また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1394882 全員に公開 雪山ハイキング道南

函館山ナス化計画

日程 2018年03月04日(日) [日帰り]
メンバー
 myu
天候小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
今日はふれあいセンター駐車場はがらがらにすいてました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間47分
休憩
0分
合計
3時間47分
Sふれあいセンター駐車場10:1511:33お絵描き開始11:55くちばしの先っちょ13:13お絵描き終了14:02ふれあいセンター駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所皆無。
函館山は指定の散策ルートを外れるのはたぶんルール違反だと思います。
よい子はまねしないでね。
その他周辺情報トリっこの絵を描いたので下山後なると屋の半身揚げを食しました。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

今日は七曲から登ってきました。
立待岬の駐車場は雪がなくなってます
2018年03月04日 11:12撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は七曲から登ってきました。
立待岬の駐車場は雪がなくなってます
1
津軽海峡どんより景色
2018年03月04日 11:12撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
津軽海峡どんより景色
1
千畳敷のあずまやの向こうに、ロープウエイがゆっくり登っていきます。
いつもならここで必ず何人か休んでいるのですが、今日は人っ子一人いません。
2018年03月04日 11:22撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千畳敷のあずまやの向こうに、ロープウエイがゆっくり登っていきます。
いつもならここで必ず何人か休んでいるのですが、今日は人っ子一人いません。
1
御殿山に黒雲が通り過ぎていきます。
2018年03月04日 11:23撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御殿山に黒雲が通り過ぎていきます。
1
千畳敷にやってきました。
ここからいたずら書きスタートします。
2018年03月04日 11:26撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千畳敷にやってきました。
ここからいたずら書きスタートします。
1
一面の雪原とはいかず、結構ヤブっぽいのでどうかなぁ?
2018年03月04日 11:26撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一面の雪原とはいかず、結構ヤブっぽいのでどうかなぁ?
くちばしの先っちょあたりまで来ました。
自分のトレースを振り返りますが、なにを描いたのかさっぱりわかりません。
2018年03月04日 11:55撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
くちばしの先っちょあたりまで来ました。
自分のトレースを振り返りますが、なにを描いたのかさっぱりわかりません。
1
千畳敷要塞。
あたりは真っ白になってしまいました。
2018年03月04日 13:20撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千畳敷要塞。
あたりは真っ白になってしまいました。
ここらから成果が少しは見えるかと思ったのですが、ガスガスで真っ白けです。
2018年03月04日 13:20撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここらから成果が少しは見えるかと思ったのですが、ガスガスで真っ白けです。
御殿山に寄るのも面倒なので汐見の尾根をどかどかと降りてしまいましょう。
2018年03月04日 13:38撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御殿山に寄るのも面倒なので汐見の尾根をどかどかと降りてしまいましょう。
ズボります。
2018年03月04日 13:40撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズボります。
ズボるとき。
2018年03月04日 13:40撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズボるとき。
1
ズボれば。
2018年03月04日 13:40撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズボれば。
あんまりズボるので、旧登山道に逃れてきました。
2018年03月04日 13:47撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あんまりズボるので、旧登山道に逃れてきました。
2
車道はヤヴァイことになってます。
2018年03月04日 13:59撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道はヤヴァイことになってます。
3

感想/記録
by myu

前日の土曜日、朝少し時間ができたので函館山散策に出かけました。
なんと!千畳敷がノートレールじゃないですか。
こんなの初めて見ました。
今年の千畳敷は笹がほぼ埋まって少し藪っぽいものの雪原チックなたたずまいです。

で、翌日あらためていたずら書きに出かけたのでした。
朝から小雨模様で、ふれあいセンター駐車場はガラガラに空いていました。
まずは、宮の森コースをたどって七曲に向かいますが、ドカ雪だった函館山もこの暖気でぐずぐずの腐れ雪になりました。
かなりの頻度でズボります。

標高を上げていっても雪質は変わらず、時々吹き付ける細かい雨で体感は寒く感じます。
千畳敷は昨日ツボトレールを付けた後に何人か歩いたようですが、函館山名物の踏み分け道にまではなっていませんでした。

ここからは下書きをしてきたGPSのトラックデータをなぞっていきます。
千畳敷全体は緩い傾斜地になっていて、結構細かい起伏があったりして、その上ところどころうすい藪があるので、そこに決められた線を描くのは結構骨が折れます。

くちばしの先っちょが、画の最南端、最低標高地点になるので、ここからやや見上げる格好で自分のトレールを振り返りますが、なんてこったい、さっぱり何描いたかわかりません。

千畳敷要塞あたりからは、千畳敷の雪原がちょっと見下ろせるので、ここからなら少しは画っぽい感じがわかるかなと期待していたのですが、すっかりガスって真っ白になってしまいました。

こんなところでオレ、何やってんだろう?

やるなら晴れた日に実行して、しかも成果の確認は空撮でもしないとだめですね。

誰か私にドローンください。
いや、「ください」ではあまりに厚かましいので、ちょっとだけ貸してください。
借りパクでドローンしますが。
訪問者数:234人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/3/21
投稿数: 531
2018/3/6 7:13
 鳥!
GPSログを拡大して見たら・・・感動しました!
登録日: 2011/9/29
投稿数: 68
2018/3/6 15:58
 お見事です!
きっと宇宙からも見えてますよコレ
次の作品を期待してもよろしいでしょうか?
myu
登録日: 2008/6/4
投稿数: 187
2018/3/6 22:08
 Re: 鳥!
waji-bbさん
毎度でっす。

先生、ごめんなさい。
もうしません。
myu
登録日: 2008/6/4
投稿数: 187
2018/3/6 22:09
 Re: お見事です!
YaKaさん
コメントありがとうございます。

宇宙からも見えますかね?

ならば、ねだってもだれも相手にしてくれないドローンはあきらめて、UFOにさらってもらえるように念じてみます

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ガス GPS ガスガス
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ