また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1391257 全員に公開 山滑走札幌近郊

千尺高地(元山口から)北斜面滑走

日程 2018年02月28日(水) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間15分
休憩
57分
合計
5時間12分
Sスタート地点(豊羽鉱山付近道路)11:2011:31元山コース登山口14:02千尺高地14:3615:56休憩(林道終点)16:1916:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
豊羽鉱山までの道路に数カ所落雪あり。元山口から千尺高地まではしっかりしたトレースがある。
その他周辺情報定山渓温泉。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

遅い出発となりましたが日も延び天気も今日までは安定しているとのことで元山口下の道路分岐スペースに車を置き千尺高地の北斜面を目指します。他2台停まっていました。
2018年02月28日 11:29撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遅い出発となりましたが日も延び天気も今日までは安定しているとのことで元山口下の道路分岐スペースに車を置き千尺高地の北斜面を目指します。他2台停まっていました。
元山口の上の向かいの斜面を登って。
2018年02月28日 11:29撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
元山口の上の向かいの斜面を登って。
豊羽鉱山の周囲には滑るのにもいい山がありそう。
2018年02月28日 11:49撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
豊羽鉱山の周囲には滑るのにもいい山がありそう。
左下(林道側)にたくさんのトレースがあった。今回は帰りに利用させてもらおう。
2018年02月28日 11:49撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左下(林道側)にたくさんのトレースがあった。今回は帰りに利用させてもらおう。
少し上。新しいのもある。
2018年02月28日 11:51撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し上。新しいのもある。
長尾山からの尾根。下の谷部分の傾斜が緩やかなので漕がずに滑り下りられるか。
2018年02月28日 12:59撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長尾山からの尾根。下の谷部分の傾斜が緩やかなので漕がずに滑り下りられるか。
登山口方向。
2018年02月28日 13:03撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口方向。
いい斜面がある。前回はあの斜面を横切ったトレースを行った。
2018年02月28日 13:03撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい斜面がある。前回はあの斜面を横切ったトレースを行った。
上部。名物の塔のような木。
2018年02月28日 13:04撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部。名物の塔のような木。
千尺まで行かれたという人が滑り下りてきた。
2018年02月28日 13:12撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千尺まで行かれたという人が滑り下りてきた。
2人目。上では一時晴れて海まで見渡せたという。
2018年02月28日 13:12撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2人目。上では一時晴れて海まで見渡せたという。
千尺下の西側の谷の断崖斜面。
2018年02月28日 13:19撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千尺下の西側の谷の断崖斜面。
1
大沼三角点に伸びる尾根の1110mPKの雪庇が張り出した斜面。
2018年02月28日 13:27撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沼三角点に伸びる尾根の1110mPKの雪庇が張り出した斜面。
右方はいい感じ。一度滑り降りてみよう。
2018年02月28日 13:39撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右方はいい感じ。一度滑り降りてみよう。
1
下方。深い谷に繋がっている。
2018年02月28日 13:39撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下方。深い谷に繋がっている。
縦走してみたい山が連なる。
2018年02月28日 13:44撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走してみたい山が連なる。
千尺高地に到着。幻想的な静寂の雪原だ。
2018年02月28日 14:02撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千尺高地に到着。幻想的な静寂の雪原だ。
1
無意根方面は雪でかすんでいる。トレースはない。
2018年02月28日 14:02撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無意根方面は雪でかすんでいる。トレースはない。
1
長尾山。視界が良くないと遠く見える。
2018年02月28日 14:02撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長尾山。視界が良くないと遠く見える。
1
今回初めて千尺高地北斜面を滑ります。シールを剥がして滑走準備完了。
2018年02月28日 14:16撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回初めて千尺高地北斜面を滑ります。シールを剥がして滑走準備完了。
5
滑り下りる谷方面。下が楽に滑り下れるか不安だが今回は探索を兼ねて行ってみる。
2018年02月28日 14:02撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑り下りる谷方面。下が楽に滑り下れるか不安だが今回は探索を兼ねて行ってみる。
先ほどの2本のモンスターと太陽。この神秘的な静寂の雰囲気、自然は凄い。
2018年02月28日 14:31撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほどの2本のモンスターと太陽。この神秘的な静寂の雰囲気、自然は凄い。
1
この斜面を滑ります。
2018年02月28日 14:31撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この斜面を滑ります。
2
ここから滑り始めます。すぐ下は雪庇なので右に移動し左方向へ。
2018年02月28日 14:31撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから滑り始めます。すぐ下は雪庇なので右に移動し左方向へ。
1
雪庇下に移動。いざ滑走です。
2018年02月28日 14:36撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇下に移動。いざ滑走です。
1
直下のトラック。雪は締まってもっこり。ナイフで切ってゆく感じ。たまらない。後で気づきましたが右隣に2本のスキートラックがあった。
2018年02月28日 14:38撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直下のトラック。雪は締まってもっこり。ナイフで切ってゆく感じ。たまらない。後で気づきましたが右隣に2本のスキートラックがあった。
2
左手斜面。
2018年02月28日 14:40撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手斜面。
1
更に下って。
2018年02月28日 14:41撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に下って。
3
今日はこの斜面には誰も入っていないのかと思っていたら一本のスキーのトラックがありました。
2018年02月28日 14:41撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はこの斜面には誰も入っていないのかと思っていたら一本のスキーのトラックがありました。
2
前の人のトラックに並べて。
2018年02月28日 14:44撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前の人のトラックに並べて。
2
登りのトレースがあったので使わせてもらうことに。とりあえず下りは大丈夫か。
2018年02月28日 14:46撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りのトレースがあったので使わせてもらうことに。とりあえず下りは大丈夫か。
2
狭い沢を登ってきたようです。この後、トレースは先の沢が広がったところで左方の登山道の方に向かっていた。この沢は先で急峻になり登攀不能。
2018年02月28日 14:49撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭い沢を登ってきたようです。この後、トレースは先の沢が広がったところで左方の登山道の方に向かっていた。この沢は先で急峻になり登攀不能。
1
トレースとは別れ、右手の小さな尾根にスキーで登った。大変だったが滑れそうな斜面が開けた。このまま緩やかな斜面を下ることに。
2018年02月28日 15:07撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースとは別れ、右手の小さな尾根にスキーで登った。大変だったが滑れそうな斜面が開けた。このまま緩やかな斜面を下ることに。
1
下に鉱山のある谷が見えるが小さな沢が走り地形が入り組んでいてルート選択に難儀する。
2018年02月28日 15:07撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下に鉱山のある谷が見えるが小さな沢が走り地形が入り組んでいてルート選択に難儀する。
1
時々いい斜面が開けたり。
2018年02月28日 15:09撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々いい斜面が開けたり。
2
このまま滑り下りられればいいのですが。
2018年02月28日 15:11撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このまま滑り下りられればいいのですが。
1
楽して下ると沢に入り、
2018年02月28日 15:20撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽して下ると沢に入り、
2
狭い沢で途中ブリッジがあり通行不能になります。
2018年02月28日 15:29撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭い沢で途中ブリッジがあり通行不能になります。
2
尾根側に移動するのがベターです。しかしスキーで登り斜面を上がるのは大変。
2018年02月28日 15:30撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根側に移動するのがベターです。しかしスキーで登り斜面を上がるのは大変。
2
難行のあげく元山口からの山道に出ました。上り方向。
2018年02月28日 15:44撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
難行のあげく元山口からの山道に出ました。上り方向。
2
下り方向。この道に沿って下ります。ほぼラッセルですが。
2018年02月28日 15:44撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り方向。この道に沿って下ります。ほぼラッセルですが。
2
沢を渡ります。多分下に橋がある。
2018年02月28日 15:46撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を渡ります。多分下に橋がある。
1
尾根を少し回り込む。
2018年02月28日 15:52撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を少し回り込む。
1
ひたすら歩きます。
2018年02月28日 15:52撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら歩きます。
1
ついに元山口からの林道終端に到着、たくさんのトレースがある。多分登山道からこの林道に回ってきたものもありそう。
2018年02月28日 15:55撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに元山口からの林道終端に到着、たくさんのトレースがある。多分登山道からこの林道に回ってきたものもありそう。
1
登山口に向かって自動運転です。スピードオーバ−に注意。
2018年02月28日 16:21撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に向かって自動運転です。スピードオーバ−に注意。
1
登山口に到着。下にくると晴れてきました。こちらから登る人も多いんだなと知りました。
2018年02月28日 16:23撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に到着。下にくると晴れてきました。こちらから登る人も多いんだなと知りました。
1
車のところに無事帰還。穏やかないい天気の一日だった。
2018年02月28日 16:41撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車のところに無事帰還。穏やかないい天気の一日だった。
2
撮影機材:

感想/記録

明日から天気が荒れるとの予報でいつもながらの遅い出発となりましたが千尺高地を目指しました。前回(2/2)に来たときは帰路が不安で北斜面滑走を諦めましたが、日も延び天気も穏やかなので北斜面滑走と元山口までの谷部のルート調査を目的としました。平日にもかかわらず元山口下の道路分岐の駐車スペースには2台駐まっていて登りのトレースはしっかりしていました。千尺高地は小雪が降り無意根の山容を見ることは出来ませんでしたが、上空には太陽が差していて比較的穏やかな天候でした。この千尺高地の静寂で神秘的な雰囲気に浸って一人で楽しめるのは格別です。明日は3月、雪が降っていてもなにやら和んだ気分になります。念願の北斜面を滑ることができ満足しました。雪は締まっていてナイフで切ってゆくような感じでした。他にもトレースがあり人気の斜面になっているようです。元山口までこの谷部分を滑り下りましたが途中狭い沢に入り込みスキーで再び尾根に上がるのが大変でした。もう少し楽に下れるルートを見つけたいと思います。が、案じたほど難しいルートではなく、狭い沢に入って無理しなければ安全の戻れるということがわかりました。近くにはまだまだ魅力ある山があるので雪のあるうちに出かけたいと思っています。
訪問者数:205人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ