また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1388704 全員に公開 ハイキング京都・北摂

大文字山 山科〜毘沙門堂〜山頂〜火床〜山科

日程 2018年02月24日(土) [日帰り]
メンバー
 snow00(CL)
, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
毘沙門堂近くのコインパーキングが満車で仕方なく山科駅の西側の駐車場利用。1時間200円、最大1000円。駅前なんでこんなものかな
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間13分
休憩
47分
合計
5時間0分
Sスタート地点09:3309:53毘沙門堂11:40大文字山12:2012:36大文字火床12:4313:03大文字山14:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
天気がよくコースで危険なところはありません。低山なので雪も全くなし。多少ぬかるんだところがわずかにあるくらい。
ただ、山科からはルートがたくさんあるので分岐がわかりにくいところもあり。王道のAルートを通れば問題ありませんが。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

山科駅西側のコインパーキングからスタート、山に近い所が満車ンなので仕方なくここに・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山科駅西側のコインパーキングからスタート、山に近い所が満車ンなので仕方なくここに・・・
しばらくは住宅街を歩きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは住宅街を歩きます
ちりめん山椒「京小町もり」さんの前を通ります。ここのHPに登山ルートが詳しくかかれており、とても参考になりました。感謝!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちりめん山椒「京小町もり」さんの前を通ります。ここのHPに登山ルートが詳しくかかれており、とても参考になりました。感謝!
毘沙門堂まで来ました。左の橋を渡り参道へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毘沙門堂まで来ました。左の橋を渡り参道へ
毘沙門堂の案内板
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毘沙門堂の案内板
毘沙門堂の門、駐車場の方にも行かず
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毘沙門堂の門、駐車場の方にも行かず
一番左の側道を進みます。大文字登山道の看板あり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番左の側道を進みます。大文字登山道の看板あり
双林院が見えてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双林院が見えてきました
春秋山荘を抜けたところが分かれ道、Aルートは右ですが、今回は左の道へ進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春秋山荘を抜けたところが分かれ道、Aルートは右ですが、今回は左の道へ進みます
よくわからない彫刻が並んでいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よくわからない彫刻が並んでいます。
安祥寺の跡らしい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安祥寺の跡らしい
ここが問題の分岐、EコースとF・Gコースの分かれ目ですが、今回はFコースを選択・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが問題の分岐、EコースとF・Gコースの分かれ目ですが、今回はFコースを選択・・・
このバイクの左の道Gコースを進んで、すぐにFコースの分岐があるはずがどこかわからず
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このバイクの左の道Gコースを進んで、すぐにFコースの分岐があるはずがどこかわからず
結局、分岐まで戻ってEコースを選択、柵の横から登山道に入ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結局、分岐まで戻ってEコースを選択、柵の横から登山道に入ります
車も走れる広い道、誰もいません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車も走れる広い道、誰もいません
ダムがあってその近くに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダムがあってその近くに
しばらく行くとCコースとの分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく行くとCコースとの分岐
わかりにくですが、壁面にも表示あり左がE、右がCBと書いてあるような・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わかりにくですが、壁面にも表示あり左がE、右がCBと書いてあるような・・・
左のEをそのまま進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左のEをそのまま進みます
「安祥寺山京都森林インストラクターの森」の看板があり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「安祥寺山京都森林インストラクターの森」の看板があり
Eコースはここまでにして、この看板の横の階段を登っていくことに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Eコースはここまでにして、この看板の横の階段を登っていくことに
シダの茂る山道です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シダの茂る山道です
しばらく進むと京都トレイルと合流
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく進むと京都トレイルと合流
ここからは京都トレイルで山頂をめざす。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは京都トレイルで山頂をめざす。
これまで人に会いませんでしたが、さすがにトレイルはけっこう人が多い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これまで人に会いませんでしたが、さすがにトレイルはけっこう人が多い
京都トレイル 東山44−1まで来ました。ここは開けているので、ここで一休み
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京都トレイル 東山44−1まで来ました。ここは開けているので、ここで一休み
京都一周トレイルの看板
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京都一周トレイルの看板
この分岐は案内通り、上の方、山頂へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この分岐は案内通り、上の方、山頂へ
Aコース14となりました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Aコース14となりました
誰かのお手製の道標
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰かのお手製の道標
大文字山山頂到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大文字山山頂到着
けっこう人が多く、ベンチは満席
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
けっこう人が多く、ベンチは満席
1
山頂でお昼。今日はチキンラーメン鶏白湯、普通のチキンラーメンよりもまろやかなスープで美味しい
いつものように後ろのプリムスイータライトでお湯を沸かそうと思ったらなぜか圧電点火装置が着かない・・・仕方なくライターで着けましたが、お湯を沸かすだけで手間取ってしまった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂でお昼。今日はチキンラーメン鶏白湯、普通のチキンラーメンよりもまろやかなスープで美味しい
いつものように後ろのプリムスイータライトでお湯を沸かそうと思ったらなぜか圧電点火装置が着かない・・・仕方なくライターで着けましたが、お湯を沸かすだけで手間取ってしまった。
1
お昼が終わって、火床を見に下っていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お昼が終わって、火床を見に下っていきます
山頂より火床の方が人が少ない、風が強いのでお昼ごはんは注意が必要、それにトンビが空から狙ってるようで、落ち着いて食べられないかも
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より火床の方が人が少ない、風が強いのでお昼ごはんは注意が必要、それにトンビが空から狙ってるようで、落ち着いて食べられないかも
大文字の「大」の真ん中らしい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大文字の「大」の真ん中らしい
1
「大」の字の右のハネ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「大」の字の右のハネ
1
再び大文字山頂まで戻ってきました。賑わってます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び大文字山頂まで戻ってきました。賑わってます
BCDとAルートの分岐、下山は一番メジャーなAルートで行きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
BCDとAルートの分岐、下山は一番メジャーなAルートで行きます
その分岐、案内板が無ければ迷いそう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その分岐、案内板が無ければ迷いそう
木の上の方にA9の標識
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の上の方にA9の標識
倒木もありますが、道は歩きやすい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木もありますが、道は歩きやすい
沢沿いの道を歩いていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いの道を歩いていきます
左にキャンプ場のようなものあり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左にキャンプ場のようなものあり
もう少しで春秋山荘
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少しで春秋山荘
行きに通ったFGとAの分岐まで戻ってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行きに通ったFGとAの分岐まで戻ってきました
洛東高校まえの疎水沿いを歩きます。桜の名所らしい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
洛東高校まえの疎水沿いを歩きます。桜の名所らしい
ようやくゴールです、駐車場は満車になってました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやくゴールです、駐車場は満車になってました

感想/記録
by snow00

京都人なので子供の頃から五山の送り火は見てましたが、登るのは今回が初めて。気楽に登って帰るつもりが結構な距離になってしまった・・・
銀閣寺側から登るとすぐに山頂ですが、手頃な駐車場がなく、南禅寺・蹴上も同じ理由で山科から登ることに。
山科からはたくさんコースがあり定番のAコースからH(?)まであるらしいですが、
選択したのはFから京都トレイルに入るコース(「京小町もり」さんのHPを参考にさせてもらいました) しかし実際はGからFへの分岐がわからず、仕方なくEコースを行くことに。『E-F-京都トレイルー山頂』と言うコースになってしまいましたが、素直にAコースピストンの方が良かったかも
スニーカーの人や犬と一緒に登っている人もいましたが、気軽に登れるハイキングコースだと思います
訪問者数:171人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ