また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1382778 全員に公開 山滑走妙高・戸隠・雨飾

妙高、神奈山、バックカントリー

日程 2018年01月07日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー6人
天候曇り、時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
妙高インターから関温泉スキー場近くの駐車場を使用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間17分
休憩
0分
合計
7時間17分
Sスタート地点07:2414:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
途中、ログが途切れたので実際のログと少し違うかも。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖インナー ハードシェル タイツ 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ネックウォーマー 毛帽子 ブーツ ザック ビーコン スコップ コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 針金 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス ストック ビンディング スキー板 シール

写真

駐車場で準備終了、7時半に出発。
2018年01月07日 07:31撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場で準備終了、7時半に出発。
林道に向かう
2018年01月07日 07:34撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に向かう
暫く歩き、林道からいよいよ斜面へ。
2018年01月07日 07:49撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫く歩き、林道からいよいよ斜面へ。
徐々に斜面は急に。
ベテランが先頭になってくれ、ラッセルで上を目指す。
2018年01月07日 07:50撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々に斜面は急に。
ベテランが先頭になってくれ、ラッセルで上を目指す。
途中は緩やかな丘や
2018年01月07日 08:25撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中は緩やかな丘や
林間をラッセルで進んで行きます。
途中、他のパーティが作ったトレースを踏んだり。
2018年01月07日 09:12撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林間をラッセルで進んで行きます。
途中、他のパーティが作ったトレースを踏んだり。
林間の風が弱いところで、たち休憩。
2018年01月07日 09:29撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林間の風が弱いところで、たち休憩。
枝が雪で白くなった木が綺麗。
その脇を目指してラッセル
2018年01月07日 11:48撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枝が雪で白くなった木が綺麗。
その脇を目指してラッセル
神奈山山頂へ向かう、登山道の分岐点、ここが今回の折り返し点。
急いで昼食を摂りながら、滑降の準備。
2018年01月07日 12:22撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神奈山山頂へ向かう、登山道の分岐点、ここが今回の折り返し点。
急いで昼食を摂りながら、滑降の準備。
純白でフカフカの新雪の上を滑る。
まるで雲の上を滑っているみたいに、
フワフワ浮きながら滑れました。
2018年01月07日 13:26撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
純白でフカフカの新雪の上を滑る。
まるで雲の上を滑っているみたいに、
フワフワ浮きながら滑れました。
木に気を付けながら、めいめいが新しいシュプールを描いて滑ります。フワフワ浮きあがりながらのターン。初めての経験でした。
2018年01月07日 13:28撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木に気を付けながら、めいめいが新しいシュプールを描いて滑ります。フワフワ浮きあがりながらのターン。初めての経験でした。
神業の後傾姿勢。
スキーの前半分を浮かせたままでターンし滑り降りて行くベテラン。私には無理・・・でもフワフワがたまらない。
2018年01月07日 13:29撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神業の後傾姿勢。
スキーの前半分を浮かせたままでターンし滑り降りて行くベテラン。私には無理・・・でもフワフワがたまらない。
妙高方面。下界も黒と白の世界。
時々立ち止まって現在地を確認。間違えて降りたらその後が大変。
2018年01月07日 13:31撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙高方面。下界も黒と白の世界。
時々立ち止まって現在地を確認。間違えて降りたらその後が大変。
時々、平らや少しの登り傾斜もあるので、勢いを付けて滑らないと歩く区間が長くなってしまいます。
2018年01月07日 13:31撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々、平らや少しの登り傾斜もあるので、勢いを付けて滑らないと歩く区間が長くなってしまいます。
最後の休憩。
この後、急斜面を下り駐車場に行く登りを、再びシールを付けて上がって本日の山スキーはお終い。楽しかった〜〜〜
2018年01月07日 13:45撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の休憩。
この後、急斜面を下り駐車場に行く登りを、再びシールを付けて上がって本日の山スキーはお終い。楽しかった〜〜〜

感想/記録

今回で5回目のバックカントリー。
過去の4回は一部ゲレンデを登ったりしたので、完全なバックカントリーは初めてになりました。

雪質と斜面の程度に恵まれ、フワフワ浮きながらのターンを初めて経験。
「ゲレンデは決まったパターンだから詰まらない」と言う大先輩の言葉が何となく理解出来ました。
訪問者数:145人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 山スキー 下界
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ