また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1392825 全員に公開 雪山ハイキング近畿

湖北 余呉町菅並〜妙理山

日程 2018年03月03日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
菅並の六所神社
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間38分
休憩
42分
合計
6時間20分
Sスタート地点08:2010:53東妙理山11:0011:27妙理山分岐11:45妙理山12:2014:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
六所神社の後から尾根を辿る。特に難し個所は無い。
その他周辺情報ウッディパル余呉
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

六所神社
2018年03月03日 08:24撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六所神社
神社の裏から急な尾根を登る
2018年03月03日 08:39撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社の裏から急な尾根を登る
尾根の傾斜が落ち着くと山毛欅の木が目立って多くなる。
2018年03月03日 09:47撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の傾斜が落ち着くと山毛欅の木が目立って多くなる。
1
横山岳(左手前)と金糞岳(奥)
2018年03月03日 09:50撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横山岳(左手前)と金糞岳(奥)
2
北の中央分水嶺の山々が木々の間から見えます。
2018年03月03日 10:53撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北の中央分水嶺の山々が木々の間から見えます。
右奥には伊吹山も見えてます。
2018年03月03日 11:00撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右奥には伊吹山も見えてます。
3
妙理山分岐
2018年03月03日 11:27撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙理山分岐
1
中央分水嶺の上谷山も見えてます。
2018年03月03日 11:31撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央分水嶺の上谷山も見えてます。
2
山頂直下の仲間達
2018年03月03日 12:23撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下の仲間達
3
上谷山(左端)から中央分水嶺の山々が三国岳、三周ヶ岳、笹ヶ峰までも見えます。
2018年03月03日 12:41撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上谷山(左端)から中央分水嶺の山々が三国岳、三周ヶ岳、笹ヶ峰までも見えます。
3
菅並の町と横山岳、金糞岳、伊吹山の揃い踏み。
2018年03月03日 12:46撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菅並の町と横山岳、金糞岳、伊吹山の揃い踏み。
3
撮影機材:

感想/記録

湖北の雪も落ち着き春山シーズン最初の山として、横山岳西尾根ルートの登山口菅並の街の北に聳える妙理山を六所神社から尾根ルートで辿ってきました。
残念ながら菅並の奥に在る「妙理の里」の駐車場は除雪がされてないので、戻って六所神社の前の道路脇に停めさせて頂きます。
気温マイナス一度、残雪は締まっていて壺足で登りだします。いきなり急な植林帯の尾根が暫く続きますが、傾斜も落ち楽になります。気温が上がり踏み抜きが多くワカンを装着して、獣達の大小の足跡の残る広い尾根を辿る。足跡の中に小さな四本の指と直角に少し大きな指の跡が沢山残っています、どうやら猿の群れが通った跡の様です。
登るに従い周りの山々が見られる様になる。尾根の左には七々頭ヶ岳。振り返れば平成26年3月に登った横山岳の西尾根、北西尾根が懐かしい。
更に標高が上がると真っ白い大きな山頂の山が見えだす。山座同定すると、中央分水嶺の上谷山だと解る。
東妙理山を越えると白い頭の伊吹山、北側には、2014年3月に辿った栃ノ木峠から音波山、下谷山(https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-419849.html)の中央分水嶺の山々、その稜線に続く上谷山、更に三国岳、三周ヶ岳、なんと笹ヶ峰までもが見られます。何という幸運でしょう。
妙理山分岐から僅かで本日の目標妙理山に到着、山名板も何も無い山頂です。風を避け日差しを背に受けて暫し食事を楽しみ、来た道を戻ります。
敦賀湾の先には西方ヶ岳と栄螺ヶ岳、先週登った岩籠山と野坂岳、乗鞍岳から続く高島トレイルの山々。
琵琶湖の周りの山々の展望台に相応しい絶景ポイントと辿ってきた尾根上の山毛欅林、残雪の季節ならではの好ルートでしょうね。勿論山毛欅の芽吹きも、紅葉の季節もきっと素晴らしいことでしょうね。
さて次は、どこにしようかな?
訪問者数:268人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

山座同定 紅葉 踏み抜き 分水嶺
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ