また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1393003 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

日連アルプス+金剛山×3+α

日程 2018年03月03日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
日連橋付近の道路脇デッドスペースにバイク停める
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間39分
休憩
37分
合計
7時間16分
Sスタート地点08:3509:20青田山09:2110:06宝山10:13日連山10:1410:29杉峠(ミミザレ峠)10:3110:41峰(日連峰山)10:4510:47八坂山10:4910:51峰(日連峰山)10:5210:56金剛山10:5812:19見晴台12:2012:32高倉山12:3512:38高倉見晴し12:4012:41天神峠12:4813:12金剛山(名倉金剛山)13:25金剛山(鶴島金剛山)13:2614:19石楯山14:2214:51一本松山(蚕影山)14:5414:59坊主山15:04古峯山15:0715:14京塚山(石山)15:1515:51ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
最初の名無しピークの所と、鉄網の橋に降りる所は、コースではありません。
その他はハイキングコースなどになっています。

装備

個人装備 長袖シャツ(1) ソフトシェル(1) ズボン(1) 靴下(1) グローブ(1) 雨具(1) 帽子(1) 靴(1) ザック(1) 昼食(1) 行動食(1) 非常食(1) 飲料(1) 地図(1) コンパス(1) ライト(1) 予備電池(1) GPS(1) 常備薬(1) 携帯TEL(1) 時計(1) タオル(1) ストック(1) カメラ(1) ロープ(1)

写真

日連橋近くのデッドスペースにバイクを停める
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日連橋近くのデッドスペースにバイクを停める
まだ、朝は結構寒いです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ、朝は結構寒いです
勝瀬ふるさとの碑
「この湖底にかつて勝瀬有り、祖先の霊をなぐさめ、ふるさとをしのぶ」だそうです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
勝瀬ふるさとの碑
「この湖底にかつて勝瀬有り、祖先の霊をなぐさめ、ふるさとをしのぶ」だそうです
勝瀬ふるさとの碑から望む相模湖
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
勝瀬ふるさとの碑から望む相模湖
古い林道?のゲートを通らせて頂く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古い林道?のゲートを通らせて頂く
藪だらけの林道を登り切り、尾根に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪だらけの林道を登り切り、尾根に
笹薮っぽい尾根を行く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹薮っぽい尾根を行く
左から降りて、右に登って行く
日連アルプスの入口です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から降りて、右に登って行く
日連アルプスの入口です
日連アルプスの尾根への始まりはロープの急坂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日連アルプスの尾根への始まりはロープの急坂
宝山
新しいベンチ有り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝山
新しいベンチ有り
日連山
ここも新しいベンチ有り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日連山
ここも新しいベンチ有り
日連峰山より
眺めが良い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日連峰山より
眺めが良い
八坂山より富士山のテッペン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八坂山より富士山のテッペン
金剛山を降りた方の、日連アルプス入口のコース図
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金剛山を降りた方の、日連アルプス入口のコース図
超ヤブを降りて行く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
超ヤブを降りて行く
鉄網の橋を渡る
透けてるから、ちょっと怖い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄網の橋を渡る
透けてるから、ちょっと怖い
超デカい大木のようなツル
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
超デカい大木のようなツル
数百段続く階段
歩き易いけど、ちとキツイ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数百段続く階段
歩き易いけど、ちとキツイ
「山の目」?
後で判ったが下に見えるが白目だった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「山の目」?
後で判ったが下に見えるが白目だった
藤野・名倉地区のマップ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤野・名倉地区のマップ
飛行機雲がキレイ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛行機雲がキレイ
下から見る「山の目」
芸術作品の一つでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下から見る「山の目」
芸術作品の一つでした
梅が咲き始めてる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅が咲き始めてる
「包丁岩」って向こうに見える切り立った尾根かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「包丁岩」って向こうに見える切り立った尾根かな?
石楯山
「しあわせの鐘」やお休みベンチが有る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石楯山
「しあわせの鐘」やお休みベンチが有る
秋川橋からの眺めを楽しんでオシマイ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋川橋からの眺めを楽しんでオシマイ

感想/記録

今日も低山巡りに出掛けてみた・・・みた。。。
バイク停めたのは日連橋近くの道路脇デッドスペース。
まずは相模湖の方に降りてH***Lの脇を抜けて湖岸を行くと「勝瀬ふるさとの碑」というのが有りました。湖に沈んだ勝瀬という地を記念した碑らしく、隣に解説された碑も有りました。読んでから相模湖を見渡すと、一段と感慨深い眺めに見えます。
ハイキングコースのようなトコを先まで行き、ゲートの有る藪イッパイの林道?で尾根に出る。山登りなら廻り込まずにショートカットで登った方が良さそうでした。途中で見えたピンクテープの所から登れば良かったかな?
名も無いピークを通り舗装路に降りる。降りてみたら、水源林作業路で関係者以外立ち入り禁止と書いた看板が有ったので、あまり誰もが行く所ではなかったようでした。
日連アルプス入口からはハイキングコース通り。尾根に上がる所こそロープの急坂ですが、全体的にはちゃんとコース化されているので歩き易いです。
枝の間からは相模湖や富士山のテッペンも見えて、楽しく歩けました。
日連峰山は広く開けていて、眺めが宜しい所でした。
金剛山を降りて、高倉山に向かったのですが、鉄網の橋を渡って行くのですが、地図にある道は今は無く、厳しい藪の超急坂を滑り落ちながら橋の付近に降りましたが、もう少し南側から降りて来る道が有るようでした。厳しい藪だったので30分位予定よりロスしたかな。
長い階段を登っている所で昼になったので昼食をとり、さらに続く階段を登り高倉山へ。
高倉山を過ぎると「山の目」って書いた案内板が。その時は、なんだこれ?と思ったけど、下に降りてから見上げると山の中に浮かび上がる目の芸術作品でした。
更に、名倉金剛山と鶴島金剛山を廻る。鶴島金剛山の方はハイキングの案内図には出ていないようでしたが、ロープが張られている崖の所からの眺めはこっちの方が良かったかも。
次に寄ったのは石楯山。しあわせの鐘を叩いてみる。こぉ〜〜〜〜ん。
で、最後は一本松山・坊主山・古峯山・京塚山と歩き、ショートカットで(民家横の階段から降りて行けました)秋川橋を渡り、もう暫く舗装路を歩いたら戻り。

最初の名無しのピークは外して、日連アルプスに直接行った方が良かったかも。
鉄網橋への降り口は、南側から降りて行けば良かったなぁ。(反省)
藤野の方は、舗装路をグルッと廻りながら芸術作品を30か所ほど見れる「芸術の道」になっていて、歩いて行くにも飽きなくて宜しいです。
眺めの良いピークも何ヶ所か有り、歩いて楽しめるコースで、たいへん宜しゅーございました。
今日のハイクもGOOD・・・GOOD。。。
訪問者数:150人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ