また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1393556 全員に公開 ハイキング奥秩父

ガク沢の頭× - 立入禁止の林道を自重し、ムジナ沢右岸尾根直登ルートの偵察に変更。

日程 2018年03月03日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
市道大滝幹線17号線(旧中津川林道)のゲート前(王冠キャンプ場そば)に置かせてもらいました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間8分
休憩
38分
合計
3時間46分
Sスタート地点06:2006:45トラバース道分岐07:57P1160(仮)08:1708:37トラバース道合流09:11ムジナ沢の神(仮称)09:2909:40トラバース道分岐10:06ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
※事情により、ガク沢の頭のレコではありません。
※登山道ではありません。
P1160(仮)までの直登は可能でしたが、這いつくばるような急斜面にある岩を巻く際(すべて右巻き)のRFが重要です。途中には2つのプチ岩峰があります。下る際にはロープ推奨。
下山のトラバース道は、時期的な凍結に加え斜面の踏み跡が流されたりして、前回より危険度は増していました。凍結のためだけでなく滑り止めは有効だと思います。(ただし落葉を払って)

※市道大滝幹線17号線(旧中津川林道)の立入禁止について(2018.03.05追記)
本日、秩父市地域振興課に問い合わせ、得られた回答を私個人が解釈した内容です。(真摯にご対応いただきありがとうございました。)
・地域振興課としては、歩行者も含め全面立入禁止の立場である。
・ただ、自己責任で立ち入る者を取り締まる意図はない。
・掲示の文言は、強権を発動せざるを得ない場合に備えたものである。(この掲示が無いと発動できないらしい)
白黒つけない状況を文章で表現するのは難しいです。これ以上は各々が察してください。
ファイル Vガク沢の頭.jpg 計画ルート図 (更新時刻:2018/03/04 11:43)
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

フムフム。
沢の名前とかがわかってありがたいね。
2018年03月03日 06:20撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フムフム。
沢の名前とかがわかってありがたいね。
11
え〜っ!!
これだけ強い文面だと断念せざるを得ないか・・・
日の出と同時に2台がゲートを開けて入って行ったけど関係者なのか?
2018年03月03日 06:23撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
え〜っ!!
これだけ強い文面だと断念せざるを得ないか・・・
日の出と同時に2台がゲートを開けて入って行ったけど関係者なのか?
8
計画を断念し、ムジナ沢右岸尾根を登ってます。
ここがムジナ沢に向かうトラバース道との分岐点。
2018年03月03日 06:45撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
計画を断念し、ムジナ沢右岸尾根を登ってます。
ここがムジナ沢に向かうトラバース道との分岐点。
4
今日は、前回行けなかった直登ルートを偵察です。
2018年03月03日 06:51撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は、前回行けなかった直登ルートを偵察です。
2
まだ岩は出てこないけど急です。
2018年03月03日 06:56撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ岩は出てこないけど急です。
出ました〜。
2018年03月03日 07:01撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出ました〜。
3
アソコが今日の目的地のP1160(仮)かなぁ。
2018年03月03日 07:02撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アソコが今日の目的地のP1160(仮)かなぁ。
8
行けそうだと思ったが壁の出っ張りがヤバそうで引き返し、もっと下を巻いた。
2018年03月03日 07:15撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行けそうだと思ったが壁の出っ張りがヤバそうで引き返し、もっと下を巻いた。
5
プチ岩峰,ら南の方。
2018年03月03日 07:22撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プチ岩峰,ら南の方。
4
次の岩峰△魃Δら登ろうとしたら、なんとテープが。
これは心強い。
2018年03月03日 07:23撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の岩峰△魃Δら登ろうとしたら、なんとテープが。
これは心強い。
6
プチ岩峰△蓮△海鵑幣貊蠅任后
2018年03月03日 07:26撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プチ岩峰△蓮△海鵑幣貊蠅任后
10
プチ岩峰△鮨兇衒屬辰董
2018年03月03日 07:29撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プチ岩峰△鮨兇衒屬辰董
1
木があるのでなんとか登れるが、とにかく急。
2018年03月03日 07:34撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木があるのでなんとか登れるが、とにかく急。
1
一番穏やかだった場所。
2018年03月03日 07:36撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番穏やかだった場所。
2
左は絶壁なので、基本右巻きです。
2018年03月03日 07:37撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左は絶壁なので、基本右巻きです。
2
2,3回、1mほどズリ落ちた。
2018年03月03日 07:40撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2,3回、1mほどズリ落ちた。
4
こんな所に三ツ矢サイダーの空き缶発見。
2018年03月03日 07:48撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな所に三ツ矢サイダーの空き缶発見。
2
空が近いぞ〜。
2018年03月03日 07:51撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空が近いぞ〜。
7
下。
ここは捉まる木も無くてヤバかったよ。
2018年03月03日 07:54撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下。
ここは捉まる木も無くてヤバかったよ。
2
めでたくピーク手前の支尾根に乗った。
2018年03月03日 07:57撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
めでたくピーク手前の支尾根に乗った。
2
P1160(仮)にて一服。
イヤ〜、登りだから何とかなったが、ここを降りる計画だったんで立入禁止は幸運だったか。
2018年03月03日 08:03撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1160(仮)にて一服。
イヤ〜、登りだから何とかなったが、ここを降りる計画だったんで立入禁止は幸運だったか。
14
当然ながら、トラバース道経由(巻き道)で下山です。
まずは鞍部まで降りて、
2018年03月03日 08:19撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
当然ながら、トラバース道経由(巻き道)で下山です。
まずは鞍部まで降りて、
3
ルンゼ状の斜面を降りる。
2018年03月03日 08:21撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルンゼ状の斜面を降りる。
2
固いザラメ状の雪質だったので滑り止めはナシ。
でも時々靴に雪が入るのでスパッツは必要だったな。
2018年03月03日 08:26撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
固いザラメ状の雪質だったので滑り止めはナシ。
でも時々靴に雪が入るのでスパッツは必要だったな。
3
ここを降りてきた。
2018年03月03日 08:34撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを降りてきた。
6
トラバース道の赤テープが見えた。(要拡大)
2018年03月03日 08:35撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバース道の赤テープが見えた。(要拡大)
1
うーん、まだ雪があるねぇ。
しばらく様子見。
2018年03月03日 08:37撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うーん、まだ雪があるねぇ。
しばらく様子見。
1
灌木帯ではテープが重要です。
2018年03月03日 08:42撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
灌木帯ではテープが重要です。
1
落ち葉だらけで踏み跡は勘で見る。
2018年03月03日 08:49撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち葉だらけで踏み跡は勘で見る。
2
なんの変哲もない斜面に見えるけど、滑ったら間違いなく数十m落ちるので緊張した〜。
2018年03月03日 08:54撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんの変哲もない斜面に見えるけど、滑ったら間違いなく数十m落ちるので緊張した〜。
2
ココだけかもしれないけど、安全を期して滑り止めを装着。
2018年03月03日 08:54撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ココだけかもしれないけど、安全を期して滑り止めを装着。
2
トラロープが埋まっていた。
2018年03月03日 09:03撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラロープが埋まっていた。
1
ここを登れば、支尾根の岩峰に鎮座するムジナ沢の神(仮称)に再会です。
2018年03月03日 09:05撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを登れば、支尾根の岩峰に鎮座するムジナ沢の神(仮称)に再会です。
2
相変わらず凄い所にいますね。
まるで信心浅い人間ですが、何らかのパワーを感じます。
2018年03月03日 09:10撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相変わらず凄い所にいますね。
まるで信心浅い人間ですが、何らかのパワーを感じます。
12
高度感、半端ないです。
2018年03月03日 09:11撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度感、半端ないです。
4
この時間のために歩いてきたのかもしれない。。。
2018年03月03日 09:20撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時間のために歩いてきたのかもしれない。。。
12
登った尾根を眺める。
枝に隠れたピークがP1160(仮)かな。
2018年03月03日 09:27撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登った尾根を眺める。
枝に隠れたピークがP1160(仮)かな。
3
祠は見えないが、あれがムジナ沢の神(仮称)がいる岩峰。
2018年03月03日 09:34撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠は見えないが、あれがムジナ沢の神(仮称)がいる岩峰。
5
ここはヤバかった。
丸太が横たわる場所がルートかと思いきや落葉を踏み抜いた。ルートは一段下。
2018年03月03日 09:34撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはヤバかった。
丸太が横たわる場所がルートかと思いきや落葉を踏み抜いた。ルートは一段下。
6
きれいにくり抜かれていて、吸い込まれそうだ。
2018年03月03日 09:39撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいにくり抜かれていて、吸い込まれそうだ。
9
無事に一周してきました。
けっこう腹いっぱいだぁ。
2018年03月03日 09:40撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に一周してきました。
けっこう腹いっぱいだぁ。
2
下山後に中津川を見てみる。
渡渉は微妙を確認。
2018年03月03日 10:05撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後に中津川を見てみる。
渡渉は微妙を確認。
4
撮影機材:

感想/記録
by kinoe

今回は、最近ユルハイク(でもないけど)が続いたので、刺激を求めて奥秩父のガク沢の頭を計画しました。

実はこの周回ルート、最後の最後までどっち周りにするかで迷いました。
時計回りにすると、以前滝谷山に登った時に登らなかった崖マークがある尾根を終盤で下ることになるし、反時計回りにすると下山する尾根の末端が崖か法面らしいんですよね。

結局は、以下の理由から時計回りにしたんですけど。
1.ムジナ沢右岸尾根は既に登りで歩いている。(同じ歩き方は避けたい。)
2.下山時の崖マークは、無理なら前回歩いたトラバース道にエスケープできる。
3.ガク沢右岸尾根の末端は、先に攻略しておけば良い。

と、前置きを書いておきながら申し訳ない・・・
スタートの林道ゲートを越えようとすると、写真にある「立入禁止」の案内があり相当強い文面で禁止を訴えています。ここまで書かれるとなぁ・・・
やる気満々でここまで来たのに・・・悩んだ末、自重することにしました。
本日(2018.03.04)秩父市地域振興課に電話で確認したところ、やはり「歩行者も含めて全面立入禁止」とのことでした。とは言え、平成28年8月22日からの立入禁止で復旧の目処もないなんて。。。
http://www.city.chichibu.lg.jp/4573.html
※翌日に再度問い合わせた内容を「コース状況」に追記しています。

仕方なく、ムジナ沢右岸尾根の崖マーク直登ルートの偵察に向かうことにしました。

技術的にはそれほどではないかもしれません。
ただ、とにかくズリ落ちるような急斜面なので、そういう意味で経験は必要かなぁと思います。
古いテープがあったので少なくとも以前は歩く人もいたんでしょうが、時と共に斜面は削られ年々厳しくなっているのではないかと思います。
崖マーク攻略後の下山は、以前偶然見つけたトラバース道です。ムジナ沢の神(仮称)と再会したいとの思いもありましたが、それよりも登ったあの急斜面はとてもじゃないけど降りる気にならなかったので。
ただそのトラバース道も思ったほど楽ではありません。一部の凍結もありましたが、やはり以前より削られているようで緊張の連続でした。
そんな中再会したムジナ沢の神(仮称)は、変わりなく悠然と下界を見下ろしていました。

10時頃には下山してしまい、さ〜てこのまま帰るのももったいないなぁ・・・
残り時間を記憶だけで歩けるとしたらアソコしかないか。。。
訪問者数:374人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/4/30
投稿数: 1474
2018/3/7 1:13
 何処だこれは⁈
kinoeさん、深夜ですぅ〜🌙

もう、キノエさんのレコは、全体的に茶色だし、地図も拡大しないと分からない…(~_~;)
違いのわからない女、machagonで、スミマセン💦
…で、拡大いたしまして、ああ、中津川エリアですか…と了解…
万年初級者で、こんな感じで申し訳ありません…

しかし、あれですかね、キノエさんの場合、よし、今日はここを歩こう💪っていうキメてはなんなんでしょうか?
地形図の等高線でしょうか?
ああ、きっとそうでしょうね〜

ただ、ワタクシ、あの警告文見たら、同じく撤退であります…(~_~;)
登録日: 2012/5/26
投稿数: 1340
2018/3/7 23:51
 Re: 何処だこれは⁈
machagonさん、

今回は特にチョロルートだったんで、ガク沢の頭とかムジナ沢とか言ったってわかんないですよね。
つまり、「どこどこ?作戦」に見事にハマっちゃいました〜

中津川周辺は未踏の尾根が多く、なかなか魅力的です。
でも、如何せん遠い!!!しかも、気合十分で行ったのにあの看板・・・
ただ今回の変更は、積雪が想像以上だったかもしれないし、あの岩の直登ルートを無理して下ってしまったかも知れないし、、、「まだ早いよ」とのムジナ沢の神の御加護だったような気がしています。

> キメてはなんなんでしょうか?
気紛れです。
ただし、直前にルートを決めるわけではなく、既に出来上がっているいくつかのルートの中から選ぶんです。平日でも暇な時間は、パソコンでカシミールを眺めながら一筆書きを書いています。暗〜

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ