また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1393174 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走志賀・草津・四阿山・浅間

四阿山・根子岳

日程 2018年03月03日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間50分
休憩
1時間5分
合計
7時間55分
Sあすまや高原ホテル05:5507:15里宮分岐08:55四阿山・根子岳分岐09:10四阿山09:3509:45四阿山・根子岳分岐09:5010:20大スキマ10:3011:55根子岳12:1512:55奥ダボス第一トリプルリフト乗り場13:0013:50菅平高原ダボスバス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
合計距離: 13.78km
累積標高(上り): 1008m
コース状況/
危険箇所等
根子岳付近、鬼遊びの庭は南側を大きく巻いて通過すべし。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー バラクラバ 毛帽子 着替え ザック ザックカバー アイゼン ピッケル 行動食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス ナイフ カメラ ポール

写真

3月3日土曜日、朝5時50分。
2018年一発目の冬山登山は四阿山です。
金曜日に午後休を取って、あずまや高原ホテルに宿泊。
もう結構明るくなってきてますので、ヘッドライトは付けずに出発します。
2018年03月03日 05:51撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3月3日土曜日、朝5時50分。
2018年一発目の冬山登山は四阿山です。
金曜日に午後休を取って、あずまや高原ホテルに宿泊。
もう結構明るくなってきてますので、ヘッドライトは付けずに出発します。
ホテルの駐車場の奥が登山口です。
2018年03月03日 05:54撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホテルの駐車場の奥が登山口です。
森の中の一本道をもくもくと進みます。
2018年03月03日 06:09撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森の中の一本道をもくもくと進みます。
20分ほどで広々とした所に出ました。
風もほとんどなさそうで良かった〜
2018年03月03日 06:21撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20分ほどで広々とした所に出ました。
風もほとんどなさそうで良かった〜
夏は牛が放牧されているとの事。
牛に道を塞がれたりって、何だか面白そうだな。
2018年03月03日 06:22撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏は牛が放牧されているとの事。
牛に道を塞がれたりって、何だか面白そうだな。
1
陽が出る前なのでお月さまがよく見えてました。
2018年03月03日 06:23撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽が出る前なのでお月さまがよく見えてました。
1
綺麗な満月。
2018年03月03日 06:23撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な満月。
3
西側に見えていた樹林帯を越えると北アルプスの山々が一望できました。
2018年03月03日 06:29撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側に見えていた樹林帯を越えると北アルプスの山々が一望できました。
1
拡大
満月と北アルプス。
2018年03月03日 06:29撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
拡大
満月と北アルプス。
4
東の空からは、そろそろ太陽が出て来ようとしています。
2018年03月03日 06:36撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東の空からは、そろそろ太陽が出て来ようとしています。
出ました〜!
今日も良い登山ができますように(-人-)
2018年03月03日 06:38撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出ました〜!
今日も良い登山ができますように(-人-)
北アルプスの眺めが最高なのでもう一回撮っちゃいます。
2018年03月03日 06:40撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスの眺めが最高なのでもう一回撮っちゃいます。
1
チョイ拡大
月がだんだん薄くなってきます。
2018年03月03日 06:40撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チョイ拡大
月がだんだん薄くなってきます。
1
双耳峰の気になる山。
鹿島槍ヶ岳かな?
2018年03月03日 06:40撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双耳峰の気になる山。
鹿島槍ヶ岳かな?
3
牧草地を抜けて樹林帯の中を歩いていると、方向指示板がありました。
一応今日もGPSを見ながら動いてますが、実際の目印を見れると安心しますね〜
2018年03月03日 07:15撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牧草地を抜けて樹林帯の中を歩いていると、方向指示板がありました。
一応今日もGPSを見ながら動いてますが、実際の目印を見れると安心しますね〜
しばらく進むと腿くらいまで沈み込んできましたので、ここいらでワカンを装着!
シャキーン!
2018年03月03日 07:59撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく進むと腿くらいまで沈み込んできましたので、ここいらでワカンを装着!
シャキーン!
樹林帯をほぼ抜け切ります。
場所によって多少沈み込みもありますが、傾斜が緩くなってくればだいぶ楽になってきます。
2018年03月03日 08:10撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯をほぼ抜け切ります。
場所によって多少沈み込みもありますが、傾斜が緩くなってくればだいぶ楽になってきます。
1
だいぶ上がってきましたので南側の景色もよく見えるようになってきました。
写真左端の浅間山と、右の奥には八ヶ岳が見えます。
2018年03月03日 08:16撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ上がってきましたので南側の景色もよく見えるようになってきました。
写真左端の浅間山と、右の奥には八ヶ岳が見えます。
2
拡大
そして、写真中央には・・・
2018年03月03日 08:17撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
拡大
そして、写真中央には・・・
富士山です!
センターずれてしまった。
2018年03月03日 08:17撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山です!
センターずれてしまった。
おっ、また方向指示板を発見。
順調順調♪
2018年03月03日 08:27撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっ、また方向指示板を発見。
順調順調♪
北東方面には本日のターゲット四阿山が見えてきました。
2018年03月03日 08:30撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北東方面には本日のターゲット四阿山が見えてきました。
その前に樹林帯の中を突っ込む訳ですが、どの辺りから入って行こうかなぁ・・・
冬山は自由ですね。
2018年03月03日 08:44撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その前に樹林帯の中を突っ込む訳ですが、どの辺りから入って行こうかなぁ・・・
冬山は自由ですね。
分岐までやって来ました。
あと0.7kmってことは、もう楽勝楽勝。
でも、冬山は最後まで油断禁物ですよ〜
2018年03月03日 08:53撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐までやって来ました。
あと0.7kmってことは、もう楽勝楽勝。
でも、冬山は最後まで油断禁物ですよ〜
おおっ!四阿山の全貌が見えた〜!
ちなみに、ここらで先行者の人とすれ違いました。
トレースありがとうございました!
2018年03月03日 08:57撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おおっ!四阿山の全貌が見えた〜!
ちなみに、ここらで先行者の人とすれ違いました。
トレースありがとうございました!
1
山頂へ続く綺麗な稜線にウットリ。
程良く雪も締まっていて、気持ちよく登れました。
2018年03月03日 09:01撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂へ続く綺麗な稜線にウットリ。
程良く雪も締まっていて、気持ちよく登れました。
1
最後のピークは巻きましたが、巻かなくても良かったです。
2018年03月03日 09:07撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後のピークは巻きましたが、巻かなくても良かったです。
祠が見えました!もう山頂はすぐそこ!
2018年03月03日 09:08撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠が見えました!もう山頂はすぐそこ!
やりました!四阿山、登頂です!!
標高の数字が見えるという事は、今年は雪が少ないらしいです。
2018年03月03日 09:10撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やりました!四阿山、登頂です!!
標高の数字が見えるという事は、今年は雪が少ないらしいです。
3
来る時にちょっと巻いてしまった所で北アルプスの山々を改めて眺めてみたいと思います。
2018年03月03日 09:17撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来る時にちょっと巻いてしまった所で北アルプスの山々を改めて眺めてみたいと思います。
1
まずは、左端の乗鞍から北アルプス南部。
2018年03月03日 09:18撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは、左端の乗鞍から北アルプス南部。
1
カメラを右にずらします。
北アルプスの中心あたりからちょっと手前の高妻・妙高あたりまで。
快晴で素晴らしい眺望です!
2018年03月03日 09:18撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カメラを右にずらします。
北アルプスの中心あたりからちょっと手前の高妻・妙高あたりまで。
快晴で素晴らしい眺望です!
2
調子に乗って、拡大したやつも上げちゃいます。
左から、焼岳・穂高・槍・燕あたり。
2018年03月03日 09:19撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
調子に乗って、拡大したやつも上げちゃいます。
左から、焼岳・穂高・槍・燕あたり。
2
針ノ木とか鹿島槍とか。
2018年03月03日 09:19撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木とか鹿島槍とか。
2
白馬の辺りが一番白いですね〜
2018年03月03日 09:20撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬の辺りが一番白いですね〜
2
戸隠・高妻と火打・妙高などなど。個性的な山々が並んでいます。
あちらはニュースで最近目にする雪害が多いエリアでしょうか。
2018年03月03日 09:20撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸隠・高妻と火打・妙高などなど。個性的な山々が並んでいます。
あちらはニュースで最近目にする雪害が多いエリアでしょうか。
1
360度の眺望なので、南側にも目を向けてみます。
捉えたのは浅間山。
2018年03月03日 09:20撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
360度の眺望なので、南側にも目を向けてみます。
捉えたのは浅間山。
1
拡大
今日は噴煙が上がっていないですね〜
2018年03月03日 09:20撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
拡大
今日は噴煙が上がっていないですね〜
富士山もうっすら。
2018年03月03日 09:21撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山もうっすら。
祠の裏に回ってみました。
2018年03月03日 09:23撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠の裏に回ってみました。
祠に背を向けて浦倉山方面。
今日、本当は破風岳まで縦走するつもりでここまで来たのですが、ここの切れ落ち具合を見て怖くなってしまい、計画を変更しました。
ここから10mほど降りれれば、あとは地形を見る限り何て事のない縦走路となり進める自信がありましたが、ワカンを外すのが面倒だったのと今期初戦で勘が鈍っているかもしれないと思い、大事を取って引き返す事にしました。う〜ん。
2018年03月03日 09:24撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠に背を向けて浦倉山方面。
今日、本当は破風岳まで縦走するつもりでここまで来たのですが、ここの切れ落ち具合を見て怖くなってしまい、計画を変更しました。
ここから10mほど降りれれば、あとは地形を見る限り何て事のない縦走路となり進める自信がありましたが、ワカンを外すのが面倒だったのと今期初戦で勘が鈍っているかもしれないと思い、大事を取って引き返す事にしました。う〜ん。
2
ところで、上田市から登ってきて、ここで群馬県との県境です。
長野も山頂碑を立てればいいのにって思いましたが、西側にあるのを見落としていたみたいです。
2018年03月03日 09:36撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところで、上田市から登ってきて、ここで群馬県との県境です。
長野も山頂碑を立てればいいのにって思いましたが、西側にあるのを見落としていたみたいです。
根子岳への分岐まで戻ってきました。
時間もまだたっぷりあるので、計画を変更して根子岳への縦走にトライしてみようと思います。
(実はこちらも事前に予習しておきました。)
2018年03月03日 09:47撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根子岳への分岐まで戻ってきました。
時間もまだたっぷりあるので、計画を変更して根子岳への縦走にトライしてみようと思います。
(実はこちらも事前に予習しておきました。)
先ほどの分岐からテキトーに森の中に突っ込んでしばらく降りて行くと方向指示板がありました。
ピンクリボンなどは少ないので要注意ですが、GPSで現在地を確認しながら目視で根子岳が見える方向に進んで行けば大丈夫でした。
根子岳から四阿山に向かう人はターゲットがない分ちょっと難しいかもしれないですね。
2018年03月03日 10:08撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほどの分岐からテキトーに森の中に突っ込んでしばらく降りて行くと方向指示板がありました。
ピンクリボンなどは少ないので要注意ですが、GPSで現在地を確認しながら目視で根子岳が見える方向に進んで行けば大丈夫でした。
根子岳から四阿山に向かう人はターゲットがない分ちょっと難しいかもしれないですね。
一本足の動物・・・何だろう??
2018年03月03日 10:19撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一本足の動物・・・何だろう??
もう一丁発見!
さっきより歩幅が広いぞ。
2018年03月03日 10:20撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一丁発見!
さっきより歩幅が広いぞ。
鞍部まで降りてきました。
ここまで来れば今度は登りです。
2018年03月03日 10:21撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部まで降りてきました。
ここまで来れば今度は登りです。
うさぎの仲良しコンビ?
2018年03月03日 10:29撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うさぎの仲良しコンビ?
ん〜、綺麗な雪山!
こちらもなかなか良い山じゃないですか。
2018年03月03日 10:32撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ん〜、綺麗な雪山!
こちらもなかなか良い山じゃないですか。
3
少し登った所から四阿山を振り返ってみます。
2018年03月03日 10:48撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し登った所から四阿山を振り返ってみます。
どれどれ・・・
2018年03月03日 10:48撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どれどれ・・・
やはり人が出てきましたね〜
早めに登って、山頂を一人独占できたのはラッキーでした。
2018年03月03日 10:48撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはり人が出てきましたね〜
早めに登って、山頂を一人独占できたのはラッキーでした。
1
根子岳手前の小ピークです。
ただ何となく登ってみたかっただけ〜
2018年03月03日 10:52撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根子岳手前の小ピークです。
ただ何となく登ってみたかっただけ〜
写真やや左下に三角点のようなもの。
後ろの山々も綺麗です。
2018年03月03日 10:56撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真やや左下に三角点のようなもの。
後ろの山々も綺麗です。
気が付けば雪庇の下を歩いていました。
トラバースはイヤなので雪庇の上に乗っかります。
2018年03月03日 11:01撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気が付けば雪庇の下を歩いていました。
トラバースはイヤなので雪庇の上に乗っかります。
雪庇の上は別世界。
最初からこっち側を歩いていればよかったですね〜
2018年03月03日 11:03撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇の上は別世界。
最初からこっち側を歩いていればよかったですね〜
1
根子岳手前の岩場、鬼遊びの庭です。
ここからが縦走路で最大の難関でしょう。
2018年03月03日 11:05撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根子岳手前の岩場、鬼遊びの庭です。
ここからが縦走路で最大の難関でしょう。
岩を乗り越えるのは難しいと判断し、南側斜面をトラバースします。
微妙にトレースらしき跡があるので、それをなぞってみます。
2018年03月03日 11:10撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩を乗り越えるのは難しいと判断し、南側斜面をトラバースします。
微妙にトレースらしき跡があるので、それをなぞってみます。
1
トラバースの途中で稜線へのトレースを見つけたので登ってみました。
上がってみるとまだ岩場が続いていて一つ岩を越えたものの、写真の二つ目の大きな岩で進退に窮したので、結果的に登ったのは失敗でした。
岩の右奥から人がこっちを見ていて、この岩を乗り切れば本当にあと少しという所まで来たのですが、岩の右側の足場が狭すぎる上に岩の側面がオーバーハング気味なため通過は無理と判断。
ここから再び下に降りて、トラバースでこの岩を巻くことにします。
2018年03月03日 11:22撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースの途中で稜線へのトレースを見つけたので登ってみました。
上がってみるとまだ岩場が続いていて一つ岩を越えたものの、写真の二つ目の大きな岩で進退に窮したので、結果的に登ったのは失敗でした。
岩の右奥から人がこっちを見ていて、この岩を乗り切れば本当にあと少しという所まで来たのですが、岩の右側の足場が狭すぎる上に岩の側面がオーバーハング気味なため通過は無理と判断。
ここから再び下に降りて、トラバースでこの岩を巻くことにします。
前の写真で下に降りる前にワカンを外してストックもピッケルにチェンジ。
キックステップとダガーポジションで慎重に下り、暫くトラバースしていると上に登れそうな感じの所に出たので、再び上に登ってみます。
2018年03月03日 11:41撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前の写真で下に降りる前にワカンを外してストックもピッケルにチェンジ。
キックステップとダガーポジションで慎重に下り、暫くトラバースしていると上に登れそうな感じの所に出たので、再び上に登ってみます。
1
後ろには先ほど越えられなかった岩がありました。
岩のすぐ手前には先ほどのオーバーハング気味の狭い所を通過しようとしていた人がいたので、自分が付けたトレースでトラバースして回避するようアドバイスしておきました。
2018年03月03日 11:45撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろには先ほど越えられなかった岩がありました。
岩のすぐ手前には先ほどのオーバーハング気味の狭い所を通過しようとしていた人がいたので、自分が付けたトレースでトラバースして回避するようアドバイスしておきました。
向かう先には根子岳の姿。
ここからはもう危険個所はありません。
やっぱり、ピッケルが必要な所を神経をすり減らしながら進むよりも、こんな所を歩く方が好きだなぁ〜
2018年03月03日 11:51撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向かう先には根子岳の姿。
ここからはもう危険個所はありません。
やっぱり、ピッケルが必要な所を神経をすり減らしながら進むよりも、こんな所を歩く方が好きだなぁ〜
根子岳のピークには人がいそうです。
あとちょっと。
2018年03月03日 11:51撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根子岳のピークには人がいそうです。
あとちょっと。
もう楽勝楽勝。
ホッとします。
2018年03月03日 11:52撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう楽勝楽勝。
ホッとします。
ゼッケンをつけた子供たちや、犬を抱きかかえた人まで・・・
2018年03月03日 11:55撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゼッケンをつけた子供たちや、犬を抱きかかえた人まで・・・
根子岳に到着!
四阿山をバックに。
ここまでは、なかなかプレッシャーのかかる箇所もありましたが良い経験になったと思います。
緊張から解放され、山頂ではのんびりと休みました。人が多かったですけど。
2018年03月03日 12:06撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根子岳に到着!
四阿山をバックに。
ここまでは、なかなかプレッシャーのかかる箇所もありましたが良い経験になったと思います。
緊張から解放され、山頂ではのんびりと休みました。人が多かったですけど。
2
下山の途に就きます。
北アルプスの絶景もここいらで見納めです。
関東甲信越地方ほぼ全面で一日中高気圧に覆われたこの日。
登山の楽しみを思い出させてくれました。
2018年03月03日 12:16撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山の途に就きます。
北アルプスの絶景もここいらで見納めです。
関東甲信越地方ほぼ全面で一日中高気圧に覆われたこの日。
登山の楽しみを思い出させてくれました。
1
スノーキャットが登って来るようで、道が出来ていました。
ここからはシリセードの出番!
2018年03月03日 12:23撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スノーキャットが登って来るようで、道が出来ていました。
ここからはシリセードの出番!
長〜いシリセードでお尻が痛くなりながら麓まで降りてきました。
シリセードもだんだんコツがつかめてきました。(←今日2個目の収穫)
2018年03月03日 13:10撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長〜いシリセードでお尻が痛くなりながら麓まで降りてきました。
シリセードもだんだんコツがつかめてきました。(←今日2個目の収穫)
菅平プリンスホテルの前にポニーが2頭。
可愛かったです。
2018年03月03日 13:36撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菅平プリンスホテルの前にポニーが2頭。
可愛かったです。
1
菅平高原ダボスバス停まで歩く事約30分。
すぐにバスが来たので上田駅まで乗って帰宅の途に就きました。
今期の冬山初戦にちょうど良い難度の良い山旅になりました。
お疲れ自分!
2018年03月03日 13:52撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菅平高原ダボスバス停まで歩く事約30分。
すぐにバスが来たので上田駅まで乗って帰宅の途に就きました。
今期の冬山初戦にちょうど良い難度の良い山旅になりました。
お疲れ自分!

感想/記録

約5ヶ月間のランニング期間を終え復帰初戦に登るのは四阿山。

火曜日までの予報では曇りだったが水曜日になってみると晴れ予報に好転。
中断していた時期に温めていた日帰りロングの縦走計画(四阿山→浦倉山→破風岳)を遂行すべく、金曜日に午後休を取って登山口のあずまや高原ホテルに前乗りした。

四阿山までは危険箇所はほぼなし。そこから先は尾根歩き、更に浦倉山から先は緩やかに下って後は登り返すだけ。
浦倉山からのエスケープも可能だし米子不動尊のバスの時刻も調べ万全に準備をして臨んだが、実際には四阿山から先の急峻な尾根に尻込みしてしまい引き返す事となってしまった。

計画段階で四阿山から先の切れ落ち具合をヤマレコの写真で確認していたので心の準備はある程度は出来ていたはずだったが、いざ現場に立って見てみると恐怖心に負けてしまい、ここが心残りとなってしまった。

改めて写真を見直してみると、やっぱり進めそうな気がしてきたりもする。
しかし、山は一期一会。またこの山に来るとすれば、次は今回とは姿を変えた無雪期になると思う。
大袈裟かもしれないが、一生に一度のチャンスをものにできず非常に残念な気持ちが自分の中で出来てしまう事となった。

さて、計画の変更を決意し、今度は次のターゲットを根子岳へと切り替える。
四阿山・根子岳分岐から全くトレースがない所をズカズカ進んで道を切り開き、大スキマを経由して根子岳を約9割を登った所で岩場に出た。この鬼遊びの庭と呼ばれている箇所で再び進退窮まった。

写真コメントに書いた通りで、岩場を乗り越えるにはやはりトラバースで回避するしかなく、一度登った稜線から下降する際にストックからピッケルに持ち替えた。
ピッケルを体に繋ぐスリングを肩に掛けた時の緊張感。念のためではなく、必要だからピッケルを使う。
これまで何度もピッケルに持ち替えてきた事はあったが、今回のような状況は今までに味わったことがないようなものだった。
斜面を下降し始めてみると、雪の状態が良かったため差し込んだピッケルもぶれずキックステップもよく刺さって案外スムーズに降りることができた。

下降する前の斜面の写真を撮っておけばよかったが、焦っていたり平静を保てずにいる時はカメラを出すのを忘れてしまう。過去にも何度かあった。

根子岳に着いたのはちょうど昼の12時。
スノーキャットで来たであろう大勢の人に混じって、自分も大休止。
最後はシリセードで楽しみながら降りてくることができた。

自宅に戻り記録を作っていると、今回歩いた距離は14km弱で累積の登りもわずか1000m。おまけにシリセードを考えると歩いた距離は更に短くなる計算だ。

当初の計画だと20kmは歩くつもりだった事を考えると、だいぶ物足りない感じがする。
今月は週末が5回も巡ってくるので、あと2回はガッツリと冬山を楽しみたいと思う。
短い冬山期間。週末が晴れますように。
訪問者数:346人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ