また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1392912 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

残雪期の様相〜赤岳&阿弥陀岳一筆書き周回

日程 2018年03月03日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候八ヶ岳Blue🌅
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美濃戸バス停前駐車場🚏
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間31分
休憩
1時間58分
合計
8時間29分
S美濃戸口05:5506:32やまのこ村06:3206:37美濃戸山荘06:4007:30中ノ行者小屋跡07:3608:16行者小屋08:4209:19地蔵の頭09:2809:31赤岳天望荘09:3509:55赤岳頂上山荘10:0110:04赤岳10:1410:14竜頭峰10:1510:15赤岳10:1810:25文三郎尾根分岐10:2610:46中岳10:5711:03中岳のコル11:1211:23阿弥陀岳11:4211:43西の肩(岩場)11:4411:47西ノ肩11:5312:39不動清水12:4013:19御小屋山13:2514:23八ヶ岳山荘14:2414:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
○厳冬期の八ヶ岳を登り尽くす。との強い使命感により、厳冬期では未踏の阿弥陀岳にchallenge。
○美濃戸バス停から行者小屋。地蔵尾根から赤岳→中岳→阿弥陀岳→御小屋尾根→美濃戸バス停の周回
○前日の降雪のせいか、行者小屋までは今までで一番雪が多く歩きにくい感じでした。
○総じて、全体的に雪が緩い感じです。つまり、登り易いところもあれば、足を取られてそうでもなく、ツボ足になり降りにくいところもある(特に御小屋尾根)という感じです。
○赤岳→中岳→阿弥陀岳の冬季ルートは、雪たっぷりで相当の積雪路を楽しめる非常に面白いルートです。中岳→阿弥陀は長いridge部分を慎重に超えていかなければなりません。天気が悪いと危ないところです。
○阿弥陀の登りは凄まじい直登。ピッケル⛏なしでは対抗できませんし、相当の体力&筋力を削られます。きつい登りの正に正念場ですが、これぞ冬山といった感じでやりきった感があります。
○阿弥陀岳からは御小屋尾根。遮るもののない大展望の中、急斜面を下ります。段々と標高を下げると深く足を取られる緩い雪道となり、非常に疲れます。久々の御小屋尾根でしたが相変わらず長かった感がありました。
その他周辺情報ハルピンラーメン富士見店🍜。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

午前6時前の美濃戸バス停前駐車場。結構な駐車車両でしたが、意外にも登山客は少ない感じでした。
2018年03月03日 05:54撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前6時前の美濃戸バス停前駐車場。結構な駐車車両でしたが、意外にも登山客は少ない感じでした。
前日の降雪により登山道には結構な雪があります。
2018年03月03日 07:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日の降雪により登山道には結構な雪があります。
結構積もりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構積もりました。
行者小屋。それほど登山者は多くない。3月に入ったからかな?
2018年03月03日 08:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋。それほど登山者は多くない。3月に入ったからかな?
今日の目的地。阿弥陀岳。雪たっぷりで楽しみ。
2018年03月03日 08:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の目的地。阿弥陀岳。雪たっぷりで楽しみ。
今日は地蔵尾根から。雪も多い。
2018年03月03日 08:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は地蔵尾根から。雪も多い。
階段。埋まってます。
2018年03月03日 08:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段。埋まってます。
急登を登るメンバー。
2018年03月03日 09:01撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を登るメンバー。
頑張りました。
2018年03月03日 09:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頑張りました。
さらに急登を登ります。雪が多い。
2018年03月03日 09:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに急登を登ります。雪が多い。
鉄梯子を登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄梯子を登ります。
メンバー。頑張っている。
2018年03月03日 09:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メンバー。頑張っている。
朝陽が眩しい。
2018年03月03日 09:16撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝陽が眩しい。
目指す阿弥陀岳のUP。
2018年03月03日 09:16撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す阿弥陀岳のUP。
3
地蔵尾根を登るメンバー。
2018年03月03日 09:20撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵尾根を登るメンバー。
前葉に同じく。
2018年03月03日 09:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前葉に同じく。
地蔵尾根最期のknife ridge。青と白が綺麗。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵尾根最期のknife ridge。青と白が綺麗。
2
お地蔵さん。
2018年03月03日 09:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お地蔵さん。
これから赤岳です。
2018年03月03日 09:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから赤岳です。
1
雪は少ないがクラストした急登が続きます。
2018年03月03日 09:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪は少ないがクラストした急登が続きます。
赤岳山頂。
2018年03月03日 09:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山頂。
1
目指す阿弥陀岳。
2018年03月03日 09:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す阿弥陀岳。
山頂で記念写真🤳。
2018年03月03日 10:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂で記念写真🤳。
6
いつも撮ってしまう権現岳越しの南アルプス。
2018年03月03日 10:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつも撮ってしまう権現岳越しの南アルプス。
2
権現岳山頂のUP。
2018年03月03日 10:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現岳山頂のUP。
1
富士見パノラマスキー場⛷。先週行きました。
2018年03月03日 10:05撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見パノラマスキー場⛷。先週行きました。
1
気取るメンバー。
2018年03月03日 10:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気取るメンバー。
1
筆者も気取ります。
2018年03月03日 10:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
筆者も気取ります。
1
文三郎尾根を慎重に下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎尾根を慎重に下ります。
1
岩に足を引っ掛けないよう下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩に足を引っ掛けないよう下ります。
1
中岳に向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳に向かいます。
中岳に向かうメンバー。
2018年03月03日 10:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳に向かうメンバー。
中岳直下のknife ridge。雪庇側に行かないように注意して進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳直下のknife ridge。雪庇側に行かないように注意して進みます。
こんな感じです。天気悪いと相当危ないknife ridgeです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じです。天気悪いと相当危ないknife ridgeです。
2
中岳の下り。knife ridgeに臨むメンバー。
2018年03月03日 10:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳の下り。knife ridgeに臨むメンバー。
knife ridgeをクリア。これから、怪峰阿弥陀に望みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
knife ridgeをクリア。これから、怪峰阿弥陀に望みます。
3
阿弥陀への直登が始まります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀への直登が始まります。
1
阿弥陀山頂への最後の急登を登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀山頂への最後の急登を登る。
2
阿弥陀岳山頂。
2018年03月03日 11:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳山頂。
1
赤岳が目の前に。
2018年03月03日 11:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳が目の前に。
右から硫黄岳→天狗岳→蓼科山。青。白。緑。が綺麗。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右から硫黄岳→天狗岳→蓼科山。青。白。緑。が綺麗。
1
権現岳と南アルプス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現岳と南アルプス。
3
御小屋尾根を下ります。
2018年03月03日 11:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御小屋尾根を下ります。
西の肩(摩利支天)です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の肩(摩利支天)です。
綺麗な道。
2018年03月03日 12:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な道。
雪が緩く歩きにくい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が緩く歩きにくい。
御小屋山。ここまでツボ足に苦しめられました。
2018年03月03日 13:22撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御小屋山。ここまでツボ足に苦しめられました。
1
八ヶ岳山荘。今日はココアを飲みました。
2018年03月03日 14:23撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳山荘。今日はココアを飲みました。
今日もハルピンラーメン。絶品のハル二郎。
2018年03月03日 15:00撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日もハルピンラーメン。絶品のハル二郎。
2

感想/記録
by Janine

○念願の阿弥陀岳。
○今日は気温も上がり厳冬期というより残雪期的な感じでしたが、阿弥陀の急登を存分にピッケル⛏フル活用で楽しめました。雪たっぷりの阿弥陀岳。八ヶ岳では稀有な山です。急登ですが、非常に楽しい山です。是非challengeしてみて下さい。
○暖かくなり春を感じた山行でした。冬期間は、テルモスに入れた温かい飲み物メインでしたが、結構汗をかきます。これからは筋肉疲労をなくすためにも水分&塩分補給がなされるペットボトルを持参した方がいいと思います。
○御小屋尾根は実に22年振りに使いました。展望抜群。でも、相変わらず長い尾根でした。
訪問者数:586人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/7/13
投稿数: 764
2018/3/4 18:06
 初めまして
速いですね。
阿弥陀を越え御小屋西尾根を下る予定でしたが、御小屋西尾根のラッセルが心配で断念しました。
しかし、当日沢山の人が下られていたのに驚きました。
行かなかったことを悔やんでいます。
登録日: 2017/1/14
投稿数: 0
2018/3/4 18:35
 こんにちは
コメント有難うございます。阿弥陀の直登は疲れましたが、御小屋尾根の下りは、遮るもののない大展望が拓け、気持ちのいい尾根でした。しかしながら、標高を下げると気温上昇により緩い雪道となっていて、ツボ足を余儀なくされ非常に疲れました。これから雪は少なくなるはずですので、是非チャレンジしてみて下さい。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ