また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1383930 全員に公開 ハイキング関東

大川戸駐車場から雨巻山、番号巡り

日程 2018年02月18日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大川戸駐車場まで、随所に標識あり。
駐車場は、50台程度のスペース。
到着時は、十数台が駐車していました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間4分
休憩
11分
合計
4時間15分
S大川戸登山専用駐車場08:2908:37小峠08:3808:47300P08:4809:19小峠09:47足尾山09:4809:51御岳山09:5609:59東小丸山10:18大峠10:26453ピーク10:44雨巻山10:49展望台12:15三登谷山12:1812:27西小丸山12:44大川戸登山専用駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
現在、ロガーからPCにデータを取り込めないため、軌跡は手書きです。
後で、実際の軌跡をUPします。
⇒3/15 実際の軌跡をUPしました。
 ただし、標高データはカシミール3Dにより修正してあります。
コース状況/
危険箇所等
一部、鎖場・岩場がありますが、特に危険と思った箇所はありませんでした。
非常に良く整備されたハイキングコースという印象です。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

写真の左にある小箱から、ハイキングマップをもらってスタート。
ポイント番号が記載してあるので、できる限り番号を追ってみる。
登山口に”1”。
左に進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真の左にある小箱から、ハイキングマップをもらってスタート。
ポイント番号が記載してあるので、できる限り番号を追ってみる。
登山口に”1”。
左に進む。
1
道標に従い、左に進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標に従い、左に進む。
アオキが沢山生えていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アオキが沢山生えていた。
1
”2”。
右に進む前に、奥の300Pが気になったので、行ってみる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
”2”。
右に進む前に、奥の300Pが気になったので、行ってみる。
しばらくは薄い踏み跡(?)があったが、途中から小藪。
葉っぱがあったら撤退していた。
かき分けながら進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは薄い踏み跡(?)があったが、途中から小藪。
葉っぱがあったら撤退していた。
かき分けながら進む。
300P。
反対側からは、明瞭な踏み跡あり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
300P。
反対側からは、明瞭な踏み跡あり。
適当に下りたら、”2”の場所が分からなくなった。
下から、声は聞こえてくるのだが・・・
ちょっと冷静になるため、地図とGPSをにらめっこ。
その時見えていたピーク。
左にも、ピークが見えていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
適当に下りたら、”2”の場所が分からなくなった。
下から、声は聞こえてくるのだが・・・
ちょっと冷静になるため、地図とGPSをにらめっこ。
その時見えていたピーク。
左にも、ピークが見えていた。
かなりウロウロして、ようやく出会った登山道は、”2”より結構下の道。
なんとも方向感覚が悪い(泣)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなりウロウロして、ようやく出会った登山道は、”2”より結構下の道。
なんとも方向感覚が悪い(泣)。
”2”に戻ってきた。
先に進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
”2”に戻ってきた。
先に進む。
沢沿いを歩いていくとミニ滝(汗)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いを歩いていくとミニ滝(汗)。
1
”4”。
清滝に行ってみる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
”4”。
清滝に行ってみる。
清滝。
水はほとんど流れていない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清滝。
水はほとんど流れていない。
元のルートに戻って、沢沿いを進む。
表面が凍った沢が光る。
氷の上にさえ乗らなければ滑らない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
元のルートに戻って、沢沿いを進む。
表面が凍った沢が光る。
氷の上にさえ乗らなければ滑らない。
”5”の足尾山に登頂。
展望は良くない。
小休止して、先に進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
”5”の足尾山に登頂。
展望は良くない。
小休止して、先に進む。
1
本日唯一の鎖場。
鎖が無くても登れる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日唯一の鎖場。
鎖が無くても登れる。
”6”の御嶽山に登頂。
多少展望がある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
”6”の御嶽山に登頂。
多少展望がある。
2
小ピークにも山名板。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ピークにも山名板。
”8”。
峠?大峠?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
”8”。
峠?大峠?
猪ころげ坂。
人工的に道が作られていなければ、確かに猪も転げ落ちそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猪ころげ坂。
人工的に道が作られていなければ、確かに猪も転げ落ちそう。
460ピークの標高は460m。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
460ピークの標高は460m。
”10”の雨巻山に登頂。
テーブルが、多数設置されている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
”10”の雨巻山に登頂。
テーブルが、多数設置されている。
2
雨巻山山頂からの景色。
遠くは霞んでいて見えない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨巻山山頂からの景色。
遠くは霞んでいて見えない。
1
展望塔へ向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望塔へ向かう。
すぐに到着。
展望塔へ登ってみる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに到着。
展望塔へ登ってみる。
筑波山が良く見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
筑波山が良く見える。
1
条件が良ければ、富士山なんかも見えるのだろうか?
雨巻山に戻るが、後で忘れものに気が付く・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
条件が良ければ、富士山なんかも見えるのだろうか?
雨巻山に戻るが、後で忘れものに気が付く・・・
1
ここは、岩の道へ。
すると・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは、岩の道へ。
すると・・・
ジャンダルム・・・と言って良いのか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンダルム・・・と言って良いのか?
”13”・・・?
ここで、”11”と”12”を取り忘れたことに気が付く。
展望台から、ピストンで取りに行く予定だった・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
”13”・・・?
ここで、”11”と”12”を取り忘れたことに気が付く。
展望台から、ピストンで取りに行く予定だった・・・
戻るのは流石に面倒なので、先に進んで”14”。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻るのは流石に面倒なので、先に進んで”14”。
”14”から少し登ると展望地。
残念ながら、霞んで遠望が利かない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
”14”から少し登ると展望地。
残念ながら、霞んで遠望が利かない。
1
先に進んで、予定にはなかった”17”を取りに行くため右へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先に進んで、予定にはなかった”17”を取りに行くため右へ。
杉林を結構下り、林道に出会うと”17”。
右に行って”15”も取りに行くことにする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉林を結構下り、林道に出会うと”17”。
右に行って”15”も取りに行くことにする。
沢沿いを歩いて”15”へ。
”17”へ戻るつもりだったが、ピストンも面白くなさそうなので、”13”に向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いを歩いて”15”へ。
”17”へ戻るつもりだったが、ピストンも面白くなさそうなので、”13”に向かう。
尾根筋をひた歩いて”13”に向かう。
展望は特にない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根筋をひた歩いて”13”に向かう。
展望は特にない。
”13”に復帰後、”14”も再度通過して展望地でカレーパン休憩。
さっきより少し霞が薄いような気がするので、キョロキョロしてみると・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
”13”に復帰後、”14”も再度通過して展望地でカレーパン休憩。
さっきより少し霞が薄いような気がするので、キョロキョロしてみると・・・
1
薄らと日光連山が見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄らと日光連山が見えた。
1
振り向けば、歩いてきた縦走路。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り向けば、歩いてきた縦走路。
”20”。
ここから”19”を取りに行く予定だったが、面倒になり三登谷山へ向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
”20”。
ここから”19”を取りに行く予定だったが、面倒になり三登谷山へ向かう。
”20”からは筑波山が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
”20”からは筑波山が見える。
2
”21”の三登谷山に登頂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
”21”の三登谷山に登頂。
日光連山は、さっきよりも見えなくなっていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光連山は、さっきよりも見えなくなっていた。
1
本来なら、結構な範囲が見渡せる、なかなか良い展望台の三登谷山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本来なら、結構な範囲が見渡せる、なかなか良い展望台の三登谷山。
1
先に進むと、また小ピークに山名板。
ホント良く整備されている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先に進むと、また小ピークに山名板。
ホント良く整備されている。
1
”23”の奥にも踏み跡が続くが、右に曲がらないとかなりの遠回りになりそう。
「行くな」的な木も横たわっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
”23”の奥にも踏み跡が続くが、右に曲がらないとかなりの遠回りになりそう。
「行くな」的な木も横たわっている。
歩きやすい山道を下りていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすい山道を下りていく。
林道に合流すると”24”。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に合流すると”24”。
林道を少し歩いてゴール。
駐車場は、半分以上が埋まっていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を少し歩いてゴール。
駐車場は、半分以上が埋まっていた。
下山後、ちょっと見に行った海。
釣りしたいな〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後、ちょっと見に行った海。
釣りしたいな〜。
1

感想/記録

今週も、高い山は風が強そう。
仕方がないので、2週続けて低山ハイキング・・・何かのついでに行ってこようと思っていた雨巻山に行ってきました。

事前調査で、ポイント毎に番号がある様子。
出来るだけ、そのポイントを取ってくるルートを記憶して、歩き始めます。
山道は、これといった特徴はありませんが、誰でも楽しめそうなハイキングコース。
歩いている人も多い。
いくつかあるピークの一部では、展望が楽しめました。

番号は、11、12、18、19、22が取りに行けず・・・次に行く機会があったら取りに行きます(汗)。
訪問者数:270人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ