また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1392809 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走北陸

金剛堂山 竜口尾根周回

日程 2018年03月03日(土) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
スノーバレー利賀駐車場(除雪作業の邪魔にならないように注意)
※雪が多く例年以上に狭いようです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間29分
休憩
43分
合計
6時間12分
Sスタート地点03:4805:34片折岳05:4106:48金剛堂山(前金剛)07:2407:4310:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
3:48 スノーバレー利賀
4:34 栃谷登山道合流
5:36 片折岳
6:14 P1451
6:48-6:51 金剛堂山(前金剛)
7:25 竜口尾根エントリ
7:45 P1473
8:27 P1406
9:01 竜口峰(方向山)P1384
9:10 P1352
10:00 スキー場駐車場
コース状況/
危険箇所等
・トイレ、登山ポスト無し。
・前金剛手前の雪庇はひび割れ始め、穴も開いていた。通過時には十分注意。
これから春先にかけて、ひび割れが大きくなり危険となる。
・竜口尾根のエントリーポイントは前金剛南側の雪庇の段差が少ない場所を探し迂回した(前金剛からは雪庇のため下を確認できず)。
・風の強いところはクラスト斜面のため、トラバースが連続するときはアイゼン使用(竜口尾根エントリーポイント)。
・竜口尾根に入ってすぐに大きな尾根の分岐に至る。支尾根に入り込まないように(GPS必携)。小さな雪庇の突破必要。
・竜口尾根P1406〜P1384の登り返しはどちらからも体力を使う。
・竜口尾根全体でもアップダウンが続く。展望良し。積雪期の踏破が最適。
 
その他周辺情報天竺温泉の郷(サウナ、露天風呂あり) 600円 水曜休み 
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

煙突小屋の左からスタート。雪は締まっており、晴天だが寒くない。
2018年03月03日 03:34撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
煙突小屋の左からスタート。雪は締まっており、晴天だが寒くない。
手前の橋は雪の壁。
2018年03月03日 03:50撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前の橋は雪の壁。
月夜。条件は良い。
2018年03月03日 04:29撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月夜。条件は良い。
ここで小休止。風がでてきた。ハードシェルではなくフリースでどこまで行けるか。
2018年03月03日 05:34撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで小休止。風がでてきた。ハードシェルではなくフリースでどこまで行けるか。
ようやく夜明け。風が強く吹くと寒い。クラストした斜面が多くなる。
2018年03月03日 06:03撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく夜明け。風が強く吹くと寒い。クラストした斜面が多くなる。
前金剛が近くなる。
2018年03月03日 06:14撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前金剛が近くなる。
雪庇があるのであまり谷側に寄れない。
2018年03月03日 06:15撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇があるのであまり谷側に寄れない。
月夜。バックは人形山方面。
2018年03月03日 06:17撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月夜。バックは人形山方面。
竜口尾根と北アルプス(立山方面)
2018年03月03日 06:18撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜口尾根と北アルプス(立山方面)
最後の案内板 4km?
2018年03月03日 06:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の案内板 4km?
白山と三ヶ辻山、人形山。朝日に染まる。
2018年03月03日 06:24撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山と三ヶ辻山、人形山。朝日に染まる。
白山方面遠望
2018年03月03日 06:34撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山方面遠望
登ってきた尾根。バックは五箇山方面の山並み
2018年03月03日 06:35撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた尾根。バックは五箇山方面の山並み
劔、立山方面
2018年03月03日 06:35撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
劔、立山方面
固い氷の斜面。
2018年03月03日 06:37撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
固い氷の斜面。
前金剛手前の雪庇。ひび割れが進む。手前の右から回避。
2018年03月03日 06:40撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前金剛手前の雪庇。ひび割れが進む。手前の右から回避。
これから来る人は通過に注意。
2018年03月03日 06:41撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから来る人は通過に注意。
竜口尾根に日差しが差す。
2018年03月03日 06:43撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜口尾根に日差しが差す。
立山連峰と白木峰。
2018年03月03日 06:47撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山連峰と白木峰。
1
祠の頭だけ出ていました。
2018年03月03日 06:48撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠の頭だけ出ていました。
2
御岳。左手は中央アルプス。
2018年03月03日 06:48撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御岳。左手は中央アルプス。
1
三ヶ辻山と人形山。
2018年03月03日 06:49撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ヶ辻山と人形山。
竜口尾根。前金剛から眺めるが、手前の雪庇で直接進めず。
2018年03月03日 06:49撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜口尾根。前金剛から眺めるが、手前の雪庇で直接進めず。
白木峰と仁王山。
2018年03月03日 06:50撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白木峰と仁王山。
南側に進み、雪庇が割れているところを探す。
2018年03月03日 06:53撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側に進み、雪庇が割れているところを探す。
風が強く、雪が舞う。
2018年03月03日 06:53撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が強く、雪が舞う。
なだらかな斜面から東へドロップ。
2018年03月03日 06:57撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なだらかな斜面から東へドロップ。
雪庇の下は新雪。風が無くなる。
2018年03月03日 06:58撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇の下は新雪。風が無くなる。
竜口尾根の起点までトラバース。ここが今日の核心部だった。
2018年03月03日 07:00撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜口尾根の起点までトラバース。ここが今日の核心部だった。
次第に氷の斜面が多くなる。スノーシューからアイゼンに切替。
2018年03月03日 07:21撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次第に氷の斜面が多くなる。スノーシューからアイゼンに切替。
ようやく竜口尾根に入る。ここも右手は雪庇が発達してる。
2018年03月03日 07:25撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく竜口尾根に入る。ここも右手は雪庇が発達してる。
前金剛を振り返る。のっぺりしているが上部は雪庇。
2018年03月03日 07:25撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前金剛を振り返る。のっぺりしているが上部は雪庇。
氷の斜面。動物の皮のようだ。
2018年03月03日 07:27撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷の斜面。動物の皮のようだ。
竜口尾根の雪庇からの白木峰
2018年03月03日 07:30撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜口尾根の雪庇からの白木峰
前金剛方面。
2018年03月03日 07:30撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前金剛方面。
右手に白木峰を眺めながら北進。
2018年03月03日 07:33撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手に白木峰を眺めながら北進。
1
最初の尾根の分岐で右手に進むが雪庇を突破。崩れているところから下降。
2018年03月03日 07:34撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の尾根の分岐で右手に進むが雪庇を突破。崩れているところから下降。
2
P1473方面への細い尾根。ここからアップダウンの稜線歩きとなる。
2018年03月03日 07:42撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1473方面への細い尾根。ここからアップダウンの稜線歩きとなる。
P1473の小高いピーク。稜線上の見通しは良い。
2018年03月03日 07:44撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1473の小高いピーク。稜線上の見通しは良い。
いくつもの丘を越えていきます。
2018年03月03日 07:49撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いくつもの丘を越えていきます。
P1441手前の小ピーク。右手は雪庇なので、巻けるところは左手から巻く。
2018年03月03日 07:55撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1441手前の小ピーク。右手は雪庇なので、巻けるところは左手から巻く。
金剛堂山を振り返る。
2018年03月03日 07:57撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金剛堂山を振り返る。
だいぶん遠くなりました。
2018年03月03日 08:05撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶん遠くなりました。
延々と続く稜線。
2018年03月03日 08:13撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
延々と続く稜線。
風の通り道は段差となっている。
2018年03月03日 08:14撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風の通り道は段差となっている。
小さなピークが続きます。雪が締まっていて気にならない。
2018年03月03日 08:16撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さなピークが続きます。雪が締まっていて気にならない。
飛行機雲。
2018年03月03日 08:21撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛行機雲。
竜口尾根と金剛堂山。
2018年03月03日 08:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜口尾根と金剛堂山。
1
金剛堂山と栃谷登山道の尾根。
2018年03月03日 08:26撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金剛堂山と栃谷登山道の尾根。
P1382が近づく。
2018年03月03日 08:29撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1382が近づく。
P1384への登り坂。右手は眺めが良いが今回は左側から登る。
2018年03月03日 08:43撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1384への登り坂。右手は眺めが良いが今回は左側から登る。
P1406の斜面。複雑な地形です。
2018年03月03日 08:43撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1406の斜面。複雑な地形です。
P1384の登り返しは木々のあるところを進む。雪が腐り始めていた。
2018年03月03日 08:45撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1384の登り返しは木々のあるところを進む。雪が腐り始めていた。
金剛堂山遠望。
2018年03月03日 09:01撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金剛堂山遠望。
P1384からP1352方面を眺める。山スキー1名確認。
2018年03月03日 09:02撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1384からP1352方面を眺める。山スキー1名確認。
ようやくスノーバレー利賀のリフトが近づく。
2018年03月03日 09:10撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやくスノーバレー利賀のリフトが近づく。
間もなく稜線歩き終了。
2018年03月03日 09:14撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間もなく稜線歩き終了。
ここを下った鞍部からスキー場のゲレンデに向かう。
2018年03月03日 09:16撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを下った鞍部からスキー場のゲレンデに向かう。
P1352から下り始める。手前の杉林を左手に進む。
2018年03月03日 09:17撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1352から下り始める。手前の杉林を左手に進む。
山スキーのトレースに従って杉林に入る。
2018年03月03日 09:18撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山スキーのトレースに従って杉林に入る。
杉林の中を進む。トレースあり。
2018年03月03日 09:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉林の中を進む。トレースあり。
スキー場のゲレンデに飛び出す。ゲレンデの上部。
2018年03月03日 09:22撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場のゲレンデに飛び出す。ゲレンデの上部。
ゲレンデ下部。一名、ボードを担いでスノーシューで登ってくる人が写る。
2018年03月03日 09:22撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデ下部。一名、ボードを担いでスノーシューで登ってくる人が写る。
結構なくだりが続く。アイゼンのまま走行。
2018年03月03日 09:29撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構なくだりが続く。アイゼンのまま走行。
圧雪された斜面を黙々と下る。
2018年03月03日 09:42撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
圧雪された斜面を黙々と下る。
ゲームセット。スキー場の下りで筋肉痛だ。
2018年03月03日 10:00撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲームセット。スキー場の下りで筋肉痛だ。

感想/記録

金剛堂山へは今シーズン3回目の山行。
一回目は竜口尾根を目指したが悪天候により前金剛までしか行けなかった。
 https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1341088.html
二回目は大長谷から袖ヶ谷の南尾根から竜口尾根に上がり、
八尾ルートで周回した。時間や天候により前金剛まで行けなかった。
 https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1355635.html
つまり、前金剛から八尾ルートの入口の標高1473m地点の間が踏破されていない。
今回は、この空白区間を埋めるために出かけた。

この日は晴れの予報だが最高気温が15℃と一気に暖かくなる。
作戦は、雪が締まっている内に竜口尾根を踏破してしまうことだ。
仮眠を取り、国道471号線から栃折峠を越える。
ここまで気温-1℃。所々凍結している。
利賀村に入ると気温は一気に-5℃まで下がり、道路の両サイドは雪の壁となる。
スノーバレー利賀に3:10頃到着。
雪が多く、除雪の邪魔にならないように駐車する。
一度、煙突小屋横からツボ足で歩き出すが、坂に差し掛かると踏み抜きが発生。
スノーシューを取りに車へ戻り再出発。
3:48スタート。幸いにも月夜で好条件。天候も晴れ。
先日の荒天(雨)のため、表面の雪が解けてモナカになっていたり、
締まっている雪が多い。
スノーシューは踏み抜きを無くし、クランポンを多用することが目的。
登り出しの急登ではスノーシューがモナカの中の柔らかい雪で下にズレて苦戦するが
コツが分かると次第に調子が良くなった。
また、すぐに暑くなったので、一枚脱いだりして栃谷登山道合流点までスロースタート。
片折岳手前の急登はいつもは左の尾根にすぐ取り付くが、今回は直進。
標高を稼ぎ、夏道沿いに上がり稜線に出る。
少し、表面に薄らと新雪が積もるようになる。
片折岳手前では吹き溜まりで約10儖未△襪すぐに締まった雪となる。
月の光があるので山の姿も認識できる。
5:36 片折岳到着。いつも山頂お案内板が見つからなかったが、今回は
すぐに見つかった。ここで小休止。
片折岳から一旦下る。今回はあまりGPSで確認する必要がない。
一度、今シーズン来ていること、月夜など好条件だからだ。
少し東の空が明るくなってきた。
6:14 P1451通過。淡いスキーのトレースあり。
風が強くなり、指先が冷えてきた。テルムスにインナーグローブだが
冷えるので、冬用グローブに交換。快適になった。
左手の谷に向かって雪庇が発達しているのであまり近づかないように注意。
相変わらず固い雪が中心。標高が上がると氷のようなところもある。
日の出を迎えるが北斜面なので日光はない。北アルプス、白山、人形山、三ヶ辻山、
富山平野、高岡平野、五箇山の山々など良く見える。
前金剛手前の雪庇にはクラックと穴が開いていた。これから少しずつ崩壊が
進み、登山の障害となるだろう。クラック手前の稜線右手から回避して通過
ここを超えると風が強まるが山頂台地となる。ここを詰めると前金剛だ。
6:48到着。先週のヤマレコのレポート同様、祠の上端しか雪の表面に出ていない。
ここにいても仕方がないので、竜口尾根に進む。
本来は東側にすぐにいけるはずが、雪庇があり奥を確認できないので進むことができない。
とりあえず南側の雪庇の段差が浅いところを探す。
なだらかになっている部分から下降開始。
再度、雪庇を左に見ながら柔らかい雪の斜面をトラバース。
竜口尾根の入口に近づくとクラストした斜面が連続するようになる。
小さな谷でアイゼンに履き替える。氷の斜面はやはりこれに限る。
ピッケルを出すほどではない。
前金剛の東にようやく達して竜口尾根を北進する。
クラストした斜面とモナカ雪が連続する。ここも右手は雪庇が発達。
右手に白木峰、仁王山を眺めながら進む。
すぐに左に大きな支尾根が出てくるがここは右へ。
GPSでのルーファイが肝。ここでも小さな雪庇を突破。
切れている所があり助かった。ようやくP1473が見えてきた。
小さな尾根から広い台地の先の小高い丘がP1473だ。
P1473からは八尾ルートは良く見えない。
前回はラッセルの連続だが今回は締まった雪なので条件は格段に良い。
アイゼンだが踏み抜きもほとんどない。
竜口尾根はこの辺から小さなアップダウンを繰り返す。
8時を過ぎると登りの南斜面の雪が湿ってきていた。
また、時折、吹き溜まりが現れ体力を使わされる。
P1473から四つ目のピークがP1406だ。8:27到着。
前回はこの登り返しで苦労させられた。
ここから眺めるP1384までの坂は実に急に見える。
P1406から標高差100mの坂を下る。
複雑な斜面だが下りの勢いで一気に鞍部に達する。
ここで栄養補給。スモークチキンとカレーパンを食べる。
P1384側の登りは左手が樹林帯、右手が尾根道になっている。
今回は樹林帯の中を進み、標高を稼ぐ。
さすがに坂が急なのでジグザグに登ったりする。
やがて坂が緩くなりピークに達した。
右手に、袖ノ谷南尾根が見える。眺める限りはやはり登りやすそうに見える。
P1384を下りだすと、スノーバレー利賀側からスキーヤーが一人登ってきた。
挨拶して情報交換のため少し会話をして先に進む。
P1352を超えるとリフト降り場が見えてきた。
スキーヤーのトレースを頼りに進む。
鞍部から西に進み、杉林に突入。そこを突っ切るると広いゲレンデに出る。
圧雪されていて快適だ。
下からスノ―シューで登ってくるボーダーと挨拶してすれ違う。
アイゼンでも快適に下れる。長い長いゲレンデだ。
最後は膝にくるほどきつくなった。まあ、トレーニングと捉えればいいだろう。
明日は筋肉痛かもしれない。結局、最後までアイゼンを付けたままだった。
厳冬期の名残りを感じられた尾根歩きを堪能できた。
10:00 スキー場駐車場
天竺温泉により帰途に就く。下界はやはり15℃で春のようだった。


訪問者数:218人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ