また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1384725 全員に公開 雪山ハイキング甲信越

宝珠山

日程 2018年02月18日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間30分
休憩
0分
合計
4時間30分
S道の駅阿賀の里10:5011:50夏道分岐13:10八咫柄山13:20宝珠山13:30八咫柄山14:30夏道分岐15:20道の駅阿賀の里G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルート図は記憶に基づく手入力です。多少の差はご了承ください
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

道の駅阿賀の里から出発
2018年02月18日 10:46撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅阿賀の里から出発
1
前回登行した黒山が見えた
2018年02月18日 11:06撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回登行した黒山が見えた
1
中央奥の杉林から登る
2018年02月18日 11:08撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央奥の杉林から登る
1
見事にはがれた杉の木の皮
2018年02月18日 11:14撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見事にはがれた杉の木の皮
早くもカモシカのトレース
2018年02月18日 11:34撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早くもカモシカのトレース
1
オオカメノキの蕾
2018年02月18日 11:36撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオカメノキの蕾
1
タムシバの蕾
2018年02月18日 11:45撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タムシバの蕾
1
一条の足跡は鳥のものか
2018年02月18日 11:47撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一条の足跡は鳥のものか
1
ユズリハの葉に雪が張りついていた
2018年02月18日 11:48撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユズリハの葉に雪が張りついていた
夏道に合流  
2018年02月18日 11:53撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道に合流  
1
打鐘の鐘はお古の電気炊飯器と打ち金の金属製のパイプ
2018年02月18日 11:59撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
打鐘の鐘はお古の電気炊飯器と打ち金の金属製のパイプ
2
トレースを振り返る
2018年02月18日 12:18撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースを振り返る
1
阿賀野川のさざ波が見えた 風が強い
2018年02月18日 12:19撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿賀野川のさざ波が見えた 風が強い
疎らな雑木林を進む
2018年02月18日 12:20撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疎らな雑木林を進む
1
歩きやすい尾根
2018年02月18日 12:20撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすい尾根
光り輝く宝珠山頂
2018年02月18日 12:27撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光り輝く宝珠山頂
3
ここからが正念場だ
2018年02月18日 12:36撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからが正念場だ
1
雪庇が出ている
2018年02月18日 12:48撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇が出ている
2
「危険近づくな」の看板
2018年02月18日 12:49撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「危険近づくな」の看板
急登が続く
2018年02月18日 12:51撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登が続く
1
振り返れば阿賀野川の流れ
2018年02月18日 13:02撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば阿賀野川の流れ
1
阿賀野川の向こうには川内山塊が広がっている
2018年02月18日 13:06撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿賀野川の向こうには川内山塊が広がっている
菅名山塊鳴沢峰(写真右よりの白い山)
2018年02月18日 13:06撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菅名山塊鳴沢峰(写真右よりの白い山)
八咫柄山頂 右手に宝珠山頂がある
2018年02月18日 13:08撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八咫柄山頂 右手に宝珠山頂がある
八咫柄山頂から宝珠山
2018年02月18日 13:08撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八咫柄山頂から宝珠山
1
霧氷が美しい
2018年02月18日 13:09撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷が美しい
2
八咫柄山から宝珠山は雪堤で連なる
2018年02月18日 13:11撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八咫柄山から宝珠山は雪堤で連なる
1
宝珠山頂
2018年02月18日 13:23撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝珠山頂
2
宝珠山から野須張山へと続く山稜
2018年02月18日 13:23撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝珠山から野須張山へと続く山稜
振り返れば越後平野が広がる
2018年02月18日 13:26撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば越後平野が広がる
絵になるドーム状の黒山
2018年02月18日 14:37撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絵になるドーム状の黒山
高速道路を潜れば道の駅はすぐそこだ
2018年02月18日 14:56撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高速道路を潜れば道の駅はすぐそこだ
朝につけたトレースの向こうに石間の集落が見えている
もうすぐゴールだ
2018年02月18日 15:04撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝につけたトレースの向こうに石間の集落が見えている
もうすぐゴールだ
国道49号線を渡って道の駅阿賀の里に着き山行終了
2018年02月18日 15:20撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道49号線を渡って道の駅阿賀の里に着き山行終了
1
撮影機材:

感想/記録

昨日の朝は、雨が降っていると言えばその通りだし、降っていないと言えば降っていないようでもある微妙な天候だった。天気予報もあまり芳しいものではない。普段であれば、山に出かける天候ではない。しかし、最近運動不足なので、標準体重としているリミットをオーバーしそうなのだ。冬の天候の悪いのは当たり前。それも鍛錬のうちと出かけた。ところが登山口につく頃、雨がバシャバシャ降ってきた。冬山の雨ほど始末の悪いものは無い。山行意欲はたちまち減退。あえなく撤退となった。

朝、天気予報を見ると、晴れ間も望めるような予報である。出かける気は、さらさらないが、昨日の山道具はそのままになっているので食指が動く。冬だから天気の悪いのは当たり前。何するものぞ、と昨日のザックをそのまま積んで出かけた。コースは、石間コースである。このコースの良いところは、道の駅阿賀の里の駐車場を利用できることだ。特に冬山は駐車スペースの確保に苦労するものである。しかし、その心配がいらないのは有りがたい。

さて、準備して出かけようと車のトランクを開けると靴がない。昨日準備したものをそのまま持ってきたはずなのに、もっとも大事なものを忘れてしまったのだ。靴だけは、下駄箱に入れていたので気付かずなかったのだ。万事休す。しかし、車に常備している長靴が有るのに気づき、それで登ることにする。スノーショーを長靴で登るのは初めてだが、靴には違いないのでなんとかなるだろう。

道の駅から国道49号線を横断し、高速道路の下を通って小沢を渡り尾根に取付く。雪面の表面にうっすらと新雪が積もっているが、その下は凍り付いているようだ。昨日の雨で凍り付いたのだろう。足元が滑って、少し登りづらい。先日登った黒山のドーム状の山容が、木々の間から眺められて懐かしい。風が強い。道の駅脇の阿賀野川の水面にはさざ波が立っていた。

シベリアおろしといわれる北風は冷たい。反対に阿賀野川上流から吹きだす風は「安田ダシ」と呼ばれて寒風が吹く。「いくら金を積まれてもその下流では働きたくない」という人もいるほどの厳しさだ。登り始めは、安田ダシ、上部はシベリアおろし。どちらにしても寒風が吹きつける。一登りすると、夏道に合流する。「登山道 熊さんも仲間です 打鐘は必ずしてください(打鐘場は4ヶ所あります)」の看板がある。鐘はお古の電気炊飯器の釜、打ち金は鉄パイプというのがユニークである。ここからは比較的なだらかな登りとなる。

私が「クランク」と勝手に呼んでいる尾根が過ぎると宝珠山頂が見えて来る。宝珠山という山名は、この山の形からきている事は間違いない、と私は確信している。自然が作り出した見事な宝珠の形である。真っ白な宝珠が冬空に突きあげるさまは神秘的といっても過言ではない。

「近づくな危険」の看板があり、小さな雪庇が張り出している所に出るが、見通しがあれば特に問題はない。ここから八咫烏山頂までが急登となる。風が強くなった。風が頬にあたって痛い。宝珠山から野須張山へと延びる稜線も見事だ。遠望は期待できないが、山頂からは越後平野の広がりは俯瞰できるだろう。期待を込めて一歩一歩進む。八咫柄山頂に立つと、寒風が容赦なく吹き付けた。

いったん下って雪堤上を進み「宝珠」の縁にとっかかる。この縁が“難敵”で一筋縄では登れない。ピッケル代わりにストックを逆さに突き刺し、足場を固めながら登る。ほんの数歩のことだが緊張を強いられる。山頂に立つと一段と強い寒風が吹き付けた。カメラのシャッターが切れなくなった。低温のため電池容量が低下したのだ。カメラを手で温めたりして、だましだましシャッターを押す。遠くの景色は見えないが、野須張山へ続く稜線・川向うは鳴沢峰・ホウキブナ・川内の山々。越後の里山も奥が深い。何よりも越後平野の広がりは圧巻だ。

下りは、山頂の北側から巻いて降りたが、難易度は同じようなものだった。下りは往路を戻る。季節は真冬だが、オオカメノ木やコシアブラの芽が膨らんでいた。寒風は吹き付けたが、一日中、長袖アンダーシャツと長袖シャツで歩けた。季節は確実に進んでいるのだ。もう少しするとマンサクの花が咲きだし、フキノトウが芽を出すだろう。冬の厳しさとともに春近しを感じさせる山行である。
訪問者数:204人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/1/23
投稿数: 419
2018/2/25 22:40
 冬本番
こんにちは
TVでは新潟は晴天が少なく感じていましたが、冬本番の山行始めていますね。
宝珠は昨年もレコ拝見しましたが、中々良い感じですね。直近の雪の締まり具合はどの程度でしょうか。

レコの「危険近づくな」は何があるのでしょうか、気になりますね?
「八咫柄山」は何と読むのでしょうか、難しい山名ですね。
楽しく拝見しました。
登録日: 2017/4/7
投稿数: 309
2018/2/26 22:48
 まだツボ足は無理かも
こんばんは〜
新潟は、久しぶりの大雪で雪片づけがチョット大変でした。現在、道路面は雪は無く、車は支障なく走っています。ポット植えの水仙の芽が伸びてきました(^^)/ 陽射しは明らかに春めいてきましたが、山の雪面は未だツボ足では厳しいようです。

「危険近づくな」は、ちょっと崖みたいになっているんですが、歩くのに苦労するようなところでは無く、あまり気にしなくてもいいと思います。

「八咫柄山」は、山名標に”やたがらやま”とふりがながふってありました。山名標は、今回は見当たらなかったので壊れてしまったのかもしれませんが。
「咫」は長さの単位で、「八咫」は大きいこと、長いこと、を表すようです。そうだとすると、どうして「八咫」なのかが分かりません。宝珠山の”宝珠”は、その形からきているのは間違いないと思いますが、八咫柄山は何から来ているのか分かりません。ひょっとしたら、八咫烏山(やたがらすやま)から変化して八咫柄山になったのかもしれませんね。

すみません。何の根拠もない、ただのたわごとです。ではまた。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ