また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1389730 全員に公開 アイスクライミング八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳・赤岩の氷柱

日程 2018年02月25日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
◎美濃戸口・八ヶ岳山荘駐車場
500円/日

◎美濃戸口〜美濃戸間は4WD、スタッドレス、金属チェーン推奨

コースタイム [注]

06:15 美濃戸口
07:00 赤岳山荘 07:30
09:00 北沢・双子橋(ここから登山道はずれる)
11:00 赤岩の氷柱
14:30 赤岩の氷柱
16:30 赤岳山荘 
コース状況/
危険箇所等
◎赤岩の氷柱へのアプローチ
登山道から分かれて、ラッセルがなければ1時間。
今回はスタートからトレースなし、超バウダーラッセルで5人で2時間かかりました。
ワカン使用しましたが次回来ることがあれば我々はスノーシューにするかなぁと思いました。
その他周辺情報赤岳山荘で鉄板の「焼肉丼」900円
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

道の駅こぶちざわに前泊
併設の温泉&中華
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅こぶちざわに前泊
併設の温泉&中華
6
この辛いパリパリ鶏、絶品!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辛いパリパリ鶏、絶品!
8
みなさんと合流し、登山道を外れたとたんにラッセル!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みなさんと合流し、登山道を外れたとたんにラッセル!
2
2時間にも及ぶ本気ラッセル大会
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2時間にも及ぶ本気ラッセル大会
4
着いた!
何とも立派な双翼の赤岩の氷柱!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着いた!
何とも立派な双翼の赤岩の氷柱!
12
mbちゃんが左のつららにいどむ
あんな悪いつららをリードでいこうとするのはスゴイ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
mbちゃんが左のつららにいどむ
あんな悪いつららをリードでいこうとするのはスゴイ
14
ELGさんの見事な登りを応援した後、hibaもテイクオフ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ELGさんの見事な登りを応援した後、hibaもテイクオフ
6
左からいこうかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左からいこうかな
8
左過ぎてかくれちゃった
ぶっとい氷柱に見えるけど、実はつららの集合体で縦に切れやすくて悪かった〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左過ぎてかくれちゃった
ぶっとい氷柱に見えるけど、実はつららの集合体で縦に切れやすくて悪かった〜
4
mbちゃんがかけてくれたトップロープで左もトライ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
mbちゃんがかけてくれたトップロープで左もトライ
7
おばちゃんのとこで焼肉丼食べないとヤツにきた気がしませんね〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おばちゃんのとこで焼肉丼食べないとヤツにきた気がしませんね〜
9

感想/記録

久しぶりに帰ってきました八ヶ岳〜〜。
なんと2ヶ月ぶりでした。
目指すは赤岩の氷柱!
南八ヶ岳のアイスエリアの中ではルートファインディングが少し難しく訪れる人の少な目のエリアのようです。
各自ワカン持参でしたが「そうは言っても八ヶ岳だもんね〜。最近アイスクライミング人気高しね〜。」な〜んてトレースあることを期待しておりましたら、こんなところでもkamehibaマジック炸裂でまんまとトレースありません!
登山道を離れたところからすぐにラッセル開始!
今回はkamehiba二人の計画でしたが直前に偶然友人3人が同じく赤岩を計画していたので合同で行くことになりました。
二人だけだったらラッセルめげてたどり着けなかった可能性大なので一緒に行った3人には感謝感謝です。

膝から時には腰・胸ラッセル、そして雪は3月近いというのにパウダーというより焼塩のようにサラッサラで5人で悶絶しながらラッセルしてたどり着いた赤岩の氷柱はなんとも立派な氷瀑でございました。
沢から沢へトラバースして先を見上げると見事なブルーアイスが目の前に!
5人全員「うぉ〜ラッセルした甲斐があった〜〜!」と歓喜をあげたのでした。
通常登られている右手の氷柱はでっぷりと肥えていて、いつもはカーテンのようなつららの左側も発達がよくつながっています。

VI級クライマーに向けて邁進中のMBちゃんは左側のつららをOさんをパートナーに攻めます。
右側はELGさんとhibaがリード、kameがビレイ&フォローで登ります。
MBちゃんは不安定なつららを苦労しながらも見事トップアウト!
つららからつららへ移ったり、乗越手前は見事なハング越えもこなしています。本当にスゴイ!
フォローのOさんもさすがのプロテクション回収しながらのトップアウトでした。

右側の氷柱はELGさんのリードトライから。
傾斜の緩い下部を安定した登りでこなし、中間部からは氷の状態が少し悪いようでちょっと弱気な言葉も出ましたが、ビレイをしているkameにはとても安定した登りに見えたので「絶対登れる!」と確信しながら応援しました。
核心の手前でしっかりレストをして見事トップアウト!素晴らしい!
懸垂で降りてきたELGさんはとってもいい笑顔でうれしそうでした。

さて、お次はhibaのリードです。
ラッセルで疲れたか下部は少しぎこちなかったけれど、テラスで一息ついたら着実に高度を上げていきます。
この氷柱をkameがオブザベした時に弱点はまさにELGさんの登った「氷柱左側から離陸して中間部辺りから右上する」ルートだと思ったのですがhibaはより左を直登していきました。
なので氷柱の右下でビレイするkameには上部を登っているhibaの姿は見えず。。
ELGさん曰く「左側は氷の状態がより悪く、スクリューの打つ場所もあんまりなかった」とおっしゃっていたのでちょっとドキドキしながらビレイしました。
心配は無用だったようでhibaも無事トップアウト!
「ビレイ解除」の声がうれしそうです。

kameフォロー。
上部の左側は想像通り氷が悪く「なんでわざわざこんなところ登るかな!」と悪態をつきながらスクリュー回収して終了点のhibaと合流。
懸垂下降で降りて、ELGさんとhibaの赤岩の氷柱のリードトライは大成功で完了!

この後ELGさんとhibaはMBちゃんの登った左のつららルートをトップロープでトライ。
二人とも「MBちゃん、よくこんな悪いルートをリードしたなぁ」って感心していました。

帰路、5人のラッセルトレースを辿るだけですが雪が締まっていないため、何度となく足がズボズボハマることもありました。
でもやっぱり下りはラクチンですね〜。
ワキャワキャ言っている間にあっという間に登山道に出ました。
赤岳山荘で美味しい焼肉丼をいただいて、美濃戸口で解散〜。
予報よりお天気も良く、寒さも八ヶ岳にしてはさほどでない中、楽しくアイスクライミングできました。
同行いただいた3人の優しい皆様のお蔭で楽しい1日となりました。
ありがとうございました!


訪問者数:336人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ