また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1390328 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走甲信越

そよ風赤岳 地蔵尾根〜文三郎

日程 2018年02月26日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ ほぼ風無し
アクセス
利用交通機関
車・バイク
八ヶ岳山荘駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間50分
休憩
1時間50分
合計
9時間40分
S八ヶ岳山荘06:0007:00やまのこ村07:11赤岳山荘07:11美濃戸山荘07:1007:10中ノ行者小屋跡09:20行者小屋09:20地蔵の頭10:5011:10赤岳天望荘11:10赤岳頂上山荘11:3012:19赤岳12:0012:00文三郎尾根分岐12:00阿弥陀岳分岐12:00行者小屋12:00美濃戸山荘12:00赤岳山荘12:00やまのこ村15:20八ヶ岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
南沢ルートは踏み固められとても歩きやすかったです。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン グローブ アウター手袋 予備手袋 ゲイター ネックウォーマー バラクラバ アイゼン ピッケル 昼ご飯 行動食 ファーストエイドキット サングラス ツェルト ヘルメット

写真

長い林道を歩いやってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い林道を歩いやってきました。
1
今回は南沢ルートから
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は南沢ルートから
1
こちらは抜けるような青空
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは抜けるような青空
2
地蔵尾根の階段
ほぼ埋まってますが
登りやすい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵尾根の階段
ほぼ埋まってますが
登りやすい
1
写真だと急な感じが伝わりにくいですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真だと急な感じが伝わりにくいですね
2
他の方も言っていたけど
この角度はカッコいいです!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
他の方も言っていたけど
この角度はカッコいいです!
稜線に出た!風はなんとそよ風。登って暑くなった体に丁度良い位
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出た!風はなんとそよ風。登って暑くなった体に丁度良い位
今日はお地蔵様も雪は被ってません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はお地蔵様も雪は被ってません
1
カッコいいのでもう一枚
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カッコいいのでもう一枚
目指す赤岳山頂
この時期の稜線上ではあり得ない快適さ。オーバーグローブ外しました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す赤岳山頂
この時期の稜線上ではあり得ない快適さ。オーバーグローブ外しました
5
富士山の方角には雲が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山の方角には雲が
赤岳山頂!バックもキレイな八ヶ岳ブルー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山頂!バックもキレイな八ヶ岳ブルー
6
また長い林道を帰りましょ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また長い林道を帰りましょ
1
また来るからねー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また来るからねー
2

感想/記録
by sat778

今回は八ヶ岳の主峰赤岳へ
前日の天気予報は9時〜12時曇り晴れ
最悪曇りでも良いかーと思っていました。
夜中赤岳に向けて運転中に朧月
八ヶ岳山荘につくと星空が!
これは期待出来そう。

ながーい林道を歩いて行者小屋へ着く頃には
とても良い天気、風もほとんど無い!
今回は地蔵尾根から赤岳文三郎で下るルートを
とりました。
どのルートもトレースはしっかりとありました。雪も適度に締まっているのでアイゼンも良く効きます。
地蔵尾根の核心部も風がほとんどなかったので、それほど怖い思いはせずにすみました。
稜線に上がると、そよ風程度で暑くなった体に
心地良い位。途中からオーバーグローブを外して丁度良かったです。
赤岳ピークに団体さんがいたので、
頂上山荘脇で昼食。素手になっても大丈夫
まさかこの時期の稜線で素手になれるとは(笑)
一緒に昼食をとっていた方はストーブを使って
お湯を作ってました。それほど風もなく暖かかったです。
下りの文三郎の急登部分は雪でステップが
出来ていたので、簡単に降りることが出来ました。
帰りの林道のショートカット部分で
まさかのスリップ。お尻とザックがドロドロ・・・

天気、風、気温とこれ以上ない絶好のコンディションで楽しめました。山の神様に感謝

訪問者数:382人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/12/17
投稿数: 4
2018/2/28 12:55
 おつかれさまでした。
山頂で写真を撮っていただいた者です。ありがとうございました。

ほんとにいい日に登れてよかったです 。
登録日: 2016/11/16
投稿数: 3
2018/2/28 15:42
 Re: おつかれさまでした。
おつかれさまでした。
稜線でのんびりとご飯を食べられる
最高の天気でしたね。
またどこかの山で!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ