また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1390631 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走霊仙・伊吹・藤原

伊吹山・南西尾根(テント泊)

日程 2018年02月24日(土) 〜 2018年02月25日(日)
メンバー
 zhaiteng(CL)
天候晴れ→曇り→ホワイトアウト
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
10時間0分
休憩
0分
合計
10時間0分
S伊吹山上野登山口07:4009:40伊吹山五合目15:40山頂周回道分岐・合流点17:40伊吹山三合目17:40テント泊
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
時間は概算です
コース状況/
危険箇所等
トレースのあるところは踏み固められているが、人が入っていない所は踏み抜き地獄
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター バラクラバ ザック アイゼン ピッケル スコップ 昼ご飯 行動食 非常食 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 携帯 時計 サングラス ツェルト ナイフ カメラ ポール ヘルメット
備考 ワカンを持っていくべきであった。

写真

3合目の手前から撮影。赤のラインが登ったルート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3合目の手前から撮影。赤のラインが登ったルート
3
5合目から撮影。当初は青のルートをとる予定であったが予想以上に雪がない為、赤のラインに変更した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5合目から撮影。当初は青のルートをとる予定であったが予想以上に雪がない為、赤のラインに変更した。
3
尾根への取り付き。踏み抜き地獄。ワカンを持ってくるべきであった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根への取り付き。踏み抜き地獄。ワカンを持ってくるべきであった。
2
樹林帯を抜けたところ。登り切れば尾根に出る。雪質が悪く、斜度と今朝の雪崩警報が気になったが、踏み抜きのせいで時間がかかる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けたところ。登り切れば尾根に出る。雪質が悪く、斜度と今朝の雪崩警報が気になったが、踏み抜きのせいで時間がかかる。
2
尾根に上がった。スキーヤーの方が思いの他沢山滑っていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に上がった。スキーヤーの方が思いの他沢山滑っていた。
4
山頂まで標高差100メートルくらいのところでガスが出始める。この後、ホワイトアウトになり、かなりルートをロスしながら、なんとか正規登山道と合流した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂まで標高差100メートルくらいのところでガスが出始める。この後、ホワイトアウトになり、かなりルートをロスしながら、なんとか正規登山道と合流した。
3

感想/記録

1ヶ月前に通常ルートを登った際に綺麗な尾根に一目惚れし、今回トライした。
ルート自体は踏み抜きが凄かったことと、尾根にでる直前のところが雪崩れないか心配だったことを除けば危険個所は特にない。
尾根に上がってしばらくした辺りでホワイトアウトになり、何度もルートをロストした。凄く焦りながら、なんとか山頂の避難小屋に辿り着いた。この日 は、小屋で一泊しようかと思ったが、既に中に居られた数名のグループの方々に付いて行かせていただき、無事下山できた。大変感謝である。
当初山頂でテント泊の予定であったが、断念し、3合目付近で幕営し、翌日下山した。
訪問者数:250人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ