また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1381895 全員に公開 雪山ハイキング谷川・武尊

雪と視界不良の谷川岳(途中撤退)

日程 2018年02月17日(土) [日帰り]
メンバー
天候小雪のち雪、風あり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
帰りは湯檜曽まで雪道
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間34分
休憩
4分
合計
3時間38分
S天神平09:0709:32天神平・天神峠分岐点09:52熊穴沢避難小屋09:5310:28天狗の留まり場11:05天神ザンゲ岩11:0811:25天狗の留まり場11:45熊穴沢避難小屋12:07天神平・天神峠分岐点12:45天神平12:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
前半の樹林帯はトレースもありましたが
稜線は降雪と風でトレースは消えています。

雪崩ネットワーク 確認  https://www.nadare.jp/
朝からの降雪は60センチ以上、ソフトスラブ化が始まっている様子。
その他周辺情報湯テルメ谷川
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

早朝は青空も見えていました。
昼頃から天気が悪くなってくる予報でしたが天神平は早くも小雪が舞っています。
何人かの登山者が登っていきました。
取りあえず行けるところまで行ってみます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝は青空も見えていました。
昼頃から天気が悪くなってくる予報でしたが天神平は早くも小雪が舞っています。
何人かの登山者が登っていきました。
取りあえず行けるところまで行ってみます。
3
急坂を登って樹林帯の中を歩いて行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂を登って樹林帯の中を歩いて行きます。
1
行きはまだトレースはありましたが
帰るころはすっかり消えていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行きはまだトレースはありましたが
帰るころはすっかり消えていました。
4
この時間はまだ少しの視界はありましたが…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時間はまだ少しの視界はありましたが…。
3
風と降雪でトレースも消え、視界もありません。
同行した方のGPSを頼りにラッセルして行きますが
心強かったです。
ありがとうございました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風と降雪でトレースも消え、視界もありません。
同行した方のGPSを頼りにラッセルして行きますが
心強かったです。
ありがとうございました。
2
小屋まであと30分位ですが、今の時間は11時です。
この後吹雪になりそうなのでここで撤退します。
後続の方々も引き返します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋まであと30分位ですが、今の時間は11時です。
この後吹雪になりそうなのでここで撤退します。
後続の方々も引き返します。
5
雪が強くなってきて
付けてきたトレースも既に消えかかっている場所も。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が強くなってきて
付けてきたトレースも既に消えかかっている場所も。
4
樹林帯を少し下ったところで前の二人の方がこっちではないようだと登ってきました。後方からも人が来て確認し少し戻り
右のゲレンデ方面に下りました。
助かりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を少し下ったところで前の二人の方がこっちではないようだと登ってきました。後方からも人が来て確認し少し戻り
右のゲレンデ方面に下りました。
助かりました。
3
ポールが見えてきて安堵します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ポールが見えてきて安堵します。
3
やっとロープウェイ駅が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとロープウェイ駅が見えました。
1
全身とザックも雪まみれ。
良い体験の山行きでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全身とザックも雪まみれ。
良い体験の山行きでした。
3

感想/記録

低気圧と強い冬型配置の影響で午後辺りから雪になりそうな予報の中、また
「てんきとくらす」でも谷川岳は午前中まではAランクだが、午後からは
Cランクになっています。
早朝駐車場に着いた時は青空も見えていたが、天神平のロープウェイの始発の頃には
曇ってしまい天神平に着いた時はすでに小雪も降っていました。
予報より早く雲がかかってきている中、昼頃までに戻れるように行ける場所まで
行ってみようとアイゼンを履き出発。
すでに数人の方が登っていきます。

天狗の留まり場からは雪と風でトレースも消えかけていて、同行された方の
GPSを頼りにラッセルしながらザンゲ岩の下まで着ましたが
時間はすでに11時、小屋まで往復1時間はかかりそうだし、この後吹雪になりそうな
予報なのでここで下山することにしました。
後から来た方も撤退する様子でした。

下山中も視界が無く、トレースも消えかかっている場所もあり
途中コースを外しヒヤッとすることも、またスマホのGPSも寒さで電源が
落ちたりと一歩間違えがば遭難の可能性もあり、
改めて冬山の怖さと、無謀な行動は慎みたいと思いました。


訪問者数:252人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/18
投稿数: 317
2018/2/18 17:34
 いやあ
いやあ・・・ヒヤヒヤ感というか緊迫した状況が写真や感想からも伝わります
雪山・・・特にホワイトアウトはいかに怖いかと

自分も同日は谷川とは逆サイド(?)の荒川河口橋を葛西から新木場に渡っていたのですが・・・予報だと通日晴れマークなのに不気味な雲と雨、そして冷たい北風に、ちょうど橋の上でやられました

自分はGPS否定派・・・というよりガラケーゆえ自ずと紙の地図になりますが、過酷な自然環境下で電子機器のか弱さを痛感します
とにもかくにも無事に下山できて何よりです
お疲れ様でした
登録日: 2014/8/1
投稿数: 1858
2018/2/18 20:56
 無事下山なによりです
ogawawasiさん こんばんは

今日は朝から風が強かったですね。自分は神流の赤久縄山に行って
いましたが、晴れていたものの冷たい北風でした。谷川岳はもっと
強かったのだと思います。冬の山は、天気が良ければ最高ですが、
吹雪の中では、命の危機さえも感じると思います。無事下山出来て
本当に何よりでした。
                         埼玉のchii
登録日: 2014/2/2
投稿数: 898
2018/2/18 21:32
 Re: いやあ
teppenwolfさん今晩は。
天気の読みが甘かったのと、行けるところまでと…、思っていた事自体帰りの状況も考えなくてはいけませんね。
トレース云々よりもホワイトアウトで方向と稜線と谷の境さえも分からなくなる事があり
怖かったです。
JPSも最善の準備をしましたが準備不足でしたし、
地図で確認する余裕もなかったです。
スキー場の音だけが心強かったように思いました。
良い経験になったようです。
ありがとうございました。
登録日: 2014/2/2
投稿数: 898
2018/2/18 21:58
 Re: 無事下山なによりです
chiiさん今晩は。
冬山のソロは心細さと不安がありますが、週末だったので
ある程度は登山者がいて心強いものがありました。
でも実際に数十メートル近くに人がいても
見えなくて不安なところもありましたが…。
今回の山行きで改めて色々な面で
準備が必要と感じられ、次回へつなげられるようです。
でも一番肝心なのは諦める気持ちですね。
登録日: 2013/11/10
投稿数: 5218
2018/2/19 22:38
 ogawawasiさん、こんばんは!
いゃぁ〜、これがホワイトアウトですかぁ!
周りは真っ白で、何も分かりませんね。

やはり、標高の高い雪山は天候をよく見なくては!ですね。
貴重な体験のご報告、ありがとうございました。

お疲れさまでした。
登録日: 2014/2/2
投稿数: 898
2018/2/20 0:05
 Re: ogawawasiさん、こんばんは!
ayamoeさん今晩は。
明らかに天気が悪くなるこの日に谷川岳に行くこともなかったのですが
谷川にバックカントリーに行く仲間がいたので自分も谷川方面に行きました。
結果的には奥武蔵か多摩方面に行けばよかったなと思いましたが、
厳冬の谷川岳にはいつか行きたかったので、
いい経験でしたし、次回への参考になりました。

こんな天気でも何人か向かう登山者がいて凄いですね。
3月には天気の様子を見ながら行って見たいです。
コメントありがとうございました。

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ