また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1387814 全員に公開 ハイキング箱根・湯河原

20180224 素鵞狛犬と河原梅林・六方の滝を訪ねて

日程 2018年02月24日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ!
アクセス
利用交通機関
電車バス
 真鶴駅から箱根登山バス(湯河原駅行き)に乗車し、湯河原海水浴場の海の家バス停で下車(バス停は国道135号線沿い、乗車時間は6分、料金は200円)。海の家バス停から国道を湯河原方向に進んで、最初の横断歩道のところを横断したところに素鵞神社入口がある。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間41分
休憩
53分
合計
7時間34分
Sスタート地点08:4609:31鍛冶屋バス停09:55幕山公園バス停・第1駐車場10:49幕山10:5111:03自鑑水分岐11:0511:44土肥大杉跡分岐12:12六方の滝分岐12:22六方の滝12:2612:40六方の滝分岐12:57土肥大杉跡分岐13:20大石ヶ平13:33吉浜財産区記念碑14:14しとどの窟14:2314:33椿台14:3614:46三等三角点上野15:01城山15:1915:26バイオトイレ15:2715:33立石分岐点15:3815:43かぶと石入口15:4916:17湯河原駅16:2016:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 湯河原梅林公園の梅見をかねて、幕山、城山に行ってまいりました。わざわざ遠征をして行くのならばと、珍しい狛犬がいる素鵞神社と幻の滝ともいわれる六方の滝も訪ねてみようと計画に織り込みました。実際に歩いたルートは
  ‥魏聾恭た緲畩譟疏箔⊃声辧租魏聾暁瀘啗園〜幕山
  ∨觧魁素魘篶啼察租敞鄲膺跡分岐〜六方の滝
  O司の滝〜大石ヶ平〜しとどの窟〜椿台
  つ愨罅曽觧魁租魏聾怯
です。ルート 銑い亡悗靴討蓮◆崚敞鄲膺跡分岐〜六方の滝間」を除き、一般道や林道も使うこと、また登山道や道標もしっかり整備されており、迷う心配はありません。
 土肥大杉跡分岐〜六方の滝間は「山と高原地図」には記載されていませんが、登山道はしっかり踏まれ、目印のテープも付けられており、迷う心配はありません・・・のはずでしたが、最後の最後で、六方の滝のすぐそばまで行きながら見ずに戻ってしまったという痛恨のミス・・。あの時は、六方の滝の特徴である柱状節理が見られず変だなと思いつつも、手前の「紫音の滝(中尾沢の滝F1)」を見て、見た気になってしまっていました・・。いざ、レコを書こうとして気が付いた次第。あそこまで行きながら、恥ずかしいやら悔しいやら。またの機会にリベンジするしかないですね。

 さて、湯河原梅林公園は五分咲き。種類によってはかなり花が咲いている梅もあり、幕山登山がてらの梅見で、それなりに楽しむことができました。これから見ごろをむかえるので、お勧めですね。梅見の幕山に対し城山は至る所に頼朝伝説が残る歴史の山といった感があります。時間の制約で今回は訪れることができなったのですが、城山の麓には土肥一族菩提寺(成願寺)や樹齢800年ともいわれるビャクシンなどもあり、ゆっくりとカメラ片手に歴史探訪をしてみるのも面白いかもしれません。

 素鵞神社の狛犬は、期待にたがわず、海獣を彷彿とさせるようななかなかユニークな一品。今回の計画に組み入れた甲斐がありました(笑)。そういえば何度も場所を確認する等、事前調査に力を入れたのは専ら素鵞神社の狛犬方・・・、六方の滝も同じくらい調査をすればよかったなぁ〜。あぁ〜悔しい、「事前調査は手を抜かずに」、今回の反省点です。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ コンロ

写真

おはようございます。今日のスタートは真鶴駅です。今は閑散とした雰囲気でしたが、先ほどまで大勢のゴルファーとその送迎バスでごった返していました(^-^;。
2018年02月24日 08:36撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おはようございます。今日のスタートは真鶴駅です。今は閑散とした雰囲気でしたが、先ほどまで大勢のゴルファーとその送迎バスでごった返していました(^-^;。
2
今日は、まず、箱根登山バスで湯河原海水浴場に行きます。えっ、何故この時期に海水浴場に行くのかって、ごもっともご指摘です。その理由は後程・・・。
2018年02月24日 08:35撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は、まず、箱根登山バスで湯河原海水浴場に行きます。えっ、何故この時期に海水浴場に行くのかって、ごもっともご指摘です。その理由は後程・・・。
予定よりやや遅れましたが、海の家バス停に到着しました。
2018年02月24日 08:50撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予定よりやや遅れましたが、海の家バス停に到着しました。
折角なので、波打ち際まで下りてみました。この寒空にもかかわらず、サーフィンを楽しんでいる強者がいました。それにしてもこの広々とした海原、磯の香・・、気持ちがいいですね〜。田舎にいるころは、いつもそこに海があり日常的な存在でしたが、東京に出てきてからほとんど海を見る機会がなく、久しく忘れていた感覚です。
2018年02月24日 08:53撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
折角なので、波打ち際まで下りてみました。この寒空にもかかわらず、サーフィンを楽しんでいる強者がいました。それにしてもこの広々とした海原、磯の香・・、気持ちがいいですね〜。田舎にいるころは、いつもそこに海があり日常的な存在でしたが、東京に出てきてからほとんど海を見る機会がなく、久しく忘れていた感覚です。
5
ここから幕山に向けて出発です。そういえば、ここからスタートすると「海抜0メートル」からの登山になるんですね。よっしゃー!、何故かいつもより気合が入ってしまいます(笑)。
2018年02月24日 08:53撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから幕山に向けて出発です。そういえば、ここからスタートすると「海抜0メートル」からの登山になるんですね。よっしゃー!、何故かいつもより気合が入ってしまいます(笑)。
1
再びバス停に戻って、国道を湯河原方向に進むと、2分ほどで今日のお目当ての一つ素鵞神社(すがじんじゃ)に到着です。そうなんです、海の家バス停に行ったのは素鵞神社への最寄りのバス停だったからなんですよ。素鵞という難しい漢字が使われていますが、茨城の方にも素鵞神社があるそうですが、そちらは「そがじんじゃ」と呼ぶそうです。
2018年02月24日 08:56撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再びバス停に戻って、国道を湯河原方向に進むと、2分ほどで今日のお目当ての一つ素鵞神社(すがじんじゃ)に到着です。そうなんです、海の家バス停に行ったのは素鵞神社への最寄りのバス停だったからなんですよ。素鵞という難しい漢字が使われていますが、茨城の方にも素鵞神社があるそうですが、そちらは「そがじんじゃ」と呼ぶそうです。
素鵞神社の主祭神は主祭神は、須佐之男神( すさのおのかみ )、 伊弉諾神( いざなきのかみ )と伊弉冊神( いざなみのかみ)。鳥居の横には地蔵があります。
2018年02月24日 08:57撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素鵞神社の主祭神は主祭神は、須佐之男神( すさのおのかみ )、 伊弉諾神( いざなきのかみ )と伊弉冊神( いざなみのかみ)。鳥居の横には地蔵があります。
1
こちらの境内の様子。銅が葺かれた社殿がいい雰囲気を出しています。
2018年02月24日 08:58撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらの境内の様子。銅が葺かれた社殿がいい雰囲気を出しています。
社殿に通じる参道横には、立派な楠がありました。素鵞神社の歴史を感じさせる巨木です。
2018年02月24日 08:58撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
社殿に通じる参道横には、立派な楠がありました。素鵞神社の歴史を感じさせる巨木です。
参道の脇にあった狛犬。阿形、子取りの狛犬。オーソドックスな感じがして新しいものかと思いきや、台座には文政四年の文字が刻まれていました。そうすると1821年、江戸時代の作となりますね。200年に近くになりますが、傷んだところもなくしっかりとしています。
2018年02月24日 08:59撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
参道の脇にあった狛犬。阿形、子取りの狛犬。オーソドックスな感じがして新しいものかと思いきや、台座には文政四年の文字が刻まれていました。そうすると1821年、江戸時代の作となりますね。200年に近くになりますが、傷んだところもなくしっかりとしています。
2
こちらは吽。阿形と同様、こちらも子取りの型となっています。
2018年02月24日 08:59撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは吽。阿形と同様、こちらも子取りの型となっています。
2
社殿の近くには、付近の区画整理などのために移設されたものなのでしょうか、小さな祠がたくさん並んでいます。今日のお目当ての狛犬はこの祠の狛犬です。
2018年02月24日 09:01撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
社殿の近くには、付近の区画整理などのために移設されたものなのでしょうか、小さな祠がたくさん並んでいます。今日のお目当ての狛犬はこの祠の狛犬です。
ご参考までに、その横にあった案内板。祠は長らく地元の皆さんの心の拠り所になってきたものなんですね。今でもしっかりお参りをされている様子がうかがえます。
2018年02月24日 09:01撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご参考までに、その横にあった案内板。祠は長らく地元の皆さんの心の拠り所になってきたものなんですね。今でもしっかりお参りをされている様子がうかがえます。
祠の前に狛犬があるものは2つあり、そのうちの1つがこちらです。可愛らしい狛犬がちょこんと祠の前に鎮座しています。
2018年02月24日 09:03撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠の前に狛犬があるものは2つあり、そのうちの1つがこちらです。可愛らしい狛犬がちょこんと祠の前に鎮座しています。
型からいえば吽形のようにも思えますが、一体しかなく対になっていません。小ぶりながら、悪がっきぽい表情がいいですね〜(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
型からいえば吽形のようにも思えますが、一体しかなく対になっていません。小ぶりながら、悪がっきぽい表情がいいですね〜(笑)。
こちらが狛犬があるもう一つの祠で、本日のお目当ての狛犬です。先ほどと同様小ぶりではありますが、こちらは狛犬の基本形である二体一対をなしています。
2018年02月24日 09:03撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらが狛犬があるもう一つの祠で、本日のお目当ての狛犬です。先ほどと同様小ぶりではありますが、こちらは狛犬の基本形である二体一対をなしています。
まず阿形。ユニークなのはその姿で、なにやら海獣を彷彿させる姿です。そう言えば今年一月に行った初狩(山梨県)の八幡神社の狛犬も海獣に似ているような・・、ひょっとして何か関係があるのでしょうか・・(@@)。
2018年02月24日 09:03撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まず阿形。ユニークなのはその姿で、なにやら海獣を彷彿させる姿です。そう言えば今年一月に行った初狩(山梨県)の八幡神社の狛犬も海獣に似ているような・・、ひょっとして何か関係があるのでしょうか・・(@@)。
2
背中には文字が彫られており、寛文十の文字が読み取れます。とすると、1670年、江戸時代初期、約350年前のものとなりますね。歴史があるものだけに、前足部分の補修跡がちょっと残念です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背中には文字が彫られており、寛文十の文字が読み取れます。とすると、1670年、江戸時代初期、約350年前のものとなりますね。歴史があるものだけに、前足部分の補修跡がちょっと残念です。
1
こちらは吽形。
2018年02月24日 09:02撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは吽形。
1
この角度(正面)から見ると、なにやら仏頂面をしていようにも見えます(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この角度(正面)から見ると、なにやら仏頂面をしていようにも見えます(笑)。
1
お目当ての狛犬の狛犬に出合え、お参りもしっかり済ませて、これから幕山に向かいます。ここから幕山までは4匱紂K觧海里△箸蕨司の滝や城山にも行くので急ぎましょう。
2018年02月24日 09:09撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お目当ての狛犬の狛犬に出合え、お参りもしっかり済ませて、これから幕山に向かいます。ここから幕山までは4匱紂K觧海里△箸蕨司の滝や城山にも行くので急ぎましょう。
1
道端にあった満開の紅梅、湯河原梅林も期待できそう〜♪
2018年02月24日 09:13撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道端にあった満開の紅梅、湯河原梅林も期待できそう〜♪
4
小高い丘を越えたあたりで、今日歩く予定の城山と
2018年02月24日 09:21撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小高い丘を越えたあたりで、今日歩く予定の城山と
幕山が見えてきました。計画したのはいいんですが、幕山から城山への登り返しが意外ときつそう・・(^-^;。
2018年02月24日 09:22撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幕山が見えてきました。計画したのはいいんですが、幕山から城山への登り返しが意外ときつそう・・(^-^;。
1
湯河原梅林公園に向かうバスは直進しますが、ちょっとでも歩く距離を短くしようとここを右折。五郎神社に向かう途中で左に折れ、湯河原梅林公園に向かいます。
2018年02月24日 09:34撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯河原梅林公園に向かうバスは直進しますが、ちょっとでも歩く距離を短くしようとここを右折。五郎神社に向かう途中で左に折れ、湯河原梅林公園に向かいます。
道端の梅もそろそろ見ごろを迎えつつあるようです、期待できそうですね。幕山とのコラボでの一枚。
2018年02月24日 09:55撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道端の梅もそろそろ見ごろを迎えつつあるようです、期待できそうですね。幕山とのコラボでの一枚。
こちらは枝垂
2018年02月24日 09:57撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは枝垂
5
湯河原梅林公園入口に到着。現在五分咲きとのこと、ここで入園料200円を支払います。梅林公園の中の散策路は幕山山頂への登山道につながっており、梅見をしながらの登山とは贅沢ですね〜。
2018年02月24日 10:01撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯河原梅林公園入口に到着。現在五分咲きとのこと、ここで入園料200円を支払います。梅林公園の中の散策路は幕山山頂への登山道につながっており、梅見をしながらの登山とは贅沢ですね〜。
1
まず、出迎えてくれたのは白梅。
2018年02月24日 10:02撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まず、出迎えてくれたのは白梅。
こちらは「緑萼枝垂」という種類のようです。入り口で頂いたパンフレットによれば、梅林公園の梅の種類は約30種、4000本が咲いているとか。
2018年02月24日 10:03撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは「緑萼枝垂」という種類のようです。入り口で頂いたパンフレットによれば、梅林公園の梅の種類は約30種、4000本が咲いているとか。
2
こちらは「乙女の袖」かな(パンフレットを見ながら)。
2018年02月24日 10:04撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは「乙女の袖」かな(パンフレットを見ながら)。
2
少しづつ山斜面を登っていきます。
2018年02月24日 10:10撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しづつ山斜面を登っていきます。
梅見をしながらの登山なんて、贅沢ですね〜♪♪
2018年02月24日 10:10撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅見をしながらの登山なんて、贅沢ですね〜♪♪
標高の高いところはまだ蕾の状態。これからですね。
2018年02月24日 10:15撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高の高いところはまだ蕾の状態。これからですね。
幕山に向かう登山道。
2018年02月24日 10:17撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幕山に向かう登山道。
2
岩登りの練習でしょうか。やってみたい気もしますが・・、ちょっとウェイトを落とさないと無理だろうな(^-^;。
2018年02月24日 10:18撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩登りの練習でしょうか。やってみたい気もしますが・・、ちょっとウェイトを落とさないと無理だろうな(^-^;。
梅林公園の標高の一番高いところから見た梅林公園。所々でピンク色にうっすらと染まって見えますが、パンフレットにあるような絨毯のようになるのはもう少し先のようですね。これより幕山登山スタートです。
2018年02月24日 10:19撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅林公園の標高の一番高いところから見た梅林公園。所々でピンク色にうっすらと染まって見えますが、パンフレットにあるような絨毯のようになるのはもう少し先のようですね。これより幕山登山スタートです。
天候に恵まれたこともあり、多くのハイカーが幕山山頂に向かっていました。
2018年02月24日 10:33撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天候に恵まれたこともあり、多くのハイカーが幕山山頂に向かっていました。
3
登山道の途中には視界がひらけたところがあり、真鶴半島、相模湾を一望できました。が、春霞でちょっとぼやけているのが残念。
2018年02月24日 10:33撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の途中には視界がひらけたところがあり、真鶴半島、相模湾を一望できました。が、春霞でちょっとぼやけているのが残念。
1
山頂に到着〜♪
2018年02月24日 10:51撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に到着〜♪
2
山頂は南側がひらけており、そこからは真鶴半島、相模湾が一望できます。残念ながら、先ほよりさらに霞んでしまったような・・・
2018年02月24日 10:52撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は南側がひらけており、そこからは真鶴半島、相模湾が一望できます。残念ながら、先ほよりさらに霞んでしまったような・・・
1
こちらは山頂の様子。カヤトに覆われた山頂は平らでぽっかり空が開けた開放的な場所となっています。梅見をかねたハイカーで
とても賑わっていました(^-^;。人がどんどん増えてきそうだったので、早々に退散。次の目的地である六方の滝に向かうことにします。
2018年02月24日 10:52撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは山頂の様子。カヤトに覆われた山頂は平らでぽっかり空が開けた開放的な場所となっています。梅見をかねたハイカーで
とても賑わっていました(^-^;。人がどんどん増えてきそうだったので、早々に退散。次の目的地である六方の滝に向かうことにします。
大石ヶ平方向に進みます。
2018年02月24日 10:56撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大石ヶ平方向に進みます。
山頂の賑わいから一転、冬枯れの気持ちいい登山道が続きます。
2018年02月24日 11:04撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の賑わいから一転、冬枯れの気持ちいい登山道が続きます。
白銀林道にでました。ここを土肥大杉跡分岐を目指して道なりに進みます。
2018年02月24日 11:12撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白銀林道にでました。ここを土肥大杉跡分岐を目指して道なりに進みます。
約40分ほどで土肥大杉跡分岐に到着。
2018年02月24日 11:49撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
約40分ほどで土肥大杉跡分岐に到着。
六方の滝に向かう登山道。
2018年02月24日 11:49撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六方の滝に向かう登山道。
「山と高原地図」では、六方の滝に向かうルートは記載されていませんが、踏み跡はしっかり&テープも付けられており、迷う心配はありません。
2018年02月24日 12:00撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「山と高原地図」では、六方の滝に向かうルートは記載されていませんが、踏み跡はしっかり&テープも付けられており、迷う心配はありません。
渡渉するところもありますが、このように丸太橋が設けられています。
2018年02月24日 12:02撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉するところもありますが、このように丸太橋が設けられています。
途中にあった元気いっぱいの苔。モフモフ度はばっちり、一発合格でした(笑)。
2018年02月24日 12:11撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中にあった元気いっぱいの苔。モフモフ度はばっちり、一発合格でした(笑)。
3
滝に近づくにつれ岩場が続き、これを乗り越えていくと
2018年02月24日 12:21撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝に近づくにつれ岩場が続き、これを乗り越えていくと
1
滝が見えてきました。ここで大きな勘違い、これが六方の滝と思い込んでしまいました・・・。これは「紫音の滝(中尾沢の滝F1)」と呼ばれるものだったようで、「六方の滝」はさらにこの上、斜面を登ったところだったようです。斜面にはロープが取り付けてあるようです。
2018年02月24日 12:36撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝が見えてきました。ここで大きな勘違い、これが六方の滝と思い込んでしまいました・・・。これは「紫音の滝(中尾沢の滝F1)」と呼ばれるものだったようで、「六方の滝」はさらにこの上、斜面を登ったところだったようです。斜面にはロープが取り付けてあるようです。
六方の滝は柱状節理の岩を流れ落ちていると聞いていたので、このゴツゴツ感は変だよなぁとは思ったのですが・・・
2018年02月24日 12:33撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六方の滝は柱状節理の岩を流れ落ちていると聞いていたので、このゴツゴツ感は変だよなぁとは思ったのですが・・・
4
ここまできて・・・残念。。。
2018年02月24日 12:34撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまできて・・・残念。。。
3
こちらは「紫音の滝」のさらに奥にあった無名瀑
2018年02月24日 12:27撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは「紫音の滝」のさらに奥にあった無名瀑
1
六方の滝をゲットできたと思い込み、そそくさと次の目的地に向かってしまいました。レコをかきながら、もう少しちゃんと下調べ&冷静になれば・・・、反省することしきりです。
2018年02月24日 12:36撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六方の滝をゲットできたと思い込み、そそくさと次の目的地に向かってしまいました。レコをかきながら、もう少しちゃんと下調べ&冷静になれば・・・、反省することしきりです。
1
再び白銀林道に戻ってきました。
2018年02月24日 13:02撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び白銀林道に戻ってきました。
これより大石ヶ平に向かいます。大石ヶ平へ向かう登山道は、白銀林道を横断したところにあります。
2018年02月24日 13:02撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これより大石ヶ平に向かいます。大石ヶ平へ向かう登山道は、白銀林道を横断したところにあります。
約15分ほどで舗装道路に合流
2018年02月24日 13:18撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
約15分ほどで舗装道路に合流
大石ヶ平に到着。
2018年02月24日 13:25撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大石ヶ平に到着。
ここの分岐を「ししどの窟(いわや)」に進みます。しとどの窟は、1180年の石橋山の合戦に敗れた源頼朝が安房に逃れる際、土肥実平に導かれて隠潜した洞窟で、城山に向かう途中にあります。道標を見たときに、えっ・・6劼發△襪里醗貊幎危阿靴討靴泙い泙靴拭さらに、ここからの登り返しが300mほどあることから、このまま梅林公園まで行ってバスで帰ってしまおうかと思いましたが、「満員バスもいやだな」との思いもあり、とりあえず進んでみることに・・・。
2018年02月24日 13:38撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの分岐を「ししどの窟(いわや)」に進みます。しとどの窟は、1180年の石橋山の合戦に敗れた源頼朝が安房に逃れる際、土肥実平に導かれて隠潜した洞窟で、城山に向かう途中にあります。道標を見たときに、えっ・・6劼發△襪里醗貊幎危阿靴討靴泙い泙靴拭さらに、ここからの登り返しが300mほどあることから、このまま梅林公園まで行ってバスで帰ってしまおうかと思いましたが、「満員バスもいやだな」との思いもあり、とりあえず進んでみることに・・・。
途中で、山道への分岐がありました。あれ〜っ、道標では「ししどの窟」まで1.1kmとなっています。よかった〜!
2018年02月24日 13:44撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で、山道への分岐がありました。あれ〜っ、道標では「ししどの窟」まで1.1kmとなっています。よかった〜!
「ししどの窟」近くは、日光も木々に遮られて周囲がうす暗くなり、ちょっと不気味な雰囲気です(^-^;。
2018年02月24日 14:17撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ししどの窟」近くは、日光も木々に遮られて周囲がうす暗くなり、ちょっと不気味な雰囲気です(^-^;。
1
思いの外、山道が急登だったもので、しとどの窟の案内板を読みながらしばしの休憩
2018年02月24日 14:19撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思いの外、山道が急登だったもので、しとどの窟の案内板を読みながらしばしの休憩
こちらが「しとどの窟」。大小20体余りの石仏が天然の岩屈内に並んでおり、洞窟の入り口には湧水が流れ落ちています。「しとどの窟」は心霊スポットなどとも言われているそうで、私以外には誰もいなかったこともあり、そそくさと退散しました。
2018年02月24日 14:20撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらが「しとどの窟」。大小20体余りの石仏が天然の岩屈内に並んでおり、洞窟の入り口には湧水が流れ落ちています。「しとどの窟」は心霊スポットなどとも言われているそうで、私以外には誰もいなかったこともあり、そそくさと退散しました。
3
「しとどの窟」から、「土肥椙山観音像群」と呼ばれる多くの観音や石塔が立ち並ぶ九十九折りの急登を登っていきます。この道を日が暮れてから歩くのは避けたいですね・・。
2018年02月24日 14:25撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「しとどの窟」から、「土肥椙山観音像群」と呼ばれる多くの観音や石塔が立ち並ぶ九十九折りの急登を登っていきます。この道を日が暮れてから歩くのは避けたいですね・・。
「土肥椙山観音像群」を抜け、城山隧道を通って椿台に向かいます。
2018年02月24日 14:33撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「土肥椙山観音像群」を抜け、城山隧道を通って椿台に向かいます。
椿台に到着♪かながわの景勝50選の一つだそうで、「真下に湯河原温泉街が連なり、正面には相模湾、初島、大島、伊豆半島が眺望でき、箱根から伊豆にのびる山の尾根も美しい」。ちなみに、椿台はにはバス停(ししどの窟)があり、あと20分くらいできそう・・、どうしようか迷ったあげく、初志貫徹、城山を通って湯河原駅まで歩くことにしました・・・、何がここまで拘らせたのか自分でもわかりません(^-^;。
2018年02月24日 14:40撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
椿台に到着♪かながわの景勝50選の一つだそうで、「真下に湯河原温泉街が連なり、正面には相模湾、初島、大島、伊豆半島が眺望でき、箱根から伊豆にのびる山の尾根も美しい」。ちなみに、椿台はにはバス停(ししどの窟)があり、あと20分くらいできそう・・、どうしようか迷ったあげく、初志貫徹、城山を通って湯河原駅まで歩くことにしました・・・、何がここまで拘らせたのか自分でもわかりません(^-^;。
1
椿台からの眺望
2018年02月24日 14:40撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
椿台からの眺望
1
これより城山に向かいます。
2018年02月24日 14:42撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これより城山に向かいます。
途中から山道になり、尾根沿いを進んでいきます。
2018年02月24日 15:01撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中から山道になり、尾根沿いを進んでいきます。
椿台から20分ほどで城山に到着しました。
2018年02月24日 15:05撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
椿台から20分ほどで城山に到着しました。
2
ここは、かつて土肥氏の城が築かれたところで、山頂には「土肥城趾」の碑が建てられています。土肥城については、築かれた時期やその規模など、詳しいことは分かっていないそうです。
2018年02月24日 15:07撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは、かつて土肥氏の城が築かれたところで、山頂には「土肥城趾」の碑が建てられています。土肥城については、築かれた時期やその規模など、詳しいことは分かっていないそうです。
幕山と眺望は同じ様な感じですね。真鶴半島が見えています。
2018年02月24日 15:06撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幕山と眺望は同じ様な感じですね。真鶴半島が見えています。
山頂にあった硯石。
2018年02月24日 15:21撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂にあった硯石。
頼朝が踵でけって凹んだと言われているそうです。この外にも、城山には兜を置いたといわれる兜石や、運勢を占うために投げこんだといわれる立石などがあります。
2018年02月24日 15:21撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頼朝が踵でけって凹んだと言われているそうです。この外にも、城山には兜を置いたといわれる兜石や、運勢を占うために投げこんだといわれる立石などがあります。
これで本日のミッションはコンプリートです。これより湯河原駅に向けて下山します。
2018年02月24日 15:23撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これで本日のミッションはコンプリートです。これより湯河原駅に向けて下山します。
真鶴半島。
2018年02月24日 15:38撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真鶴半島。
3
途中から舗装道路になりますが、ところどころにショートカットが。
2018年02月24日 15:44撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中から舗装道路になりますが、ところどころにショートカットが。
「やや」でもとても有難い、おそらく舗装道路ができる前からあった登山道なのでしょうね。
2018年02月24日 15:45撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「やや」でもとても有難い、おそらく舗装道路ができる前からあった登山道なのでしょうね。
1
再び、舗装道路に合流。
2018年02月24日 15:51撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び、舗装道路に合流。
湯河原駅に無事に到着しました〜。それにしても、この人混み・・、いきなり現世に引き戻されてしまいました(汗)。何はともあれ、無事でお疲れ様でした。
2018年02月24日 16:21撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯河原駅に無事に到着しました〜。それにしても、この人混み・・、いきなり現世に引き戻されてしまいました(汗)。何はともあれ、無事でお疲れ様でした。
2
撮影機材:
訪問者数:212人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/4/30
投稿数: 722
2018/2/25 20:49
 六方の滝
はじめましてasariです。

同じ日に六方の滝まで出かけました。
もうすぐ近くというところまでお出ででしたのに😨
紫音の滝も柱状節理の特長を見られますが、六方の滝は圧巻でしたよ〜。
登録日: 2015/2/17
投稿数: 31
2018/2/25 21:29
 Re: 六方の滝
asariさん、初めまして。コメントありがとうございます。
本当に何を考えていたのやら、あそこまで行きながら、真打を見ずに帰ってくるなんて・・
asariさんのレコの六方の滝の素晴らしい写真を拝見しながら、「あぁ〜、見たかったなぁ。」と溜息をついています(笑)。これはリベンジするしかなさそうです。 ぼっけもん拝
登録日: 2015/6/27
投稿数: 689
2018/2/28 1:21
 六方の滝、残念でした
こんばんはNobu00です。幕山、城山は低山の部類でしょうが、六方の滝も絡め、繋いで歩くと累積標高は1500mを越えるロングコース。お疲れ様です。
この時期、高い山は雪が積もっているし、雪を避けて低山の縦走や周回で距離と累積標高をかせぐ山行もいいですね〜。低山をどうつなぐか計画を立てるのは、なかなか楽しくて、去年、一昨年はよくやってました。このコース、参考にさせていただきます。
それにしても六方の滝を見逃したのは残念でしたね。
bokkemonさんには悪いけど、行くなら六方の滝を見逃さないようにします。参考になりました 。
登録日: 2015/2/17
投稿数: 31
2018/3/1 7:55
 Re: 六方の滝、残念でした
Nobu00さん、おはようございます。コメントありがとうございます。
低山は夏場の時期は暑くてヒーコラいってしまいますが、この時期はいいですよね。冬枯れもあって眺めもよく。それにしても六方の滝、かえすがえすも残念・・、久々にやらかしてしまったという感じです(苦笑)。六方の滝の含め、Nobu00さんのご参考になれば幸いです(笑)。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ