また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1394476 全員に公開 山滑走谷川・武尊

谷川山系一ノ倉岳B.C. 芝倉沢 春の始まり  

日程 2018年03月03日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ!
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
谷川RW 土休日 7:00〜運行
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間47分
休憩
56分
合計
5時間43分
S天神平・天神峠分岐点07:4508:15熊穴沢避難小屋08:47天狗の留まり場08:4809:12天神ザンゲ岩09:1309:34谷川岳(トマノ耳)09:4210:02谷川岳10:44ノゾキ11:0711:33一ノ倉岳12:34中芝新道入口13:05一ノ倉沢出合13:2813:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
気温が上がるまで、強風の影響が強く残っていた。

オキから一ノ倉まで
ウインドクラストのアイスバーン
滑ってる分には問題ないが、シール換装する場所確保に難儀
踏み抜ける場所探して平場作る必要があった。

芝倉沢
稜線からの急斜は、ウインドクラストによる
綺麗な一枚アイスバーン。
ノドから下は吹き溜まっている部分を拾って
快適なノートラック5-10cm

芝倉沢ー湯檜曽川出会い付近
 沢底を滑っていきましたが
 南向き斜面からの巨大なデブリで塞がってます。
 旧道出会い下からの右側の台地上に
 ラインをとりにハイクアップしました。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

天神峠リフト、ボードの大会関係者が上がって行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神峠リフト、ボードの大会関係者が上がって行きます。
ゲレンデトップから、今日は既に暑さ感じます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデトップから、今日は既に暑さ感じます。
1
大会関係者の方達。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大会関係者の方達。
ハイクアップ開始。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイクアップ開始。
前日は北東の風だったようだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日は北東の風だったようだ。
肩の広場からトマ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の広場からトマ。
1
トマから西黒尾根とM-4沢ドロップポイント。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマから西黒尾根とM-4沢ドロップポイント。
2
ウインドクラストしたトマ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウインドクラストしたトマ。
1
オキから一ノ倉。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキから一ノ倉。
2
奥の院。ここから先、板に感謝する状況。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の院。ここから先、板に感謝する状況。
3
この岩から先、歩いたら大変だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩から先、歩いたら大変だ。
2
ツルテカな硬い斜面、換装する場所作るのに難儀。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツルテカな硬い斜面、換装する場所作るのに難儀。
2
一ノ倉岳、斜面が緩むまで、しばし休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳、斜面が緩むまで、しばし休憩。
2
茂倉岳。今日は自分には滑れそうもない状況。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茂倉岳。今日は自分には滑れそうもない状況。
1
とてもアイシーなドロップでした。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とてもアイシーなドロップでした。。
4
斜面緩んだ底には吹きだまりあり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面緩んだ底には吹きだまりあり。
2
ノドから下に期待。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノドから下に期待。。
2
カリカリでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カリカリでした。
2
中間から下は快適至福な時間。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中間から下は快適至福な時間。
6
S字渓谷、デブリは小さい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
S字渓谷、デブリは小さい。
3
前方に巨大なデブリ。少々戻って台地上に出ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方に巨大なデブリ。少々戻って台地上に出ます。
2
湯檜曽川、春の気配。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯檜曽川、春の気配。
3
スノーシューを楽しんでるグループが多くいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スノーシューを楽しんでるグループが多くいました。
2

感想/記録
by STsnow

春の陽気となった週末土曜、谷川山系一ノ倉岳から芝倉沢滑ってきました。

前日は強風のため、天神平スキー場は終日クローズ。
上るにつれて、風の影響がかなりある事が分かり、樹林帯抜けると
強いウインドクラストな斜面でした。
トマから見たM-4沢ドロップポイント、今シーズンラストだったかな。。?

オキから先はノートレース、
板使ってるので、アイスバーンのトラバースルートも
滑走に切り替えれば、特に問題なしでしたが
あれをずっと歩くとするとキツイな。

一ノ倉への上り手前のコル、通常は雪の柔らかい平場で
気の使わない換装場ですが、この日は、
谷底まできれいにツルツルした硬い斜面。
迂闊に板外せない、板で蹴りこんでも平場は作れない。。。
板外して流さないように、リーシュをザックにかけて、
ブーツで蹴っても深く入らない。。。
稜線へ出ようと上ると雪下に隠れた灌木があって、
そこ周辺に漸く換装の平場作ってと
それまでの10分弱が核心部。

そんな雪の状況で、一ノ倉へ上ってみると
茂倉岳の北斜面は、とても滑れる状況には見えない。
ので、今シーズン3回目の芝倉沢になりました。
稜線からの急斜は見事な一枚アイスバーンでしたが
ノドから少し下った所からは、パウダーが吹溜まってました。
傾斜はあまりないですが、素晴らしい景色のノートラック
楽しめました。

旧道出合いから付近から、ストップスノーに変わり
シール無くても軽い斜面は上れる湿雪で
湯檜曽川沿いの戻りが修行。
周りを見れば、すっかり春な陽気の中
一ノ倉沢出合いでゆっくりと休憩
パウダーシーズンの終了を感じました。

これからは、SPPRING SEASON
折り返しです。



訪問者数:389人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ