また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1390301 全員に公開 雪山ハイキング甲信越

【守門山塊】大岳・中津又岳 大雪庇2018・春を呼ぶ波

日程 2018年02月26日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
●二分集落・除雪終了地点に駐車スペースは8台(*ただし、Uターン用に1台分のスペースは残しておきたいところです)。また、路肩も含めますと50台以上は駐車できると思います。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間44分
休憩
22分
合計
8時間6分
Sスタート地点07:0308:47保久礼小屋08:5009:29キビタキ避難小屋09:3010:24天狗岩屋清水10:2510:36大岳11:26大岳12:14中津又岳12:3013:51保久礼小屋13:5215:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●ルート上、特に危険を感じる場所はありません。ただ、大岳→中津又岳区間にて、「大岳からの下り」はかなりの急斜面となります。距離は短いです。
●主稜線上の雪庇への近づきすぎには十分にご注意下さい。
●この時期は大岳をピストンされる方が多いのですが、中津又岳から見た大岳方面の展望がすばらしい。中津又岳ピーク周辺では、足元に広がるシュカブラ、グランドキャニオンのごとき大雪庇、その奥に見える守門岳北面が美しく、本コース最大の見どころです。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 アウター手袋 雨具 ネックウォーマー ザック 輪カンジキ アイゼン 昼ご飯 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

●*大岳からの展望
2018年02月26日 10:52撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*大岳からの展望
13
●●*右端に最高峰「袴岳」
2018年02月26日 10:52撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*右端に最高峰「袴岳」
34
●●●*眼下に鞍部「網張」
2018年02月26日 10:52撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*眼下に鞍部「網張」
31
●●●●*右奥に上権現堂山
2018年02月26日 10:52撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*右奥に上権現堂山
14
●*中津又岳からの展望
2018年02月26日 12:14撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*中津又岳からの展望
11
●●*大雪庇の奥に旧火口壁
2018年02月26日 12:14撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*大雪庇の奥に旧火口壁
25
●●●*中央に大岳ピーク
2018年02月26日 12:14撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*中央に大岳ピーク
14
●●●●*保久礼コース尾根
2018年02月26日 12:14撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*保久礼コース尾根
13
6時36分、三条市より長岡市栃尾地区へと抜け、道の駅「R290とちお」付近を走行。刈谷田川が静かに流れています。
2018年02月26日 06:36撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6時36分、三条市より長岡市栃尾地区へと抜け、道の駅「R290とちお」付近を走行。刈谷田川が静かに流れています。
15
6時43分、登山口である二分集落へ向かう途中、守門岳の奥に朝焼けが始まります。
「あぁ、オレは今年もまた守門に来た…」
2018年02月26日 06:43撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6時43分、登山口である二分集落へ向かう途中、守門岳の奥に朝焼けが始まります。
「あぁ、オレは今年もまた守門に来た…」
35
【世界最高レベルの除雪】
二分集落を走行。除雪は完璧。この守門・魚沼・十日町周辺の除雪技術は、おそらく世界最高レベルでしょう。
2018年02月26日 06:57撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【世界最高レベルの除雪】
二分集落を走行。除雪は完璧。この守門・魚沼・十日町周辺の除雪技術は、おそらく世界最高レベルでしょう。
16
【除雪終了地点・駐車場】
7時03分、登山口である除雪終了地点に到着。平日ですが、すでに5台が駐車してあります。
2018年02月26日 07:03撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【除雪終了地点・駐車場】
7時03分、登山口である除雪終了地点に到着。平日ですが、すでに5台が駐車してあります。
8
【本日の持ち物】
車を降りて支度をします。持ち物はワカン・6本爪アイゼン・Wストック。ピッケルは置いていきます。
2018年02月26日 07:14撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【本日の持ち物】
車を降りて支度をします。持ち物はワカン・6本爪アイゼン・Wストック。ピッケルは置いていきます。
2
【登山開始・雪壁を上がる】
7時15分、支度を調えて登山開始。まずは除雪終了地点の奥へ進み、ゆるいスロープで雪壁の上に上がります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【登山開始・雪壁を上がる】
7時15分、支度を調えて登山開始。まずは除雪終了地点の奥へ進み、ゆるいスロープで雪壁の上に上がります。
3
歩き出した直後の足下の様子。雪面は堅く締まっており、結局「大岳」手前までずっとツボ足のままでした。
2018年02月26日 07:17撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き出した直後の足下の様子。雪面は堅く締まっており、結局「大岳」手前までずっとツボ足のままでした。
6
まだ薄暗い中、トレースに従い「大平橋」へ向かいます。奥にはこれから登る「大岳」が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ薄暗い中、トレースに従い「大平橋」へ向かいます。奥にはこれから登る「大岳」が見えます。
3
7時25分、大平橋にて西川を渡ります。堰堤から流れ落ちる「ザー」という音だけが響きます。
2018年02月26日 07:25撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7時25分、大平橋にて西川を渡ります。堰堤から流れ落ちる「ザー」という音だけが響きます。
6
【大平橋・保久礼コースへ】
大平橋を渡るとすぐに左に曲がり、「保久礼コース」方面に向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【大平橋・保久礼コースへ】
大平橋を渡るとすぐに左に曲がり、「保久礼コース」方面に向かいます。
1
右手側、506mの斜面から陽が昇り始め、周辺一帯を淡いパープルで染め上げます♪
「キレイだなぁ…」
2018年02月26日 07:29撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手側、506mの斜面から陽が昇り始め、周辺一帯を淡いパープルで染め上げます♪
「キレイだなぁ…」
34
【枝尾根に取り付く 
7時37分、枝尾根に取り付きます。急斜面を登り、トラバースして斜上しながら右巻きで尾根に至ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【枝尾根に取り付く 
7時37分、枝尾根に取り付きます。急斜面を登り、トラバースして斜上しながら右巻きで尾根に至ります。
3
【枝尾根に取り付く◆
7時43分、枝尾根に上がったところで早くも休憩。左奥には「藤平山」が見えます。「もう汗かいたよ…」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【枝尾根に取り付く◆
7時43分、枝尾根に上がったところで早くも休憩。左奥には「藤平山」が見えます。「もう汗かいたよ…」
6
枝尾根から少し下り、沢筋を歩きます。例年は雪の下から「チョロチョロ」と沢の流れが聞こえるのですが、今年は何も聞こえません。
2018年02月26日 07:56撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枝尾根から少し下り、沢筋を歩きます。例年は雪の下から「チョロチョロ」と沢の流れが聞こえるのですが、今年は何も聞こえません。
沢筋を抜けて斜面を登ると、前方に「大岳」が少しだけ近づきます。杉林を歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢筋を抜けて斜面を登ると、前方に「大岳」が少しだけ近づきます。杉林を歩きます。
2
【長峰を通過】
8時32分、長峰付近を通過。長峰は、どこがピークなのかも不明な場所。細いブナ林に変わります。
2018年02月26日 08:32撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【長峰を通過】
8時32分、長峰付近を通過。長峰は、どこがピークなのかも不明な場所。細いブナ林に変わります。
1
●*長峰→保久礼小屋区間
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*長峰→保久礼小屋区間
5
●●*中津又岳・大岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*中津又岳・大岳
5
●●●*ホドソノツンネ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*ホドソノツンネ
2
●●●●*藤平山・大池山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*藤平山・大池山
2
8時44分、斜面を下って保久礼小屋へ向かいます。そこから先はしばらく急登が続き、880m付近で一段落。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8時44分、斜面を下って保久礼小屋へ向かいます。そこから先はしばらく急登が続き、880m付近で一段落。
3
【保久礼小屋・大雪】
8時49分、保久礼小屋を通過。屋根にはこれまで見たこともないほど雪が積もっています。「多いね…」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【保久礼小屋・大雪】
8時49分、保久礼小屋を通過。屋根にはこれまで見たこともないほど雪が積もっています。「多いね…」
10
「保久礼小屋→880m」区間、展望の利かないブナ林の急登を進みます。夏道ではココは階段が続く場所。
2018年02月26日 08:53撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「保久礼小屋→880m」区間、展望の利かないブナ林の急登を進みます。夏道ではココは階段が続く場所。
3
9時07分、880m付近に来ると一時的に急登から解放。展望も開けます。この先から尾根が拡散していきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9時07分、880m付近に来ると一時的に急登から解放。展望も開けます。この先から尾根が拡散していきます。
2
【キビタキ小屋・不明】
9時26分、キビタキ避難小屋付近。小屋が見当たりません。「場所が違う?雪で埋まっているのかも…」
2018年02月26日 09:26撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【キビタキ小屋・不明】
9時26分、キビタキ避難小屋付近。小屋が見当たりません。「場所が違う?雪で埋まっているのかも…」
2
左手側にちょっぴりの霧氷を楽しみつつ、まあまあの斜面を登り続けてブナ林を抜けます。「朝が冷え込めば、美しい霧氷に出会えたのに…」
2018年02月26日 09:36撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手側にちょっぴりの霧氷を楽しみつつ、まあまあの斜面を登り続けてブナ林を抜けます。「朝が冷え込めば、美しい霧氷に出会えたのに…」
4
ブナ林を抜け「不動平」手前で進行方向の展望が開けます。「先行者が見える。でも、アソコまで意外に遠いんスよ…」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ林を抜け「不動平」手前で進行方向の展望が開けます。「先行者が見える。でも、アソコまで意外に遠いんスよ…」
5
【不動平手前・ワカン】
これまでずっとツボ足で通しましたが、不動平手前で足が沈み始めます。観念してワカン装着です。
2018年02月26日 09:52撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【不動平手前・ワカン】
これまでずっとツボ足で通しましたが、不動平手前で足が沈み始めます。観念してワカン装着です。
8
●*不動平手前にて展望
2018年02月26日 10:07撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*不動平手前にて展望
6
●●*中央に中津又岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*中央に中津又岳
8
●●●*進行方向「不動平」
2018年02月26日 10:07撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*進行方向「不動平」
27
●●●●*奥に青雲岳ピーク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*奥に青雲岳ピーク
5
不動平・大岳周辺
シュカブラ写真1
2018年02月26日 10:10撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動平・大岳周辺
シュカブラ写真1
15
不動平・大岳周辺
シュカブラ写真2
2018年02月26日 10:11撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動平・大岳周辺
シュカブラ写真2
26
不動平・大岳周辺
シュカブラ写真3
2018年02月26日 10:20撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動平・大岳周辺
シュカブラ写真3
21
不動平・大岳周辺
シュカブラ写真4
2018年02月26日 10:12撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動平・大岳周辺
シュカブラ写真4
7
不動平・大岳周辺
シュカブラ写真5
2018年02月26日 10:55撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動平・大岳周辺
シュカブラ写真5
14
不動平・大岳周辺
シュカブラ写真6
2018年02月26日 10:12撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動平・大岳周辺
シュカブラ写真6
34
不動平・大岳周辺
シュカブラ写真7
2018年02月26日 10:20撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動平・大岳周辺
シュカブラ写真7
10
不動平・大岳周辺
シュカブラ写真8
2018年02月26日 10:22撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動平・大岳周辺
シュカブラ写真8
17
【不動平を通過・大岳へ】
10時08分、「不動平」を通過。大岳ピークは目前です。「守門の旧火口壁は拝めますかねぇ…」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【不動平を通過・大岳へ】
10時08分、「不動平」を通過。大岳ピークは目前です。「守門の旧火口壁は拝めますかねぇ…」
5
【大岳ピークを通過】
10時36分、斜面を登り切って「大岳」ピークに到着。休憩せず、そのまま網張方面へ進みます。
2018年02月26日 10:36撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【大岳ピークを通過】
10時36分、斜面を登り切って「大岳」ピークに到着。休憩せず、そのまま網張方面へ進みます。
3
撮影ポイントを探りながら、網張方面へ進みます。左手側は雪庇が張り出しているため近づきすぎは厳禁です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
撮影ポイントを探りながら、網張方面へ進みます。左手側は雪庇が張り出しているため近づきすぎは厳禁です。
4
最低鞍部「網張」へと下ります。トレースなし。下り斜面の途中で撮影ポイント到着。「よし、いつもの場所だ!」
2018年02月26日 10:44撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最低鞍部「網張」へと下ります。トレースなし。下り斜面の途中で撮影ポイント到着。「よし、いつもの場所だ!」
14
●*大岳→網張区間にて撮影
2018年02月26日 11:01撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*大岳→網張区間にて撮影
5
●●*眼下に最低鞍部・網張
2018年02月26日 11:01撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*眼下に最低鞍部・網張
13
●●●*奥に上・下権現堂山
2018年02月26日 11:01撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*奥に上・下権現堂山
5
●●●●*ずっと奥に鋸山
2018年02月26日 11:01撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*ずっと奥に鋸山
4
●*大岳付近より山座同定
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*大岳付近より山座同定
4
●●*黒姫・最高峰「袴岳」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*黒姫・最高峰「袴岳」
17
●●●*青雲岳・網張
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*青雲岳・網張
13
●●●●*檜岳・権現堂山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*檜岳・権現堂山
5
【大岳ピークへ戻る】
11時06分、網張手前で回れ右をし、再び大岳へ戻ります。大岳からは雪庇が張り出しています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【大岳ピークへ戻る】
11時06分、網張手前で回れ右をし、再び大岳へ戻ります。大岳からは雪庇が張り出しています。
10
【守門岳・記念撮影】
守門岳の旧火口壁をバックに記念撮影。「石井スポーツ長岡店で、新しいサングラス買いました〜♪」
2018年02月26日 11:11撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【守門岳・記念撮影】
守門岳の旧火口壁をバックに記念撮影。「石井スポーツ長岡店で、新しいサングラス買いました〜♪」
52
11時28分、大岳ピークを通過し、正反対の中津又岳方面がよく見える場所に陣取ります。「おぉ!コッチの雪庇はかなりせり出してる!」
2018年02月26日 11:28撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11時28分、大岳ピークを通過し、正反対の中津又岳方面がよく見える場所に陣取ります。「おぉ!コッチの雪庇はかなりせり出してる!」
5
【大雪庇・2018年 ver.】
大雪庇をじっくりと観察。「う〜む、今年もなかなかの大雪庇が形成されてる…」
2018年02月26日 11:32撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【大雪庇・2018年 ver.】
大雪庇をじっくりと観察。「う〜む、今年もなかなかの大雪庇が形成されてる…」
10
●*大岳から中津又岳展望
2018年02月26日 11:52撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*大岳から中津又岳展望
3
●●*中津又岳の大雪庇
2018年02月26日 11:52撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*中津又岳の大雪庇
10
●●●*粟ヶ岳&青里岳
2018年02月26日 11:53撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*粟ヶ岳&青里岳
16
●●●●*矢筈岳&御神楽岳
2018年02月26日 11:53撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*矢筈岳&御神楽岳
10
●*大岳頂稜より山座同定
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*大岳頂稜より山座同定
9
●●*粟ヶ岳・マンダロク山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*粟ヶ岳・マンダロク山
16
●●●*飯豊連峰・御神楽岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*飯豊連峰・御神楽岳
14
●●●●*日尊ノ倉山 ほか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*日尊ノ倉山 ほか
13
【大雪庇を眺めてランチ】
大岳頂稜にて、中津又岳の大雪庇を眺めながらランチ♪珍しく風もなく、ゆっくりと景色を楽しみました。
2018年02月26日 11:30撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【大雪庇を眺めてランチ】
大岳頂稜にて、中津又岳の大雪庇を眺めながらランチ♪珍しく風もなく、ゆっくりと景色を楽しみました。
15
【中津又岳へ向かう】
11時44分、大岳でのランチ終了。中津又岳へ向かいます。まずはワカンのまま急斜面を下り、鞍部へ向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【中津又岳へ向かう】
11時44分、大岳でのランチ終了。中津又岳へ向かいます。まずはワカンのまま急斜面を下り、鞍部へ向かいます。
5
【後方・大岳からの急斜面】
大岳からの急斜面を下った直後、後方を撮影。雪を蹴散らしながらズリ落ちた先、クラストしていたのには意表を突かれました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【後方・大岳からの急斜面】
大岳からの急斜面を下った直後、後方を撮影。雪を蹴散らしながらズリ落ちた先、クラストしていたのには意表を突かれました。
2
「大岳→中津又岳」区間、雪庇に近づきすぎは危険だし、かと言って谷間に近づきすぎると勾配がキツい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「大岳→中津又岳」区間、雪庇に近づきすぎは危険だし、かと言って谷間に近づきすぎると勾配がキツい。
5
●*大岳→中津又岳区間にて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*大岳→中津又岳区間にて
4
●●*保久礼コースの尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*保久礼コースの尾根
5
●●●*眼下に母川の谷間
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*眼下に母川の谷間
4
●●●●*進路・中津又岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*進路・中津又岳
5
中津又岳周辺
シュカブラ写真1
2018年02月26日 11:54撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中津又岳周辺
シュカブラ写真1
8
中津又岳周辺
シュカブラ写真2
2018年02月26日 12:20撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中津又岳周辺
シュカブラ写真2
24
中津又岳周辺
シュカブラ写真3
2018年02月26日 12:41撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中津又岳周辺
シュカブラ写真3
12
中津又岳周辺
シュカブラ写真4
2018年02月26日 12:18撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中津又岳周辺
シュカブラ写真4
15
この日、大岳から中津又岳方面に縦走する登山者はゼロ。ひと筋のスキーのトレースが残っているだけでした。
2018年02月26日 12:10撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日、大岳から中津又岳方面に縦走する登山者はゼロ。ひと筋のスキーのトレースが残っているだけでした。
11
進行方向、中津又岳ピークが見えてきます。勾配はさほどキツくありません。左から回り込む形でピークに至ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進行方向、中津又岳ピークが見えてきます。勾配はさほどキツくありません。左から回り込む形でピークに至ります。
4
中津又岳山頂部は広く、積雪期はどこがピークか分かりにくい。「果たして、どこまで雪庇側に近づいていいのやら…」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中津又岳山頂部は広く、積雪期はどこがピークか分かりにくい。「果たして、どこまで雪庇側に近づいていいのやら…」
5
【中津又岳ピークに到着】
12時17分、中津又岳ピークに到着。「グランドキャニオンのごとき雪庇群は今年も健在だっ!」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【中津又岳ピークに到着】
12時17分、中津又岳ピークに到着。「グランドキャニオンのごとき雪庇群は今年も健在だっ!」
12
●*中津又岳から旧火口壁
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*中津又岳から旧火口壁
2
●●*浅草岳・前岳・袴腰
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*浅草岳・前岳・袴腰
7
●●●*中岳・袴岳・青雲岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*中岳・袴岳・青雲岳
13
●●●●*大岳&登山者
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*大岳&登山者
5
●*中津又岳から山座同定
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*中津又岳から山座同定
5
●●青里岳・矢筈岳・魚止山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●青里岳・矢筈岳・魚止山
5
●●●御神楽岳・雲河曽根山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●御神楽岳・雲河曽根山
4
●●●●*丸倉山・烏帽子山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*丸倉山・烏帽子山
5
●*中津又岳から長岡市方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*中津又岳から長岡市方面
3
●●*大平山・栃堀薬師山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*大平山・栃堀薬師山
2
●●●*中津又沢・深谷沢
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*中津又沢・深谷沢
3
●●●●*冷田沢・守門川
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*冷田沢・守門川
3
中津又岳周辺
雪庇写真1
2018年02月26日 12:20撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中津又岳周辺
雪庇写真1
23
中津又岳周辺
雪庇写真2
2018年02月26日 12:24撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中津又岳周辺
雪庇写真2
11
中津又岳周辺
雪庇写真3
2018年02月26日 12:18撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中津又岳周辺
雪庇写真3
12
中津又岳周辺
雪庇写真4
2018年02月26日 12:29撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中津又岳周辺
雪庇写真4
9
●*下山・1167mにて撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*下山・1167mにて撮影
1
●●*後方・中津又岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*後方・中津又岳
6
●●●*左端に大岳ピーク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*左端に大岳ピーク
5
●●●●往路:保久礼コース
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●往路:保久礼コース
3
【中津又岳より下山開始】
12時33分、中津又岳より下山開始。西へと派生する尾根を進み、まずは1300mまで下る。右斜面の雪庇注意。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【中津又岳より下山開始】
12時33分、中津又岳より下山開始。西へと派生する尾根を進み、まずは1300mまで下る。右斜面の雪庇注意。
1
下山直後に後方「中津又岳」を振り返ります。勾配はゆるやか。ノートレース。ワカンで20兮が沈みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山直後に後方「中津又岳」を振り返ります。勾配はゆるやか。ノートレース。ワカンで20兮が沈みます。
1
12時41分、高度1300m地点を通過。北へ枝尾根が分かれますが、そのまま西の尾根を直進します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12時41分、高度1300m地点を通過。北へ枝尾根が分かれますが、そのまま西の尾根を直進します。
2
【真っ白な台地が目印】
12時55分、ポイントとなる1167mが見える。そこから左の尾根へ進む。写真左上「真っ白な台地」が目印。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【真っ白な台地が目印】
12時55分、ポイントとなる1167mが見える。そこから左の尾根へ進む。写真左上「真っ白な台地」が目印。
3
●*母川を挟む対岸の景色
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*母川を挟む対岸の景色
3
●●*大岳・母川の谷間
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*大岳・母川の谷間
6
●●●*不動平・枝尾根派生
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*不動平・枝尾根派生
13
●●●●往路:保久礼コース
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●往路:保久礼コース
5
雪面に映し出される木の影。この辺りまだまだ雪深く、春の「根開け」も始まっていません。
2018年02月26日 13:09撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪面に映し出される木の影。この辺りまだまだ雪深く、春の「根開け」も始まっていません。
7
13時16分、赤花コースと尾根を分け、ブナ林の中を歩き続けます。実に静かです。
2018年02月26日 13:16撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13時16分、赤花コースと尾根を分け、ブナ林の中を歩き続けます。実に静かです。
7
左手側の奥には、馴染み深い魚沼市の山々が見えます。「あれは唐松山。こちらは下権現堂山…」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手側の奥には、馴染み深い魚沼市の山々が見えます。「あれは唐松山。こちらは下権現堂山…」
4
【赤テープ・尾根を外れる】
13時34分、ぶら下がったいくつもの赤テープに導かれ、尾根を外れる。まもなく保久礼小屋への急降下が始まる。
2018年02月26日 13:34撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【赤テープ・尾根を外れる】
13時34分、ぶら下がったいくつもの赤テープに導かれ、尾根を外れる。まもなく保久礼小屋への急降下が始まる。
1
【保久礼小屋へ急斜面】
尾根を外れて急斜面を下りますが、距離は短いです。つづら折りのトレースが、うっすらと残っていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【保久礼小屋へ急斜面】
尾根を外れて急斜面を下りますが、距離は短いです。つづら折りのトレースが、うっすらと残っていました。
2
13時50分、雪のどっさり積もった保久礼小屋を通過。ここから往路で来た道に合流します。
2018年02月26日 13:50撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13時50分、雪のどっさり積もった保久礼小屋を通過。ここから往路で来た道に合流します。
1
その後は背後の「大岳」「中津又岳」を時々振り返りながら、ゆっくりと登山口まで戻ります。「あぁ、守門岳ももう終わりかぁ…」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後は背後の「大岳」「中津又岳」を時々振り返りながら、ゆっくりと登山口まで戻ります。「あぁ、守門岳ももう終わりかぁ…」
4
【駐車場・下山終了】
15時09分、何の問題もなく無事に駐車場に到着。下山終了。中津又岳ピークから、およそ2時間30分でした。
2018年02月26日 15:09撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【駐車場・下山終了】
15時09分、何の問題もなく無事に駐車場に到着。下山終了。中津又岳ピークから、およそ2時間30分でした。
3
●*中津又岳・母川
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*中津又岳・母川
4
●●*大岳・川クルミ沢
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*大岳・川クルミ沢
10
●●●*分岐・中ノ高地沢
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*分岐・中ノ高地沢
5
●●●●*ホドソノツンネ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*ホドソノツンネ
5
撮影機材:

感想/記録

新潟県中越地方に位置する「守門岳」は、長岡・魚沼・三条の3市にまたがっています。この冬、その三条市では昭和44年以来の記録的な大雪に見舞われました。実際、JR信越線が三条市栄地区で立ち往生したニュースを目にした方も多いのではないかと思います。

そうした長くて厳しい冬も終わりが見えてくると、春を迎える先駆けとして「あぁ、今年もまた守門岳の大雪庇を見に行きたいなぁ…」という気持ちが沸いてきます。新潟県、特に中越地方にて登山をされている方は、皆さんそういう気持ちになるのではないでしょうか。

大岳から中津又岳へと連なる雪庇群を目にすることで、季節的にも気分的にもようやく越後の「遅い春」を迎えることとなるのです。



(参考文献・その他)
・『越後の山旅』藤島玄 著 藤波出版社
・『下田山塊 山岳地図』 三条市経済部営業戦略室 発行
・カシミール3D
訪問者数:648人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ