また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1383855 全員に公開 雪山ハイキング富士・御坂

山中湖 馬蹄形縦走

日程 2018年02月17日(土) 〜 2018年02月18日(日)
メンバー
天候2日とも快晴。
アクセス
利用交通機関
バス
往) 富士急高速バス 新宿6:05→富士急ハイランド7:35
  富士急路線バス 富士急ハイランド8:07(3分遅)→篭坂峠
※ 富士急ハイランドでは、高速バスと路線バスのバス停が離れてました。徒歩15分。富士山駅で乗り換えた方がよかった。
復) 富士急高速バス 山中湖(ホテルマウント富士前)16:10→新宿19:00(35分遅)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間25分
休憩
1時間4分
合計
7時間29分
S篭坂峠バス停08:5108:56籠坂峠・三国山ハイキングコース入口09:0709:48アザミ平09:5810:27大洞山(角取山)10:3011:28三国山11:3911:54三国峠12:19鉄砲木ノ頭(明神山)12:3313:32切通峠13:3714:02高指山14:1014:21富士岬平(パラジマノ頭)15:03大棚ノ頭巻道分岐15:0515:26大伏峠車道への分岐15:37山伏峠バス停16:20平野
2日目
山行
5時間36分
休憩
1時間46分
合計
7時間22分
平野08:4209:31山伏峠バス停09:45山伏峠10:16石割山分岐10:2011:22日向峰11:2511:58石割山13:2413:51平尾山13:5414:37大平山14:4515:09飯盛山15:27大平山ハイキングコース入口15:2815:47大出山入口バス停15:4816:04富士山山中湖バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●山中湖の南側稜線 (三国山ハイキングコース)
・アップダウンをほとんど感じない、明るい樹林の雪面ハイキング。
・踏み跡はしっかりあります。往来もあります。危険箇所は皆無。

●東側稜線 (三国山→鉄砲木ノ頭→切通峠→高指山→山伏峠 / →石割山分岐)
・三国山↘三国峠の下りは、北斜面で雪量多いですが、峠からピストンする人が多いようで "道" ができてます。ただ、踏み固まりつつあるので、軽アイゼン等ないときつそう。
・鉄砲木ノ頭より北は、南面は雪が全くなかったり、北面は足首まであったりと、場所により雪量バラバラ。全体では6割雪面・4割土面、といった感じ。ただ深くても足首程度。ぬかるみ・凍結なし。
・切通峠より北はアップダウンが増え、細尾根もあります。雪が付いた細い急下降などはこわごわ下りました。
・往来少なそう。鉄砲木の頭以降人に出会わず。踏み跡少ない。

●北側稜線 (石割山分岐→石割山)
・アップダウン少なく、快適な穏やかな幅広尾根歩き。
・8割雪面・2割土面くらい? 深く潜るような所はなし。ぬかるみ・凍結なし。
・往来は少なそう。人に出会わず。1、2人分の足跡あるだけ。
・途中、地図に1446mのピークがあったので、眺望を求めてあえて巻き道外れて
 登ってみましたが、短いながらここだけ木を掴みながらの登りで面倒でした。
 眺望無かったので意味なかったです。素直に巻き道行く方がよいかと。(笑

●北側稜線 (石割山より西の稜線)
・登山道や階段は一番整備されている。
・路面状態は、ぬかるみ、雪面、凍結面が代わる代わる登場。最後まで油断できず。
・階段等で凍結箇所あり。軽アイゼン類が無いと危うい。階段の木を爪で踏まないように歩くのも一苦労だけど。

そもそも山中湖が海抜約1000mなので、体感的には高さ数百mの低山縦走です。
その他周辺情報【宿泊】ニュー福寿草 \3,780- (税込、じゃらんより)
・8畳位の和室。朝食付。この値段でありがたい。
・石油ファンヒーター。こたつ。・WC、風呂は共同。
・セブンイレブンまで徒歩2,3分。山伏峠までの途中にもローソン(石割の湯前)
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

備考 ・大半は4本爪アイゼンで歩きました。

写真

篭坂峠バス停から墓苑?公園?の中を歩き、その奥の除雪が切れた所が三国山ハイキングコース入口。
2018年02月17日 09:05撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
篭坂峠バス停から墓苑?公園?の中を歩き、その奥の除雪が切れた所が三国山ハイキングコース入口。
踏み跡はしっかりある。雪は締まってており、足跡が凍ってボコボコ気味。
2018年02月17日 09:10撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡はしっかりある。雪は締まってており、足跡が凍ってボコボコ気味。
アザミ平でようやく眺望。
南南東方面、箱根の西側外輪山と中央火口丘が。
(山中湖南側稜線でまともな眺望はここだけでした...)
2018年02月17日 09:55撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アザミ平でようやく眺望。
南南東方面、箱根の西側外輪山と中央火口丘が。
(山中湖南側稜線でまともな眺望はここだけでした...)
ゆる〜い、単調な道のり。
このあたりだけ上が開けてます。
2018年02月17日 10:07撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆる〜い、単調な道のり。
このあたりだけ上が開けてます。
大洞山山頂。眺望はあまりよろしくありません。(富士山がこの程度)
2018年02月17日 10:29撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大洞山山頂。眺望はあまりよろしくありません。(富士山がこの程度)
こういう光景が三国山までず~っと続きます。単調だけど、気持ちはよいです。
2018年02月17日 10:39撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういう光景が三国山までず~っと続きます。単調だけど、気持ちはよいです。
登った感ないうちに三国山山頂に到着。
眺望無し。富士山もてっぺんが見えるだけ。
ここから急に風が強くなり一気に寒くなります。
2018年02月17日 11:37撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登った感ないうちに三国山山頂に到着。
眺望無し。富士山もてっぺんが見えるだけ。
ここから急に風が強くなり一気に寒くなります。
北への下りは、踏み固められて道になってます。
2018年02月17日 11:44撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北への下りは、踏み固められて道になってます。
10分弱であっさり車道に。道またいで反対側に取り付く。
2018年02月17日 11:53撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分弱であっさり車道に。道またいで反対側に取り付く。
木がなくなり枯草の草原道。雪少なめ黒土。
2018年02月17日 12:12撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木がなくなり枯草の草原道。雪少なめ黒土。
峠から30分で鉄砲木ノ頭。標識では "明神山頂"。
2018年02月17日 12:19撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠から30分で鉄砲木ノ頭。標識では "明神山頂"。
ようやく開けた眺望が見られた。ただ、風がとても冷たく強くて、長くいられない。
2018年02月17日 12:21撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく開けた眺望が見られた。ただ、風がとても冷たく強くて、長くいられない。
2
半分凍ってる
2018年02月17日 12:23撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半分凍ってる
1
雪だるま。と ”山中諏訪神社奥宮”。
2018年02月17日 12:26撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪だるま。と ”山中諏訪神社奥宮”。
ここから再び緩やかな雪の樹林の尾根歩き
2018年02月17日 13:13撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから再び緩やかな雪の樹林の尾根歩き
切通峠まで下りてきました。このあたりになると土面半分・雪面半分くらい。
2018年02月17日 13:32撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切通峠まで下りてきました。このあたりになると土面半分・雪面半分くらい。
高指山。山中湖をちょうど富士山の手前に収めるビューポイント。
2018年02月17日 14:05撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高指山。山中湖をちょうど富士山の手前に収めるビューポイント。
登ってきたような気がするけど、高指”峠”。
2018年02月17日 14:21撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきたような気がするけど、高指”峠”。
ここも眺望いいです。富士山、雲でかげってきた
2018年02月17日 14:23撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも眺望いいです。富士山、雲でかげってきた
切通峠より北はアップダウンが増えますが、特に高指峠以北は細い急な下りがあり、雪のせいでおそるおそる下りました。
2018年02月17日 14:47撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切通峠より北はアップダウンが増えますが、特に高指峠以北は細い急な下りがあり、雪のせいでおそるおそる下りました。
山伏峠で、稜線から、交差する車道に下りるには下り口がいくつかあるようです。(表示不十分。) 何も考えず看板に従って右に分岐すると、トンネルの丹沢側に下りてしまう模様。(行きかけました。)
2018年02月17日 15:24撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山伏峠で、稜線から、交差する車道に下りるには下り口がいくつかあるようです。(表示不十分。) 何も考えず看板に従って右に分岐すると、トンネルの丹沢側に下りてしまう模様。(行きかけました。)
左側に5分ほど下ると、鳥居と建物の前に出てきます。
2018年02月17日 15:32撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側に5分ほど下ると、鳥居と建物の前に出てきます。
車道に出て、縦走した稜線を左に眺めながら、山中湖畔の平野まで45分ほど歩く。(途中、”石割の湯" の前を通るけどパス。)
2018年02月17日 15:51撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道に出て、縦走した稜線を左に眺めながら、山中湖畔の平野まで45分ほど歩く。(途中、”石割の湯" の前を通るけどパス。)
【2/18(日)】昨日の続きから歩くため、また山伏峠に戻ります。左手には石割山。
2018年02月18日 08:50撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【2/18(日)】昨日の続きから歩くため、また山伏峠に戻ります。左手には石割山。
出発から50分程で昨日の稜線に戻ります。(大半車道歩き。山道は数分)
2018年02月18日 09:41撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発から50分程で昨日の稜線に戻ります。(大半車道歩き。山道は数分)
山伏峠から急登をこなすと石割山分岐。左奥に南アルプスが登場。
2018年02月18日 10:15撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山伏峠から急登をこなすと石割山分岐。左奥に南アルプスが登場。
左下にはずっと平野の町が木越しに見ながら歩けます。
2018年02月18日 10:20撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左下にはずっと平野の町が木越しに見ながら歩けます。
右サイド。御正体山かな?
2018年02月18日 10:25撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右サイド。御正体山かな?
おお、伊豆半島が見える! と思ったら、千葉方面でした。
(肉眼だとも少しはっきり見えました)
2018年02月18日 10:41撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお、伊豆半島が見える! と思ったら、千葉方面でした。
(肉眼だとも少しはっきり見えました)
右手に南アルプス・白峰三山がしっかり。
2018年02月18日 10:44撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手に南アルプス・白峰三山がしっかり。
風もなく無音の静かな雪の稜線歩き。雪は足首までは潜らない程度。2人分くらいの足跡
2018年02月18日 11:02撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風もなく無音の静かな雪の稜線歩き。雪は足首までは潜らない程度。2人分くらいの足跡
左奥: 箱根。金時山から外輪山稜線とその奥、中央火口丘。大涌谷の噴気も見える。
右奥:天城山地
2018年02月18日 11:07撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左奥: 箱根。金時山から外輪山稜線とその奥、中央火口丘。大涌谷の噴気も見える。
右奥:天城山地
石割山山頂までは富士山はきれいに見えません。
2018年02月18日 11:16撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石割山山頂までは富士山はきれいに見えません。
1446mピーク。(日向峰)
眺望求めて、巻道無視して木の根っこ掴みながら登ってみたが、あんまし意味なかった... (急なのは東側だけで西側は緩やか)
2018年02月18日 11:23撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1446mピーク。(日向峰)
眺望求めて、巻道無視して木の根っこ掴みながら登ってみたが、あんまし意味なかった... (急なのは東側だけで西側は緩やか)
地図にない山中湖方面への下り分岐があった。
2018年02月18日 11:42撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図にない山中湖方面への下り分岐があった。
石割山山頂。やっと人がたくさん。(ここまで人に会えず)
2018年02月18日 12:07撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石割山山頂。やっと人がたくさん。(ここまで人に会えず)
微風。暖かいので1時間半ほどのんびりする。
色変わっている手前の草原はほとんど自衛隊の演習場だそうです。
2018年02月18日 12:31撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
微風。暖かいので1時間半ほどのんびりする。
色変わっている手前の草原はほとんど自衛隊の演習場だそうです。
1
北方:先週登ったばかりの杓子山の稜線と、二十曲峠へのルート。
2018年02月18日 12:35撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北方:先週登ったばかりの杓子山の稜線と、二十曲峠へのルート。
山中湖と富士山と南アルプスと。
2018年02月18日 12:51撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山中湖と富士山と南アルプスと。
2
13時過ぎには、早々とみな下山されて山頂一人になりました。
下山の出だしは、土がぬかるんだ急な下り
2018年02月18日 13:26撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13時過ぎには、早々とみな下山されて山頂一人になりました。
下山の出だしは、土がぬかるんだ急な下り
富士山見ながら下れます
2018年02月18日 13:45撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山見ながら下れます
これから進む尾根を見下ろす。湖側は稜線付近まで家と車道が。観光地ですね。
ずっと一直線に下りていく階段も印象的。(風強かったら怖そう)
2018年02月18日 13:54撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから進む尾根を見下ろす。湖側は稜線付近まで家と車道が。観光地ですね。
ずっと一直線に下りていく階段も印象的。(風強かったら怖そう)
車道とそれを隔てる有刺鉄線の脇を登り返します
2018年02月18日 14:03撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道とそれを隔てる有刺鉄線の脇を登り返します
大平山山頂。
2018年02月18日 14:30撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大平山山頂。
ここからの下山路も、富士山と山中湖見ながらという贅沢な道のり
2018年02月18日 14:51撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからの下山路も、富士山と山中湖見ながらという贅沢な道のり
車道に出てきました。
2018年02月18日 15:26撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道に出てきました。
別荘が立ち並ぶ中を歩き、湖畔に下りてきました。
さらに湖畔沿いの歩道を20分程歩いてバス停へ。
2018年02月18日 15:47撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別荘が立ち並ぶ中を歩き、湖畔に下りてきました。
さらに湖畔沿いの歩道を20分程歩いてバス停へ。

感想/記録

"富士山をきれいに見ながら歩ける山!"を求めて、最近、富士山を直接取り囲む山に通ってます。きれいに見えるビューポイントはたくさんあるのですが、"(前方に)見ながら歩ける” ルートはあまりないのです。

(富士山を上空から時計に見立てて) 先週は2時方向:杓子山に登ったので、今回はその南に。(3時方向)
4時5時方向は、山中湖の南は山が無く、御殿場市街はさんで箱根の金時山や足柄峠まで離れてしまうので、富士吉田近辺はこのあたりまでとなるでしょう。

で、なるべくギリギリ南から富士山見たかったので、山中湖北側の石割山登山に、南側稜線もくっつけて馬蹄形縦走にしてみたんですが、、、、
結果として、南側稜線は、眺望ありませんでした。(涙 雪の森歩きとしては気持ちよくはあったんですが)
人気のある石割山のある北側稜線が、やっぱり一番見事に富士山が見え、下山中もずっと見てられるので、最高でした。

(1) 山中湖 南側稜線 (篭坂峠→三国山)
・アップダウン少なく気持ちよく雪の上を歩けるが、変化乏しく少し単調。
・眺望はほぼない。アザミ平で箱根方面が見える程度。富士山は木の枝越しに上部が見える程度。山中湖は一切見えない。

(2) 東側稜線 (三国山→石割山分岐)
・鉄砲木ノ頭、高指山、高指峠あたりがビューポイント。
・ただ、風が強くて寒かった。
・人通りがない。北に行くと、踏み跡も減り、アップダウン急な所や細尾根あり。

(3) 北側稜線 (石割山分岐→石割山)
・開けた眺望はなし。木々越しには、北方(御正体山、杓子山、金峰山稜線など)、南方(千葉、箱根、伊豆など)の山が見える。富士山はあまり見えない。
・また、左下に山中湖や平野の町を見下ろしながら歩ける。
・人通りなく、明るい、静かな尾根歩きが楽しめる。

(4) 北側稜線 (石割山より西)
・石割山、平尾山、大平山からの富士山の眺めが天下一品。
・富士山を前方に眺めながら歩ける。
・人たくさん。

・宿の方のお話では、平野から石割山へ登るなら、神社を通って北へ登るのが一番趣きがあってきれい、とのこと。今回は縦走にこだわって山伏峠まで戻ったのですが、次の機会にはぜひ行ってみたいです。バレンタインデー前後はダイヤモンド富士も見られるとのことですし。(夕暮れ後に知りました...)
訪問者数:345人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ