また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1389055 全員に公開 山滑走北陸

雪崩に流され・・・導水管ルートからしかり場分岐

日程 2018年02月24日(土) [日帰り]
メンバー
天候雪、強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
一里野岩間線ゲート前
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.7〜1.8(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち49%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間26分
休憩
33分
合計
6時間59分
Sスタート地点07:1811:29しかり場分岐12:0214:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

岩間線ゲート前 車なし
2018年02月24日 07:33撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩間線ゲート前 車なし
ここでこんなに高い雪の壁は初めて
2018年02月24日 07:33撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでこんなに高い雪の壁は初めて
3
ブナオ山観察舎の看板の前から這い上がりました
2018年02月24日 07:39撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナオ山観察舎の看板の前から這い上がりました
3
ここもすごい雪の量
2018年02月24日 07:40撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここもすごい雪の量
導水管下のトンネル
2018年02月24日 07:57撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
導水管下のトンネル
ブナオ山
2018年02月24日 07:58撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナオ山
2
導水管沿いに登りますが、大半埋まっていたので楽でした。(相対的に、ですが笑)
2018年02月24日 08:05撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
導水管沿いに登りますが、大半埋まっていたので楽でした。(相対的に、ですが笑)
2
すこし青空が
2018年02月24日 08:52撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すこし青空が
1
導水管終点
2018年02月24日 09:04撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
導水管終点
一里野温泉スキー場のゲレンデトップが望めます
2018年02月24日 09:04撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一里野温泉スキー場のゲレンデトップが望めます
と、雪崩に流されて・・・
2018年02月24日 09:16撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と、雪崩に流されて・・・
1
あの上から
2018年02月24日 09:17撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの上から
2
厚さは5cmもないので雪崩れても大丈夫・・・と思っていたら雪崩れました。
2018年02月24日 09:26撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
厚さは5cmもないので雪崩れても大丈夫・・・と思っていたら雪崩れました。
4
トラバースして刺激を与えて上部で破断しました
2018年02月24日 09:30撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースして刺激を与えて上部で破断しました
1
今日の新雪はこれまでにない結合の弱さでした
2018年02月24日 09:34撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の新雪はこれまでにない結合の弱さでした
雪崩れたところを使って登りました
2018年02月24日 09:38撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪崩れたところを使って登りました
3
林道のところに合流
2018年02月24日 10:04撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道のところに合流
うさぎのフンがまるでキノコみたいに
2018年02月24日 10:22撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うさぎのフンがまるでキノコみたいに
2
しかり場分岐のピークに到着
2018年02月24日 11:26撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかり場分岐のピークに到着
4
強風なんです
2018年02月24日 11:26撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風なんです
1
雪庇の陰に隠れてシール剥がして下山します
2018年02月24日 11:28撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇の陰に隠れてシール剥がして下山します
3
快適なルート、でも強風。
2018年02月24日 12:08撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適なルート、でも強風。
2
白さが映えます
2018年02月24日 12:13撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白さが映えます
2
雪質はまあまあ
2018年02月24日 12:13撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪質はまあまあ
ガスってきました
2018年02月24日 13:31撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスってきました
導水管の終点に戻ってきました
2018年02月24日 13:37撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
導水管の終点に戻ってきました
1
ガスガス
2018年02月24日 13:43撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスガス
ツリーラン。導水管終点の少し上のところからだけを滑走する人も多いようです。
2018年02月24日 13:49撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツリーラン。導水管終点の少し上のところからだけを滑走する人も多いようです。
2
雪が多いので薮が少ないです
2018年02月24日 13:51撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が多いので薮が少ないです
迫力のオブジェ
2018年02月24日 13:56撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迫力のオブジェ
1
最後は植林地
2018年02月24日 14:10撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は植林地
県道に合流して
2018年02月24日 14:14撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道に合流して

感想/記録

今日は雪の予報ですが、大雪の影響で遠ざかっていた北陸に行きたくてムズムズしてました(笑)ので、しかり場分岐に行ってきました。まるで下見のように導水管ルートを使います。
いつもの駐車地に来ると圧倒的な雪の量・・・それまでの勝山市内や白峰あたりも相当でしたがやはりものすごい大雪だったことが分かります。雪の壁を這い上がってゲートが完全に埋もれた県道に入ります。
導水管ルートは最初の尾根筋に登りますので、いやらしい片斜面の県道を使わなくて済むのがいいです。雪が多くて導水管も大半埋まっており、幅広く歩けます。ただ導水管のところは穴が隠れているかもしれませんから注意が必要です。
導水管の終点からは斜面をトラバースして尾根沿いに登りますが、雪の結合がとても弱く、雪崩が起きやすいが新雪は5cmもないから・・・と思っていたらいきなり雪崩ました。スキーを横にしたまま座った姿勢でただただ滑り落ちることしかできません。エアバッグのトリガーを引く?と考えましたがそんな必要は全然ないくらいだったのでよかったのですが、やはり気持ちのいいものではありません。
ここは雪崩れた斜面をそのままシールで這い上がります。雪崩れていないところはまた雪崩れる可能性が極めて高いので入れません。
ルート取りをかなり慎重にし、ようやく斜度も緩んで落ち着いて歩けるようになりました。ここから加賀新道に合流すると強風と雪、かなり厳しいコンディションです。とてもこの状況で百四丈滝は行けないでしょう。
しかり場分岐でツェルト張ってカップ麺でも・・・と思いましたが強風と吹雪でやっぱり撤収。一里野からの林道のところまで戻ってようやくカップ麺です(笑)
雪崩れやすい雪も時間が経って少し落ち着いたようでやれやれですが、ルート選びは慎重にして安全に滑って下山しました。

浅い雪崩に流された、今回は何の問題もなかったのですが、これは危険性が高まっているというサインです。行きたいルートはたくさんありますがここはやはり安全第一で計画を立てることが必要だと改めて思いました。
訪問者数:625人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2008/6/16
投稿数: 1809
2018/2/25 22:53
 こわいなぁ
モモちゃん、ソロやろ。
気ぃつけてや!
最初の雪崩の場所で下山すべきだったのでは?
クマ
登録日: 2013/9/7
投稿数: 795
2018/2/26 15:08
 雪が多い!
小原林道予想が外れました(笑
それにしても白山北部も凄い降雪量ですね!
百四丈滝、早く行きたいのですが今年は危険な香りがプンプン、3月中が理想ですが4月に行っても滝までの稜線や氷壺は昨年並の光景なのかな〜と妄想が止まらないです^^
登録日: 2011/10/18
投稿数: 1381
2018/2/26 20:57
 Re: こわいなぁ
クマさんコメントありがとうございます!
流された時は撤退しようかどうか考えました…もし体の一部が埋まるとか、新雪が20cmあるとか、もう一度雪崩が起きたら撤退していたと思いますが、それはなかったのでしかり場分岐まで行きました。本当は長倉山(口長倉)まで行くつもりでしたが、それは止めました。
下山時は雪が安定していましたから、早朝の気温が低い時の方が雪崩にくいというのは必ずしもあてはまらないと思いました。
弱層は突然いつどこにでもある、と思った方がいいでしょうね。
またご指導お願いします!
登録日: 2011/10/18
投稿数: 1381
2018/2/26 21:02
 Re: 雪が多い!
nakkiさんこんばんは!
雪の状態が怪しそうだったので小原林道は止めました
もう、勝山市内で信じられないくらいの雪量でした…一里野からもすごかったです。
今回偵察でまた百四丈滝が遠くなった感じです…今後の雪の状態しだい、また偵察に行きたいところですが父がそろそろ寿命なので遠征はお預けになりそうです
登録日: 2015/6/29
投稿数: 289
2018/2/27 13:29
 雪崩(汗)
3月に入ったらとおっしゃっていたのにもう行って来られたんですね(汗)
その駐車場からの壁 四国の私には信じられない高さです。
3月10日に私もしかりば分岐あたりまで偵察に行こうとおもうんですが、スキー場からのルートと導水管ルートのメリットデメリットを教えていただけないでしょうか?
登録日: 2011/10/18
投稿数: 1381
2018/2/27 20:13
 Re: 雪崩(汗)
essanさんこんばんは!
下見なので〜チャンスがあればちょくちょく行きたいところです
スキー場からはゴンドラを使えば標高差が少なくてすみます。導水管ルートは登り返しが少ないです。
本番で初日に滝を狙うのであれば導水管になると思います。スキー場からゴンドラ使わずに行く方が距離が長いです…
登録日: 2015/6/29
投稿数: 289
2018/2/28 7:41
 Re[2]: 雪崩(汗)
非常によくわかりました。
とりあえず私もコンディションによりますが導水管コースで行ってみようと思います。
ありがとうございます^^
登録日: 2011/10/18
投稿数: 1381
2018/3/1 22:25
 Re[3]: 雪崩(汗)
このところ最強軍団が百四丈滝まで行かれたようなので、コンディション悪くなければチャンスはありそうですね。
日帰りも悪くないですが、晴れた日に滝に13時から14時くらいに滞在して、虹がかかる絶景を拝みたいと思ってます。最初に行った時にバッチリ虹がかかったのですが、氷壺が汚れていたのが惜しかったので・・・

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ