山頂近くは何時もそうだと以前に聞いたような。
そんな中、位ヶ原山荘に向かう3人のスノーシューパーティ。
私は新雪を味わいながら下りました。
1

感想/記録

1ヶ月ちょっと前に膝靭帯を痛め活動休止。先日お医者さんから「徐々に動いても良い」とのコメントを貰ったけど、いきなりパーティの中に入れて貰う訳にはいかないので、脚力強化と痛みの確認の為に、1人でも大丈夫だと思えた、かつて知ったる乗鞍へ。
膝の状態も確認出来たし、圧雪の上の新雪の良さ・悪さも体感できたし、自分の位置確認を怠る怖さも学べました。

蛇足ですが、以前使っていたスマホは低温に弱く、5℃位でも電源が落ちてしまったので、低温に強く出来れば防水仕様で・・・と探して買い替えました。
今回、マイナス10℃は下っただろう環境で、ヤマレコとジオグラフィカを起動しておき位置情報を得ながら、カメラも問題なく作動しました。
アメリカ軍の基準を10項目以上クリアしているハード志向のスマホ。
山用のギアとして買い替えて良かったと思いました。
訪問者数:272人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

スノーシュー リフト クリ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ