また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1383701 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走奥秩父

厳寒期の破風山避難小屋に泊ってみた(甲武信ヶ岳・破風山結局行かなかった)

日程 2018年02月17日(土) 〜 2018年02月18日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候17日(土)曇りがち
18日(日)とっても快晴。風は強い。
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち42%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
2時間45分
休憩
1分
合計
2時間46分
破風山避難小屋07:4310:10ねとりインフォメーション10:27西沢渓谷駐車場10:2810:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

道の駅みとみ。ここでトイレなど。。。いやぁ。。。いい天気です。奥にみえるのが、甲武信ヶ岳へつづく木賊山、今日登る尾根もちゃんと見えていますね。
2018年02月17日 07:40撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅みとみ。ここでトイレなど。。。いやぁ。。。いい天気です。奥にみえるのが、甲武信ヶ岳へつづく木賊山、今日登る尾根もちゃんと見えていますね。
3
道の駅から少しすすんだ、西沢渓谷の駐車場。出発まえの記念撮影。本日はyasuさんと2人で、破風山避難小屋に宿泊しての甲武信ヶ岳山行です。
2018年02月17日 08:04撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅から少しすすんだ、西沢渓谷の駐車場。出発まえの記念撮影。本日はyasuさんと2人で、破風山避難小屋に宿泊しての甲武信ヶ岳山行です。
3
西沢渓谷、登山口へ向けて林道歩きです。雪が固まって氷化していますが、乾いたところもあるので大丈夫です。
2018年02月17日 08:08撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西沢渓谷、登山口へ向けて林道歩きです。雪が固まって氷化していますが、乾いたところもあるので大丈夫です。
西沢渓谷の入口のトイレ。今の季節は、凍結防止で閉鎖中。
2018年02月17日 08:24撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西沢渓谷の入口のトイレ。今の季節は、凍結防止で閉鎖中。
林道にも雪が多くなってくるころ、徳ちゃん新道の登山口の西沢山荘前に到着。
2018年02月17日 08:30撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道にも雪が多くなってくるころ、徳ちゃん新道の登山口の西沢山荘前に到着。
ここで、チェーンアイゼンを装着。前回の大菩薩嶺山行でアプローチスパイクを壊してしまったので、新しく購入しました。
2018年02月17日 08:38撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで、チェーンアイゼンを装着。前回の大菩薩嶺山行でアプローチスパイクを壊してしまったので、新しく購入しました。
1
せっかく、チェーンスパイクを装着したのに、南側斜面の登山道でまったく雪がありません。
2018年02月17日 09:33撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかく、チェーンスパイクを装着したのに、南側斜面の登山道でまったく雪がありません。
しばらく、急斜面で疲れます。坂の上は青空です。
2018年02月17日 09:33撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく、急斜面で疲れます。坂の上は青空です。
シャクナゲ地帯を通過。
2018年02月17日 10:28撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲ地帯を通過。
1
近丸新道との合流点近く。。。あの立ち枯れの木が目印。
2018年02月17日 10:50撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近丸新道との合流点近く。。。あの立ち枯れの木が目印。
2
見晴しがある場所に到着です。富士山。素晴らしい。ありがたい。
2018年02月17日 10:50撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴しがある場所に到着です。富士山。素晴らしい。ありがたい。
6
ちょっと引いて、富士山とダム湖。みとみ。
2018年02月17日 10:51撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと引いて、富士山とダム湖。みとみ。
こちらは、破風山の尾根です。
2018年02月17日 10:53撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは、破風山の尾根です。
3
yasuさん、シャクナゲの道を歩きます。
2018年02月17日 10:53撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
yasuさん、シャクナゲの道を歩きます。
近丸新道合流点。ここでしばし休憩。おにぎりを食べました。
2018年02月17日 11:04撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近丸新道合流点。ここでしばし休憩。おにぎりを食べました。
ここ11:00、出発してから3時間経っています。風が冷たいです。
2018年02月17日 11:06撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここ11:00、出発してから3時間経っています。風が冷たいです。
近丸新道の合流点を過ぎたあたりから雪が多くなってきます。雪の下には、このような氷の層がありまして。。。雪がついている場合はそんなに滑りませんが、氷の層がむき出しになっている場所がぽろぽろあります。
2018年02月17日 11:44撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近丸新道の合流点を過ぎたあたりから雪が多くなってきます。雪の下には、このような氷の層がありまして。。。雪がついている場合はそんなに滑りませんが、氷の層がむき出しになっている場所がぽろぽろあります。
だらだらと長い樹林帯。甲武信ヶ岳はこんな感じで樹林帯です。
2018年02月17日 12:07撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だらだらと長い樹林帯。甲武信ヶ岳はこんな感じで樹林帯です。
1
樹林帯の中で記念撮影。
2018年02月17日 12:16撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯の中で記念撮影。
1
ちょっと雲が多めになって来ているのが気になりますが、木の上からは青空がのぞいております。早く見晴らしのいいところまで行きたい。
2018年02月17日 12:43撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと雲が多めになって来ているのが気になりますが、木の上からは青空がのぞいております。早く見晴らしのいいところまで行きたい。
木々の間からの景色。だんだん雲が多めなのは否めない。
2018年02月17日 13:06撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の間からの景色。だんだん雲が多めなのは否めない。
乾徳山と富士山。富士山の頭は残念ながらくもの中です。
2018年02月17日 13:18撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乾徳山と富士山。富士山の頭は残念ながらくもの中です。
木賊の少し手前の崩落地
2018年02月17日 13:18撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木賊の少し手前の崩落地
見晴らしがいいところです。夏ならたくさんの登山者が休憩をしているところですが、今日はほとんど登山者上がって来ていない。
2018年02月17日 13:19撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らしがいいところです。夏ならたくさんの登山者が休憩をしているところですが、今日はほとんど登山者上がって来ていない。
6
この辺りからぐっと雪の量が増えました。ただ、登山道は踏み固められているので全く問題はありませので心配なく。
2018年02月17日 13:31撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りからぐっと雪の量が増えました。ただ、登山道は踏み固められているので全く問題はありませので心配なく。
木賊山への分岐。明日、甲武信ヶ岳に登る予定なので、その時通過しようと考えていますよ。
2018年02月17日 13:43撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木賊山への分岐。明日、甲武信ヶ岳に登る予定なので、その時通過しようと考えていますよ。
この辺りから、yasuさんの足取りが重くついてこれなくなってくる。体調不良。前日あまり寝れなかった?らしい。
2018年02月17日 13:44撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りから、yasuさんの足取りが重くついてこれなくなってくる。体調不良。前日あまり寝れなかった?らしい。
2
木賊の分岐から、破風方面へ下りるのです。明日登り返す道なので。。。よく注意しながら下ります。
2018年02月17日 13:49撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木賊の分岐から、破風方面へ下りるのです。明日登り返す道なので。。。よく注意しながら下ります。
積雪量が増えているのと、あまり人が入っていないということで、踏み抜きが多くなります。しかし、ラッセルというレベルではなく、普通です。安全ですのでご心配なく。
2018年02月17日 13:52撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪量が増えているのと、あまり人が入っていないということで、踏み抜きが多くなります。しかし、ラッセルというレベルではなく、普通です。安全ですのでご心配なく。
yasuさんの足取り重し。
2018年02月17日 14:00撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
yasuさんの足取り重し。
正面に破風山。視界がひらける、見晴に到着です。
2018年02月17日 14:10撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に破風山。視界がひらける、見晴に到着です。
3
先週行った、大菩薩嶺です。この時点では、富士山は雲に巻かれて見えません(だから写真はなし)
2018年02月17日 14:04撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週行った、大菩薩嶺です。この時点では、富士山は雲に巻かれて見えません(だから写真はなし)
1
立ち枯れの木々を通過。
2018年02月17日 14:13撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立ち枯れの木々を通過。
3
小屋に到着すると薪ストーブに火を入れなければならないので、道中、初期着火に使えそうな小枝を拾いながら歩く。
2018年02月17日 14:21撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋に到着すると薪ストーブに火を入れなければならないので、道中、初期着火に使えそうな小枝を拾いながら歩く。
2
すっかり夕方の気配がしてきました。まもなく15:00といった時間です。
2018年02月17日 14:40撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すっかり夕方の気配がしてきました。まもなく15:00といった時間です。
そんななか破風山避難小屋に到着。本日のお宿です。2月に避難小屋に泊るとどんな感じなのか?それを体験するためにやってきました。本日の山行はこれがメインです。甲武信ヶ岳はどっちでもいいというか、ついでです。近くに来たから寄りましょうという感じ。
2018年02月17日 14:39撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そんななか破風山避難小屋に到着。本日のお宿です。2月に避難小屋に泊るとどんな感じなのか?それを体験するためにやってきました。本日の山行はこれがメインです。甲武信ヶ岳はどっちでもいいというか、ついでです。近くに来たから寄りましょうという感じ。
5
小屋内部。鎧戸の窓と、扉を閉めると真っ暗になってしまう閉鎖空間の山小屋です。明るいうちは扉をあけて光をとりいれましょう。少々風が入って寒いですが、昼間から真っ暗は嫌です。
2018年02月17日 14:51撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋内部。鎧戸の窓と、扉を閉めると真っ暗になってしまう閉鎖空間の山小屋です。明るいうちは扉をあけて光をとりいれましょう。少々風が入って寒いですが、昼間から真っ暗は嫌です。
2
まずは、薪ストーブように、周囲の林から倒木集めです。とくに着火時に役立ちそうな小枝関係は、多めに探してきましょう。
2018年02月17日 14:52撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは、薪ストーブように、周囲の林から倒木集めです。とくに着火時に役立ちそうな小枝関係は、多めに探してきましょう。
1
ストーブに薪をくべるには、ストーブに入る大きさにしなければなりません。のこぎりを持参してきました。
2018年02月17日 14:56撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ストーブに薪をくべるには、ストーブに入る大きさにしなければなりません。のこぎりを持参してきました。
3
のこぎりで薪を作っているところ。ナタもyasuさんが持ってきてくれています。ナタとのこぎりがあれば、ばっちりです。
2018年02月17日 15:01撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のこぎりで薪を作っているところ。ナタもyasuさんが持ってきてくれています。ナタとのこぎりがあれば、ばっちりです。
1
火をおこしているいるところ。長さ3メートルくらいの倒木を3本くらいを20センチくらいの長さの薪にして使っています。
2018年02月17日 15:14撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火をおこしているいるところ。長さ3メートルくらいの倒木を3本くらいを20センチくらいの長さの薪にして使っています。
2
着火剤と新聞紙も持ってきたので、結構簡単に、火が付きました。暖かいです。やっぱストーブはいいです。火をみていると癒されます。。。
2018年02月17日 15:17撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着火剤と新聞紙も持ってきたので、結構簡単に、火が付きました。暖かいです。やっぱストーブはいいです。火をみていると癒されます。。。
1
基本、雪が積もっているので完全に乾燥した倒木はありません。ストーブの周りに立てかけて乾かします。
2018年02月17日 15:18撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
基本、雪が積もっているので完全に乾燥した倒木はありません。ストーブの周りに立てかけて乾かします。
4
薪ひろいのpointですが、なるべく軽い乾燥した倒木を選んで持ってきましょう。細い木の方がよく燃えます。小屋のなかに残された薪がありますが、太くて重い、そして堅い木が残されている=残されているというより燃えないので残っていると考えて下さい。
2018年02月17日 15:24撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薪ひろいのpointですが、なるべく軽い乾燥した倒木を選んで持ってきましょう。細い木の方がよく燃えます。小屋のなかに残された薪がありますが、太くて重い、そして堅い木が残されている=残されているというより燃えないので残っていると考えて下さい。
2
ストーブの上は、料理などに使えます。上記の写真は雪で水を作っているところ。水場は、この時期凍結して使えないと思って下さい。(今回は、水場は水が出ているか確かめていません。=間違いなく凍結していると思ったので。。。)
2018年02月17日 15:26撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ストーブの上は、料理などに使えます。上記の写真は雪で水を作っているところ。水場は、この時期凍結して使えないと思って下さい。(今回は、水場は水が出ているか確かめていません。=間違いなく凍結していると思ったので。。。)
1
ストーブにも火が入り、暖かくなってきたので夕食の準備です。ちなみに、言いますといくらストーブがあっても、暖かいのはストーブから1mくらいまでの場所までです。部屋全体は暖かくはなりません。
2018年02月17日 15:30撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ストーブにも火が入り、暖かくなってきたので夕食の準備です。ちなみに、言いますといくらストーブがあっても、暖かいのはストーブから1mくらいまでの場所までです。部屋全体は暖かくはなりません。
本日の夕食は焼肉です。牛タンをはじめに、塩で頂きます。
2018年02月17日 15:34撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の夕食は焼肉です。牛タンをはじめに、塩で頂きます。
4
牛カルビと玉ねぎ焼きです。これはタレで頂きます。
2018年02月17日 15:47撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛カルビと玉ねぎ焼きです。これはタレで頂きます。
5
ちなみに、本日は2人で貸切のようです。先週のレコを拝見すると8人が泊ったと書いてあったので、本日も他のパーティがいるかと思ったのですが、我々だけでした。贅沢にも貸切。
2018年02月17日 15:47撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちなみに、本日は2人で貸切のようです。先週のレコを拝見すると8人が泊ったと書いてあったので、本日も他のパーティがいるかと思ったのですが、我々だけでした。贅沢にも貸切。
4
焼肉を食べ、お酒を飲んで楽しんでおります。贅沢なひとときです。このくらいの時間の室温はマイナス5℃くらい。暖かいと感じています。
2018年02月17日 16:02撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼肉を食べ、お酒を飲んで楽しんでおります。贅沢なひとときです。このくらいの時間の室温はマイナス5℃くらい。暖かいと感じています。
1
つづいて豚バラと野菜炒め。
2018年02月17日 16:10撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つづいて豚バラと野菜炒め。
5
つづいての、お酒メインの宴会に入るまえに。。。もう一度、薪を調達します。(少々追加して集めました)
2018年02月17日 16:14撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つづいての、お酒メインの宴会に入るまえに。。。もう一度、薪を調達します。(少々追加して集めました)
2
夕方がいよいよ迫っております。富士山はすそ野だけ見えています。雲が多くなってきております。
2018年02月17日 16:14撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕方がいよいよ迫っております。富士山はすそ野だけ見えています。雲が多くなってきております。
2
破風山方面。
2018年02月17日 16:14撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
破風山方面。
2
大きな太い倒木を薪にするために切る準備しています。
2018年02月17日 16:15撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな太い倒木を薪にするために切る準備しています。
2
登山靴も脱ぎました。サンダルが小屋のなかに2足くらいは準備して置いて頂いておりまして、使わせて頂きました。ありがたかったです。
2018年02月17日 16:15撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山靴も脱ぎました。サンダルが小屋のなかに2足くらいは準備して置いて頂いておりまして、使わせて頂きました。ありがたかったです。
1
寝床を作ります。毛布が一枚おいてあったので借りました。助かります。
2018年02月17日 17:33撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寝床を作ります。毛布が一枚おいてあったので借りました。助かります。
1
エイ鰭を炙っております。お餅なんかも炙って頂きました。
2018年02月17日 17:45撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エイ鰭を炙っております。お餅なんかも炙って頂きました。
3
小屋の中で記念撮影です。小屋のなかは基本真っ暗です。ヘッドライトが便りです。
2018年02月17日 19:05撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の中で記念撮影です。小屋のなかは基本真っ暗です。ヘッドライトが便りです。
寝る準備中。この段階でマイナス8℃くらいです。もちろん、ストーブの火は入っております。
2018年02月17日 19:07撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寝る準備中。この段階でマイナス8℃くらいです。もちろん、ストーブの火は入っております。
寝る前に小屋の外の撮影をしました。塩山の街明かりと富士山側の風景です。
2018年02月17日 19:08撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寝る前に小屋の外の撮影をしました。塩山の街明かりと富士山側の風景です。
6
カシオペア座。星は薄い雲がでているため、満天の星空という感じではありませんでした。
2018年02月17日 19:08撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カシオペア座。星は薄い雲がでているため、満天の星空という感じではありませんでした。
1
これは何座かしらないけど。。。なんかの星座っぽい。
2018年02月17日 19:08撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは何座かしらないけど。。。なんかの星座っぽい。
破風山方面。15秒露出
2018年02月17日 19:09撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
破風山方面。15秒露出
1
これも、同じ夜の時間の空ですが、30秒露出で明るく描出しております。
2018年02月17日 19:10撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも、同じ夜の時間の空ですが、30秒露出で明るく描出しております。
1
さあぁ。寝ます。寝る前に、ストーブになるべく多くの薪をくべて寝ました。→【薪ストーブのpoint】薪ストーブの薪は約1時間燃え尽きると思って下さい。私はもう少し長く燃え続けると思っていました。ストーブが消えると一気に寒くなります。夜中火を焚こうと思うと、1時間おきに起きて薪をくべる必要があります。そして薪は結構の量が必要です。
2018年02月17日 19:13撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあぁ。寝ます。寝る前に、ストーブになるべく多くの薪をくべて寝ました。→【薪ストーブのpoint】薪ストーブの薪は約1時間燃え尽きると思って下さい。私はもう少し長く燃え続けると思っていました。ストーブが消えると一気に寒くなります。夜中火を焚こうと思うと、1時間おきに起きて薪をくべる必要があります。そして薪は結構の量が必要です。
1
この写真は朝です。再度冷え切ったストーブに火を入れるのは大変です。とくに、最初に燃えやすい小枝のような薪は、最初に使って残っていなかったので、大変でした。朝5:30です。火が入っていない段階ではマイナス15℃を記録しておりました。
2018年02月18日 05:46撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この写真は朝です。再度冷え切ったストーブに火を入れるのは大変です。とくに、最初に燃えやすい小枝のような薪は、最初に使って残っていなかったので、大変でした。朝5:30です。火が入っていない段階ではマイナス15℃を記録しておりました。
朝焼けです。
2018年02月18日 05:47撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝焼けです。
9
小屋も寝静まっております。
2018年02月18日 05:47撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋も寝静まっております。
破風山側から明るくなってきています。
2018年02月18日 05:47撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
破風山側から明るくなってきています。
2
富士山が綺麗に見えていますよ!
2018年02月18日 05:48撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山が綺麗に見えていますよ!
5
富士山アップです。
2018年02月18日 05:49撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山アップです。
5
この温度計は小屋の奥側の壁に貼っているものです。朝、ストーブに火を入れてからの室温です。さきほどより室温少し上がってマイナス12℃です。
2018年02月18日 05:57撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この温度計は小屋の奥側の壁に貼っているものです。朝、ストーブに火を入れてからの室温です。さきほどより室温少し上がってマイナス12℃です。
小屋の奥から部屋を写してみました。【注意】ちなみに、水はすべて普通に置いておくと凍ります。寝袋の中に入れておかないといけません。
2018年02月18日 05:58撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の奥から部屋を写してみました。【注意】ちなみに、水はすべて普通に置いておくと凍ります。寝袋の中に入れておかないといけません。
1
朝ごはんを食べて、お湯を沸かして準備をする。
2018年02月18日 06:15撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝ごはんを食べて、お湯を沸かして準備をする。
再びの富士山。
2018年02月18日 06:15撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再びの富士山。
6
宿泊者ノート。
2018年02月18日 07:23撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宿泊者ノート。
昨日晩に、お酒を飲みながら書いておきました。お世話になりました。ありがとう。
2018年02月18日 07:22撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日晩に、お酒を飲みながら書いておきました。お世話になりました。ありがとう。
1
すっかり日の出ました。富士山が光っております。本日は最高の天気のなか、甲武信ヶ岳へ登れると思っておりましたが、先ほど相棒に、体調が悪ので山頂へは行けそうにないと打明けれられました。(残念ですが、仕方ないことです)
2018年02月18日 07:27撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すっかり日の出ました。富士山が光っております。本日は最高の天気のなか、甲武信ヶ岳へ登れると思っておりましたが、先ほど相棒に、体調が悪ので山頂へは行けそうにないと打明けれられました。(残念ですが、仕方ないことです)
6
ここからの富士山を心に刻みます。今日はこの小屋から登山口への最短ルートのバリエーションルートの直登ルートを下ります。
2018年02月18日 07:34撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからの富士山を心に刻みます。今日はこの小屋から登山口への最短ルートのバリエーションルートの直登ルートを下ります。
3
たいへん貴重な体験をさせて頂きました、破風山避難小屋です。2人で最後に記念撮影をしてお別れです。とても、楽しかったです。
2018年02月18日 07:41撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たいへん貴重な体験をさせて頂きました、破風山避難小屋です。2人で最後に記念撮影をしてお別れです。とても、楽しかったです。
6
ここから、富士山と一緒の記念撮影も。。。これで、この山行のクライマックスであり、終わりです。下山します。
2018年02月18日 07:43撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから、富士山と一緒の記念撮影も。。。これで、この山行のクライマックスであり、終わりです。下山します。
3
小屋からまっすぐ下りる道が続いております。
2018年02月18日 07:47撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋からまっすぐ下りる道が続いております。
振り返って青空。
2018年02月18日 07:47撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って青空。
3
正面には富士山。
2018年02月18日 07:56撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面には富士山。
3
樹林帯のバリエーションルート。人があるいたトレースはちゃんと残っておりますし、ピンクリボンがたくさんあるでルートミスはないでしょう。
2018年02月18日 08:16撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯のバリエーションルート。人があるいたトレースはちゃんと残っておりますし、ピンクリボンがたくさんあるでルートミスはないでしょう。
1
樹林帯のなかを行きますが、木々がなくなると正面に富士山という感じのとても素敵なルートでした。
2018年02月18日 08:24撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯のなかを行きますが、木々がなくなると正面に富士山という感じのとても素敵なルートでした。
1
採石場跡までおりました。
2018年02月18日 08:35撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
採石場跡までおりました。
橋を渡って、水が湧き出しているところ。ここの水は使えるらしい。登りでこのルートで小屋に泊るならここで水の調達をしてもいいかもしれませんが、手が濡れると思うので、この時期水に濡れるとトンでもないことになるかも知れないので、やはり、水は麓から持って上がるのがいいと思いますよ。
2018年02月18日 08:46撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡って、水が湧き出しているところ。ここの水は使えるらしい。登りでこのルートで小屋に泊るならここで水の調達をしてもいいかもしれませんが、手が濡れると思うので、この時期水に濡れるとトンでもないことになるかも知れないので、やはり、水は麓から持って上がるのがいいと思いますよ。
1
林道を行きます。ガードレールが軒並み削れて落ちております。
2018年02月18日 09:13撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を行きます。ガードレールが軒並み削れて落ちております。
1
林道から再び、尾根道の登山道に入る場所。カーブミラーのあるところ、カーブミラーとピンクリボンが目印です。
2018年02月18日 09:29撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から再び、尾根道の登山道に入る場所。カーブミラーのあるところ、カーブミラーとピンクリボンが目印です。
yasuさん。
2018年02月18日 09:30撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
yasuさん。
日当たりのいい尾根を機嫌よく帰ります。
2018年02月18日 09:52撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日当たりのいい尾根を機嫌よく帰ります。
はい到着です。この道の出る場所は。登山インフォメーションセンター(トイレ)のある付近にでます。登りの場合は、取付きがわかりにくと思いますが、とにかくインフォメーションセンターの少し進んだ場所からどこでもいいから登っていくとピンクリボンに必ず出会えるはずです。
2018年02月18日 10:10撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はい到着です。この道の出る場所は。登山インフォメーションセンター(トイレ)のある付近にでます。登りの場合は、取付きがわかりにくと思いますが、とにかくインフォメーションセンターの少し進んだ場所からどこでもいいから登っていくとピンクリボンに必ず出会えるはずです。
2
ここです。インフォメーションセンターすぐそばに出ます。
2018年02月18日 10:10撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここです。インフォメーションセンターすぐそばに出ます。
ゲートまで来ました。お疲れ様でした。
2018年02月18日 10:25撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートまで来ました。お疲れ様でした。
1
駐車場に戻りました。帰りましょう。めちゃいい天気です。
2018年02月18日 10:43撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に戻りました。帰りましょう。めちゃいい天気です。
3
麓に下りてからも富士山綺麗でした。
2018年02月18日 11:56撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麓に下りてからも富士山綺麗でした。
1
ほうとうのいろりやさんへ。
2018年02月18日 11:56撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほうとうのいろりやさんへ。
撮影機材:

感想/記録
by omatsu

今回は、破風山避難小屋泊で甲武信ヶ岳と破風山へということで計画を立てました。本当はもう1週間早い、3連休の日程で予定をしていましたが、寒波が来て天気が荒れるという情報だったもので、1週間ずらしました。この週末は基本冬型ですが、ちょっとした前線が通過したあと、その後、冬型の等圧線が緩むという予定。日曜日の天気が良さそうな感じです。

ということで、厳寒期 2月の避難小屋泊敢行してまいりました。破風山避難小屋はおよそ2,000mの標高の場所にある小屋で結構な標高の場所にあるので油断したらダメですよ。zenithさんのレコによると、1週間前の寒気の入り込んだ日の小屋の室温がマイナス15℃だというではないですか!すごいですよねぇ。。。マイナス15℃っていう体験はどんなだろう(興味わきますね)。。。さすがに今回は、そこまで室温が下がることはないだろうと、たかを括っておりました。そして、なんといっても薪ストーブこれがあるから大丈夫だろうっと!行ってみたいと思わせたこの小屋です。

まず、この日総じて、気温はマイナス5℃くらい。山行中の行動中は、ほとんど寒いと思うことはなく快適でした。

<小屋の室温>
日が沈むまでの間、もちろんストーブも焚いていたので、だいたいマイナス5℃くらいであったようです。晩になってマイナス10℃くらいでした。もちろんストーブ焚いています。ストーブが消えた朝方ですが、マイナス15℃を記録していました。

<薪ストーブについて>
薪ストーブはとてもいいです。癒されます。いろんなレコにも書かれておりましたが、基本、薪は自分でまわりの森から拾ってくることになります。是非、参考にして頂ければと思いますが、最低、3回くらいは、新規に火をつけることになるということです。着火剤や新聞紙など、火をおこすための準備は3回分を準備してくることをお勧めします。最初、火が消えて再び、そして翌朝(この3回分くらいはいる)。
そのためにも、小枝のような最初に火がつくような薪材を、3回分集める。薪は、少々雪で濡れていてもいいので、軽くて枯れている木を選んで持ってきましょう。太さは直径4-5cm程度の長いものが便利です。そして、のこぎりは必ずいります。ナタもあった方がいいかもしれません。太さが4-5cmの木はのこぎりで簡単にストーブに入れれる長さに切れますので便利ですし、良く燃えてくれます。薪はじつは想像以上によく燃えて燃え尽きます。だいたい、ストーブいっぱいにいれても1時間くらいで燃え尽きてしまいますので、寝ている間中、ストーブを焚き続けるのは不可能だと思います。だれがひとり火の番をしなければ難しいと思います。一度火が消えると、とたんに寒くなります。一旦ストーブが冷え切ると新しく火をつけるのが難しくなります。(だから、着火剤や、小枝の薪を用意する必要がある)

ストーブは消えるものだと思って、寝て下さい。私はそんなにすぐに消えると想像が出来ていなかったので、急に寒くなったのにびっくりして起きてしまい、再び火をおこしたりして右往左往してしまいました。はじめから、火が1時間程度したら消えると思って寝たら問題はありません。また、薪は予想以上に消費します。日があるうちに自分がこれくらい必要と思われる分量の2倍くらいの薪を集めておくことをお勧めします。

今回は、相方の体調がいまいちだったため、翌日の甲武信ヶ岳や破風山を結局登らず終いで帰ることとなり、どこのピークも踏まないという山行になってしまいましたが、この厳寒期の避難小屋泊が楽しくできて、とてもいい経験となりました。


ありがとうございました。
是非、皆様もチャレンジしてみて下さい。

<最後にちょっとだけ注意喚起>
ちなみに、マイナス15℃の世界ですが、12時間以上極寒の避難小屋にいましたら。。。頭が冷えてなのか?深夜から翌朝にかけて2人とも頭痛がおこり気持ち悪くなりました。(この症状がどんなものなのか分かりませんが、これが酷くなって低体温症になってしまうのか?どうなのかは分かりませんが。。。皆様もくれぐれも気をつけて、装備を万全にして臨んで下さいませ。)


参考にさせて頂いた。
zenithさんのレコ
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1379932.html
訪問者数:539人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2017/10/24
投稿数: 8
2018/2/20 1:18
 無題
はじめまして、
楽しく読ませていただきました!
質問させてください。
駐車場まではノーマルタイヤでも大丈夫そうでしょうか?
よろしくお願いします。
登録日: 2008/8/12
投稿数: 98
2018/2/20 11:09
 多分酸欠です!
昔の自分の経験です、小屋の中にツエルト張ると多少暖かいですが、、、
ラジウスで穴開けちゃいました おそ松でした!
素敵なレポ有り難うございます。
登録日: 2009/5/7
投稿数: 395
2018/2/21 0:14
 Re: 無題
mm_headsさん

こんばんは、はじめまして。
甲武信ヶ岳へ行かれるのですか?
駐車場までは、ほぼノーマルでも大丈夫です。
ただし、「ほぼ」と書いているのがミソで、西沢渓谷の駐車場へは最後に下り坂があります。つまり帰りは上り坂になります。そこが少し凍結しております。

そこの様子を実際にみてもらって、行けそうなら行って下さい。
ダメそうだと思えば、1分戻って「道の駅みとみ」に駐車すればなんの問題もありません。
そんな感じです。ちなみに、私のクルマはスタットレスは装着しています。
登録日: 2009/5/7
投稿数: 395
2018/2/21 0:17
 Re: 多分酸欠です!
daidabooさん

コメントありがとうございます。
そして、貴重なアドバイスも、とても助かります。

酸欠ですか。。。いろいろありますね。
今回のチャレンジは、とてもいい経験となったと自分では感じております。
ありがとうございました。
登録日: 2017/10/24
投稿数: 8
2018/2/23 18:40
 Re[2]: 情報ありがとうございます!
ご返信ありがとうございます。
詳細な情報、大変参考になります。
最後の下り坂の件、了解しました。
ノーマルタイヤとなりますので、手前の道の駅が無難かもしれません。
ありがとうございます!
登録日: 2009/5/7
投稿数: 395
2018/2/24 21:04
 Re[3]: 情報ありがとうございます!
mm_headsさん

是非、楽しんできて下さいませ。。。
お役に立てたのなら光栄です。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ