また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1390078 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走中央アルプス

冬の恵那山・強清水ルート(再挑戦で登頂!)

日程 2018年02月26日(月) [日帰り]
メンバー
天候明け方曇り のち快晴 微風
7時頃 鳥越峠〜大判山 -5℃
12時頃 山頂 0℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
強清水登山口 トイレ・登山届ポスト・東屋あり
駐車スペースは東屋の前に2、3台
手前カーブや雪で通行止めになってる奥のトイレの方の路肩にも何台か
林道は広済寮を過ぎると積雪路になるのでスタッドレスかチェーン必須
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
疲れた
とても疲れた

2月だし前回の続きということで
タイトルに「冬の」って書いたけど気温的には春に近い
積雪量もピークは超えたと思う
コース状況/
危険箇所等
○コース状況
積雪は増えてますが前回のような新雪でもなく
ここのところ暖かい日が続いてるのでそれなりです
追分登山道の前半の直登箇所の上部は雪崩の雪塊がゴロゴロしてます
天狗ナギの前後は全然進まなくて心が折れそうになります
急斜面のラッセルに突然の踏み抜き、引っかかる木や枝・・・

○危険箇所等
天狗ナギの鞍部だけは細尾根なので強風時は注意
その他周辺情報クアリゾート湯舟沢
日帰り入浴 平日600円
遅くまでやってる広々休憩室にマンガ・ゲームの充実暇つぶし
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター バラクラバ 着替え ザック アイゼン ピッケル スコップ 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト カメラ シェラフ ヘルメット スノーシュー ストック チェーンスパイク

写真

暗いのでヘッデン点けて出発
2018年02月26日 05:08撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暗いのでヘッデン点けて出発
帰りに撮ったのだけど追分登山口
数えて5回林道に出たらそのまま林道を歩く
6回だと逆に下ることになるので注意
2018年02月26日 16:42撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに撮ったのだけど追分登山口
数えて5回林道に出たらそのまま林道を歩く
6回だと逆に下ることになるので注意
1
雪崩があったのか雪塊がゴロゴロしてて
登りはまだいいけど下りは歩きにくい
2018年02月26日 05:59撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪崩があったのか雪塊がゴロゴロしてて
登りはまだいいけど下りは歩きにくい
右に赤リボンが見えたらこの沢筋から右に折れる
2018年02月26日 06:01撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右に赤リボンが見えたらこの沢筋から右に折れる
落石よりも雪崩かな今は
暖かくなってきたので注意すね
2018年02月26日 06:03撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落石よりも雪崩かな今は
暖かくなってきたので注意すね
道狭くてスノーシューは歩きにくい
2018年02月26日 06:04撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道狭くてスノーシューは歩きにくい
鳥越峠到着
ここまで1時間半
2018年02月26日 06:31撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥越峠到着
ここまで1時間半
大判山到着
−5、6度くらい
2018年02月26日 07:42撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大判山到着
−5、6度くらい
ぼんやり御嶽山
2018年02月26日 07:43撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぼんやり御嶽山
中央アルプスもぼんやり
2018年02月26日 07:43撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプスもぼんやり
恵那山ははっきり見えんだね
2018年02月26日 07:45撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恵那山ははっきり見えんだね
2
静かだなー
2018年02月26日 08:15撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静かだなー
さてここから天狗ナギまでが地獄の一丁目
2018年02月26日 08:16撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さてここから天狗ナギまでが地獄の一丁目
あと3km看板
遠く感じます
2018年02月26日 08:28撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと3km看板
遠く感じます
中央アルプスはっきり見えてきた
2018年02月26日 08:34撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプスはっきり見えてきた
1
御嶽も
2018年02月26日 08:48撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽も
天狗ナギ手前のピークから
この尾根が地獄の二丁目
2018年02月26日 09:01撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗ナギ手前のピークから
この尾根が地獄の二丁目
天狗ナギ手前のピークから鞍部の細尾根
左は雪庇に右は崩落斜面
2018年02月26日 09:01撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗ナギ手前のピークから鞍部の細尾根
左は雪庇に右は崩落斜面
雪庇も斜面も大したことないから落ちるなら東側かな
2018年02月26日 09:06撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇も斜面も大したことないから落ちるなら東側かな
1
南アルプス見えてきた
仙丈に白根三山、塩見
2018年02月26日 10:01撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス見えてきた
仙丈に白根三山、塩見
1
悪沢、赤石、聖
2018年02月26日 10:01撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪沢、赤石、聖
中央アルプスもはっきり見えんだね
2018年02月26日 10:01撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプスもはっきり見えんだね
御嶽山はどす黒い噴煙出してるね
今日は多い日か
2018年02月26日 10:02撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山はどす黒い噴煙出してるね
今日は多い日か
乗鞍も見えてきた
2018年02月26日 10:02撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍も見えてきた
白山まで
2018年02月26日 10:04撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山まで
1
二丁目を乗り切ると前宮分岐がある主稜線までが見える
地獄最後の三丁目までは緩い登りが続く
2018年02月26日 10:32撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二丁目を乗り切ると前宮分岐がある主稜線までが見える
地獄最後の三丁目までは緩い登りが続く
1
前宮ルートとの合流点
ここから東に折れて恵那山らしい緩い主稜線を山頂へ向かう
が、ここからが地獄の延長戦となる。
2018年02月26日 11:12撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前宮ルートとの合流点
ここから東に折れて恵那山らしい緩い主稜線を山頂へ向かう
が、ここからが地獄の延長戦となる。
1
ピーカンなのはいいけど雪が重い
2018年02月26日 11:21撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーカンなのはいいけど雪が重い
1
恵那神社三乃宮(神明社)
2018年02月26日 11:38撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恵那神社三乃宮(神明社)
1
ほぼ埋まってる四乃宮(熊野社)
2018年02月26日 11:44撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ埋まってる四乃宮(熊野社)
1
こちらもほぼ埋まってる山頂避難小屋
2018年02月26日 11:48撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらもほぼ埋まってる山頂避難小屋
2
9割埋まってる五乃宮(富士社)
2018年02月26日 11:55撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9割埋まってる五乃宮(富士社)
1
奥宮本社埋まってないのはさすが立派
六乃宮(葛城社)と二乃宮(劔社)は埋まってたのか
見なかったが探す気が起きない
一宮神社は前宮ルートの方にあるようなのでもう知らん
2018年02月26日 11:59撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥宮本社埋まってないのはさすが立派
六乃宮(葛城社)と二乃宮(劔社)は埋まってたのか
見なかったが探す気が起きない
一宮神社は前宮ルートの方にあるようなのでもう知らん
1
山頂看板
2018年02月26日 12:00撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂看板
4
セブンサミット看板
2018年02月26日 12:01撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セブンサミット看板
1
相変わらず何も見えない展望台に上がる
わっずかに中央アルプスが見える
2018年02月26日 12:04撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相変わらず何も見えない展望台に上がる
わっずかに中央アルプスが見える
展望台気温0度
2018年02月26日 12:12撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台気温0度
避難小屋避難小屋
薪ストーブなんておしゃれなものがあるやんけ
鍋の中にはご丁寧に溶かす用の雪が入ってた
2018年02月26日 13:16撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋避難小屋
薪ストーブなんておしゃれなものがあるやんけ
鍋の中にはご丁寧に溶かす用の雪が入ってた
1
入口は全開できるように雪掻きしときました
ついでに階段も作っときました
まあ週末には崩れてると思うけど
2018年02月26日 13:16撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入口は全開できるように雪掻きしときました
ついでに階段も作っときました
まあ週末には崩れてると思うけど
1
避難小屋裏手の岩場から中央アルプス
2018年02月26日 13:23撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋裏手の岩場から中央アルプス
飯田市と南アルプスはちょっと雲がかかってきた
2018年02月26日 13:24撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯田市と南アルプスはちょっと雲がかかってきた
下山中に御嶽と乗鞍がよく見えたので撮っといた
2018年02月26日 14:19撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山中に御嶽と乗鞍がよく見えたので撮っといた
1
穂高とか北アルプスもかすかに見える
2018年02月26日 14:19撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高とか北アルプスもかすかに見える
南木曽岳
結構好きなんだよね
2018年02月26日 14:20撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南木曽岳
結構好きなんだよね
1
富士見台高原と中ア
2018年02月26日 14:20撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見台高原と中ア
3
御嶽山と前衛の阿寺山地と中津川
2018年02月26日 14:25撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山と前衛の阿寺山地と中津川
ウバナギのたぶん緑ロープが張ってあるとこに身を乗り出して
御嶽や中津川方面
立ち上がる時にハマって雪まみれになった
2018年02月26日 15:59撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウバナギのたぶん緑ロープが張ってあるとこに身を乗り出して
御嶽や中津川方面
立ち上がる時にハマって雪まみれになった
1
千両山
時間があれば帰りはあっちのパノラマコースに行きたかった
けど時間が無いのともうしんどいのでパス
この時頭には三ツ矢サイダーしかなかった
2018年02月26日 16:20撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千両山
時間があれば帰りはあっちのパノラマコースに行きたかった
けど時間が無いのともうしんどいのでパス
この時頭には三ツ矢サイダーしかなかった

感想/記録

先週の大日登頂で気を良くし、同じく前回早々に撤退した恵那山に再挑戦。
天気図を見ると遠くの南低が夜半に過ぎて緩い冬型崩れになりそうだったので
恵那山で天気が崩れることはないだろうと。
最悪避難小屋で寝ることになっても山頂までたどり着こうと。
4時半ごろに強清水登山口に着き、準備して5時過ぎ、まだ暗い中出発。
追分登山口まではチェーンスパイクでさくさく歩く。
ここからはトレースがなくなりスノーシューに履き替えてラッセル。
鳥越峠までの前半の直登部分の上部は雪崩れたのか雪塊がゴロゴロしてた。
アレ踏んでもつぶれないくらい固いんだな。
鳥越峠からもトレースはありませんでした。
登山道を歩いていくと前回は見えなかった恵那山が見えてくる。
今日は天気は問題ない。
大判山までは前回来たので順調に進んでこれたけどここからが問題。
大判山を下ってからの天狗ナギ前後にある二か所の急登。
ここが一番厳しく苦しかった。
日が昇ってきて雪も緩み始めるしスノーシューも重くなる。
急斜面に突然の踏み抜き、進路を塞ぐ木と枝、前に進めないので
巻いたり戻ったりの悪戦苦闘で心折れそうになった。
天狗ナギ過ぎの急登を乗り越えると前宮分岐へ続く尾根の全貌が見えてくる。
しばらくはきつくない登りが続くけど最後はまた急斜面になってるのがわかる。
地図の等高線を見ても標高差150mほどキツイところがある。
ただ尾根はわりと広いので基本的には赤リボンを追って行くのですが
木の密度も狭くはないので登りやすそうなルートを選んで割と登れます。
あとこの辺は日中も日陰なので雪も軽くて割と歩きやすかった。
しんどいけども先が見えてるので一歩一歩着々と高度を上げる。
前宮分岐からも地味にしんどくて、意外に時間食った。
木(枝)の密度が高過ぎてどこ歩けばいいのかわからない。
雪も重くてすぐにスノーシューにまとわりついて疲れる。
四度目なので展望も無いガッカリ頂上なのはわかってますが
一応三角点の展望台に登って登頂!ということにして
それから避難小屋に戻って食事休憩。
12時までにとは思ってたので少し時間かかったけど想定の範囲。
いつも上の岩場でご飯食べるので実は避難小屋に入るのは初めて。
もちろん誰もいないので広々のびのび休憩できました。
下山に4時間と見積もって体が冷えないうちに出発。
とりあえず上の岩場に上がって景色を眺めておく。南アルプスも見える。
前宮分岐までいろんな意味で重い足を文字通り引きずってきたけど
ここからは天狗ナギまでは滑り落ちるように下りた。
3,4年前の夏に神坂ルート歩いたけど、ここからがきついんだよね。
鳥越峠からは千両山への登り返しが無いからまだ楽だけど
今回も本当は時間があれば千両山パノラマコースで帰りたかった。
ただこれ以上遅くなるのも嫌だし登りたくないので鳥越峠から下りた。
大判山で最後の小休憩してから喉カラカラだったけど
車に置いてきた三ツ矢サイダーをサイコーにおいしく飲むために我慢。
追分登山口でスノーシューを脱ぐと足が軽い!楽!ただ水は我慢。
もう面倒なのでチェーンスパイクもつけないで登山口まで一気に下りた。
三ツ矢サイダー!!!うめえええええ!!!
ちょうど12時間の山行で登頂もできて充実感はあったけど
このコースはもういいや・・・。
訪問者数:769人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ